正さん日記

世の中思いにつれて

トランプ大統領、温暖化規制見直し令に署名 パリ協定離脱へ道か

2017-03-30 15:12:06 | 世界

トランプ大統領、温暖化規制見直し令に署名 パリ協定離脱へ道か

 アメリカのトランプ大統領が、オバマ前大統領が推進してきた気候変動対策を見直す大統領令に署名し、「対石炭戦争」の終結を宣言した。

 新大統領令は、石炭火力発電所に対する温室効果ガス排出量規則の見直しと、石炭採掘目的での国有地賃貸規制の緩和を指示する内容だ。

 オバマ政権が制定した規制は、アメリカの温室効果ガス排出削減目標の実現と、温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」履行のための土台となっていたが、トランプ大統領は「雇用を奪う規制」だとして撤回を宣言した。

 ただ、米国の石炭産業は長年にわたり衰退を続けており、オバマ政権の温暖化対策を撤廃しても産出量の増加や大幅な雇用創出にはつながらないと指摘する声も上がっている。

 トランプ大統領は、大統領選挙中もパリ協定に批判的な立場を示していたが、地球温暖化否定に関する科学的な説明は聞いていいない。

今回の大統領令が直接パリ協定離脱に繋がるかは分からないが、CO2排出量世界1位の中国は、第2位のアメリカが温暖化ガス規制に後ろ向きの大統領令を出したことに対し、パリ協定を前進させる立場から暗にトランプ氏の大統領令を批判した。地球温暖化対策で中国に批判されるようでは情けない。「関連:2016年11月5日

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カモフラージュか、籠池氏の偽証罪告発の動き

2017-03-28 20:48:39 | 政治

 先日の衆参両院における森友学園籠池泰典理事長の証人喚問について、自民党は偽証罪で告訴する準備を進めている。

 郵便局での振り込みが籠池氏の妻が行ったのに、職員がしたと嘘をついた。安倍晋三首相の名を借りて児童の募集をしたことは一瞬の間と言ったが、実は2か月も続けていたこと。などについては偽証だと決めつけた。

 なにか些細なことを取り上げて、「だから籠池氏は嘘つきだ」と決めつけ、安倍首相の言い分の方が正しいと印象付けしたいようだ。

 また、籠池氏の証言がうそと決めつけている以上、なにがしかの動きをしないと、まずいと考えたのかもしれない。

 しかし、世論の見方は違うようだ。むしろ安倍首相が何かを隠しているのではないかとの疑問が消えていない。

 従って、安倍首相夫人の昭恵さんから籠池氏に渡した100万円については、多分渡したのではないかという見方の方が多いのではないか。

 だから、どちらの方が正しくて、どちらが嘘をついているのか。籠池氏は証人喚問で偽証罪に問われることを覚悟で証言した。そうなるともう一方の当事者である昭恵さんを国会に招致して正すしか道はない。

 自民党は昭恵さんが国会で詰問され、もし安倍首相が否定している100万円の寄付や、口利きがあったことをあぶりだされることを恐れているようだ。

 ただ、この問題は冷静になって、客観的に考えても国が90%オフして国有地を売却するなどあり得ず、目に見えない権力が介在していることしか考えられない。「関連:3月25日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無念、琴奨菊、大関に再度の挑戦なるか。高安は来場所大関取りに

2017-03-28 20:48:39 | スポーツ

 大相撲春場所は新横綱稀勢の里の再逆転で、2場所連続優勝で終わった。久しぶりの日本出身横綱の不屈の精神による快挙で日本中が沸き立っている。

 稀勢の里は怪我の状況を教えていないので、その点が危惧されるところだ。本人は大丈夫でしょうとは言っているが、若し回復が長引くような怪我ならば来場所は一転暗澹とするが、是非ともそうでないことを祈りたい。

 春場所は、初めから終わりまで新横綱稀勢の里の話題に集中したが、この中で、大関復帰の10勝に挑戦した琴奨菊は惜しくも9勝に終わり大関復帰が遮断された。

 願いは、再び3場所で33勝以上を上げ再び大関に帰り咲いて欲しいが、なかなか難しいだろう。それにしても14日目照ノ富士の変化に敗れた一番が悔やまれる。

 稀勢の里の弟弟子高安は12勝を上げて、来場所は大関挑戦の場所になる。稀勢の里との稽古で相当力をつけたことが眼に見えて分かる。

 来場所、稀勢の里が3連覇し、高安が大関を射止めれば、ますます大相撲人気が沸騰するだろう。「関連:3月27日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稀勢の里、怪我押し出場し奇跡の再逆転で2場所連続2度目の優勝=大相撲春場所

2017-03-27 14:33:19 | スポーツ

 昨日、大相撲春場所の千秋楽で負傷をおして出場した横綱稀勢の里が、この日まで優勝争いのトップに躍り出た大関照の富士と対戦、本割で、突き落としで照ノ富士に勝って同点とした後、優勝決定戦でも不利な体勢から窮余の小手投げで照ノ富士を放り、見事な逆転優勝を成し遂げた。

 今場所、稀勢の里は12日目まで全勝街道を突き進んでいたが、13日目に横綱日馬富士と対戦、立ち合い負けで日馬富士に土俵下まで転がされた。その際、利き腕の左肩付近を強打し、苦痛の表情で場内を心配させ、翌日の休場を余儀なくされると思われた。

 しかし、稀勢の里は翌14日目左肩から胸にかけて大きなテーピング姿で登場、この日は鶴竜に成すすべなく寄り切られたが千秋楽の出場も匂わした。

 翌千秋楽も前日より重層なテーピングをして登場、逆転されていた照ノ富士と対戦、大方のファンは出場しただけで満足、むしろ怪我の長期化に繋がらなければよいがと案じるほどだった。

 しかし、稀勢の里は出る限りは優勝を狙っていたのだろう。落ち着きと闘志を漲らしカド番を脱出しあわよくばと優勝を狙っていた照ノ富士の野望を挫き、再度の逆転で2場所連続、貴乃花後22年ぶりに新横綱として優勝を勝ち取った。

 稀勢の里は、表彰式の国歌斉唱の際、感余って男泣きの涙を流した。大関で何度も挫折、チャンスに弱い大関として何度もファンを泣かせたが、横綱になってから、その責任感、頑強な体躯に加え粘り強さも備わってきた稀勢の里が、日本中の相撲ファンを狂喜させた。

 しかし、心配なのは怪我の状態だ。昔、横綱貴乃花が大怪我を押して出場、やはり優勝決定戦で横綱武蔵丸を投げ飛ばして優勝したが、その後は怪我が長引き、結局、引退を早めてしまった。

 貴乃花は勝った瞬間、鬼の形相で土俵上に立ち尽くし、時の小泉純一郎首相が内閣総理大臣表彰に登場、「感動した」と叫んだのは有名な逸話だ。

 今回の、稀勢の里の奇跡ともいえる再逆転優勝も大相撲史上に語り継がれることは間違いない。「関連:1月28日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ大統領、オバマケア代替え案取り下げに思う日本との違い

2017-03-26 14:18:38 | 世界

 アメリカのトランプ大統領が就任前から叫んでいたいわゆる「オバマケア代替え案」が、与党共和党内で33人の議員が反対の意思を示したため議会への上程を取り下げた。

 アメリカ国民の皆保険を目的とした健康保険制度で、今までどの大統領もできなかった制度をオバマ前大統領が執念を燃やして成立させたいわばオバマ氏のレガシーとも言える制度だが、国費負担が嵩むとしてトランプ氏がつぶしにかかった制度だ。

 これにより、この制度によって救われた低所得者の多くが胸をなぜ下したことだろう。

 トランプ大統領は、先にイラン、イラクなど中東、アラブ7か国国民をアメリカへ入国させないという大統領令を発したが、これが連邦裁判所で違憲と判定され差し止められた。

 その後、これよりやや緩やかな入国禁止令を出したが、これもハワイ連邦裁判所などで違憲の裁定をされた。

 このような中で、一時、トランプ大統領の経済政策が上手くいくと想定され、株価が値上がったが、それも徐々に熱が冷めて今では上がった株価が元に戻りつつあるようだ。

 この他、トランプ氏は、オバマ前大統領が、自らのサイトを盗み見したとして発表したが、これが何の根拠もないことが分かった。

 前政権をクソこなしすることは、日本の安倍晋三首相とよく似ている。先の日米首脳会談後、ゴルフに興じたりして、トランプ氏が安倍氏とは気が合うと彼を喜ばしたが、確かに性格が似ているかも知れない。

 ただ、オアマケア代替え案に与党共和党の33人が反対に回ったが、森友問題で安倍夫妻の関与がありそうだと思っている議員が自民党や公明党の中に居そうなものだが、一向にこれを正そうとする声が上がらない。

 森友問題だけでなく、保守色の強い問題を含むあらゆる問題で、自民党は安倍首相の言いたい放題やりたい放題になっている。アメリカと比べ日本の民主主義の後進性が顕在化して末恐ろしい。「関連:1月30日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり、全関係者の国会招致が必要=森友学園土地値引き問題

2017-03-25 14:03:13 | 政治

 3月23日、衆参両院で行われた森友学園前理事長籠池泰典氏の証人喚問は。政府・与党の思惑が大きく外れ、安倍晋三内閣を揺さぶるような爆弾証言になった。

 籠池氏は、安倍首相夫人の昭恵さんから100万円をもらったことを明言、また、昭恵夫人つきの女性官僚を通じて土地借用に関する口利きがあったことをほのめかした。

 これらについて、安倍首相はじめ政府。与党は何とか火消しに大わらわだが、野党は、籠池氏の話と、これを真っ向から否定する安倍氏側とどちらが正しいか突き合わせをするためには、安倍昭恵氏をはじめ、籠池氏の話に出てきた議員らの証人喚問や参考人招致を求めているが、政府・与党はこれに応じようとしない。

 自民党の西田昌司氏が公表した昭恵夫人と籠池氏の夫人とのメール交換の内容から推測しても、昭恵夫人の方が受け身になっていて、問題を大きくしないようにお願いしている感じだ。

 だいたいが、昭恵夫人の講演に対し、籠池氏側は10万円の謝礼を渡したと言っているのに対し、昭恵さんはもらった記憶がないと書いている。しかし、どんな講演会でも講師に対し、多少の謝礼を出すのは常識だ。

 しかも、首相夫人の講演に籠池氏側が謝礼するのは、どう考えても自然の行為であろう。それを否定している昭恵さんの方がよっぽど不自然だ。

 100万円の件についても、籠池氏の言い分は安倍首相や昭恵さんの否定よりも正しいように思われる。

 安倍首相夫人と籠池氏の夫人とは、メール交換の多さから言っても、相当親しい関係であったことが想定され、そこからは、昭恵夫人を通じて安倍首相が直接口利きはしなくても、周りの人間からの働きかけや、官僚が首相の影を感じての忖度はなかったとは言いきれない。

 安倍首相の取り巻きが、籠池氏と安倍首相とどちらを信じるのかとあたかも首相の方が正しいようなことを言っているが、今回の証人喚問と、国会における首相答弁とを比較しても、窮鼠猫を噛むではないが、相対的にみて籠池氏の方が正しと見る。

 しかし、こんな議論をいくらしても水掛け論になってしまう。やっぱり、片方の籠池氏を証人喚問したのだから、安倍昭恵さんも証人喚問しないと、真相が分からず、国民のフラストレーションは増すばかりだ。

 野党は、腰砕けしないで粘り強く追及し、与党には、多数の力で幕引きをしないよう求めたい。「関連:3月23日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍氏からの寄付金もらったと明言、土地取得に政治的関与を認識と述べる=参議院で籠池氏証人喚問

2017-03-23 13:50:13 | 政治

 今日午前10時から参議院予算委員会で森友学園前理事長籠池泰典氏の証人喚問があった。

 籠池氏は冒頭の本人陳述、山本一太委員長の総括質問を含め、土地購入価格が法外に安くなったことについて、何らかの政治的関与があったとの認識を示した。

 また、安倍晋三首相の妻昭恵さんを通して安倍首相から100万円の寄付をもらったと明言、昭恵夫人には講演会後10万円の謝礼をした点についてもためらいなく陳述した。

 安倍首相から寄付金をもらったことについて公表したのは、今回の事件後、安倍首相から遠ざけられた点で裏切られたことが動機だと答えた。

 昭恵夫人と自身の妻とでは頻繁にメール交換をしていたことも明らかにし、その中には、今回の問題処理についてよろしくと言った文言もあると供述した。また、メール文は保存してあるので、提供してもよいと述べた。

 自民党の西田昌司氏の質問については、相当、癇に障ったと見えて「あなたの質問は的外れだ」とやり返す場面もあり、安倍首相もそうだが、西田氏の人格に触れるような質問態度に自尊心を傷つけられ反発心を露わにした。

 客観的に見ても、西田氏の安倍首相を守ろうとする余り、籠池氏をはじめから疑っての質問態度に違和感を持った。

 証人喚問が終わった後、菅義偉官房長官は、安倍首相の寄付金について改めてしていないと言明した。こうなると籠池氏か安倍氏のどちらかが嘘をついていることになり、安倍昭恵夫人の証人喚問が必要になってくる

 また、当面、土地売買、小学校認可に関する財務省、近畿理財局、大阪府など関係者の証人喚問が絶対に必要だ。「関連:3月19日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本、アメリカに敗れ決勝進出ならず=WBC準決勝

2017-03-22 14:26:14 | スポーツ

 今日(日本時間午前10時)、アメリカ・ロサンジェルスのドジャースタジアムでWBC準決勝の日本対アメリカ戦が行われ、日本はアメリカに1-2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退に終わった。

 日本は、先発のエース菅野智之(巨人)ら投手陣は好投したが、4回と8回に内野陣の守備のミスから失点。打線もわずか4安打に抑え込まれて援護できなかった。開幕から無傷の6連勝でアメリカとの大一番に臨んだが、今大会初黒星で敗退。2大会ぶりの世界一はならなかった。

 この日はメジャーのトップクラスを揃える打線を投手陣が2点に抑えたが、打線は菊池涼介(広島)のソロ弾による1点のみ。アメリカに競り負け、小久保裕紀監督は「ホームが遠かったですね」と悔やんだ。

 日本は4回に菊池のエラーが失点につながり、8回は1死二、三塁でジョーンズの三ゴロを松田宣浩(ソフトバンク)がファンブルし、三塁走者の生還を許した。

  しかし、今回のアメリカはメジャーの主力選手でチームを構成、しかもやるき満々、さらに慣れた球場、しかも雨天という日本にとっては不利な条件が重なる中で、ほぼ互角の戦いを演じた。

 やはり、投手陣は何とか互角に戦ったが、打撃陣はパワーの違いを感じさせられた。日本は、技で対抗しなければならなかったが、慣れない球場と降雨の影響も手伝って、大事な場面でエラーが出ては負けて当然だったともいえる。「関連:3月16日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊洲移転の責任を認めたが、自分に甘い石原元東京都知事

2017-03-21 14:27:52 | 政治

 昨日、午後13時より、豊洲市場移転について、この計画を進めた最高責任者の石原慎太郎元知事の東京都議会100条委員会における証人喚問が行われた。

 100条委員会は、これまで東京都の歴代東京市場長 浜渦武生元副知事、昨日は21人目として、石原氏の証人喚問になった。

 前日の浜渦氏も東京ガスとの水面下の交渉が、何が悪いのかといったように、強気の居直り説明が多かったようだが、昨日の石原氏も先の記者会見の時とほとんど同じような説明で、小池百合子知事は早く豊洲へ移転すべきなどと持論を繰り返す有様で、東京ガスとの交渉などほとんど浜渦氏に任せていたと責任転嫁や、都合の悪い部分については記憶にないと常套手段の逃げの一手を使った。

 ただ、不承不承ながら、知事は、組織というピラミットの頂点にいたので、その点の責任は自らにもあることを認めた。

 ピラミットの頂点にいた立場の責任を認めたことは、取りも直さず責任の度合いの大きさについても認めたことになるので、豊洲移転について金銭面を含めたあらゆる責任は石原氏にあることが明白になった。

 石原氏は、証人喚問に当たり、自身、脳梗塞を病み記憶力が落ちていると言ったり、3時間ほど証人喚問の時間を1時間に短縮させたり、いみじくも、過去、勇ましいことを言ってきた割には自分に甘い人間であることを露呈した。「関連:3月4日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森友学園への便宜、自衛隊日報の隠蔽は、直接政治家の依頼か、それとも役人の忖度か

2017-03-19 12:49:30 | 政治

 このところ忖度(そんたく)という言葉がメジィアを中心によく使われている。権威におもね、利便を施すことを言う。

 森友学園の超安価な土地売買、条件が整わないのに条件付きでの小学校の認可など、今、世の中を騒がせている大阪の学校法人が、普通の場合は絶対にあり得ない国、地方自治体からの特定大サービスを受けている問題も、この間に政治家がうごめいていることを予測しつつ、若しかしたが、超大物の影を感じて国、地方の役人が忖度したのではないかという疑いだ。

 言うまでもなく、超大物とは安倍晋三首相のことだ。そして、安倍首相が直接動かなくても、森友学園が設立を申請した小学校の名誉校長に一時就任した首相夫人のために、役人の忖度があったのではないかという推測だ。

 この問題については、23日に行われる森友学園の辞任した籠池泰典前理事長の国会における証人喚問でどの程度真相究明ができるか、場合によっては、現政権が転覆するほどの大きな問題であり、国民の期待と危惧と関心は多大なものがある。

 そうして、もう1つ同じ忖度があったのではないかと思われるのは、陸上自衛隊幕僚長が隠蔽した疑いがもたれている南スーダンにおける自衛隊の日報が隠されていた問題だ。

 今のところは、自衛隊内で隠していた疑いが濃厚だが、若しかしたら、戦闘行為が行われている現地の状況が知られたら大いに困る安倍政権の事情を忖度して、自衛隊が日報を隠していたのではないかという疑いだ。

 あるいは、忖度ではなく直接頼んだのか分からないが、隠蔽された直接上司の稲田朋美防衛相が特別防衛監査を行うといきり立っていることが何やら恩を仇で返しているように見える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加