逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

アベノミクスはネズミ講(出資金詐欺)浜田宏一内閣参与が断言

2014年11月27日 | 経済

『アベノミクスの生みの親である浜田宏一エール大学名誉教授の大名言』


GDPショックによって安倍晋三首相による解散・総選挙が11月18日に発表されている。

唐突な解散劇と同じ日に、『アベノミクスは失敗してない、増税延期は当然=浜田内閣官房参与』とのタイトルの18日付けロイター通信記事で安倍晋三首相の経済ブレーンである浜田宏一エール大学名誉教授は、

政府債務は累増を続けているが、「実現可能なネズミ講システムだ。普通のネズミ講はどこかで終わって破綻するが、どこの政府でも次の納税者は必ずあらわれる」とし、「政府が自転車操業でお金を借りまくることはいいことではないが、政府と民間を合わせれば、消費税を先送りしても信頼が崩れることはない」と語った。2014年 11月 18日

ロイターの『ネズミ講』は英文ではPonzi schemeとなっており、ズバリ『出資金詐欺』である。
アメリカのバーナード・マドフなどの行なった出資金詐欺でも日本の天下一家の会のネズミ講でも『仕組み』自体は同じで、出資者に高い運用利回りを約束して騙して『出資』の名目で金を出させる。
ところが、実際には『運用益』は何処からも生まれていないので完全な自転車操業なのである。
新しい出資者の『資金』を既存の出資者の『利益』として分配しているだけなので必ず最後には行き詰る。
出資金詐欺(ネズミ講)とは、出資者の元本を食いつぶすだけの犯罪行為である。

浜田宏一政府参与の様な政府関係者が、『政府が詐欺をやっている』事実を、公式に認めるのは極めて珍しい。
見上げたもんだよ屋根やのふんどし、てぃしたもんだよ蛙の小便。葛飾柴又フーテンの寅さんの台詞ではないが、『それを言っちゃあ〜、お終いょ〜ぉ。!』そのものである。

『消費税増税で国税収入が減ったのは、増税分の所得減税を行ったから』池田信夫の大名言

自称マクロ経済学者の池田信夫ですが、悪魔の碾き臼である新自由主義の破綻が誰の眼にも明らかな現在でも、小泉竹中の無制限の規制緩和と小さい政府の新自由主義命の大馬鹿者。
電波芸者にもなれないネット芸者である。
池田信夫ですが、愚かにも今までは日本経済の根本を破壊した小泉純一郎と竹中平蔵 を天まで持ち上げているのです。
ですから今回のアベノミクス(実は10年前の小泉竹中路線)を大賛成するかと思えば、逆に『国債金利が上がるので破綻する云々』と批判していたから不思議だ。
池田信夫の脳内妄想と現実とは必ずしも一致しない。
時には当たるが、大概は外れる。
10年前の小泉竹中改革とまったく同じで、今回のアベノミクスでも日本銀行が国債を無制限に買い入れるために金利は0・5%以下にまで下がっているのである。(短期では、なんとマイナス金利になっている)
三百代言の橋下徹と同じでその場その場で言い分が違う、口から出まかせの新自由主義信者の池田信夫ですが、今回のロイター記事での浜田参与の驚愕発言に 敏感に反応する。
経済学には無知だが、池田信夫は動物的な反射神経は素晴らしい。
すぐさま浜田宏一のアベノミクスを解説するNewsweek批判記事エコノMIX異論正論/財政赤字の「ネズミ講」はいつまで続けられるか…が出されているのですが、これが何と、自分が長年口汚く批判していた日本共産党の『今までの言い分』と同じだった。何とも素晴らしい出来上がりの『経済解説』なのですから大笑いである。(池田信夫では無くて、志位委員長か不破哲三が書いたような内容)

『消費税増税分が法人税減税で消えていた日本国』

『消費税増税』と『法人税減税』とは無関係どころか、ほんの少し時間差があるだけで、二つで『一つのセット』だったのである。
日本政府は今まで消費税による収入で丸々法人税減税を行っていた。このことは共産党が長年批判していた誰もが知っている『周知の事実』である。
消費税増税は、増税を意味しなかった。
消費税の増税分を、日本政府は律儀に法人税の減税に置き換えていたのである。
消費税のプラスと法人税のマイナスで差し引きゼロ。消費税を増税しても日本国としての税収がプラスになるはずが無いのである。
ところが共産党以外のすべての与野党、読売産経から朝日毎日など全てのマスコミやマスコミ御用達の経済学者の全員が口を揃えて、消費税を上げなければ『財政破綻する』とか『次世代に負担を先送りする』との間違った主張(摩訶不思議なプロパガンダ)を繰り返していたのである。

『アベノミクスは出資金詐欺で、消費税はオレオレ詐欺』

浜田宏一参与の『アベノミクスはネズミ講』の激震は凄まじく、恐ろしい結果を生む。
何と新自由主義命の池田信夫に、たぶん背後霊として不破哲三の生霊が憑依したしたのであろうか。不気味である。(池田信夫ですが、それ以前には『脱原発でサルになる』との石原慎太郎の生霊が憑依していた)
我が日本国では、共産党以外の全員が一致して、『消費税を上げれば税収が増える』との現実の世界とは180度逆を主張(妄想)していたのである。
もちろん池田信夫も『その他大勢』と同じ主張である。
池田信夫ですが、『消費税を上げないと日本の財政が破綻する』と誰よりも声高に主張していたのである。 
ところが、現実社会の客観的事実としては消費税増税では国税収入全体としては、増えるどころか逆に大きく減っていた。
今回の折角の素晴らしい池田信夫の驚愕記事ですが、良識が有る左翼知識層は最初から毒キノコの池田信夫のウェブ記事を読まないので誰も知らない。
その反対の常連読者の頭が空っぽで目が節穴のネットウョは読んでも内容が理解出来ないので、結果としてはやっぱり『アベノミクスはネズミ講』の驚愕ニュースは誰にも知られることが無い。
結果、ロイターの浜田宏一参与の『アベノミクスはネズミ講』も、それを正面から批判したニューズウィークの池田信夫も、日本のマスメディアは一切取上げず誰も知らないので誰も論じない。 

『共産党以外、誰も口にしない日本国のタブー中のタブーである消費税のカラクリ』

池田信夫ですが、今回のアベノミクスの生みの親である浜田宏一内閣参与のロイター記事(アベノミクスはネズミ講)を批判するついでに、つい、口が滑って『消費税増税で何故か国税収入が減る』不思議も、同時に解説しちゃったから愉快である。
日本政府は、『(一般庶民層からの)消費税増税分で(大もうけしている法人などの)所得税を減税』していたので税収は増えない。
消費税を増税すると、税収増どころか逆に消費不況で、景気が冷え込みデフレスパイラスの発生でどんどん国税収入が減って行く。
我が日本国は消費税増税のために、1989年から現在まで25年間ゆっくりと死につつあったのである。

『日本のマスコミが誰も報じない 「アベノミクスはネズミ講」の浜田宏一』

現時点では新聞テレビラジオなど日本国のマスメディアでは誰一人も11月18日の付けロイター記事『アベノミクスはネズミ講だ』を報じない。
情報が有るのインターネット上だけなのである。
その中でも池田信夫の財政赤字の「ネズミ講」はいつまで続けられるか』2014年11月19日(水)ニューズウィーク日本版が秀逸である。というか、マスコミ報道に無いだけでなくウェッブ上でも池田信夫しか著名人では論じていない。
『見ざる聞かざる言わざる』なのはマスコミだけでは無い。日本国の全ての経済学者が三ザルで浜田宏一の『アベノミクスはネズミ講』を無視しているのですから情けない。
(個人とは大違いで紙幣を印刷している国家の債務がGDPの200%だろうが少しも問題では無くて、イギリスが250%を越す債務を二回も踏み倒した経過を池田信夫が詳しく懇切丁寧に説明している。
政府やマスコミの片棒を担いで『消費税を増税しないと財政が破綻する』と主張していた今までの『御用経済学者』池田信夫とは、丸っきり別人なのである) 

今のところアベノミクスをアホノミクスだとして批判している浜矩子同志社大教授も金子勝慶応大学教授もロイターの『アベノミクスはネズミ講』に対して何も書いていない。(近頃は何時ものことなので驚かないが、共産党機関紙赤旗が矢張り『アベノミクスはネズミ講』との浜田宏一内閣官房参与のロイター記事を報じないのである。これでは到底選挙で勝つ気があるとは思えないやる気の無さ

『驚きの結果(アベノミクス解散)には必ず正当な理由(原因)が有る』

アベノミクスの生みの親である浜田宏一エール大学名誉教授は『政府が自転車操業でお金を借りまくることはいいことではないが、』と言いながら、アベノミクスは、『実現可能なネズミ講システムだ。』として、『普通のネズミ講はどこかで終わって破綻するが、どこの政府でも次の納税者は必ずあらわれる』と言っちゃった。
浜田さんですが、人間がなんとも正直ですね。ここまで言い切ると最早天晴れ!であり『座布団を全部持ってけ!』としか言葉がない。
ブラックジョークとしても、世間を心底舐めている態度が不真面目である。
それとも脳梗塞などの後遺症の痴呆状態で『言っても良いことと、言って悪いこと』など、善悪の判断が付かないのか。
あるいは逆に、極右国粋主義で暴走する安倍晋三の自民党政府に協力するふりをして、破壊すると言う高等戦術なのか。
『アベノミクスは破綻しないネズミ講』とのロイターの浜田宏一ですが、丸っきり、一昔前の天下一家の会の会長の台詞(ネズミ講のダマシの口上)と瓜二つ。少しの違いも無いのである。
日銭が1日に1億円以上集まっていたが、ネズミ講として大成功した天下一家の会も末路は哀れである。ネズミ講ですが短期間では成功する(親ネズミは必ず儲かる)が、一定数まで膨らむと必ず破綻する運命に有る。
アベノミクスの今の成功ですが、今年一杯が限度なのである。
輪転機をグルグル回すアベノミクスが危ないのは誰でも知っている。短期なら成功しても長続きしないのである。
来年早々にもボロが出るので、2014年末での大慌ての『アベノミクス解散』での総選挙は、なんとも仕方が無い、当然の成り行きなのであった。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナチス英雄化に反対する国連決議... | トップ | 「北風」が吹くのか「南風」が吹... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アベノミクスは博打経済 (鳩と共生)
2014-11-25 23:10:32
安倍首相の経済ブレーンである浜田氏が この様な発言をしたという事は来年以降の日本の地獄が見えてくる様です。

故人である橋本龍太郎元首相が 1997年に消費税を3%→5%に引き上げましたが 倒産や失業者が増え日本人の生活や経済を悪化させてしまいました。 その後も 小泉純一郎元首相などが行った新自由主義路線が日本を様変わりさせてしまいました。

公明党は 今回の衆議院選挙で軽減税率の導入を掲げていますが今まで何度も騙してきたので詐欺に見えますし選挙でもし勝利したら実行しないのが目に見えます。

そして極めつけは 増税と法人税減税のセットですが大企業の税金逃れを許し国民からは消費税として税金を徴収する方法は本当に不公平です。 これでは一向に暮らしや経済が良くなる訳がありません。 この事は山本太郎参議院議員も最近 何かのニュースで発言していました。

今回の選挙で 共産党や社民党・生活の党・民主党・無所属議員が少しでも議席を伸ばしてくれると権力暴走にストップがかかりますが どうなるか心配です。
なるほど。!!そうだったのか♪! (宗純)
2014-11-26 13:44:08
鳩と共生さん、コメント有難う御座います。

一番っ最初は読売新聞が、その後はマスコミ各社が一斉に言い出した、唐突な年末解散、総選挙ですが、
18日の浜田宏一の『アベノミクスはネズミ講』とのロイター記事を見れば一目瞭然。
不思議でもなく、これは当然だったのですよ。
現時点では、政府が全てのマスコミをアンダーコントロールして18日記事を隠蔽してい、世間の目から隠しているが、
今後、浜田宏一の日本目の矢、三本目の矢と続けば隠し切れない。
それなら出来る限り速く解散して、総選挙を終わらす必要が有る。
『アベノミクスはネズミ講』だと生み親である浜田宏一が言っていたことが世間にばれたら、選挙どころでは無いのですね。安倍政権どころか自民党自体が消滅します。
手品と言うのは、ネタがばれていない時だけ有効なのですよ。
全ての手品では当たり前ですが、手品師の演技中に、外野の見物人による『種明かし』は御法度なのです。
ところが、今回その『掟破り』を、やっちゃった。
何故、手品の種明かしと言う御法度を浜田宏一が行ったのか。
(1)として考えるのは、日本人を心底馬鹿にしているから。
(2)としては、78歳の浜田さんが突然痴呆状態になったから。
普通なら世間を舐めている(1)か、突如判断力を無くした(2)しか。無いのですね。ところがどちらにしても辻褄があわ無いのですよ。
それなら3番目の選択肢しかない。
『安倍晋三の自民党政府に協力するふりをして、破壊すると言う高等戦術』
と言うことになります。
オバマ(アメリカ)は安倍晋三(日本)を叩き潰すとのオペレーションを発動したのですよ。
だから今のように日本側マスコミは全員で必死になって防戦しているのでしょうが、
昔の70年間の全員で大本営発表を繰り返す挙国一致の玉砕作戦ではアメリカに勝ち目が無い。
18日のロイター記事ですが、日本人に隠せるのは短い時間だけなのです。
必ず、秘密は漏れてしまうのです。いくら善良で疑わない日本人も、もう少しの時間が経てば、真実に気が付くのです。

今回ヘーゲル国防長官が更迭されたのですが、これも18日のロイター記事と同じ流れですよ。
去年に前クリントン国務長官とかケリー国務長官とかがシリアのアサド政権打倒で突っ走っていたが、ロシアのプーチンの助けを借りて、寸前でシリア空爆を回避する。
今年は180度方針を転換して今まで応援していたISIS(イスラム国)をテロリストのイスラム過激派だと空爆しているのです。
ヘーゲル国防長官としては面子が丸つぶれ、これでは辞任するしか道が無くなったのです。
ウクライナでも、アメリカの軍事衛星の写真をロシアのテレビが放送するなど、今まで応援していたキエフのネオナチ政権に対する手のひら返しが行われているのですよ。
そして今回の浜田のロイター記事ですが、これはシリアやウクライナの手のひら返しの一環であり、
これは同時に天皇が2人存在していた南北朝の時代の太平記を髣髴させるよな浅ましい有様。
敵味方が明らかな平和だった世の中は遥かに過ぎ去り、昨日の味方は今日と敵。今までの同盟国は敵国になる、戦国乱世の到来なのです。
溺れるものは藁おもつかむというが、世界の資本主義は断末魔であり、カタストロフィはすでに始まっていて藁どころか何でもありなのです。
幻の日本小国化作戦再び? (ネプギアソリッド)
2014-11-26 21:04:18
連合軍司令部は1945年敗戦当時、
民主化日本国は農業中心の牧羊的な小国にする
予定で、アジアにおける覇権国は中華民国に成る予定だった。
しかし、共産主義の台頭と冷戦で予定は変更、
日本国を再近代化、再富国化させ自由主義の防波堤にした。

そして冷戦が終わると、慰安婦問題が出てきたように、静かに時間をかけて日本経済を破壊、政治的孤立化させる方針に戻った。
米中露は表向き対立してるが、役割分担して共通の目的を目指してるなら恐ろしいです。

靖国神社の存在や、極左台湾独立派と組んだ大日本帝国肯定、太平洋戦争正当化がどれほど恐ろしいか。
日本国ですが、平和主義を国是とし治安も良く、
人命や人権を大切にしてきた。
間違いなく素晴らしいリベラル大国ですが、
枢軸国なのです。
安部ちゃん一味やネット右翼や日本会議の人々は、
中韓ではなくアメリカに喧嘩を売ってる自覚が無いのは恐ろしい限りです。
一字違いで、大違い (宗純)
2014-11-27 09:08:30
ネプギアソリッドさん、コメント有難う御座います。

『冷戦が終わると、慰安婦問題が出てきたように、静かに時間をかけて日本経済を破壊、政治的孤立化させる方針に戻った。
米中露は表向き対立してるが、役割分担して共通の目的を目指してる』
のは、ほぼ間違いのない事実で有り、これ以外の解釈は出来ないでしょう。

ところが、
『安部ちゃん一味やネット右翼や日本会議の人々は、
中韓ではなくアメリカに喧嘩を売ってる自覚が無い』
の方は、一字違いで大違い。
日本は必死になってアメリカにすがりつく。ところが、
アメリカが一方的に日本に無理やりにも喧嘩を吹っかけているのです。
ただし正面からでは無くて裏から陰険な手法なので低脳の安倍晋三らには意味が分からないだけ。
今回の浜田宏一の『アベノミクスはネズミ講』ですが、報じているのはロイターとかニューズウィークですよ。
今までの様な『裏からコッソリ』では無くて、これは丸っきりの逆真珠湾奇襲攻撃ですよ。
あるいはヒロシマナガサキの再来なのです。ところが、
日本のマスコミが一切報じないので、ごく一部の人間しか、誰も知らないのですから、勝てるはずも無い。
日本の場合には政治家の罪よりも、マスメディアのほうが遥かに悪質なのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
TPPのISD条項を駆使する悪徳業者から自分達を守るために、自公悪徳政治家を落選させよう (Dendrodium)
耕助のブログ「ISD条項のメカニズム」に次の記載がある。 ISD条項における仲裁は、アメリカの世界銀行が管轄する投資紛争解決国際センター(ICSID)で行われる。一般国民も報道陣も審査を傍聴することは許されないし、一度判決が決まれば上訴することはできず、それが最...
中国・ロシア・ユーラシア貿易圏、オバマの“ネオコン策謀”を弱体化: マイケル・ハドソン教授 (マスコミに載らない海外記事)
中国・ロシア・ユーラシア貿易圏、オバマの“ネオコン策謀”を弱体化: マイケル・ハドソン教授プーチン大統領、経済制裁に反撃すべく、中国とアジアとの貿易を増大すると誓約マイケル・ハドソンThe Real News 2014年11月13日 中国とロシア間の、4000億ドル、40年間の石油...