欅の現象学【2】~行為的直観と全人的自然生活から

進化したものと発生現象の根底にある運動体~植物的自然観察から生物学の哲学的考察へ

ブナ科 ニレ科 キク科 ほか ~四季(地球の気温)と有機的自然の深い謎にどこまで迫れるか

2016-10-13 | 植物、木、花、草、森林、自然 








シリブカガシ しりぶか? 






雄花 雌花 があり、雌花の先のみっつ状のものが、実(どんぐり)となる。いま成っている実は、去年の秋に咲いた花
が結実したもの。ブナ科の樹木には、春に咲いて秋に結実するもの、春に咲いてよく年の秋に、秋に咲いて翌年の秋に結実し熟するものがある。

さて、これは、なぜなのだろうか? ブナ科以外にも、このような種は存在するのだろうか。








ラクウショウ 





ずぼんにつきまくる雑草 名前不明



コスモス



ケヤキ










エノキ













ユリノキ
























 カシ





コナラ






コナラ
















アガパンサス





カツラ






















カリン

















ハナミズキ






シュロガヤツリ













ケヤキ つき







照葉樹林









カクレミノ








くり








コスモス

















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪市立大学理学部付属植物... | トップ | ミズキ科 スイレン科 ニレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL