正さん日記

世の中思いにつれて

キプサング、国内初の2時間3分台で優勝!ケニア勢6位まで独占=東京マラソン

2017-02-26 14:36:36 | スポーツ

井上が日本人トップの8位に

 今日、11回目になる東京マラソンが都庁前~東京駅前の新コースで行われた。男子は前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(34・ケニア)が世界新記録には届かなかったものの、日本国内初の3分台、2時間3分58秒の新記録で初優勝した。

 序盤から終始トップグループを形成したケニア勢は、キプサングに続いて6位までの上位を独占した。

 今夏の世界選手権(ロンドン)選考会を兼ねる日本勢では、一般参加の井上大仁(24・MHPS)が2時間8分22秒で日本勢トップの8位、同じく一般参加の山本浩之(30・コニカミノルタ)が2時間9分12秒で10位、設楽悠太(25・ホンダ)が2時間9分27秒で全体11位で日本勢3位に入った。

 日本勢で期待された元山の神今井正人(32・トヨタ九州)は、序盤から伸びず2時間11分2秒で14位に終わった。

 デニス・キメット(33・ケニア)が2014年ベルリンで記録した2時間2分57秒の世界記録超えを狙ったキプサングは、ペースメーカーが外れた30キロ過ぎには14年の大会覇者ディクソン・チュンバ(30・ケニア)とトップを並走、世界新ペースで快走した。

 しかし35キロ付近でチュンバを引き離すと、その後はややペースは落としたものの、そのまま独走で東京駅のゴールテープを切った。優勝タイムの2時間3分58秒は、2009年の福岡国際でツェガエ・ケベデ(30=エチオピア)がマークした2時間5分18秒を超える日本国内での最高記録となった。

 東洋大時代に箱根駅伝で活躍したマラソン初挑戦の設楽が日本人トップを快走し、こちらは日本記録を大きく上回るペースで折り返し地点を通過したが、やはり後半失速した。

 優勝したキプサンプと日本勢トップの8位に入った井上との差は4分以上あり、世界とのレベルの違いを思い知らされた。「関連:2月5日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国有財産、安倍首相夫人関係の私立小学校建設へ大安売り

2017-02-25 14:46:04 | 政治

 金正男氏の暗殺事件のニュースに隠れて、国内外では連日関心が高まるニュースが続出している。海外ではやっぱりアメリカのトランプ大統領の型破りの言動に相変わらず関心が集まる。

 国内では、国会で、共謀罪や南スーダンの戦闘行為に関わる担当大臣の情けない対応が目に余る。また、大阪豊中市の国有地を右翼的な私立小学校建設用地として驚くべき安価で売り渡した問題が浮上した。

 この小学校の名誉校長に安倍晋三首相の昭恵夫人が名を連ねていたことで、売買について安倍首相が何らかの関与をしているのではないかと色めき立っているが、安倍首相は関与を否定、若し、そうだったなら首相だけでなく国会議員も辞めると断言した。

 この問題については、会計検査院で監査をすることになったが、果たして真相が明らかにされるか。国有地を第三者に売る場合、今までこのような例はないとのことであり、簿価で9億円を超す国有財産を1億ちょっとと約8億円もまけるような取引は、政治家が絡んでいるとしか思えない。

 この問題が表に出ると、安倍昭恵名誉校長が即座に名簿から削除された。学校や子弟に迷惑が掛かるからとの理由だが、この理由は意味不明だ。何やらプンプン匂いがするが、果たして弱小野党が多弁を弄して逃げ込む安倍氏を追い込めることができるか、期待半分で見てみたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正男氏殺害はやはり化学兵器VXと断定=マレーシア当局発表

2017-02-24 20:30:11 | 世界

 北朝鮮が国交のある国は162か国もあるとは意外だった。その内の1つマレーシアとは今までビザなしで入国ができる間柄だったが、今回の金正男氏殺害事件により、一気に険悪状況に陥り、マレーシアは在北朝鮮大使を本国へ帰還させた。

 黒を白と言いくるめ、今度の事件をあたかもマレ-シアのデッチアゲと言わんばかりの北朝鮮のふるまいに、マレーシア国会の与党議員30数名が北朝鮮大使館に抗議行動をしたことは理解できる。

 北朝鮮は、マレーシア当局の正男氏の検視について一切を否定する態度に出ているが、マレーシアは何も北朝鮮と喧嘩をする必要はなく、北朝鮮は自ら少しでも理解してくれている貴重な国と決別しなければならなくなるかも知れない。

 そんな中で、マレーシア当局は、やはり正男氏への攻撃に使ったのは化学兵器の猛毒VXと断定したと発表した。

 VXは、軍隊関係など相当技術力がなければ作れない。事件直後からVXが使用されたとは言われていたが、やはり間違いなかったようだ。

 これでも北朝鮮は白を切ることができるのか。多分、あくまでも否定することになるだろう。「関連:2月23日

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金正男氏暗殺、北朝鮮大使館書記官らが関与か

2017-02-23 13:55:12 | 世界

 北朝鮮の金正男氏殺害事件は、ますます複雑怪奇になっているようだ。この事件に関わったと思われる人物がまた増え、しかもマレーシアの北朝鮮大使館第2書記官と、北朝鮮唯一の高麗航空の職員が関与していたとのことである。

 北朝鮮大使館の外交官の浮上によって、国家ぐるみの犯行であることが裏付けされた。もちろん、指示したのは正男氏の腹違いの弟金正恩北朝鮮国務委員長で、この指示を受けマレーシアの殺害の総指揮者が大使館員という構図だ。

 現段階で正男氏殺害グループは11人となっているが、手先に使われた2人の女まで、マレーシア在住者、北朝鮮からの派遣者などそれぞれの役割分担が決まっていたと思われ、正に手の込んだ映画もどき暗殺団といった感じだ。

 マレーシア側は北朝鮮に帰国した4人の男の身柄引き渡しを求め、北朝鮮側は、死亡したのは正男氏ではないという荒唐無稽な言い分を含め、マレーシア当局の発表をほとんど否定、正男氏の遺体引き渡しを要求するなど、この事件で両国の関係が悪化している。

 事件前は、北朝鮮にとって数少ない国交のある国マレーシアとは、貿易もそこそこ行っており、若しかしたら北朝鮮は、マレーシアで事件を起こしても上手くさばけると思っていたのかも知れないが、それがとんだ思惑違いになってしまった感じがする。

 この事件の真相解明はまだ先になりそうだ。「関連:2月22日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金正男氏殺害後、容疑者の女の体調に異変

2017-02-22 14:14:16 | 世界

 金正男氏が殺害された事件で、昨日正男氏の長男金ハンソル氏(21)がマレーシアに来たという情報があったが、この情報ははっきりしていない。若しかしたら憶測に基づく情報だったかも知れない。

 ハンソン氏は中国の警護の下にマカオに住んでいるとのことだが、彼についても北朝鮮により命が狙われているとのことであり、正に、北朝鮮は百何十人にも及ぶ元高級幹部の粛清の嵐が吹きまくっている中で、利害が反する血族についても容赦なく抹殺計画を立てるという非人間的な社会になっている。

 ミサイル発射や今回の金正男氏暗殺事件の陰に隠れて日本人拉致事件が埋没している状況になっているが、このような暗黒の世界に身を置いている拉致被害者はどのようになっているのか、家族でなくても危惧が募る。

 話は、金正男氏暗殺犯に戻るが、実行犯人と思われるベトナムの女は犯行後にひどい手の痛みや、気持ちが悪くなって寝込んでしまったとのことだ。

 事件直後から、犯行に使ったと思われる薬物は猛毒のVXではないかと言われていたが、マレーシア当局もまだ死因は特定していないものの、容疑者の女の状態からVXが使用されたと推測しているようだ。

 マレーシア政府は、北朝鮮に逃げ帰ったと思われている4人の男について、北朝鮮政府に身柄を引き渡すよう要請しているが、北朝鮮がこれに応える筈はない。

 一方、北朝鮮側は、金正男氏の遺体引き渡しを要求しているが、果たして肉親の長男ハンソル氏の手に渡るのか、こちらも肉親とは言え、暗殺計画を指示した思われる金正恩委員長の北朝鮮に引き渡されるのか今後の成り行きが注目される。「関連:2月21日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正男氏の遺体、息子に引き渡されるか

2017-02-21 15:36:27 | 世界

 韓国MBC放送は、金正男氏が殺害された事件で、正男氏の息子、金ハンソル氏が20日夜、遺体の身元を確認するため、マレーシアのクアラルンプール国際空港に到着、同日未明に、遺体が安置されているクアラルンプールの病院を訪れたと報じた。

 病院周辺では同日未明、警備のために武装した特殊部隊が出動し、ハンソル氏は特殊部隊と同様の格好で、顔を隠しながら病院に入ったという。MBCはハンソル氏が約1時間にわたって正男氏の遺体を確認した後、病院を後にしたと伝えた。

 マレーシア警察は「親族の確認とDNA検査なしには遺体は引き渡さない」とした上で、引き渡し先は近親者に優先権があるとの立場を表明しており、ハンソル氏が引き取る可能性が高い。(読売新聞)

 一方、北朝鮮側は、正男氏の遺体について自国へ引き渡しを要求しており、若しハンソル氏に引き渡された場合、またひと悶着起きそうだ。

 この問題については、あくまでも国家犯罪と認めたくない北朝鮮と、国際常識と国内法に基づき事件の処理をしているマレーシア側とで正男氏の遺体の扱いで衝突しており、マレーシアは北朝鮮在住の大使を引き上げるなど、両国関係に大きなひびが入った。

 また、北朝鮮は、正男氏の殺害については真っ向から否定、遺体は正男氏ではなく一北朝鮮国民と言っているなど黒を白と言いくるめている。

 事件について、女2人、男5人の他に数人の男が介在しているとの情報もあり、それぞれの役割については徐々に解明されつつあるが、全体としては不明確な点が数多く残されている。「関連:2月20日

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正男氏殺害容疑の男4人、既に北朝鮮へ帰国

2017-02-20 10:24:35 | 世界

 金正男氏殺害については、昨日マレーシア当局が実行犯とみられ、逮捕されたベトナム、インドネシア籍の女2人とマレーシア在住の北朝鮮籍の男に加えて、北朝鮮の暗殺団とみられる男4人の関与について公表した。

 男4人は、正男氏が殺害された日の数日前にそれぞれ個別にマレーシア入りし、殺害後直ちにマレーシアを後にドバイ経由で4日後の17日に北朝鮮に帰国したとのことだ。

 正男氏に猛毒を塗り付けた女2人は、これら北朝鮮人に何らかの形で行為を依頼されたものとみられるが、逮捕された男の役割についてはまだ不明だ。

 ただ、この男は薬剤関係の仕事をしていたとのことで、若しかしたらこの男が毒物を調達した可能性がある。

 しかし、首謀者とみられる男4人は既に帰国しているので、よほどのことがない限り正男氏殺害に至る経緯について探求することは困難のようだ。

 韓国当局は、早くから正男氏殺害は、弟の北朝鮮金正恩委員長の指示によるものと発表しており、常識的に考えればその線が濃厚だが、何しろ首謀者が逃走してしまったため真相究明は難儀だろう。

 ただ、マレーシア当局が逮捕した男は、若しかしたらカモフラージュに使われた可能性もあるが、この線から真相究明に行き突くかもしれない。

 正男氏は、金正恩政権樹立以後、常に暗殺の危機にさらされていたが、中国政府の庇護のもとに暮らしていたはずが、数年の安泰から油断したのではないかと推察されている。

 正男氏の暗殺から、現在マカオに在住の正男氏の長男らも暗殺の危機にさらされているとのことで、今時の北朝鮮の蛮行をどのように防いだらよいのか、国際社会の対応が迫られる。「関連:2月19日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮が金正男氏の遺体引き渡し要請、マレーシア政府は応じず

2017-02-19 12:51:07 | 世界

 北朝鮮の故金正日総書記の長男金正男氏がマレーシアのクアランプール国際空港で毒殺されてから間もなく一週間になるが、容疑者とおぼしき女2人、男4人の内女2人、男2人の身柄を確保したものの未だ犯人の特定には至っていない。

 この間、マレーシア政府は、北朝鮮大使館から正男氏の遺体を引き渡すよう求められたが、遺族からも遺体引き取りの要請もあり、この要請を断っている。

 北朝鮮の対処にも矛盾があり、北朝鮮国内では正男氏の死去は報じられていないようだし、海外向けにも正男氏を単なる北朝鮮国民としてしか扱っていないようだ。

 まあ、要人にしろ、一般国民にしろ海外で自国の国民が死亡した場合、遺体はその国に返すのは当然だろうが、金正男氏の場合は、まだ容疑者を断定できず、陰謀がらみで国際社会からこれだけ注目されているので、マレ-シア政府もそう簡単には北朝鮮の要望に応えられないだろう。

 ただ、現段階でもマレーシア警察は、金正男氏が北朝鮮の諜報部によって殺害されたことは間違いないとみており、問題は殺害までのプロセスが特定できていないだけではないか。

 何しろ、金正恩委員長は、かつて事実上のナンバー2とみられていた叔父の張成沢・国防 委員会副委員長を処刑したが、正男氏はこの叔父と気脈を通じていたと見られているようだ。

 張氏は、中国政府と親密な関係だったが、正男氏も張氏とともに中国流の自由市場化を標榜し、いずれ韓国に渡って亡命政府をつくるのではないかと疑いを掛けられていたとのことだ。

 危ない種はことごとく抹殺したのは、日本の戦国時代を含め古今東西権力闘争の常套手段だが、正に今の北朝鮮は「民主主義人民国家」と言いながら、実際には、過去の封建国家と全く変わらない国家体制になっている。「関連:2月17日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船村徹さん死去、別れの一本杉など名曲多数

2017-02-18 15:29:55 | 社会

 数々の名曲を世に出した作曲家の船村徹さんが84歳で亡くなった。

 船村さんは、戦後初のミリオンヒットとなった故村田英雄さんの「王将」や北島三郎の「風雪ながれ旅」など5000曲以上を手がけてきた。

 北島三郎や鳥羽一郎は船村さんに芸名をつけてもらったが、鳥羽一郎は内弟子として師事した外、多くの有名歌手も育てた。

 船村さんがよく語っていたのは、本人初のヒット曲で春日八郎の「別れの一本杉」、友人の作曲家高野公男さんと二人三脚でつくった名曲だ。この曲は高野さんが早世したこともあり、良く思い出の曲として時折テレビで歌っていた。

 1953年にサトウハチロー作詞の「たそがれとあの人」で作曲家としてレコードデビュー。主な作品に「別れの一本杉」「風雪ながれ旅」「王将」の他、大月みやこの「女の港」美空ひばりの「みだれ髪」など数えきれない。

 ヒットソングを作った名作曲家は数々いるが、恐らく、昔の歌に固執するシニアクラスが、カラオケで歌う歌を最も多く作った作曲家ではなかろうか。

 正に国民的作曲家として、昨年、1956年の山田耕筰さん以来、作曲家として2人目の文化勲章を受章した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷酷な金正男氏暗殺、金正恩委員長の命令か

2017-02-17 15:29:38 | 世界

 2月13日、マレーシアで殺害された金正男氏は、2人の女により猛毒(VX)入りの毒針かスプレーをかけられたようだ。

 そうして、この2人の女を操っていたのが4人の男らしい。2人の女と1人の男は逮捕されたが、まだ確信はつかめていないようだ。分かっているは、正男氏殺害を命じたのは弟の金正恩委員長とのことだ。

 正男氏は、一時、父の金正日総書記が後継にしようとしたが、日本で偽パスポートによる強制送還を受けた後はすっかり信用を失墜し後継から外されたとのことだ。

 彼は、かなりの自由主義者だったようで、一説には韓国で亡命政権をつくるといううわさがあり正恩氏はかなり警戒していたようだ。

 そんなことから、正男氏は絶えず暗殺の危険性におびえ。弟の正恩委員長に家族を含め命乞いをしたとの話もある。

 従って、今回、恐れていたことが現実になり、正恩政権はかなり執念深く、周到に正男氏の殺害機会を狙っていた感じだ。

 真相は、まだ分からないが、自由に生きようとしていた正男氏が、結果的には政略的理由で、腹違いとは言え弟に殺されたのは、北朝鮮の金王国の系統を背負ったことによる宿命のように思われ、悲劇的だ。

 一方、見た目にも冷酷な感じの金正恩委員長の独裁的政権運営について、一層、不気味さが増幅している。「関連:2月15日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加