正さん日記

世の中思いにつれて

ソフトバンクが3連覇、パリーグが8季連続勝ち越す=プロ野球交流戦

2017-06-19 10:00:50 | スポーツ

 プロ野球セパ交流戦が、昨日18日、DeNA-オリックスの雨天中止の1試合を残して終了した。

 交流戦の優勝を掛けた広島VSソフトバンクは、7-4でソフトバンクが逃げ切り、12勝6敗と勝率は同率ながら広島に2勝-1敗と勝ち越したソフトバンクが規定により3期連続優勝を成し遂げた。

 また、1試合を残して今季もパの55勝、セの51勝とパリーグが勝ち越し、これで2010年から連続8年パリーグが勝ち越し、13年間でパの12-1となった。

 例年交流戦の成績が今後の両リーグのペナントレースに影響しているが、ソフトバンクと勝率1位を分け合った広島は、阪神に交流戦前の1ゲームから3ゲーム差に広げた。

 一方、パリーグもソフトバンクが首位楽天に1,5ゲームと2ゲーム差を縮めた。昨季は交流戦で優勝しながらペナントレースで失速、日ハムに優勝を奪われたソフトバンクが首位楽天を追い込むことができるか。主力に故障者が出ているだけに苦しい戦いになることは間違いない。

 今季の交流戦では、巨人がペナントレースから持ち越した連敗が13となり球団ワースト1と不名誉な記録も出て中盤の話題となった。「関連:5月30日

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍強権政治を可能にしてい... | トップ | 本当に詫びていない安倍首相... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む