逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

「小沢無罪」強制起訴は特捜部の偽造報告書が原因と断罪

2012年04月27日 | 政治

『小沢無罪』=『東京地検特捜部+マスコミの致命的な汚点』

陸山会事件で政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)に対し、東京地裁は26日午前、無罪(求刑・禁錮3年)の判決を言い渡した。
禁錮3年の犯罪容疑の『虚偽記入』の内容とは、政治資金報告書に会計責任者の小沢氏秘書石川知裕衆院議員(38)が土地代金4億円の払込日ではなくて、翌年の登記完了日を記載していた事実を指す。
通常この程度の些細な形式犯では(不記載ではなくて日付の違いなので)、この様な場合には支払日への日時の訂正を求める。
そもそも政治資金規正法は、例え悪質な虚偽記載があったとしても実際に記載した会計責任者にすべての責任があり、当該の政治家本人には直接的な責任が無いという、何とも腹立たしい有権者を馬鹿にしたザル法中のザル法である。
その為に、今回の小沢一郎の起訴理由は虚偽記載した会計責任者との『共謀』である。
たとえ犯罪が完全に証明されても、肝心の『共謀』の存在が認定されないと政治家を有罪には出来ない。
政治資金規正法での政治家の有罪は、ハードルが高すぎるのである。
民主党最高実力者小沢一郎以外、他の政治家の場合には通常起訴されることは無い無理筋中の無理筋。
今回は政治資金報告書で政治家の異例の強制起訴が行われたが、小沢一郎の有罪を証明する筈の一審裁判段階で、逆に東京地検特捜部の方が捜査報告書の偽造まで手を染めていた数々の悪行が発覚して仕舞った。
幾ら判検交流で司法(裁判所)と行政(法務省)が一体化して、驚異的な刑事裁判の有罪率99・9%の日本とは言え、これでは有罪判決は出せない。

『虚偽報告書作成、偽証容疑で東京地検特捜部検事を告発』
 
小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、元東京地検特捜部の田代政弘検事(45)=現法務総合研究所=が、石川知裕衆院議員(38)の取り調べ内容について捜査報告書に虚偽の記載をした問題で、市民団体が4月25日、田代検事に対する偽証容疑と、捜査当時の特捜部長ら上司5人に対する偽計業務妨害容疑などの告発状を最高検に提出した。
虚偽の報告書作成を最高検が知った後も1年も捜査も公表も行っていなかった。
偽造と判っているにも拘らず、検察の虚偽報告書は検察審査会の小沢強制起訴の有力証拠として提出され、判断を歪めたと今回裁判所は認定している。
報告書を偽造した元東京地検特捜部の田代政弘検事は未だ逮捕・拘留どころか任意聴取も無し、いかなる取り調べも行われていない野放し状態である。
検察に自浄能力はあるのか。
今回の告発状が出される以前に、信頼回復のために最高検が強制捜査に動くべきではなかったのか。
この石川知裕衆院議員の取り調べ内容について問題点が山積み状態で、検察審査会に提出された偽造報告書以外にも、元厚労省村木局長を嵌めた郵便不正偽造文書事件でも検察側の証拠の偽造が発覚して担当した主任検事・前田恒彦や大阪地検特捜部長大坪弘道、特捜副部長佐賀元明が最高検察庁に逮捕される。
特捜部による独善的で脅迫的な違法極まる取調べが発覚しているが、今回の陸山会事件でも証拠を改竄した同一検事(前田恒彦)が担当していた。

『検察審査会の強制起訴』

2009年の検察審査会法改正で導入された強制起訴制度での判決は今回で2件目で、いずれも1審無罪となった。
一回目の無罪判決は12年前の2005年(平成17年)4月25日に107名が死亡した列車脱線事故(JR福知山線脱線事故)で西日本旅客鉄道(JR西日本)の歴代社長3名の刑事責任が問われたが全員無罪になっている。
現行の刑法は明治四十年(1907年)に制定されていて、そもそも個人の犯罪行為を罰するものであり、組織としての犯罪行為は想定していなかった。
大日本憲法では国家無当責が大原則だったのですが、『組織に無茶苦茶甘く、個人に厳しい』この悪しき伝統は今でも生きており、我が日本国だけは世界基準の正反対に組織暴力団が合法組織なのです。
民主主義の社会で暴力団が合法な国は日本だけの特殊事情であり、法治国家での暴力団合法化は決して有り得ない椿事中の椿事。
大日本帝国憲法の国家無当責と同じ原理で、暴力団の構成員個人の個々の違法行為が処罰されるが、該当する法律が無い(違法ではなく日本だけは合法組織)ので暴力団自体が処罰されることは無い。
世界中で日本以外は暴力団の違法行為以前に、暴力団を組織することも加入することも宣伝することさえも全てが違法行為なので、捜査当局は即座に逮捕拘留、処罰が可能なのです。
ところが日本では暴力団が合法なので手榴弾や銃弾が飛び交っても福岡の工藤会の幹部や本体は健在なまま。
暴力『組織』も組織の『責任者』も何処にも責任が無い、超無責任社会が我が日本国の姿なのです。
107人が非業の死をとげた列車事故でも事情は同じ。
以前の機関車が引っ張る国鉄時代の福知山線と東海道線の接続カーブは緩やかだったが、民営化され電化高速化と共に何故か不思議なことに、危険な急カーブに付け替えられていたのですからJRの経営責任者の事故責任は非常に大きい。
ところが組織を裁くとの姿勢が刑法(裁判所)に無いために有罪に出来ない。
尼崎の事故の庶民感覚からは完全に遊離した腹立たしい無責任極まる『無罪判決』は、刑法の建前から考えれば十分に予想の範囲なのです。

『マスコミ主導の小沢強制起訴』

今回の小沢一郎の強制起訴は、この『JR福知山線脱線事故』の例とは違い告発した側の東京地検特捜部の捜査自体の違法性と検察リークの情報を『事実である』として無責任に報道したマスコミの(悪意の)不手際が際立っている。
実はこの『陸山会事件』とは、今回の裁判の様な政治資金報告書の些細な記載ミス(形式犯)程度ではなくて、公共工事での西松建設や水谷建設などゼネコンからの数億円の高額な賄賂を証明して民主党代表だった小沢一郎の首を取ろうと、東京地検特捜部が何年も執拗に頑張ったが失敗した話である。
無敵を誇った東京地検特捜部が難攻不落の陸山会城を包囲して攻め立てたが城主の『首を取る』どころか、本丸の小沢一郎には指一本触れることが出来ない。
検察側の予期せぬ『負け戦』で、悔し紛れの鬱憤晴らしに城下を焼き払って(記載ミスで石川知裕を逮捕拘留して)引き上げた。
ところがマスコミ(検察のリーク情報)の世論誘導に影響された一般市民からなる検察審査会が納得しない。
検察庁が3度も不起訴処分にして自分たちの不手際(違法行為)を何とかして揉み消そうとしたが、その検察の意向を無視して『裁判で真実を明らかにして欲しい』と、再度強制起訴したものである。
今回の裁判の目的は、当初から普通の検察官の行う起訴のように『小沢有罪』では無くて、(マスコミで報道されていた)『不思議な「謎」の解明』だった。
小沢の方が一枚上で、検察側には最初から勝ち目が無い典型的な『負け戦』である。
だから検察が3回も不起訴処分としたのであり、有罪を前提とした陸山会事件のNHKなどのマスコミ報道は最初から無理筋だったのです。



関連記事
ヤクザ・リセッション、日本の暗く深い闇
2011年10月22日 | 社会
小沢、無理筋の「強制起訴」と日本検察の闇
2011年01月11日 | 政治
全会一致での小沢一郎『起訴相当』検察審査会議決の意味
2010年04月29日 | 政治
大山鳴動鼠一匹か『悪徳政治家小沢一郎VS検察+マスコミ』
2010年01月29日 | 政治
何れ血を見るまで終わりそうに無い
2010年01月24日 | 政治
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野田首相「ここ数年で最も賢明な... | トップ | 日本独立(単独講和)60周年 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日の報道もひどい (ちくわ)
2012-04-27 18:32:38
私は小沢自体、好きも嫌いもないけれど
この事件における違法性という意味では検察の捏造問題の方がはるかに社会的影響が大きいはず。それなのに、紙面では9:1くらいの割合で小沢叩きに狂乱している。

あまりにもバランスを欠く一方的な報道だ。
今一番説明責任があるのは検察であろう。
裁判で誰が裁かれたのか (宗純)
2012-04-28 17:24:15
ちくわさん、コメント有難うございます。

仰られている様に、実力者とはいえ無役の一政治家小沢一郎の政治資金報告書の些細な記載ミスと、それとは大きく違う強大な権限があり唯一の起訴権がある東京地検特捜部の捜査報告書の偽造では、事の重大性には大きな違いがある。
事実、少し前の元厚労省村木局長を嵌めた郵便不正偽造文書事件での前田恒彦検事と、今回の裁判で検察審査会の強制起訴の元凶と名指しされた東京地検特捜部の田代政弘検事の扱いが違いすぎる。
しかも、社会的な影響力という点で考えれば、前田検事は小さいが、田代検事の行った偽造の影響は国政全体に及んでいる日本国の一大事なのです。
ところが『石が流れて木の葉が沈む』で、一方は逮捕されて有罪に成りマスコミも大騒ぎするが、
一方はマスコミも検察も関係者全員が口をつぐんで全員がだんまりを決め込むダブルスタンダードの極み。
今回の判決についてはNHKの社会部長が『検察が裁かれている訳ではないが』と前置きして、一定の問題点を指摘していた程度。
しかしですね。近代民主主義での裁判とは日本のように『被告を裁く』ものではなくて、実は『検察を裁く』というもう一つの性格があるのですね。
司法が被告を一方的に裁くのは近代以前の江戸時代の大岡越前守の裁判。
近代国家の主権者である国民を拘束して自由を奪う訳ですから、少しの疑問も差し挟めないほどの合理的な理由(証拠)の提示が検察に求められるのです。
裁判とは、検察に完全な有罪の証明が義務付けられていている。
これとは対照的に被告側には『完全黙秘』でも裁判で何らの不利益が無いことが憲法でも保障されている。
被告には自分の無罪を証明する義務はまったく無いのですよ。
正反対に告発したがわの検察には明確な義務があるのですから、『裁判とは、検察を裁くもの』との解釈も十分出来るのです。
ところが日本では逮捕された時点で推定有罪であり、被告が自分で自分自身の無罪を証明するか、例え冤罪でも罪を認めて謝罪するかしか残された道が無い。
起訴されると99・9%必ず重罪になる、民主主義とは別次元の話ですね。

今度の報道では東京新聞が唯一といって良いほどの珍しく正しい意見が見られます。
2012年4月27日コラム『筆洗』
 「江戸の敵を長崎で討つ」。検察審査会に提出した捜査報告書が偽造されていた驚くべき事実に、こんな言葉が浮かぶ。検察審査会を利用し、自らは起訴を断念した政治家の命脈を絶とうとしたのではないか。そう疑われても仕方のない捜査だった
▼民主党の小沢一郎元代表にきのう、無罪判決が下された。小沢氏に道義的な責任は残るが、この裁判の敗者は誰かと考えてみた。強制起訴した検察審査会や指定弁護人ではない。法廷には姿がなかった検察組織である
▼ロッキード、リクルート事件など、政治家や高級官僚を立件した輝かしい歴史がある特捜検察も、有罪立証には綱渡りの場面があった。負の遺産は継承されず、残ったのは尊大な世直し意識だった。その姿は無謀な戦争に突き進んだ昭和の軍官僚たちの姿と重なる
▼日露戦争は革命思想が浸透したロシア国内の混乱の要因もあり、薄氷を踏む勝利だった。陸軍参謀本部が残したのは、司馬遼太郎さんが「明治後日本で発行された最大の愚書」と憤るほど都合の悪い事実を隠蔽(いんぺい)した戦史だ
▼実戦の経験のない若手将校には完勝したイメージだけが残り、その慢心は昭和の戦争で日本を破滅に導いた。二つの戦争で旗を振り続けたのは新聞だった
▼筆者は長く検察を取材してきた。特捜検察をおごり高ぶらせた責任を顧みなければならない、と自省を込めて書く。

有罪になったら恐ろしい (くまごろう)
2012-04-29 00:47:26
時代遅れでその役目はもう終わったであろうが、あり触れた市民とは比較にならない力を持った人物が確たる証拠もなしに有罪となっていたら、多くのあり触れた市民を有罪にするのに殆ど何の証拠も要さない社会の幕開けになるのではないか。
そのような危機感がもっとあっていいと思います。

すっかり信頼を失った自白以外の直接証拠、科学による鑑定があったものでさえ、冤罪は起き、まして状況証拠の積み重ねで有罪にするハードルは「合理的疑いを挟まない」というものです。「普通は他にあり得ない」ということは、例外的に特殊な場合は冤罪もやむなしと、運用するに当たっての人間の限界を法律が認めている。
自分が思っていたような裁判結果が出ただけで、第三者が「真実が明らかになった」などという表現を軽々しく使うのは、自分の主観が真実であるという無邪気な確信故なのでしょうか。
いつになったらこの国は自分の過ちを認められるようになるのか。
もしも麻生政権が小沢一郎代表を嵌めようとしなかったら (宗純)
2012-04-29 14:40:29
くまごろうさん、コメント有難うございます。

歴史的に物事を考察してみれば、
3年半前に成立した最後の自民党内閣である麻生太郎の驚異的な人気の失墜がないと、今度の不思議な検察審査会による小沢一郎の強制起訴はありません。
小泉竹中路線の新自由主義まっしぐらで日本の経済の失墜は目を覆うばかりの酷さ。
これでは後を継いだ下半身が弱い国民的インチキ人気の安倍晋三も『貴方とは違うんです』の福田康夫も日本語が読めない漫画中毒の麻生太郎も短命内閣は致し方ない。
特に酷かったのは麻生太郎で、彼の任務は首相就任直後のご祝儀相場で人気が高い内の早期解散だったが、負けることが確実だったのでずるずる先延ばしした挙句の全党挙げての『三木おろし』で解散権を封じられた弱小派閥出身の三木赳夫総理以来の任期満了選挙。
与党自民党の大敗(野党民主党の大勝利による政権交代)最早誰にも避けれない情勢になっていた。
この時の民主党代表は小沢一郎だったのですから、小沢一郎は首相の椅子が100%確実だったのですが、これを阻んだのが東京地検特捜部。
東京地検特捜部は3年前の2009年3月に西松建設の数億円の賄賂容疑で小沢一郎の秘書の大久保隆規を逮捕する。
この事件は1970年代のロッキード事件で逮捕された田中角栄総理の話の顛末と色々な部分が酷似していますね。
田中角栄の逮捕にはアメリカの影がちらつくのです。
これは1974年のニクソン大統領の失脚と連動しているのですが、中国承認やソ連とのデタントが日米の軍産複合体の怒りを買った可能性が高い。
今回の小沢一郎バッシングですが、それに比べれば規模や仕掛けがちゃちでお粗末。
一審裁判段階で特捜部(検察)のインチキが暴かれるようでは話にもなりません。
多分前回仕掛けたのは泣く子も黙る世界規模の軍産複合体で、今回は自民党政権と連動した官僚的な検察組織。
勝負は大きければ大きいほど勝算があるのですが今回は規模が違いすぎたのでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
小沢元代表無罪判決を聞いて (反戦塾)
 小沢信者でもないのに、TVの第一報を聞いて「やった!」と手を打った。思えば、大久保隆規秘書が西松建設裏金問題に端を発して逮捕されたのが3年前の3月、検察のリー
敦賀再調査、他原発に波及も 再稼働阻む活断層リスク (産経) (JUNSKY blog 2012)
2012年4月26日(木)  きょうは、あっちでもこっちでも小沢裁判で「無罪」となったニュースばかり。  原発関連のWebニュースは、小沢裁判の判決が出る前に配信された 下記の産経新聞ニュースしか見当たらない。  【再稼働を阻むリスク】と捉えて記事を書いているよ...
小沢一郎氏無罪判決 大善裁判長の勇気に敬意 (Dendrodium)
 虚偽記載事件:小沢一郎元代表に無罪判決…東京地裁 毎日新聞 2012年04月26日 10時03分  資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記載)で強制起訴された民主党元...
【民主党】小沢一郎無罪判決・・・は、ともかくとして。 (名無しのデムパ論)
昨日、小沢一郎元民主党代表に第一審の判決が出たそうですね。 資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、 政治資金規正法違反(虚偽記載)で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の判決で、...
変わり目にいる (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
4月も終わりに近づいて、風のない穏やかな日が多くなった。貿易風が強く吹いていた日々から、季節はゆっくりと、しかし確実に変わってきているのがわかる。草や木々はイキイキと花を咲かせ、マンゴーの実はますます大きく、たわわにぶらさがっている。 そして「変わって...