少年漫画読んでみた@小説と漫画の読み散らかし

『少年漫画読んでみた@小説と漫画の読み散らかし』はタイトル通りのブログ。少年漫画のレビュー、時々ラノベもご紹介。

中断漫画でこいつはオシイ!っていうの

2017-06-19 13:35:39 | 日記
中断漫画でこれはー、ってのは結構多いです。

個人的に続きを読みたいのをいくつか。

「風のちゃき」光野果南(村祖俊一)
エロ劇画で有名な村祖俊一先生の少年漫画です。チベットの秘術を身に着けた「ちゃき」という名の少女が活躍するお話。ストーリーといい、ちゃきのキャラデザといいとても魅力的だったんですが、設定が凝りすぎなのかお子様向けではなかったのかも?お兄さんの向けのヤンチャン、ヤンマガあたりで連載したらよかったかも。

「7つの黄金境(エルドラド)」山本鈴美香
ごぞんじ「エースをねらえ」の山本先生の歴史もの。生まれてじきに背中にほられた謎の入れ墨のために、命を狙われる男女一対の双子の物語。四六時中危険にさらされ、世の中の不条理を幼くして思い知るも、けしてひねくれず、前向きに生きるヒロインが魅力的。登場キャラのすべてがなにがしか、美のオーラをまとっていうるのも素敵。ぜひ、つづきを・・・

「7つのエルドラド」は再会不可能でしょうね。山本先生のおとっつぁんはかなりの偏屈らしいし(労基法ムシで有名)、センセイは現在、「神山会」の教祖さまですから。w

「聖マッスル」ふくしま政美画、宮崎惇原作
偏執的こだわりで知られるふくしま先生の少年漫画。奇怪なキャラデザ、なぜか全裸で統一された登場人物たち、ラストはマッスルが愛馬をかつぎあげ、剣疎な山脈を越えてゆくという雄大なシーンで終わります。

聖と風は少年チャンピオンです。少チャンはほかにも、いいところで終わる中断作品が多いですけど、いずれもマニアテイストがあるので、少年向けじゃないんでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ハンドスピナーってなんだ? | トップ |