正さん日記

世の中思いにつれて

白鵬、3連覇で優勝回数31回に、怪物、新入幕逸ノ城が活躍

2014-09-30 14:51:10 | スポーツ

 大相撲秋場所は9月28日に終了したが、横綱白鵬が14勝1敗で3場所連続31回目の優勝を果たした。これで優勝回数歴代2位の横綱千代の富士に並び、次の優勝で歴代1位の横綱大鵬と遂に肩を並べる。

 白鵬は現在29歳、今場所を終え、特に心、技、体に問題があるとは言われておらず、周辺に強力なライバルが見当たらないので、今後も優勝回数を重ねることが予想され、果たして何回優勝するのか見当がつかない。

 千代の富士、大鵬と比較してみても、千代の富士は、30歳後に36歳で引退するまで18回優勝している。一方、大鵬は30歳まで31回優勝しており、30歳代では31歳で引退したため、優勝は1回に止まっている。

 白鵬を千代の富士と単純に比べるとあと18回優勝することになるので、優勝回数は49回でとてつもないものになる。大鵬と比べるとあと1回だから、大鵬と同じ32回になる。

 白鵬は、やや下り坂との評価はあるものの、引退はまだまだ先の話だ。仮に千代の富士の半分の33歳で引退し、優勝回数は9回としても40回に到達する。大鵬の優勝回数を白鵬が更新するのは、最短で来年の初場所になり44年ぶりの優勝回数新記録となる。

 もし白鵬が優勝回数を40回の大台に乗せたとしたら、未来永劫この記録を破る力士は現れないのではなかろうか。正に白鵬は長い大相撲の歴史の中で、トップを行く大横綱になりそうだ。

 今場所は、相変わらず白鵬を脅かす横綱、大関がいない中で、話題をさらったのが新入幕の逸ノ城だ。白鵬と同じモンゴル出身力士で、鳥取城北高校出身の21歳、身長192センチ、体重199キロで初土俵からまだ5場所目だ。

 前頭10枚目ながら、終盤まで優勝を争う1敗を保っていたため、先ず大関稀勢の里と合されたが、左に変わって破り、次の大関豪栄道は土俵際で投げて完勝、遂に横綱鶴竜に合された。ところが鶴竜も変わって突き落とし、とうとう1敗同士で14日目に白鵬に当てられた。

 30回の優勝を重ねている白鵬がもし破れでもしたなら大変なことになったが、さすがに大横綱、少し時間をかけたが、逸ノ城を上手出し投げで転がし、大横綱の貫録を示した。

 千秋楽、逸ノ城は安美錦を破って2敗を保ち、結びの結果を待ったが、白鵬は鶴竜を掛け投げで下し、14勝1敗で優勝した。逸ノ城の野望は砕かれたが、来場所は関脇への昇進が予想され、ここでどれだけの成績を上げることができるか。11月の九州場所は、白鵬の32回目の優勝と逸ノ城の相撲が大きな話題を呼びそうだ。「関連:7月30日

コメント

土井たか子元社会党委員長が死去

2014-09-29 16:17:09 | 政治

 

 9月28日、社民党が、元社会党委員長、元社民党党首で衆院議長を務めた土井たか子さんが20日、肺炎のため85歳で死去、葬儀は近親者で済ませたと発表した。

 土井さんは1928年11月、神戸市生まれ。憲法学者としての立場を買われ、69年の衆院選旧兵庫2区に社会党公認で出馬して初当選。12回の連続当選を果たした。

 86年9月に社会党の第10代委員長に選出され、日本の政党史上初の女性党首となり、「おたかさん」の愛称で高い人気を集めた。89年の参院選では、消費税、リクルート事件などによる政権への逆風を生かした「マドンナ旋風」を起こして与党を参院で過半数割れに追い込み、「山が動いた」という名文句を残した。

 93年8月、非自民連立の細川内閣が発足すると第68代衆院議長に就任。衆参両院を通じて初の女性議長に選出され96年まで務めた。

 96年9月、党名が変わった後の社民党党首に復帰。護憲色や女性政策を前面に押し出したが、社民党の退潮傾向に歯止めをかけられなかった。

 2005年の第44回総選挙では、比例近畿ブロック単独名簿順位5位で立候補したものの落選し、国会の議席を失った。常勝土井さんの落選は、社民党の崩落を象徴していた。

 土井さんのモットーは、戦時中に空爆を受け、近親者を失った経験などから常に平和を望み、憲法学者としての立場からも特に憲法第9条擁護を頑として貫いた。

 土井さんは、女性として大柄なほうで、口調はきびきびと歯切れよく、カリスマ性があり、彼女の周りには後に国会で名を売った福島瑞穂前社民党党首、辻元清美(現民主党)などが集まっていた。

 また、名文句も多く「やるっきゃない」「ダメなものはダメ」などは一時流行語となり、今でもいろいろな場面で時々使われている。

 土井さんは、戦後のリベラルな女性政治家の中で、神近市子さん、市川房枝さんらと並び評される政治家と言えよう。

 2005年の衆院選で落選し、政界の一線から退いた後は、護憲を訴える講演活動に取り組んでいたが、近年は療養生活を送っていたと言う。

コメント

御嶽山7年半ぶりの噴火、登山者多数が心肺停止状態に

2014-09-28 14:45:27 | 社会

 9月27日(土)午前11時53分、木曽の御嶽山が噴火した。御嶽山は長野、岐阜両県にまたがる3067メートルの活火山で1979年10月28日に5千年ぶりに噴火、2007年3月小規模噴火があった後7年半ぶりの噴火で、気象庁は危険度を示すレベル3とし入山を禁止した。

 この噴火で多数の登山者が山内に取り残されたものと思われ、今日午前6時20分ごろから、自衛隊、警察など550人態勢で救助に当たっているが、午後2時半時点で、山頂付近で30数人、御嶽神社付近で7人が心肺停止状態になっている模様で、まだ倒れている人も見掛けられ、さらに被害者が増える可能性がある。

 山内は、有毒ガス発生の恐れがあり、自衛隊の化学防護隊も出動し、有毒ガスを検知しながら山頂を目指した。また、数機のヘリコプターで上空からも登山者らの救助を行っている。 

 今回の噴火については、79年の噴火と同じく地下の水蒸気が噴き出したもので、水蒸気を含んだ噴煙が何百メートルも舞い上がったが、不幸中の幸いで、雨が降らなかったこともあり、土石流などには見舞われなかった。

 気象庁は事前に地震微動をキャッチしたが、噴火を予知するには技術的に限界があるとのことだ。折悪しくというべきか。昨日は紅葉盛んな時期の土曜日でもあり多くの登山者がいたようだ。

 御嶽山は、富士山と同じように神祇信仰の山で、1979年噴火までは死火山と見られていた。今回の御嶽山の突然の噴火により、富士山の噴火もいつあってもおかしくないという。

 今回の噴火が、今後、大規模なものにつながる可能性について、気象庁の北川貞之・火山課長は記者会見で「地殻変動もみられていないので、それほど大規模な噴火に至るとは考えていないが、今回と同程度には至る可能性があると考えている。活動がいつごろ収束するかを判断するのは、なかなか難しい」と話している。

 

コメント

巨人がセリーグ3年連続36回目の優勝

2014-09-27 14:01:12 | スポーツ

 プロ野球セントラルリーグは巨人が優勝、3連覇を成し遂げた。巨人の優勝は36回目、1リーグ時代を含めると45回目となる。

 これで原辰徳監督は11季巨人を率い7回目のリーグ制覇、この間3連覇が2度という実績を遂げた。これは1950年2リーグ制となった以降、9連覇の川上哲治監督、5連覇と3連覇を1回ずつ達成した水原茂監督に次ぐ立派な成績だ。

 今季のセントラルリーグは、セパ交流戦まで広島が巨人を4.5ゲーム引き離して首位をキープしていたが、交流戦で巨人が優勝したのに対し、広島が再下位という有様で失速、この段階で巨人が優位に立った。

 しかし、その後も広島、阪神が何とか首位を追走、何度か追いつくチャンスがあったが、肝心な場面で巨人がふんばり、一度も首位を明け渡さなかった。結局、巨人は7試合を残し、広島に7ゲームの差をつけて、終わってみればぶっちぎりの優勝となった。

 今季の巨人は、チーム打率はリーグ再下位、打撃ベストテンには一人も入れず、わずかに本塁打部門でロペスが21本で5位に入ったのみだった。ただハーラーダービーでは、菅野智之が12勝で2位、杉内俊哉が10勝で8位タイになった。

 後半戦、中盤で故障し休んでいた菅野が復帰、また、不調だったエース内海哲也が持ち直し、クルーザーのマシソンが30セーブをマークするなど投手陣がふんばった。

 言ってしまえば、今季の巨人は、秀でる選手はいなかったがチーム全体でがんばったと言える。それだけ原監督の選手をまとめる手腕が実った1年だった。

 巨人の次の目標は、昨季果たせなかった原監督として4度目になる日本一ということになる。

 

コメント

引退表明のジーターが、ヤンキースタジアム最終戦で劇的なサヨナラ安打

2014-09-26 15:30:24 | スポーツ

 

 今日はニューヨークの大リーグファンにとっては特別な日になった。デビュー以来20年間、ヤンキース一筋にプレーしたキャプテンのデレク・ジーターが今季限りで引退を表明、ヤンキースタジアムで最後の試合となるオリオールズ戦に臨んだからだ。

 また、日本のファンにとっても、この歴史的試合に黒田博樹が先発登板、イチローが8番ライトで先発出場したことは特別な思いがあったはずだ。。

 ヤンキースタジアムは、ジーターの最後の試合を見たいと4万人を超す大観衆が詰めかけ、試合前からジーターコールが湧き上がる何時もとは違う雰囲気になっていた。

 試合は、1回表オリオールズが本塁打2本で先制、しかし、その裏、ヤンキースが、今日主役のジーターが左中間フェンス直撃の適時二塁打を放つなどすかさず同点にした。

 さらに7回、ヤンキースはイチローが四球を選ぶなどで1死満塁とし、ジーターの遊ゴロを相手が二塁に悪送球するなどで5−2と勝ち越し、ヤンキースの勝ちが濃厚となった。

 黒田は8回まで3安打に抑える好投で12勝目は確実と見られた。ところが9回に登板したクローザーのロバートソンがホームラン2発を浴びて5―5となり黒田の勝がふいになった。

 しかし、この黒田の不運が9回の裏に劇的なジーターのサヨナラ打を生む結果になった。同点にされたヤンキースは、先ず9番打者がヒットを放ち、これを1番ガードナーがすかさずバンドで二塁に進め、ここで2番ジーターが登場、ジーターコールが鳴りやまぬ中で、ジーターはど真ん中に入った初球を捉えて右前へ適時打を放ち、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 本拠地ヤンキースタジアムの最後の試合に、期待通りの活躍をしたジーターは、やはり歴史に残る名選手の1人だ。この試合は、ヤンキースだけでなく、長い歴史を誇る大リーグでも何本かの指に入る名場面を残した。

 黒田やイチローは、ジーターを引き立たす脇役になったが、今日だけは止むを得なかろう。

 

コメント

温暖化対策で米中が意欲示す 消極的日本の姿勢

2014-09-25 14:20:38 | 世界

 9月23日、ニューヨークの国連本部で、地球温暖化対策について各国首脳が話し合う国連の気候サミット開かれた。

 特色は、温室効果ガスの大排出国である米中2国が積極的な姿勢を示したことだ。参加した120カ国以上の首脳らは、京都議定書に続く国際的な枠組みについて2015年に最終合意を目指すことを確認した。このような国際的な機運の高まりとは対照的に、日本の消極的ぶりが目立った。

 米中2国で、世界全体の二酸化炭素排出量の40%を占めているが、今までアメリカはブッシュ大統領時代に京都議定書から離脱するなどわれ関せずの態度を続けてきたが、オバマ大統領は2017年1月の任期が終わるまで、この問題で歴史的な実績を残そうと意欲を示している。

 一方、中国も、二酸化炭素問題は先進国の責任だと言い続けてきたが、このところの国内における大気汚染状況は凄まじく、国内対策としても疎かにできなくなったことが、習近平執行部を前向きにさせている感じだ。

 しかし、この会議で分野別の議長を務めた安倍晋三首相は、温暖化の悪影響をやわらげる適応策と呼ばれる分野の貢献をアピールしただけで、肝心の日本の削減目標にはふれず、物足りなさを感じさせた。原発問題などエネルギー政策が不確実なことと、経済界重視の姿勢が、世界でアピールできない原因だ。

「女性活用で世界を引っ張るとは?」

 そんな中で、安倍首相は、アメリカのヒラリー・クリントン前国務相と女性の活性化について膝を交えて話をした。クリントンさんの胸の内はいざ知らず、安倍氏にとっては宣伝効果抜群だ。

 安倍首相は、内閣に女性活躍相を新に置くなど、女性問題に並々ならない意欲を示し、この問題で世界を引っ張ると意気込んでいるが、日本の現実を見ると女性の管理職起用率で9.4%と世界94位、国会議員は全議員の9.4%で隣国韓国の13.4%を下回る世界ランク下位に甘んじているのに、世界を引っ張るなどよく言えたものだ。他事ながらおこがましくて赤面の至りだ。

 今は世界から学ぶ姿勢の方が大切であり、もっと、国内で女性の活用について具体的に進め、一定の成果が出たならば世界をリードすると言って欲しい。今の状態では単に空手形を発行し、やるぞやるぞと国民向けの宣伝をしているのに過ぎない。「関連:2013年11月22日

 

コメント

神戸の不明女児の遺体発見、犯人は近所の47歳男

2014-09-24 15:13:06 | 社会

 9月23日夕方、同月11日、下校後に行方不明になり、県警が12日に公開捜査に踏み切っていた神戸市長田区の市立名倉小1年、生田美玲(みれい)さん(6)の切断された遺体が、5つのポリ袋に入れられた無残な状態で発見された。

 発見された場所は美玲ちゃんの家から100Mほどにある草むらで、埋めるでもなく無造作に放置されていたようだ。5つの袋の1つに、犯人と思われる人物の診療券が入っていたため、直ぐに人物を特定でき、遺棄現場から南東に直線で約50メートル離れたアパートに住む。君野康弘容疑者(47)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 君野容疑者は知的障害があるという。これから動機も分かるかもしれないが、知的障害があるとすると立件が難しくなる可能性がある。

 6月のはじめには、2005年12月に行方不明となっていた栃木県今市市(現:日光市)に住む当時7歳の小学1年生の女児が、茨城県常陸大宮市の山林で刺殺体となって発見され女子児童殺人・死体遺棄の容疑で栃木県鹿沼市無職・勝又拓哉容疑者(32)が逮捕された。

 このような幼女誘拐殺害事件は、これまで数知れず発生、犯人はほとんどロリコン趣味が高じた異常性格者のようだ。

 また、今回のように遺体を切断した事件も多く発生しているが、幼女が被害者になった事件は余り聞いていない。一方、今年の7月には同級生の高校1年女子をバラバラに切断した高1女子の異常殺害事件が発生した。なんともやりきれない限りだ。「関連:7月29日

コメント

安倍外交、中国から歴史認識をぶり返され、欧米から懸念、ロシアに失望与える

2014-09-22 15:16:37 | 政治

 安倍晋三首相は、国連総会に出席し、日本の安全保障理事会常任理事国入りに強い意欲を示すとのことだ。国連安保理常任理事国入りについては、従来からドイツ、インド、ブラジルとともに各国に働きかけているが、未だに実現していない。

 現在、第2次世界大戦の主要戦勝国のアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国の5ヵ国が常任理事国になっているが、実際には、拒否権など膨大な権限を独占している常任理事国5か国が新規参入を拒んでいるのが実情のようだ。

 特に、日本と対立している中国がつい立のようにがんとして拒んでいるだけでなく、頼りにしているアメリカの壁もかなり厚いようだ。

 安倍首相は、来年迎える国連創設70周年を契機に常任理事国入りを果たしたいとしているが、早くも中国が、来年、抗日戦争勝利記念70周年を祝う行事を行い、日本の歴史認識について改めて問いかけるとしている。つまり、日本の戦争責任を改めて問うことによって、世界にアピールし、安倍首相の常任理事国入りを阻むつもりのようだ。

 余り安倍氏が功を焦り、日本だけでどんどん突っ込んでいくと、中国に古傷をあぶり出され、逆に常任理事国入りが遅れることになりかねない。今のように厳しい日中関係を続けていったのでは、常任理事国入りは何時になるか分からない。

 もう1つの問題は、安倍首相が「ウラジミール」などと呼んでロシアのプーチン大統領との親密度をアピールし、今年の秋には同大統領が訪日し、日ロ首脳会談を計画していたが、ウクライナ問題での同一歩調を求めるアメリカから強く懸念が示され、この計画も不調に終わりそうだ。

 ウクライナ問題で、欧米がロシアに対する経済制裁を強めている矢先に、日本がロシアと首脳外交を進めていること自体、欧米側としては不愉快だろう。こんな分かりきったことを進める安倍外交の意図が分からない。

 結局、四面楚歌のロシアが何とか日本と接触したかったことが、欧米の横やりでから振りに終わり、ロシアは頭にきたと思うし、アメリカからは怒られると言う虻蜂取らずの下手な外交ぶりだ。

 安倍首相は49カ国を回ったといって訪問国の数を誇っているが、肝心の大国である中国から歴史認識で揺さぶられ、アメリカから不信感を持たれ、ロシアを失望させるという、散々な外交音痴ぶりをさらしている。「関連:9月8日

 

コメント

親与党、反与党が混在する新党「維新の党」

2014-09-22 15:16:37 | 政治

 9月21日、日本維新の会と結いの党が合流し、新党「維新の党」が結成された。所属国会議員は53人(衆院42人、参院11人)で、旧維新の橋下徹代表(大阪市長)と結いの江田憲司代表が共同代表に就任した。結党から1年間は共同代表制をとる。

 また幹事長には、維新の会の幹事長松井一郎氏(大阪府知事)、総務会長に片山虎之助参院議員、政調会長に柿沢未途衆院議員がそれぞれ就任した。党本部の代表の一人と幹事長を非国会議員が務める旧維新の体制を踏襲した。党本部は東京と大阪に置くが、主たる党本部は大阪とする。

 結党大会で橋下氏は「改革勢力の結集に向け本気のメンバーを集める。安倍晋三政権の対抗軸をしっかり示す」と訴え、江田氏は「政策の一致を前提として野党をどんどん糾合していかなければ安倍政権に対抗できない」と述べた。

 しかし、実際は、橋下氏は今までもそうだったが、今後も政府・自民党と対抗軸を持つことはできないとの見方が強い。大阪市長として宿願の大阪都構想を実現させるためには、安倍晋三政権との対立は避けなければならないからだ。

 一方、江田氏は安倍政権との対抗軸をしっかり示さない限り、野党結集は困難性があるとの立場だ。少なくとも安倍首相が旧維新の会などを想定して、「健全野党」と言ったが、これを甘んじて受け入れるようでは、野党結集など難しいと言う考え方だ。何のことは無い、「維新の党」は結成段階から、親与党、反与党が混在するまた裂き政党の感がある。

 また、1年限りと区切ったが、代表が2人もいて、代表の1人と幹事長が現役首長という異例の布陣は、旧日本維新の会と全く同じだ。大阪と東京に本部を置くが、主体は大阪であることも維新の会当時と同じだ。

 だいたい、安倍政権との近さから言えば、維新の会とみんなの党の方が合併してもおかしくないが、政権に近すぎると言うことでみんなの党から逃げ出した江田氏の結いの党が、維新の会に糾合したこと自体変な感じだ。

 維新の党は、野党再編の軸を目指し、民主党などに連携を呼び掛けるとしているが、こんないびつ状態の維新の党に民主党が興味を示すとは思えない。

 やはり、集団的自衛権行使容認のための憲法改正を軸に、与野党がガラガラポンで政党を再編成し、選挙によって国民の判断を求めることが、日本の民主主義のためにも、日本の先行きのためには最も必要ではなかろうか。「関連:9月17日

 

コメント

日本の期待に応えられない北朝鮮

2014-09-21 14:32:42 | 世界

 北朝鮮は、5月末段階で、日本人拉致被害者の動静について、特別委員会を作って調査をすると約束、調査期間は1年を目途にしているものの、中間的に夏の終わりか秋口にかけて調査状況を報告するとしていた。

 ところが、菅義偉官房長官は9月19日の記者会見で、北朝鮮が日本人拉致被害者らの再調査に関し「現段階では初期段階を超える説明はできない」と回答していることを明らかにした。

 ある程度は予想していたものの、北朝鮮は常套手段のように約束を果たさず、引き延ばしを図っている感じだ。

 1つの見方としては、北朝鮮はいま報告をすると、日本側の期待とかけ離れているため、決裂状態になり、日本からの制裁が再び強化されることを恐れているのではないかということだ。

 北朝鮮は独裁的秘密国家であり、わざわざ特別委員会によって調査するまでもなく、既に日本人拉致被害者の動静は把握していると見なければならず、日本側に良い回答ができない限り、出きるだけ引き延ばして、その間にあわよくば、少しでも日本から有利な条件を引き出そうとしていることが有りありだ。

 そうなると、来年の5月末に北朝鮮が約束した1年になるが、果たして日本側にとって好ましい報告を得ることができるのか心配になる。

 北朝鮮としては、現在日本政府が認定している17名の拉致被害者とは別に、未認定の拉致被害者を出きるだけ多数出して、少しでも日本に売りつけようとしているのではないのかと疑いたくなる。

 しかし、日本政府はあくまでも優先して、横田めぐみさんなど認定している拉致被害者を救出することだから、北朝鮮とのギャップが大きいため、北朝鮮が日本側に現状報告ができない理由ではなかろうか。

 安倍晋三首相も19日の講演で、「(北朝鮮側が)手間取っていることも事実だ。中身のない報告では意味がない。北朝鮮が誠実に向き合っているかもよく見極める必要がある」と対応を注視する考えを示したが、後になればなるほど日本側の期待に乖離した報告しか見込まれないとすると、その時の日本政府が受けるダメージは大きなものになる。「関連:5月31日

コメント