小楢の現象学~行為的直観と全人的自然生活から

進化したものと発生現象の根底にある運動体~植物的自然観察から生物学の哲学的考察へ

花は何の為にさいているのか~桜・ソメイヨシノ②

2017-05-16 | 植物論考


桜とえば日本人、日本人といば桜。とにかく日本人は桜が好き出る。ウメ、マツ、タケ、スギ、ヒノキも好むが、サクラはそれとはやや違う角度で、突出してとりあげられている。とりわけ、日本人の文化・風習と結びついている。歌にも盛んにうたわれ、文学にも出てくる。あっという間に満開になり、風が吹いて散ってしまうことから、この世の儚さとも結びつけられている。また、桜の木の下にはあやしげなものがうずまいている、という文学作品も多い。

しかし、すでに述べたように、現代の私たちが、桜サクラと連発しているのは、主にソメイヨシノである。そして、ソメイヨシノは、江戸時代に、日本自生種のオオシマザクラとエドヒガンの交雑種であり、自家不和合性のため、主に接ぎ木で増やすので、すべて同じ遺伝子をもったクローンであり、種子は出来ない。

(なお、最近のDNAゲノム解析により、ソメイヨシノは、オオシマザクラとヤマザクラの雑種と、エドヒガンの交雑種である、ということがわかった、という説もある。)


すべてが同じ遺伝子、同じ個体。植物の究極の目的である、子孫が残せない。極めて人工的で、不気味で、おおよそ自然とはかけはなれた、栽培品種。DNAが同じだから、条件がそろえば、個体差がないので、一斉に咲く。そして一斉に散ってゆく。ゆえに、気象情報で桜前線なるものが伝えられる。それによって、ますます、日本人は、春といえば桜、桜といえば春の訪れ、そして春の花といえば桜、桜といえば花見。という短絡的かつ近視眼的な思考をしている。

まったく不気味である。桜ではなく、日本人の花木、樹木に対する無知さが、ソメイヨシノを通して見事に示唆されているのであるが、誰もそれに気がつかない。気がつかないところが、不気味である。公園には、どこもかしこも、同じ遺伝子をもったソメイヨシノ。花見の季節には、ブルーシートをしき、満開のソメイヨシノの下で、肉をくらい、酒を飲み、人々がごちゃごちゃになって、煙はもうもう、うるさい喧騒、きたない景観。桜をじっくり観察しているひとなど、皆無に等しい。

いかに、自然に対して、四季に対して、無関心・無知であるか。情けなくなる。所詮は、騒ぎたいだけ、お酒を飲んでがやがやわいわいしたいだけであろう。

観察しない「花見」、これが日本人が愛してやまない人工植物の下で行われるのだから、情けないというか、滑稽でもある。



まずは、桜の原種をしっかりと覚えておきたい。9ほどしかないのだから、四季を愛し桜を愛でている日本人なら、記憶しておくべきだろう。


ヤマザクラ
オオヤマザクラ
カスミザクラ
オオシマザクラ
エドヒガン
チョウジザクラ
マメザクラ
ミヤマザクラ
カンヒザクラ


以上の9種に、今年4月、奈良・和歌山・三重にかけて自生しているクマノザクラという新種が発見された。現在、研究団体が、論文を書いており、近く発表される。
認められば、100年ぶりの新種である。

多くの人々がみているのは、ソメイヨシノであり、また「ヤエザクラ」「シダレザクラ」という言葉もよくきくが、八重桜とは、花びらが八重になっている桜の総称であり、枝がしだれている品種をそう呼んでいるに過ぎない。エドヒガン系統をもとにした品種は、枝がしだれるという。


そもそも、自然界に、八重咲きの植物は、原則として存在しない。だから八重の花びらは、園芸栽培品種であると思えばいい。

さて、ソメイヨシノの親となっている、オオシマザクラであるが、この桜から、200種類以上の園芸栽培品種がつくりだされ、それらを総称して「サトザクラ」と呼ばれる。ヤマザクラに対してのことであろうが、ヤマザクラは原種であり自生種であるが、サトザクラは園芸品種である。

公園や植物園などに植えられている桜で、わたしがみたことのある原種の桜は、


オオシマザクラ
ヤマザクラ
エドヒガン

この三つだけである。

そのほか、ジュウガツザクラやカワズザクラなども見た。

オオシマザクラが植えられているのは、ソメイヨシノの台木にするために、わりと全国的にみかけるという現象が発生している、と思われる。あくまでも、オオシマザクラではなく、ソメイヨシノを植えまくりたいのである。


次に、桜はすぐに満開になり、一瞬で散ってしまう、儚い花という物語について考えてみたい。
たしかにそうであるが、わたしが観察している限りでは、桜に限らずどの花もたいていは短い。

探せばどこにでもある、桜と同時期に花が咲く高木でいえば、

ケヤキ、エノキ、ムクノキ、ハルニレ、
カエデ、クヌギ、コナラ、トネリコ、
スギ、ラクウショウ、メタセコイヤ、
モチノキ、ヤナギ、
コブシ、モクレンなどであろうか。


モクレン科の花は、大型で、みつけやすく、言及されることが多いが、
その他、風によって花粉を媒花する風媒花について、言及するひとは皆無である。

そもそも、それらの花が咲いているなどとは思いもよらず、
樹木には花が咲くものと咲かないものがあると思っている人間も多いようだ。

もっとも、樹木は、草本と違って、植えて1年目で花が咲くわけではなく、
桃栗3年柿8年といわれるように、
5年、10年、15年とたたないと、花が咲いて見がならない、いわゆる成木とならないものがほとんどである。それは、桜も同じで、しかし桜は樹齢10年ほどで花が咲く、比較的大人になるのが、早い樹木といわれている。


風媒花には、花びらがないものが多く、目立たない。落葉樹であれば、ソメイヨシノのように花がまず咲くものもあれば、冬芽から花と葉が同時に展開するものもある。

小さいうえに、花びらがなく、また色も、緑に近い、淡い緑や黄色、茶色のものが多い。
だから、意識して観察しようとしないと、花が咲いているとは気がつかず、
単なる「新緑」としてかたずけられる。

そして、「新緑」といわれる頃には、ほぼそれらの風媒花は、結実して、花は散って、地面に散らばっている。そして、その地面に散らばった茶色い粉末のようなものが、花であるということにも、気がつかない。

鈍感さここに極れり。

ソメイヨシノの花でさえ、まともに観察しないのであるから、当然といえば当然であるが、なんとも悲しい現実である。

満開の情報がテレビや新聞から流れると、一斉に群像たちが、「名所」なるところをめがけて殺到する。人でごったがえし、ブルーシートで景観はぐちゃぐちゃ。人工的なソメイヨシノの下で、日本人は、いったい何をしているのだろうか?

一方で、毎日のように、ソメイヨシノ前線、開花情報が流され続け、ラジオからは「サクラソング」なる曲が流れる。文学的にとらえるのは勝手であるが、自然科学、生物学、植物学的な観点、あるいは観察対象として、桜をふくめた自然とふれあっている人間は、どこにいるのだろうか?

満開が終わり散ってしまい、ソメイヨシノが葉桜になると、虚しさを感じる。
だが、花が咲くのは、果実をつくるためであり、葉が生い茂るののは、果実を育てて種子を散布するためであり、植物の命の意味・意義・本領は、花が散ってから始まるといっても、過言ではあるまい。

しかし、花おわりのソメイヨシノを観察しているひとは、これまた稀である。


別の意味で、虚しさを感じるのは、私だけか?


~つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人こだわりの花~桜 ソ... | トップ | 長居植物園 5・17~楓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL