逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

3月21日、東京に核実験3年間分の放射性降下物

2011年03月26日 | 放射能と情報操作
核実験の3倍の降下物 「早く沈静化を」と専門家

福島第1原発事故で東京に降り注いだ放射性物質のセシウム137は、最大となった降雨の21~22日に、1960年代前半まで行われた大気圏内核実験で1年間に降った量の3倍近くに達したことが25日、分かった。
放射線医学総合研究所の市川龍資(いちかわ・りゅうし)元副所長(環境放射能)の資料と、文部科学省の発表データを比較した。
市川さんは『今のレベルなら心配することはないが、これ以上(放射性物質が)外に出ないよう、早く原子炉を冷却し、沈静化させてほしい』と話している。
市川さんによると、米国、旧ソ連、英国が63年に部分的核実験禁止条約に調印するまで、米ソは盛んに核実験を繰り返した。
63年に東京で確認されたフォールアウト(放射性降下物)のセシウム137は年間1平方キロメートル当たり52ミリキュリー。
換算すると1平方キロメートル当たり1924メガベクレルになる。
文科省によると、今月18日以降、東京で降下物として検出したセシウム137は、24時間ごとの値で最大だった21日午前9時~22日午前9時は5300メガベクレルで、63年の1年間の約2・8倍になった。
降雨で降下物が多かったとみられ、翌日以降は400メガベクレル以下に減少した。
市川さんは『問題はどれだけ体に入ってくるかだ。長引くと農作物の濃度が高まりやすく、厄介だ』としている。
(2011年3月25日 共同通信)

『あらかじめ東京から大阪に避難していた欧米メディア』

欧米メディアの関心は3月11日では大地震と大津波だったが翌12日には原発事故に重点が移り、ニューヨーク・タイムズなどの第一線の記者が日本に続々駆けつける。
最初は東京から福島に向かう予定だったらしいが、1号機の爆発以降は全ての欧米メディアは東日本から避難して、大阪から日本のニュースを発信している。
横須賀基地を逃げ出した原子力空母や、これ等東日本を逃げ出した欧米メディアの記者連中をヘタレ、腰抜け、臆病と言えるのか。
情報が少なすぎて判断できないが少なくとも日本人よりも欧米のメディアや米軍の判断は悲観的で、最悪の予想をして行動しているようなのです。
プルトニウムですが色々調べたのですが良くわかりません。『怖いらしい』程度は判るが、どれだけ怖いかが判らないのです。
唯α線を出すので放射線の飛ぶ距離が極端に短く体内被曝が大問題ですが、それ以外では大きな放射能被害は無さそうなのですね。
セシウムは排泄されるのでそれ程問題ではないが放射性ヨウ素は自然界にはなくて生体は栄養分として積極的に取り込むの子供では大問題であるが大人ではそれ程恐れることは無いでしょう。
これ等の食物からの摂取よりも、浮遊しているヨウ素やセシウムなどの放射性微粒子を肺に吸い込む内部被曝の方が断然被害の程度が大きい。
地震が発生して2日目の原発事故の早い段階で枝野幸男官房長官が、市民に対して『不急の外出は行わないように』との不思議な談話を発表しているのですよ。
関東圏の数千万人もの大量避難は、管内閣でなくても誰であれ無理です。
政府や電鉄、東電が意識的に行っていた計画停電や鉄道の運休は、出来る限り市民を強制的に『自宅待機』(屋内退避)させる隠れた(本当の)目的があったのかも知れないのです。

『当たりが多い疫病神の宝籤? 』

人体に影響が無いのなら、そもそも農産物を『出荷停止』にする必要が無い。
農水省の行った出荷停止以上の影響力が大きい悪質な『風評被害』はない。
今では『福島県産』というだけで、風評被害で集荷停止されていない農産物も軒並み消費地が引き取りを拒否して返品されているのですよ。
支離滅裂である。
影響がないなら出荷停止は間違いである。
今の政府の態度は『悪戯に不安を煽るだけ』の悪質な風評を広めている愚行中の愚行である。
農水省は、即座に解除するべきであろう。
また逆に今のように出荷停止を続けるなら、政府は『人体に影響がある』ことを認めないと論理矛盾であり非科学的でまったく辻褄が合っていない。
この二つの内の何れかであり、現在の政府の曖昧な態度は許されない。
政府の矛盾した曖昧な態度こそが、普通の一般市民が不安になる原因であるのです。
日本の報道は自己規制が多すぎて世界的に信用を失っている。
放射能の怖さは薬害被害や公害被害以上に結果と原因の関連性が良くわからないことなのです。
原因は臨界事故のような急性被害を除けば、最悪の結果が出るのが何十年も先で、その時には因果関係が良く判らない仕組みだからなのです。
放射能を一定量浴びた人が平等に全員特定の癌になるのではなくて宝籤のように、その中の限定された一定数が確率的に発病する。
その為に個々の発病原因が、『放射能の影響である』とは断定出来ない。
このために放射能汚染の被害の怖さは、癌になる放射能の被曝値の集団積算線量が大問題になる。
集団積算値の単位は人・Svで表されていて、100人が100ミリシーベルトを浴びるのも1万人が1ミリシーベルト浴びるのも同じ10000人・mSvであり危険性(発症人数)では同等であるとされいる。
この集団積算値で考えると、今度の福島第一原発の事故のように、日本国のような人口の多い地帯では他の旧ソ連やアメリカと比較して格段に恐ろしいことになります。
関東圏のような数千万人もの巨大被曝は世界でも例がなく、これは想像を絶する出来事であり、未曾有の大災害中の大災害なのです。
東京都に降った、3月21日の放射能が、むかし地上核実験を米ソが繰り返していた最悪の時代の核実験3年間分の放射性降下物と同じ数値だった事が、とうとう明らかになる。
一人が個々に浴びる数値自体は小さくても被曝人数が桁違いだけに集団積算値では莫大な数値となり甚大な被害が出る。
ですから、この最悪の21日の1日間だけでも、市民の命を守る為には事前に全東京都民に屋内退避させるべきだった。
ところが、知っていても日本政府は市民がパニックになることを恐れて黙っていた。

『管直人と枝野幸男と班目春樹』

班目春樹原子力 安全委員長が『水素が発生する可能性はありますが、大丈夫。起きることは無い』と地震翌日の朝に管直人首相に報告したと報道されているが、これは本当か。
実は彼は現在の最悪の事態を予想していたのではないのか。
彼は原発の権威中の権威であるのです。
また管首相は日本では数少ない理系の最高責任者なのです。
東大大学院教授の原子力安全委員会の班目春樹委員長ですが、原発専門家であれば原発の建設時で既に最悪のシュミレーションは行っていて当然である。
事実3・11同時多発事故から2週間後23日夜に出された、放射性物質の拡散を予測した模擬計算「SPEEDI(スピーディ)」の結果を発表した資料の中身は悲惨な数値で30キロ以上の地域の避難勧告も行うべきだった。
ところが政府は事故度2週間も公開しなかったし、退避勧告の変わりに住民の『自主退避』という発表。
日本国の一般市民に対して、『自分の命は自分で守れ』とでも言うつもりか。
全市民に銃による武装を薦めて『自主防衛』『自助努力』がもっとうのアメリカでも、政府が市民に判断を丸投げする今回の枝野官房長官のような『被災民の自主退避』などと言うことは絶対に無い。
それにしてもむかし地上核実験を米ソが繰り返していた最悪の時代の核実験3年間分の放射性降下物と、東京3月21から22日にかけての24時間の放射能が、同じ数値だった事が暴かれたが、福島第一原発30キロ圏内市民に屋内退避を指示したように、この最悪の1日間だけでも東京都民など関東圏の全市民の命と健康を守る為には事前に『屋外退避』の勧告が必要だった。
ところが、知っていても政府は日本人がパニックになることを恐れて黙っていたのです。
政府の都合を優先して仕舞い、何故政府の責任として守るべき日本の一般市民の命を優先しなかったのか。
呆れ果てて言葉もありません。
これでは、映画『ヒトラー最後の12日間』での逸話と同じレベルの話ですよ。
『ソ連軍に包囲される前にベルリン市民を脱出させるべき』という部下の進言を退けたヒトラーは、平然と、
『国民の自業自得(自己責任)』である。
『ドイツ)国民が地獄を味わうのは当然の義務。われわれを(選挙で合法的に)選んだのは国民なのだから、最後まで付き合ってもらうさ』 と言い放つ。
今の管直人や班目春樹ですが、この時のアドルフ・ヒットラーに近い心象風景なのでしょうか。
救い難い無責任だけではなく、何とも形容し難い醜く恐ろしい発想ですね。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人は政府を信用し過ぎ | トップ | 「東京ドームは停電しない!... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
少しずつ真実が明らかになってますが、まだほんの一部のような (きりこ)
2011-03-27 01:17:43
大前研一さんの動画を拝聴させていただきました。
たとえ政府や報道から真実を聞くことはできなくても、専門知識がある人の話を聞くことができるのは不幸中の幸いです。
政府の発表や報道からは知り得なかったことばかりで、かなりの衝撃でした。

国のトップを担う機関が同じ国に住む多くの人々を翻弄し、欺くことになんの意味があるのでしょう。
確かにパニックが起きると危険です。混乱のさなかに死傷者もでるかもしれません。
それでも、その一つのことにとらわれている間にも多くの人が被爆し続け、長い目でみると結局それ以上の死者や病人を出す可能性も否定できないでしょう。

テレビに映る福島県内や隣県の避難所の風景に、親にだかれた可愛らしい子供の姿をみると自分の非力さと胸の痛みを感じます。
今はただ少しでも耳を傾けてくれる人に現状を訴え、それぞれに自己防衛を心がけてもらうしか道がないように思います。
2号機放射性ヨウ素、通常冷却水の1千万倍 (宗純)
2011-03-27 15:38:25
きりこさん、コメント有難う御座います。

米長邦雄に教育問題を聞くのは愚か者だけであり、害があるだけで良い事は何もない。
相撲の朝青龍が強いことは判るが頭が良いかどうかは判らない。
ところが将棋は頭を使うので米長が賢いと勘違いする人が生まれたのですが、勘違いにも程がある。
米長ですがPCに例えれば能力の99%以上を将棋に使い果たしていて容量が全くない。
知性や一般常識などは子供より劣る水準です。
大前研一もこれに似ていて原発では我々など逆立ちしても敵わない程の知識がある。
ですから大前研一に経済を聞くのは愚かなことだが原発問題なら是非とも聞くべきでしょう。

2011年3月27日13時25分の朝日で、2号機のタービン建屋内の水たまりの表面で、毎時1000ミリシーベルト以上の通常の1千万倍の強い放射線量が計測されたと発表。
排水作業どころか、計測していた計測員は即座に退避している。
原発事故の収束どころか、まだまだ予断を許さない危険な状態です。
ところが今朝の産経ではチェルノブイリで事故後に死んだのは15人の子供が甲状腺癌だけ(原発事故は怖くない)との記事を書いていたのですよ。
現在の日本のマスコミですが、チェルノブイリ当時のソ連以上か同じ程度の信用度であり、官製統制の病的な状態の広報宣伝機関(マスコ)なのですね。
確かにチェルノブイリよりも日本の福島第一原発の方が良い点もあるが、逆に悪い点もある。
ところが日本のマスコミでは、自分達にとって悪いことには完全に目を瞑り、もう片一方の良い点だけを繰り返し繰り返し全てのテレビ局が放送しているのです。
これは危機管理の根本が間違っている。
危機管理の基本は先ず最悪を予想してから、現状を判断するのです。
ところが、今の日本は最悪を先ず否定してから、最良の予想して『大丈夫だ。心配ない』と繰り返すだけ。
これは報道でも危機管理とも無縁であり、単なる世論誘導の為の情報操作(プロパガンダ)ですね。
今のところチェルノブイリよりも良い点は、運転を止めることに成功したので爆発規模が1千数百メートルの高さだったものが、福島では何分の一の数百メートル程度の高さに収まったことだけですよ。
それ以外は全てが福島第一原発の方が悪い。
チェルノブイリでは最悪が先ず最初に起こっているので後は段々収束していく方向で動いているが、日本では徐々に危機が高まっている。
福島では、どこで原発事故が収束するかの目途が、事故2週間後の今でもまったく立っていない。
チェルノブイリでは1GW(百万KW)が一基だけだったのですが今度の日本は同規模の4基が制御不能なのです。
日本は、狭い敷地で原発が密集している為に作業が極端に難しい。
一つに集中して給水などを対処すれば、手抜きしている原発が炎上する何やら『ねずみ叩き』状態で始末に終えない。
それ以上大問題は原子炉内の数倍の使用済み核燃料が全く防護機能がない剥き出しの簡易プールの中に貯蔵されていた恐るべき現実です。
そもそも問題となる危険な核物質の量がチェルノブイリの20倍以上の膨大な分量なのです。これが一番の難問で問題点を大きくしている。
因みにチェルノブイリが鎮火するのに3ヶ月で、セメントの石棺に封じ込めるのに3年かかっている。
100ミリシーベルトは危険な値 (Black Joker)
2011-03-27 22:23:38
福島第一では、数人の作業員が150ミリシーベルト以上被爆したそうですが、これは十分に発症する危険性がある数値であり、治療・休養・経過観察が必要になるのは間違いないです。 こんなに危険なことをしているのを、本人達は「理解」しているのでしょうか?

シーベルトの意味ですが、1シーベルト被爆=致死量だそうです。 ですから、人が1000ミリシーベルト(つまり、1シーベルト)被爆すると多くの人が死ぬことになります。 ただし、100ミリシーベルト被爆で発症率が10%かというとそうではありません。 もっと率は低くなるはずです。 さらに、1ミリシーベルト被爆では、閾値(しきいち)に近くなるので発症人数はさらに下がります。 (閾値になると、統計上は危険度はゼロになります。)
確定的な急性被曝と、確率的にでる慢性被曝は別 (宗純)
2011-03-28 11:07:45
Black Jokerさん、困りますね~。放射線障害に閾値はありません。

それは確定的な物理学や工学などの概念であり、この場合の確率論的な話ではそもそも閾値は存在せず、全く不都合です。
そしてこの『1シーベルト被爆=致死量』ですが、もっぱら急性被曝を対象としており、慢性被曝は考えていないのですよ。
此の頃のテレビなどの映像メディアに出てくる東電の御用学者の男めかけ達が、『年間では全ての人が自然界にある放射線量を一定量必ず浴びている』(だからこれ位は健康には全く問題にもなら無い数字である)と繰り返す。
自然放射能だから安全などは迷信であり、自然界であれCTスキャンであれ胸部レントゲンであれ、そもそも安全な放射能はありません。
放射能被害の恐ろしいところは閾値が無いことなのですよ。
マスコミが大問題としている瞬間的な数値ではなくて、個人個人の積算値が大問題なのです。
極少量でも極少量の危険度が増すのですね。
それ以上に問題であるのは、
記事にも書いたように放射能被害の恐ろしいところは集団積算値だということなのですよ。
『閾値になると、統計上は危険度はゼロになる』どころか、集団積算値では小さな数値でも大問題なのです。
死神の宝籤で、沢山の人数が被曝すると、確率的には低くなるが分母が大きいので総量では大きな被害が出るのです。
急性障害とは大きく違い、原爆でも原発事故の核汚染でも同じですが、必ず一定量浴びれば発症するのではなくて、慢性障害の場合には確率的にしか症状が出ないのです。
物理学や工学などの確定論ではなくて、宝籤や賭博などの確率的な話なので誰が死ぬかが判らない。
極低い確率でも当たりくじがあるので3億円当てる人がいるように死ぬ人も出る。。
また逆に、多量に浴びても広島長崎の二重被爆者のように原爆の直撃をうけて大火傷しても92歳まで生き延びる人も出てくる。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
計画停電には、テレビ局のある区は決して入らないだろう (岩下俊三のブログ)
下請けは死ぬしかない。そういう運命である。東電の社員は原発には近づくはずがない。下請けや孫受けはアラームがなり続けても仕事を続けるしかないのだ。東電の下請けや孫受けや ...
プルトニウム混合燃料【MOX】運転中の福島第1原発 第3号機 関連 (JUNSKYblog2011)
2011年3月27日(日)  プルサーマル運転中であった福島第1原発 第3号機 での被曝事故につき  東京電力の3月25日の記者会見によれば 【東電や保安院によると24日、3号機のタービン建屋地下1階で、深さ約15センチの水たまりにつかりながら作業をしていた3人の....
原発導入の経緯 + デモのお知らせ二つ + 内部被曝の資料 (世界平和を実現しよう)
被爆国の日本はやはり、原発導入を反対していました。 それを心理作戦、マスコミによって世論操作され、導入されて行く歴史がわかる NHKのドキュメント発見、消される前に見て!http://bit.ly/fMsX9n ○          ○          ○ ★銀...
決められない人間をトップに据える不幸 (痛みに耐えるのはこれからだ)
 プロ野球は結局セパ両リーグが足並みを揃えることになったようだ。 まあ、ナベツネのごり押しや脅しが通じず巨人が降伏せざるを得なかったんだが。 負け惜しみのみっともなさ ...