しょく日記。

三河地方をこよなく愛するしょくが、ささいな出来事から温泉レポ、旅日記、親バカ奮闘記などをつづった日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平城京遷都1300年祭 その7 細かいところまで財を尽くしている?

2010年07月15日 | 歴史

 日記@BlogRanking   

こんばんわ。しょくです。

平城京を大極殿の復元には、

至る所で細かい所まで復元しているんだなと感じます。

大極殿そのものもそうなんですけど、それ以外でも感じます。

その一つがこちら。大極殿を取り巻く塀です。



上は拡大写真ですが、全体写真はこんな感じ。
 

この塀、大極殿の周りをぐるっと一周しているんですけど・・・。

距離にすると1キロ位行くんじゃないかな

で、この足の部分見てください。

 

1個1個に四角に切った石が置いてあります。

これにはしょくもびっくり。

コンクリートとかで作ってしまいそうですけど、

妥協していませんね。



 

こちらは、いつから復元してあるんでしょう?宮内庁です。

塀が土壁って時には、やるなと思いましたが・・・。




草、ボーボーです。

こりゃひどい。

こっちにはお金かけてもらえなかったんですね。残念。

では。

 

BlogRankingに参加してます。

日記@BlogRanking 

       

  みんな応援(クリックで投票)してね。

『愛知県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平城京遷都1300年祭 そ... | トップ | 平城京遷都1300年祭 そ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
取材ご苦労様です! (萩尾花)
2010-07-15 23:54:51
平城宮跡、行くべきか行かざるべきかさんざん迷ったんですよね。
結局最終的には、「行きたいと思ったけど時間がなくて行けなかった」という結末でした。

せっかく1300年祭なのに勿体ない、と思われるかもしれませんが、奈良自体一生に何度も行ける場所ではないので(余程ハマれば別ですが。ちなみに今回は中学の修学旅行以来の2回目です)、古い建築物たちの方を優先させました。
でも、平城京のスケールを肌で感じられそうな所が魅力的だったんですよね~、平城宮跡!
今回、とりあえずしょくさんのリポートで細かいところまで見れたので良しとします。
特に砂目線の写真、ナイスです!
広さがばっちり感じられました!
またまた驚き (マミー)
2010-07-16 02:06:58
土地 どの位有るんでしょうかね
1キロですか 
どう見ても大きい屋敷ですね
手入れしているんですね
でも私の畑みたいに草が伸びている所も
ショックです

http://blog.goo.ne.jp/prinncess-rio
よかったら覗いてください
それでいいんです。 (しょく)
2010-07-16 23:00:15
花さん、こんばんわ。

平城京跡地は最近出来た復元建造物ですから。
花さんの場合、奈良まで来るのに遠いから、せっかくこれるチャンスがあるなら、
古い神社仏閣を選ぶのはしょうがないかなって思います。
僕でも限られた時間で判断するなら、順位付して行っちゃいますよ。

これから長い人生のうちで、一度位はこいつも見てやってくださいな。

僕の場合、まだ日帰りで行ける範囲内ですから、
あそこはまた今度行けばいいやと思うのが、だめですね。
その為、なかなかいけないんだよね。ほかの場所。

もう一度平城京には行く予定。
今度は自分が行きたいお寺や神社も見てきたいところです。
東大寺は行き過ぎで飽きたので、しばらくは封印かな(笑)。

blog見ました。 (しょく)
2010-07-16 23:01:55
マミーさん、こんばんは。

後でblogにはコメント入れさせて頂きます。
2本立てですか?大変ですよ。

ブックマークさせてもらいます。
まずかったらまた言って下さい。
削除しますんで。
金太郎は停止です (マミー)
2010-07-16 23:30:21
しょくさんこんばんわ
大したことないですが、無いと寂しいので、新しく開業しました
面倒掛けますが よろしくお願い致します
こちらこそ。 (しょく)
2010-07-18 00:28:06
マミーさん、こんばんは。

よろしくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。