逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

ガラガラの安倍首相の渋谷ハチ公前街頭演説

2017年09月29日 | 政治
『自民党中枢部で密かに「安倍下し」の謀反が起きているらしい日本国』

安倍首相の国連演説がガラガラだったことは世界のマスコミが報じたが、28日昼の衆院解散で早速東京・渋谷のハチ公前で午後に街頭演説を行ったがやはりガラガラだった。明らかに自民党本部の動員した人数があまりにも少なすぎる。(これでは同じ時期の共産党の志位和夫の街頭演説に比べて一桁か二桁も違っていたのですから驚くばかり。トンデモナイ異常事態が起きていた) 


『恐怖感を目いっぱい煽るホラー映画か、お化け屋敷』

顔の下から照明を当てるテクニックはお化け屋敷とかホラー映画の手法だが、今回は自民党本部が安倍首相の顔に対して、初めてのハチ公前街頭演説で行っている。悲壮感を演出しようとしたとも考えられるが、選挙の応援(景気づけ)なのに人相が悪すぎて何とも無気味である。(現職首相なのに笑顔が無いばかりか、首相の語る未来も真っ暗だった)

そもそも現職の安倍晋三首相(自民党総裁)の最初の街頭演説なのに、写真付きで報じたのは産経新聞『安倍晋三首相「ブームから希望は生まれない」 初の街頭演説で希望・民進を牽制』だけなのですから驚くやら呆れるやら。まさに異常事態である。(産経の記事も短いが、他紙はもっと短くてベタ記事)
安倍首相の25日の解散会見も、3時間前に小池百合子の新党宣言で出し抜かれて主役の場を奪われているが、28日の衆議院解散での民進党前原代表の爆弾宣言で主役を奪われて、マスメディアの扱いは完璧に脇役だった。(マスコミの主役はもちろん小池百合子)



『野田佳彦の自爆解散以後、「民主党批判」一本だけで4回連続で勝って来た自民党(安倍晋三)』

2012年の年末の総選挙以来、全く同じ手法『民主党批判』なのであるが、去年の2016年の参議院選挙まで4回も連続して安倍自民党が勝っていた。(正しくは4回連続で民主党『民進党』が負け続けた)
今回も同じで、ハチ公前の最初の街頭演説で安倍晋三首相のように、
『いま野党は新しい党をつくろうとしていり。1990年代に新党ブームがあった。あの新党ブームの結果、政治は混乱し、日本は長い経済の低迷に突入した。』
とか
『2009年、民主党ブームがあった。いよいよ混乱を極める状況になって、どんどん雇用が失われた。自民党、公明党はこの混乱に終止符を打った」と訴え、「ブームからは決して希望は生まれない。』
などアメリカ大統領選挙を真似て汚いネガティブキャンペーを行ったが、これでは到底日本の総選挙では勝てないでしょう。



『民進党「解党」で、安倍首相落選? 進次郎都知事説も飛び交う「永田町カオス」』9/28(木) Yahoo!ニュース

山口一臣 | ジャーナリスト(THE POWER NEWS代表)
政治は一寸先が闇と言われるが、本当に凄いことになってきた。
民進党の前原誠司代表が党の解散を決意したという情報が入ってきたのは26日の午後だった。半信半疑で取材を進めると、確度が高いことがわかってきた。
新聞・テレビの報道では、「統一名簿をつくる方向」で止まっていた。だが、民進党の「解党」はすでに決まっていたのだ。意向は27日までに党執行部にも伝えられた。異論も噴出したが、最終的に衆議院解散後の今日(28日)午後に行われる両院議員総会で民進党の事実上の解党が決まり、小池百合子都知事が立ち上げた「希望の党」へ合流。もうこの流れは止まらない。

==“大野党連合”誕生でパニックに陥る自民党==
小池新党と日本維新の会との選挙協力。民進党は自由党との合流。社民党との連携で、小池新党と民進党、この二つが事実上合流すると非自民の“大野党連合”が実現し、一気に政権交代が現実化する。
衆院選での投票先は自民党29%に対して希望の党18%、民進党8%。二つが合流するだけで自民党に拮抗、自由、社民、維新が乗れば逆転する。
ハシゴを外されたかっこうの共産党は表向きこの“大野党連合”に批判的だが、地方レベルではすでに民進党との選挙協力が進んでいるところもあり、うまく調整できれば多くの選挙区で「自民対野党=1対1」の関係ができる。
党内は安倍晋三首相に対する不満も爆発パニック寸前。
『今なら勝てる』と踏んだ安倍政権の延命目的の選挙で、ここまで包囲網ができてしまうと、歴史的敗北は確実だ。

==「消費税増税&原発継続」vs.「消費税凍結&原発ゼロ」の選択に==
役者としては小池知事の方が安倍首相より2枚も3枚も上。安倍解散発表に合わせて小池「希望の党」を発表し大勝した都議会議員選挙と同じ自民党vs.小池新党の構図をつくる。
案の定、翌日以降、ニュースの主役は安倍氏でなく小池氏になった。
小泉純一郎元首相との“密談”をさりげなくリークし、小泉氏との連携も匂わせ「消費税凍結」と「原発ゼロ」を明確に掲げた。
「消費税増税&原発継続」の自民党vs.「消費税凍結&原発ゼロ」のパフォーマンス巧者ぶりは、安倍氏とは比較にならない。
「希望の党」という党名も今年2月に商標登録の出願、9月に登録が完了。27日の結党記者会見には本格的なプロモーションビデオまで出来上がっていた。
衆議院議員の若狭勝氏や細野豪志氏も働き蜂に過ぎなかった。

==“大野党連合”を実現させた影の仕掛け人はやはりあの人?==
忘れてはいけないのが自由党の小沢一郎代表の役割である。
小池氏は1994年に小沢氏が新進党を立ち上げた時に側近として活躍した。その後、袂を分かったが、都知事選出馬に際しては小池氏の方から小沢氏に“復縁”の電話を入れている。小沢氏が都知事選で密かに小池氏を応援していたという情報もある。
小池と小沢が9月下旬に都内で極秘会談。前原も一緒だった。
「野党の結集」は小沢氏の年来の主張だったことは周知の事実。
そのために4年前からそれまであまり交流のなかった前原氏と気脈を通じ、代表候補として育ててきた。その前原氏が民進党の新代表に選ばれ、民進党と自由党が合流するという流れができ、今回は、さらに踏み込んで「解党」へと進んだ。
政権交代がより具体化したため、近く小沢氏と小池氏の再会談という情報もあるが、いずれにせよ、“大野党連合”の要が(共産排除の)若狭や細野でなかったことはテークノートしておくべきだろう。
9/28Yahoo!ニュース
(抜粋)

『安倍落選ではなくて、「安倍逮捕」までが見えて来た風雲急の政局』

民政移管後の大統領選挙で唯一50%を超す得票で当選した韓国初の女性大統領パク・クネが、去年10月頃に側近のノートパソコンがゴミとして捨てられていたことから40年来のお友達(女シャーマン)による国政壟断の最高機密のスキャンダルが発覚して、あれよあれよと言う間に国共合作が密かに水面下で行われて、弾劾が成立、現職大統領の逮捕から投獄までは一直線だった。
ところが、我が日本国でも同じ時期に同じような安倍お友達スキャンダルが発生している。
日韓同時多発スキャンダルですが、これは無関係(偶然の一致)ではなくて、韓国とまったく同じ現象が『連動して起きている』と思われる。
(★注、日韓の国境を越えて、同時に同じことが起きているなら仕掛け人は日本国内ではなくて、米国の国務省とかアメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA)などの諜報機関か、アメリカ軍が考えられる)

『ほんの数ヶ月遅れで、韓国(パク・クネ大統領)とまったく同じ道を辿る日本国(安倍晋三首相)』

韓国よりも日本は官僚組織や社会構造が強いので今まで必死で頑張ってきたが、とうとう小池百合子という身内や前原誠司など右側からの裏切り(内通者)によって本丸に火がついて仕舞『大炎上』は間違いなし。もはや安倍自民党の崩壊は誰にも止められないでしょう。
10年ぶり二度目の安倍晋三『政権放り出し』の可能性も十分ある。(この場合は自民党が大敗して消滅する)ところが、小渕恵三首相のように17年ぶり二度目の選挙戦の真っ最中の急死もある。戦国乱世に突如突入した日本ですが今後は調略や裏切り、下克上など何でもありで予測不能。
(★注、現職首相の急死なら『弔い合戦』で自民党が勝つので、安倍晋三首相の『政権放り出し』よりも『選挙戦中の急死』の可能性の方が遥かに高い)

『担ぐ神輿は軽ければ軽い方が良い』のは日本国の政界の一番の常識

多くの人々が忘れているようだが、6年前の自民党総裁選挙で支持者が選んだのは軍事オタクの石破茂(一位)で、森元首相など党長老が考えていたのが石原慎太郎の息子と言う以外の特徴が無い石原伸晃だったが最下位で落選。仕方なく決選投票に残った安倍晋三が『棚からぼた餅』で自民党総裁になるが、自民党は野党なので日本の政治には影響が無い。(当時の民主党は300議席の絶対多数を占めていた)
政策とか見識などではなくて、下痢で政権を放り出すような『軽さ』こそが安倍晋三が自民党総裁に選ばれた最大で唯一の『原因』だった。(★注、言葉を変えると、石破茂だけには自民党総裁になって欲しくなかったので、仕方なく『消去法』で安倍晋三が選ばれた経緯がある)
2012年末に小児甲状腺がんの二人目が発覚すると、年末総選挙で野田民主党から政権を禅譲された安倍晋三が首相の椅子を手にいれた。
23年前の1994年には、長い眉毛以外の特徴がない超小物政治家の社会党委員長の村山 富市でも日本国首相になれたのですから、もっと乱世の今回は公明党の山口首相の目も十分にある。
もしも『担ぐ神輿は軽ければ軽い方が良い』の基準で選べば創価学会信者を含む日本人の全員があっと驚く山口那津男首相の誕生どころか、今後の展開次第では日本共産党委員長の志位和夫首相も決して不可能ではないことになる。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アウフヘーベンする」小池... | トップ | 日本の政治家の資質とはサイ... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悩ましい (ちくわ)
2017-09-30 01:46:10
デキレースという感じですか。安倍よりはマシとは言え・・・う~む
なぜ安倍が排除されるのか (私は黙らない)
2017-09-30 03:25:49
国会前の大規模デモでも不死身だった安倍が唐突に排除される。「ゆり子、次はあなたね。」が現実のものとなりつつある。日本の総理は、国民が選挙で間接的に選ぶはずだが、実は既に「選ばれし」者が選挙という形式を踏むだけだということが露呈した。それほどまでに今回の「政変」はパククネ的だ。
では、なぜ、安倍排除なのか。かくも忠実な下僕が、いともあっさり捨てらる。何故か。私はロシアではないかと思う。ロシアが提案する、南北朝鮮、中国、日本5カ国による北方経済協力に対し、安倍は否定していない。安倍は実はプーチンとは気脈を通じあえる素地があるのではないかと思う。それを警戒する政治勢力があるということではないだろうか。彼らにとって、日本はあくまで前哨基地でなくてはいけないのだ。
そう考えると、この間のアホみたいなトランプと安倍の国連演説も納得がいく。あの演説は、トランプと安倍でペアだった。本人たちは自分の演説が総スカンをくらっても、気にしちゃいない。何故なら、あの演説は、自分たちの首根っこをつかんでいる政治勢力に対し忠実であることをアピールするのが目的だからだ。
私はずっと安倍政権の終焉を待っていた。だが、日本版のマクロンの登場を期待してはいない。小池百合子、長年の永田町の住人ではあるが、自らの政党基盤をもたず、「希望」という言葉を好むあたり、マクロンに似ている。発する言葉に重みが全然ないところもそっくりだ。私が民進党の議員だったら、絶対ゆり子の軍門なんかにゃ下らない。意気地なし。
Unknown (ちくわ麩)
2017-10-08 00:32:15
まあ、反自民勢力もぐだぐだやからねえ
反自民、反安倍がお仕事やのに、辞職にも追い込めませんでしたもんなあ
強いですなあ

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。