職人たちの徒然草

新潟県・燕市在住の職人ヤスさんと、東京都・杉並区在住の職人ナガさんの交換?日記です。

時計と時間

2016年12月28日 | ヤスさん日記
本日より
今年中の製作と
来年の頭の展示会に向けて
工房に籠もりの始まり。
ほぼ車を使わない
この数日。
家の中に有るもので
過ごそうと
いろいろと頭を使うものです。
有りもので
生活を繋いでゆく事も
時として必要な事。
日々の整理整頓の訓練にもなりますね。
ながさん
東京はいかがお過ごしですか。

携帯電話を置き忘れてしまい。
手元に時間を確認する術が無いと
時間とは本当に不思議なものだと
改めて感じます。
それぞれで違う日の長さ。
仕事に集中していれば
知らないうちに日が暮れていたり
お腹が空かなければ
そのまま夕暮れを迎えていたりと
私達の身体のリズムと
時間の関係を再考せずにはいられません。
きっと
こんな機会を与えてくれる為に
携帯電話さんも
一度手元から離れたのかもしれません。

そんな事を思いつつ。
グレゴリオ暦的2017年に向けて
職人の工房は進んでおります。
ながさん
東京の絵描きさんはどんな暮れを過ごしていますか。
また
年が明けたらゆっくりと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家と工房の距離感 | トップ | ああでもないと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヤスさん日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。