逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

テサロニケ的党名問題、党名変更は必要?

2010年07月31日 | 共産党

『党名変更の緊急性』

『共産党』と言う88年の伝統はあるが今では『マイナスブランド』になっている古臭い党名が、各種の選挙で大きな負担に成っているのは共産党幹部の間では常識です。
1983年9月1日サハリン上空でソ連軍戦闘機による大韓航空機撃墜事件が発生し、この事件直後にロッキード疑獄の田中角栄元首相の有罪(実刑)判決の衝撃で自民党中曽根康弘内閣が崩壊(解散)、総選挙が行われ与党は大敗北する。
今回参議院選挙と同じように過半数割れして自民単独与党体制は終わりをつげ、自民党新自由クラブの連立政権になるのですが、このような場合に普通なら勝つはずの共産党は正反対の結果である敗北を喫してしまうのです。
その時、党幹部はソ連と日本の共産党を有権者が混同した為に総選挙で敗北したのだとして、次回選挙から党名を変えると発表しています。
皆さん、共産党は党名をどう変えたと思いますか。?
それまでの『共産党』(CP・J)では無く、『日本共産党』(JCP)と変えたのです。
政党ポスターも今までのような人物などは止めて、日本の象徴的存在だと誰もが思っている日本国の最高峰の富士山にする。
そこに大きな文字で『日本共産党』と書き入れました。
公式な日本共産党の政党ポスターが『富士山に日本共産党』ですよ。
例えるならこのやり方は、日本の墓石によく見られる『○○家の墓』なる不思議な表記と同じで、確かに日本では伝統的な表記方法ではある。
しかし論理的に考えれば、墓石にわざわざご丁寧に『○○の墓』と念押しする必要があるのでしょうか。
『墓』と書かなくとも誰が見ても『墓』なので、『何か』別のものと間違う方が可笑しいのです。
考えてみれば実に不思議なやり方です。
確かに犬小屋では『ぽちの家』なる表記法はあるが、普通の人家では『○○家の家』なんて表札は見たことがありません。
『○○』だけで十分である。
公式ポスターを『富士山に日本共産党』に変えたこの時から、誰もソ連共産党と勘違いする人が日本にいなくなりました。???

『衝撃的だった天安の北風』

1989年6月4日、中国の首都北京の天安門広場で民主化を要求する市民や学生を弾圧した『天安門事件』が発生しました。
1ヵ月後の7月、日本では消費税導入直後の歴史に残る参議院選挙だった。
消費税が争点だった参議院選挙で、与党自民党は歴史的な大敗北をして過半数割れしてしまう。
この選挙の結果、今回と同じ衆参ねじれ国会が歴史上初めて生まれているのです。
この選挙で消費税に一番反対し、日本の政党の中では中国共産党と一番厳しく対決していた(天安が起きず国内問題だけなら)必ず勝てるはずの日本共産党は、又しても歴史的敗北を喫しました。
因みにこの時、社会党は泡沫候補までトップ当選して、お粗末な土井チルドレンが大量発生しました。
この後、社会党は消滅し共産党は未だに立ち直れないでいます。

『日本でも有効だった韓国の選挙の時の悪弊、北風』

現在日本国は極端に右傾化して護憲の左翼的な政党の共産党も社民党(旧社会党)も数人当選者まで激減していますが、みなさんは何が原因だと考えているのでしょうか。?
勿論バブル崩壊から続く日本経済の低迷による社会全体の劣化も原因として大きな要素であるのですが、一番大きな原因は98年の北朝鮮の人工衛星打ち上げ失敗を利用したテポドン騒動と02年から始まる拉致騒動です。
それまでの日本では北朝鮮が報道される例は全く無かったのですが、其れ以降は洪水の様な北朝鮮報道が連日行われるようになる。
今では右翼的でない普通の一般的な市民までが軍備増強と北朝鮮制裁を叫んでいる状態なのです。
これは左翼護憲派にとっては、例えれば天安門事件が何年も続いている状態と同じなのです。
83年時点や89年時点の日本人と、それ程現在の日本人が進歩した訳ではないのです。反対に退行している可能性が有ります。事態は切迫しています。
今何故これ程、私が党名変更に拘るのか理解していただきたいと思います。
一度真で有るなら、未来永劫永久的に真である。
『正しい』ものは、永久に正しい。アリストテレスの世界なら正しい命題でも私達の世界では通用しません。
共産主義は何時から宗教?に成ってしまったのでしょうか。?
今こそ、党名を変更(又は党名堅持)する長所、短所を考える必要が有るようです。
具体的な効用や利点欠点を総括すべきです。

『北朝鮮叩きと共産党』

2002年の小泉訪朝から始まる、マスコミの洪水の様な北朝鮮叩きに対しては機関紙赤旗では若干商業報道をのせる程度であり日本共産党は原則として沈黙して居ます。
北朝鮮の問題は北朝鮮自身の内部の問題で、日本共産党とは何の関係も無い事柄(特に選挙などには)と、日本共産党幹部は考えています。
何故なら北朝鮮の党と最も対決していた党は、日本共産党だからとの理由なのです。
確かにそれはそれで真実ではあるのですが、事実とは違う。
大韓機撃墜時に一番ソ連共産と遠い政党が日本共産党であった様に、天安門事件発生時に中国共産党と一番遠い日本の政党は、他でもない日本共産党であった事実をまったく失念しているとしか思えない論理展開で、理論的にいくら正しくとも現実の日本の政治事情からは逸脱していて、政治家なら絶対にしてはいけない空想とか夢物語の範囲なのです。
北朝鮮叩きと同じ頃に皇室報道も始まっているのですが、『北朝鮮バッシング』の時と同じように連日同じ映像が各局で繰り返し繰り返し放送され続けるのです。
自分には関心が無いと思っても、テレビのどこの局に変えても、まったく同じ映像を国民は強制的に見せられることになるのです。
多くの大人たちが幼い子供に最大限の敬語を使い、公園を散歩したことが大ニュースになる。幼い小学生のイジメや不登校など普通なら絶対に口外すべきでない不都合なプライバシーが全国放送される人権無視の児童虐待に近い非常識。
北朝鮮は地獄で、其処に住む人は何一つ自分で考えない無知蒙昧なロボット以下の人非人として描かれ、誰も彼もが北朝鮮への制裁強化を主張する。
現在日本人は社会的な正気を失って、病気とも言える状態です。
天皇制のような生まれながらに尊い人がこの世にいると認めるなら、当然生まれながらに卑しい人もいる。
マスコミ総がかりで今のような『生まれながらに尊い人』の存在を認めれば、同時に『生まれながらに卑しい人々』の存在を作り出すのは当然で、理論的必然である。
常軌を逸した北朝鮮たたきは、同じような洪水のような皇室報道と対になっているのですが誰も気が付かない不思議。
今日の明かなマスコミの異常な状態を、共産党は批判しません。
中国、北朝鮮は共産主義の悪い見本であると、一般に日本国民には思われています。
ゆえに『北朝鮮叩き』は自動的に『共産党叩き』になるのです。
そして自民党など保守党は其の事実を知っている。
しかし、この事実が肝心の共産党の幹部には正しく理解できているとは到底思えない。
何故自分達の正しい政策や主張が日本の有権者に正しく受け入れられ無いのか。?
何故自分たち共産党が選挙に負けるのかの『真実』が理解できているとは到底言えない水準で止まっているのが今の情けない現状なのです。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (続)共産党のテサロニケ的... | トップ | 共産党の歴史的敗北を分析す... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
党名変更よりも共産主義・社会主義思想の中身の議論を (東西南北)
2010-08-14 07:05:32
 これが必要だと思います。党名を変更しても重要文書で共産主義・社会主義を明記している以上、党名を変更したら、それをきっかけに必ず共産主義・社会主義思想の問題が論争になります。その時に、または、それ以前に、共産主義・社会主義論の内容・中身について弱点をなくしておく方が決定的に必要と思います。

 問題は党名ではなく、共産主義・社会主義の思想内容、理論内容そのものですよ。東西としては生産手段の社会化の一形態として大企業の国有化を完全否定できない牢固とした勢力、また、賃金論において諸個人の労働能力の高低を明確にし、それを賃金格差に反映させることに積極でない容認しかできない勢力などは古臭い共産主義イデオロギーで有害だし、民主主義と人間の自由に反するので除名し、別政党とし、基本政策だけではなく基本思想でも一致する政党にするという政党の本道に立つべきと思います。基本思想が違う人間は別政党を結社すればいいのです。
三権分立 ( 逝きし世の面影)
2010-08-14 10:06:15
東西南北さん、コメント有難う御座います。御指摘の問題点は全く其の通りであると思いますが、・・・
唯とんでもなく時間がかかりそうなのですよ。
しかし、共産党に残されている時間的余裕は余り多くは無いのです。

実は、党名変更自体はそれ程の重用な話では無いのですよ。
ただ、世間に与えるイメージ的な話で、『正しいのだから絶対に変えないのだ』との共産党の持つ硬直した姿勢が有権者に嫌われるのです。
ですから結果的に全党員の意思が『日本共産党の党名を守る』になったとしても、全党的に議論して党員投票のような直接民主主義的な方法が大事で、これば決定的に共産党のイメージを変えてくれるでしょう。
冷戦崩壊後の新自由主義の時代にマッチした新しい路線は避けては通れないのですが、理論の再構築などとんでもなく時間がかかりますよ。
其の点、党名問題は一番簡単であるのです。単なる表札のようなものですから。
私が一番心配している(怒っている)のは今の共産党の執行部ではなく、それ以上に赤旗編集部なのです。
これがみんなが気がつかないうちに、とんでもなく劣化しているのですよ。
昔を知っている者にとっては、有る方が良いのか、それともいっそ無いほうが良いのか迷う位に酷い有様です。
今度の選挙での『天安沈没との関連性』ですが、共産党系ブログ程病的に否定するのですが、実に不思議な現象であるのですが、原因はいたって簡単。

赤旗に一言も韓国国内の民主勢力や野党側の言い分を載せていないのですよ。
赤旗に載っていたのは量がそもそも少ないのですが、全て韓国政府発表やハンナラ党支持の韓国保守系新聞の発表だけなのですよ。
だから受け入れられない。
それにしてもネット空間の共産党のレベルは低すぎる。
何故現実社会の共産党は実質知識層の政党であるのですが、ネットでは無知蒙昧のネットウヨの鏡像的な存在なのです。
創価学会信者が聖教新聞以外の情報を遮断するようにこれ等の共産党系ネットゴロは赤旗に書いていない情報は、『書かれていなかった』事を根拠にして『無かった』するのですね。

赤旗ですが、御巣鷹山の事件を4日間に渡り可也詳しく報道しているのですが、ほとんど全てが商業新聞と同じ内容なのです。
25年前とは大違いなのですよ。
当時はマスコミに絶対に載らないニュースを精力的に流していたのですよ。
誰も報道しないボーイングや自衛隊の数々の疑惑を詳しく報道していたのですが、25年経ち今の赤旗ですが、詳しく報道しているのですが、どれもこれも所謂記者クラブ的な横並び記事ばかりなのです。
25年前にあれほど詳しく報道した疑惑ですが、遺族が事故調のあり方に異議を唱えていると『余程注意していないと見つからない』10行100字程の記述があるだけなのです。
赤旗編集部は完全に腐っています。
総入れ替えすべきですね。自主規制が酷すぎるのですよ。

党改革ですが、共産党は肥大化して一つの指導部だけに指導できるほどの能力が今の幹部には無いのですよ。
ですから『党の理論』は共産主義研究所的な外部有識者の加えた学術研究団体として独立させる。
赤旗も党執行部の縛りを緩めて、記者の力量を最大限発揮するように編集部を独立させる。
今のように記事の良し悪しを事前検閲するようでは存在い意義が無い。良し悪しは赤旗読者が決めるのですよ。
共産党は現執行部を事務方に専念する。
党内の権力(執行部)と権威(理論研究)と広報(赤旗)とを今のように一体にしていると宮本顕治のような色々な能力がある人物だけしか勤まらないのですよ。
ところが今そのような人物は党内にはいないのですから、三権分立してそれそれに適任者を配置するべきでしょう。人の能力には限りがあるのです。
Unknown (Executor)
2011-03-21 00:17:29
東西南北さんのご意見では、ほとんど「ブルジョワ政党」と見分けがつかなくなりますが。正直言ってそれで左翼政党と言えるのですか?

>諸個人の労働能力の高低を明確に
>し、それを賃金格差に反映させるこ
>とに積極でない容認しかできない勢
>力などは古臭い共産主義イデオロ
>ギーで有害だし、

西欧の社会民主主義的労働組合だって、基本的には「積極でない容認」しかしていませんよ。(おというか欧米では一般社員に査定して賃金差をつけるのは稀です)




Executoさん、はじめまして (宗純)
2011-03-21 15:00:25
コメント有難う御座います。

今の日本共産党の主張を一言で表現すると『資本主義のルールを守れ』なのですよ。
保守とは現在に依拠して、古き良き伝統と権威の守り保つ事を最大の価値観として漸進的な改革を是とする健全思想のことです。
今の政治で、一番の大事な『権威』とか、古き良き伝統とは何であるでしょうか。?
これはもう政治では、憲法9条に間違いない。
経済では、日本独特の年功序列型の終身雇用であることは間違いないでしょう。
この両方を悪魔の碾き臼である新自由主義の自公政権が破壊し様としたのですが、、これに正面から『市民の生活と命を守れ』と抵抗したのが日本共産党であるのです。
それなら日本共産党とは、間違いなく日本で一番確かな保守政党ですね。

当ブログでは来て頂いている読者の為に、良好なブログ環境維持とコメント管理の目的でタイトルも名前も無いもの、あっても通りすがりなど個人を特定していないHNは無記名と看做して削除するローカルルールがあり、何でも結構ですから次回からの投稿ではタイトルの記入を御願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
本物の政治家、国家とは? プラトンの「洞窟の譬え」に学ぶ(2) (人類猫化計画)
マヨ:はいはい、こんにちは~!    (kappaさんの真似(^^;)。    昨日は無知の状態に置かれている    人間が教育の力によって真実...
猛暑を乗り切るためにあえて挑発する脳梗塞患者(花火大会) (岩下俊三のブログ)
昨日に引き続きあえて読者を挑発する。なるべく分かりやすくセンセーショナルで単純なほうがアクセスが多いからだ。まさにマスコミにいたときと同じ行動様式である(笑)。馬鹿は死ななきゃ治らないのだ。暑さで発狂したかも。で、その馬鹿から問題提起すると、個人資産に...
今、世界のリーダーが核抑止力を完全否定する発言をしている (未来を信じ、未来に生きる。)
国連総長 「広島会議」にメッセージ 「核抑止」論こそ幻想 世界の安全 核廃絶で --------------------------------------------------------------------------------  国連の潘基文(パンギムン)事務総長は26日、平和市長会議と広島市が27~29日に同市で開く「...