小楢の現象学~行為的直観と全人的自然生活から

進化したものと発生現象の根底にある運動体~植物的自然観察から生物学の哲学的考察へ

欅の現象学 命題1 (大泉緑地

2016-10-11 | 植物、木、花、草、森林、自然 


           大泉緑地
   














マメ科 ひっつきむしの恐怖


































 夕陽










ポプラ




















森 ふかし




































    


    無機的自然と有機的自然に横たわる大きな溝について、有機的自然について研究するものと、無機的自然について学ぶやりかたがあるが、何をもってそもそも我々は日常生活感覚として、それらは別々であると感じ取っているのであろうか。それについて考察するのを、欅の現象学と名づける。


命題
1 現象学的考察は自然と無機と有機とに区別しない


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニレ科 アオイ科 ブナ科 ... | トップ | 欅の現象学 命題2 (なに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物、木、花、草、森林、自然 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL