逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

だめだこりゃ

2017年05月10日 | 政治
『「私、日本人でよかった」は中国人だった』

数年前から京都など神社周辺に多数が張られているのに、その目的や誰が作ったのかが不明(無記名)の無気味な謎のポスター『私、日本人でよかった』については、日本政府(安倍晋三内閣)を乗っ取った観がある極右改憲団体(カルト)の『日本会議』と近い関係にある神社本庁が作成したことが既に分かっている。
ところが、このモデルの女性の写真はライセンスタイプ: ロイヤリティフリーで中国の北京でLane Oateyさんが撮影した「Beauty shot of a young woman」。
アメリカの写真配給会社「ゲッティ イメージズ」が管理する女性のイメージ写真で『若い女性』『中国人』などのキーワードで登録されていたもので、『日本の独自性』の強調どころか180度逆のグローバリズムそのものだった。

日刊法律ニュース ‎@lawya_jp @bazilbuildgamo 2017年May9日
私 日本人でよかった」→日本人ではなかった、とは綺麗なオチですね。
綺麗すぎて、遠回しに排外主義を批判するポスターだったのではないか、という感すらします。

『安価な中国産だと発覚して大騒ぎなった食品表示偽装(浜名湖名産のウナギとか鳴門名物のワカメ)』

配布した組織名がなく何の目的で貼られているのかも不明の『私 日本人でよかった』の謎のポスター下部には『誇りを胸に日の丸を掲げよう』と書かれている。
極右改憲団体カルトの日本会議と一体の神社本庁が2011年に計6万枚を全国の神社に配布したポスターは『デザイン会社に依頼』したので、『私、日本人でよかった』が中国人だったなど、『モデルの国籍等については把握していません』と答えているが、中国産だと発覚した鳴門ワカメの食品偽装と同じで駄目ですね。
製作費をケチったから無料のネット画像を借用した下請けのデザイン会社ですが、時間が経てば必ず事実が発覚して大騒ぎになる。これが時限爆弾になることに気が付かなかったんだろうか。



『何とも唐突感がある、「自衛隊は違憲状態」で「教科書にも違憲だと書いてある」と言い出した安倍晋三首相の君子豹変(敵前逃亡)』

テレビで萩生田光一官房副長官が『自衛隊は違憲』と言っちゃった重要性に誰も気が付かない?今の日本の不思議

憲法9条破棄が悲願だったのに、・・・驚きの変節(9条の1項1項の保持と、自衛隊の記入)だった5月3日の日本会議など改憲団体集会への安倍晋三『ビデオメッセージ』に対して
自衛隊が違憲だという状況のまま何かあれば汗をかいてくれというのは、あまりにも理不尽だと総理はお思いなんだと思います。ですから、自衛隊の明文(化)を自分の任期中にやりたいと。一つの提案として9条に3項の追加という提案をしましたけど、・・・』と萩生田光一官房副長官が言っちゃった。
自衛隊が違憲なら自動的に違法であり、即アウト。到底言い逃れできない安倍晋三内閣による完璧なオウンゴールである。
ところが野党もマスコミも同じで、誰も突っ込まない。
驚きの萩生田光一官房副長官発言に続いて、5月9日の予算委員会で日本共産党の小池 晃書記局長(元医師で参議院議員)の質問に答えて、安倍晋三首相は
『主要政党が自衛隊をそう(違憲と)述べ、あるいはまた、憲法学者の7割、8割が憲法違反と言っている。さらにはですね、これは教科書の記述にもですね、多くの採択されている教科書の記述で、自衛隊が違憲であるという記述があるという状態…これは自衛隊の子供たちもですね…』と言っちゃた。

『丸っきりの時限爆弾 憲法9条の1項と2項を残して、無理やり3項に自衛隊を抽入する安倍改憲案の恐ろし過ぎる馬鹿馬鹿しさ』

ただし、新聞とかテレビニュースでは『憲法学者の7割、8割が憲法違反と言っている』の部分で打ち切って、続く『さらにはですね、・・・多くの採択されている教科書の記述で、自衛隊が違憲であると・・』の部分を勝手に省略していた。
論理的日本語を正しく理解出来ないらしい安倍晋三に対する、マスコミ(テレビニュースとか新聞)による忖度、『此処に極まれり』である。
それにしてもNHKが全国に生放送したので多くの人々が見ているはずなのですから、安倍晋三首相の、日本政府(文科省)が検定して発行されている『教科書で、自衛隊は違憲だと書いている』とのトンデモナイ部分も、矢張り萩生田発言と同じで誰も追及しない不思議。
だめだこりゃ。

『そもそも我が日本国の主要政党は誰も「自衛隊は違憲」(違憲なら自衛隊は即時解体)と言っていない』

過去に日本社会党が『自衛隊は違憲だ』(非武装中立)と言っていた。ところが社会党(村山富市)が自民と大連立した途端に自衛隊は合憲になり、その後『党』そのものが消滅している。(社会党は原発でも同じで、野党時代は『危険だ』と主張してい。ところが、与党入りした瞬間に『原発は安全だ』と180度コペルニクス的に転向する)
日本共産党も『違憲だ』と過去に言っていたが今は何故か沈黙。『自衛隊は違憲』だと言っていない。(今の共産党や有識者が声高に言っているのは自衛隊の海外派兵とか集団自衛権など『海外での戦争』を違憲だと言っているだけ。これは暴力団の違法行為を禁止するが肝心要の『暴力団』自体は合法の日本の暴対法と同じ原理)
極右日本会議と神社本庁か作った『私 日本人でよかった』が→『日本人ではなかった』オチど同種類の、右翼国粋主義の安倍晋三が極限まで右傾化した今の日本では一番左翼的だったとの爆笑オチ。

最初に陸軍での特攻を始めた富永恭次中将は、フィリッピンでの戦局が不利になると部下には徹底抗戦を命じたが、自分は現地司令官の職務を放り出して一人だけ台湾に逃げ出し命拾いした

『煽るだけ煽った挙句、全自民党議員を放り出して逃げ出した自民党総裁の安倍晋三』

予算委員会のNHK国会中継で、安倍首相が(質問の趣旨とか答弁の筋とは違う)唐突に『教科書』の話を始めて、『教科書には違憲って書いてある!』と言い出し、そのあと『共産党も違憲と言っている』となって、→この安倍発言に対して『共産党を改憲に利用するな』と共産党書記局長の小池さんが反論する摩訶不思議な流れになっている。
フジテレビでの萩生田光一官房副長官の発言とか、予算委員会での安倍晋三首相の答弁ですが、神社本庁の『私 日本人でよかった』のポスターが→『日本人ではなかった』との絶妙なオチと同じですね。最初の『思惑』(主張)と、最終的な『結果』が180度コペルニクス的に『逆さま』になっている。
『爆笑ものである』というか、間違いなく憲法改正(9条破棄)を目指していた安倍晋三は最後の土壇場で日本軍の富永恭次中将のように『敵前逃亡』したのである。
戦力を禁じた日本国憲法9条の破棄が悲願の右翼が安倍の逃亡を怒って暴動でも起こすかと見ていたら、現在は全員がスルーして何も変化が起きていないふりをしている。
そもそもネットウヨは最初から論理的思考が出来ないので、いまの安倍晋三が『何』を主張しているのかが正しく理解出来ないのである。
共産党の志位委員長とか小池書記局長も(今まで培った知性とか常識が邪魔をして)理解しているとは到底思えない発言が続いている。今の時点では安倍の驚きの変節『敵前逃亡』を正しく理解しているのは軍事オタクの石破茂一人とは情けない限り。あまりにも政治認識がお粗末である。





逝きし世の面影記事『もはや狂気!』(5月9日)が、なぜかgooブログから完全に消えている

日本政府が自治体を通じて市民向けに出すJアラートと、自衛隊に対して出す破壊処置命令との一体不可分の関連性とか、去年8月4日の安倍晋三内閣の改造に伴って辞任した中谷元防衛大臣とか馳浩文部科学大臣が『8日目のセミになるとも・・・』と同時に連続して泣き出した摩訶不思議な関係を書いた5月9日の逝きし世の面影記事『もはや狂気!』が、昼ごろに唐突に、gooブログから完全に消えて無くなる事故が発生。
杉原シンドラー氏の二重投稿のコメントがあり、gooの編集画面から二つの内一つ後ろのシンドラー氏コメントを削除する。(原因がgoo側かPC側かは不明だが)ところが、なぜか無関係な一つ後ろの記事(5月9日の逝きし世の面影記事)『もはや狂気!』が無くなった。
(ブログ記事が消滅した『PCが誤作動した』ピッタリ同時刻に、三桁のアクセス数が極短時間だけカウントされている)
このような事故を予想して古い記事は 既に外付けのハードディスクに保存済みですが、無くなった『もはや狂気!』は昨日に書いたもので、まだ保存していなかった。
当該記事『もはや狂気!』ですが、gooに無くても脳内の記憶にはあるので復元は何時でも可能で、読者から要望があれば行いますが、形あるものは壊れ命あるものは必ず亡くなる。諸行無常、盛者必衰。人類最初の地球外の第一歩アポロ11号のビデオテープのように大切なものは大切であるほどゴミと間違えられて捨てられる過酷な運命にある。読者諸氏も大事な記事だと思ったらコピーして各自が自分の責任で保管してください。(何時までも あると思うな。年老いた親とカネとネット記事)



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「神社」に住むヘイトの女神... | トップ | 逆神の権化、産経新聞は恐ろ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (杉原シンドラー)
2017-05-10 12:19:44
はじめまして。

>ところが野党もマスコミも同じで、誰も(晋三に)突っ込まない

ですが、「誰も突っ込まない」のは仕方ないと思います。何しろ、安倍(あんばい)晋三に世論の「圧倒的支持」があることは、内閣支持率が雄弁に物語っています(苦笑)。万が一、晋三を批判すれば「晋三をいじめるな!」との抗議が殺到することでしょうね。衆愚!
自民はどう収拾を図るのでしょうか。 (潔)
2017-05-10 13:29:58
 そもそも日本の政党はなぜ本来革新であるはずの共産党が護憲で、保守の自民党が改憲なのか、かねてから不思議に思っていましたが、5/6のNHKスペシャル「憲法・70年の潮流」を見て、要は現行憲法は革新的過ぎて、明治憲法を是とする旧勢力(保守層)には多大な抵抗感があったのだな、と理解しました。
 一方、自民党の党綱領は時代と共に変遷していますが、Wiki.によると改憲に対する姿勢は1955年の“現行憲法の自主的改正”から、2010年の“新憲法の制定”へと、よりラディカルな変化を遂げています。
 そこへもってきて今回の安倍晋三の変節、私も9日の、野党の質問場面がほとんど放送事故レベルと化した国会を見ていましたが、蛙の面にしょんべんとばかりの、安倍晋三の“俺何か変な事言った?何でそんなに怒るの?”的な雰囲気から察するに、言った本人に敵前逃亡した、という自覚は絶対にないと思います。
 総理にあるまじき、恐るべきレベルの知性に、野党の代表者も理解が追い付かないのではないでしょうか。
 今回の改憲騒ぎは、結党以来積み上げてきたものを一気にぶち壊された自民党そのものが一番の被害者だと思います。
『このモデルの女性は中国女性』はヒトラーユダヤ人スキャンダル風 (ローレライ)
2017-05-10 15:57:21
『日本人でよかった』『このモデルの女性は中国女性』はヒトラーユダヤ人スキャンダル風落ちで『天皇や首相は朝鮮人』落ちみたいな滑稽なる陰謀論ネタである。
諸行無常、盛者必衰。。。 (Saito)
2017-05-10 23:41:17
>当該記事『もはや狂気!』ですが、gooに無くて脳内の
>憶にはあるので復元は何時でも可能で、読者から要望
>があれば行いますが、形あるものは壊れ命あるものは必
>ず亡くなる。諸行無常、盛者必衰。

これは、これは!
ブログ主さまも、「日本人」ですなあ~。
あまりにあきらめが良すぎる。

白人(だと思うが)はもっとしつこい。例の9.11で第7ビルの崩壊を「事前実況中継」したBBCの放送。あれは何度速攻で削除されても、すぐにネットにアップされるそうです。

ぜひ、再アップしてください!

9条3項 (私は黙らない)
2017-05-11 03:07:06
9条3項の件、憲法学者が前面にでて言論をリードするべきだと思う。整合性のとれない条項が入った憲法では、法治国家としての体をなさない。
ちなみに、私が日本人でよかったと思うのは、久しぶりに帰った日本で、うまいそばでもすすった時位なもんで、最近、日本人でよかった事なんて、これっぽちもない。そもそもこのポスターが想起させたい「日本」なんて幻想のような気がする。
Unknown (すたー)
2017-05-11 09:16:07
「もはや狂気」再投稿お願いします!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。