職人たちの徒然草

新潟県・燕市在住の職人ヤスさんと、東京都・杉並区在住の職人ナガさんの交換?日記です。

仏壇とお通夜

2017年05月14日 | ヤスさん日記
先日の満月新発田から
お通夜と仏壇について
考える時間となっております。
お通夜に行く機会をの度に
お通夜の意味を考えていました。
亡くなった友人の為
遺族となった友人の為
などなど
その時々で理由はあったのですが
先日
仏壇の話をお聞きして
すっと腑に落ちたのです。

仏壇でお参りをするのは
五感で浄土を感じるため。
朝一番
きっと先ずは死の先を身体で体験する事を
仏壇の前でしているのだろうなと。
そこから始る一日であり
そこで終わる一日。

お香を焚き
ロウソクに灯
お鈴をならす
言葉を発する
その一連の儀礼。
そこでは
荘厳さを感じるひとときであるとも。

振り返って
お通夜を感じ直してみると
その荘厳を一緒に感じる場である
と思ったのです。

肉体は亡くなったとしても
その場で集まった人々は
荘厳なその肉体の先を共有する。
その為の時間なのだろうなと。

そして
また仏壇
お通夜仏壇と
思考は繰り返され
広がり集約され
また広がりと続いていますが
なにかひとつ
大切な形にできればな
と思う今日この頃です。

今日は九世気学的に
とっても良い一日でなのですよ。
東京も佳き時間をお過ごしくださいね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工房実験室 | トップ | 吉日に吉方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。