逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

「臣が狂愚 」放射能汚染で112年ぶりの直訴

2013年11月04日 | 政治

『山本太郎が一世紀ぶりに放射能汚染の惨状を天皇に直訴』

福島第一原発メルトダウン事故で未曾有の放射能汚染が発生してから2年半後の日本。
今年(2013年)は奇しくも田中正造没後100年である。
当時の足尾銅山の鉱毒事件は近隣住民に多大な被害を与えていたが、政府やマスメディアが真面目に対応しない。
1901年(明治34年)田中正造の明治天皇への直訴文は、幸徳秋水が原文を書いたが『臣が狂愚』とあった部分は、正造が『臣が至愚』と何故か訂正したらしい。
田中正造の直訴は残念ながら取り巻きに阻まれて天皇には手渡されていないが、112年後の山本太郎の直訴文は直接天皇に手渡され成功している。
マスコミ報道では『陛下はいったん受け取り、後ろにいた川島裕侍従長にすぐに渡された』とあるが、(112年前と同じで?)後の侍従長が何事かを天皇に耳打ちする、振り向いた隙を突いて手に持っている直訴文を天皇から『慌てて奪い取った』ようにも見える。
今のマスメディアですが、残念ながら現時点では112年前と同じで右は産経から左は赤旗まで、摩訶不思議な挙国一致の、破廉恥極まる大本営発表を繰り返していた。
このままでは日本が滅びると思った山本太郎や田中正造は、『天皇への手紙』という手法で、全員一致での情報封鎖(大本営発表)を撃ち破ろうとしたのである。

『千丈の堤も蟻の穴より崩る』

『蟻の一穴』ながら、自民党から共産党まで全政党が加わる大政翼賛会状態の我が日本国では、山本太郎の今回の直訴は稀に見る快挙ですね。
いやあ。素晴らしい出来事です。
これで日本人全員、嫌でも皆が原発の放射能に注目する。
11月12日には安倍政権としては2月、6月、8月に続く4回目の小児甲状腺がんの福島県検討委発表を行うが、これは(山本直訴文の後なので)ただでは済みそうに無い。
今まで政府やマスコミ全員で、一致団結して隠していたのです。
まさに日本全体が『狂愚』なのである。
昔のソ連は今の日本とそっくり同じで、チェルノブイリ原発事故発生から3年目ぐらいまでは放射能被害を隠していたが5年目には崩壊する。
ところが、今の日本は全員で2年半隠し続けているが直訴者が出るようでは最早限界。
隠し切れない。
今の日本ですが、『臣が全員至愚』で極限まで悪くなっています。国家組織全体が崩壊寸前なのです。

『どうしようもなく政治的な存在としての「天皇」』

山本太郎参議院議員による直訴の発生に対して『天皇の政治利用』だと大ブーイングが日本中で起きているから不思議である。
4年前(2009年末)の民主党新政権時にも今上天皇と中国の習近平副主席(現国家主席)の会見予定日の前日、当の宮内庁の事務方トップである羽毛田信吾長官が、本来秘密であるべき内閣と宮内庁の内輪話を『天皇の政治利用だ』と暴露したから大騒ぎになっている。
『天皇の政治利用』騒動は日本国内にとどまらず、海外でもアキヒト天皇(Akihito)と中国の習副主席の会見に関係官僚トップの宮内庁の長官が、『天皇の政治利用』『深い憂慮の念』と日本政府と官僚の内紛騒動として英フィナンシャル・タイムズやAP通信が掲載する騒ぎに。
とんだ国辱行為である。
今回も四年前も『天皇の政治利用だ』と自民党や産経新聞が大張り切りするが、元々日本国憲法の何処にも書かれていない皇室外交という名の『天皇の政治利用』を長年続けていたのは歴代自民党政権である。
『何を今更』なのである。
何故今の時点で、ことさらに『天皇の政治利用』を声高に叫ぶのか実に興味深い。
『天皇の政治利用』の問題は昨今始まった話ではなく、『明治時代から第二次世界大戦敗戦まで』、今と同じで皇室を政治利用してきたのが、明治維新以来の77年間も続いていた大日本帝国の伝統ですよ。
日本帝国の敗北後には占領軍(マッカーサー)が天皇を政治利用した。
もっと言えば、天皇が名実共に日本の最高実力者だった飛鳥の一時期や後醍醐天皇の南北朝を除けば全ての日本の歴史で『天皇の政治利用』が行われていた。
『天皇の政治利用』もなにも、我が日本国では今も昔もどうしようもなく政治的な存在が『天皇』なのである。

『山本太郎参議院議員の直訴の政治的影響力』

今回の直訴では共産党の志位委員長は、『国会議員が、憲法上の存在である天皇に対して、政治的対応を求める行動をとるというのは、「天皇は、国政に関する権能を有しない」としている憲法を知らない者の行動だと思います』と言う。この大馬鹿者が。
政治家の発言であるとは到底思えない、表面だけの幼稚な発想である。
志位委員長は自分の演説や共産党の長々として宣言文よりも、天皇の口から漏れた何気ない『一言』の方が何万倍も政治的な影響力が大きいことを知らないだろうか。
情けないが、政治の現実を知らない愚か者の発言である。
政治のイロハを知らない一憲法学者の発言なら納得するが、『政治家』それも共産党のトップの発言であると思うと、あまりの無知(政治オンチ)には戦慄さえ覚える。
そもそも共産党機関紙赤旗が、昔のようにタブーに挑戦していれば山本太郎の直訴文(マスコミの悪事の暴露)も生まれていない。
『原因』(赤旗を含む挙国一致の隠蔽工作)を無視して、『結果』(天皇へ直訴することによって、今の情報封鎖を打破する)を逆さまに描くなど、許される限度を超えている。
小児甲状腺がんの爆発的発症などの放射能汚染を産経読売など右翼マスコミと同調して、共産党や赤旗までが一般市民に対しる隠蔽工作に加わっているでのある。
赤旗までが破廉恥な大本営発表を行うから、やむにやまれぬ成り行きで山本議員の直訴が行われたのである。
山本太郎議員を除く他の721人の全国会議員は政治家として怠慢が過ぎる。恥を知れ。

『麻生太郎副首相の「ヒトラーの手口を真似る」発言の同類項』

11月1日付け産経新聞 は、『山本太郎手紙 「議員辞職もの、政治利用そのものだ」下村文科相』と題する記事で、
『下村文科相は「これを認めれば、いろんな行事で天皇陛下に手紙を渡すことを認めることになる」と指摘した。 明治時代の足尾銅山鉱毒事件を引き合いに出しながら「田中正造が(明治天皇に)直訴して大問題になったことに匹敵するようなこと。こういうことを安易に看過するようなことがあってはならない。非常に重いことだ」と述べた』と報じているが、産経記事ですが、贔屓の引き倒しにも程がある勘違いである。
下村文科相は『山本太郎は、田中正造だ』と言っているのですよ。(自民党の大臣は鉱毒被害を無視して、田中正造を悪と見ている)
112年前の明治政府は田中正造を狂人扱いして無視したが、今では価値観が180度正反対に変わっている。
今の世の中では田中正造は、足尾銅山の鉱毒事件の大発生で呻吟する住民を無視する当時の政府やメディアの社会的不正を、たった一人で告発して社会正義を貫いた義士である。
下村文科相の発言とは、麻生太郎副総理の『ヒトラーの手口を真似て誰も気が付かない内に改憲する』と同じで、『本音』ではあるだろうが、幾ら何でも不味すぎるだろう。
この愚か者が。
麻生太郎の『手口を真似る』発言では、絶対悪のヒトラーを否定しないで、逆に肯定している風にしか聞こえない。
今回の下村発言は前回の麻生発言以上に問題で、暴言と言うより大失言である。
社会正義を貫いた義士の田中正造を、何と下村大臣の発言では真っ向から否定して仕舞っている。
麻生や下村の頭の中ではヒトラーは肯定的で田中正造は否定的なのだろうが、今の世界基準では逆にヒトラーは絶対的な悪で、田中正造は絶賛される『善』(正義)なのである。

『よみがえる禍々しい亡霊。天皇の統帥権の干犯』

明治憲法では主権者は現人神の天皇唯一人だった。日本軍の統帥権(指揮、命令権)は大元帥の天皇の専権事項であり政府(内閣)には陸海軍大臣を通じての間接的な支配権しかなかった。
しかも軍部は陸海軍大臣の現役軍人限定との慣例を制度として確立した後は、気に入らない内閣には陸海軍大臣を推薦し無い手法で、自由自在、簡単に倒閣が出来るようになると、関東軍参謀など下部組織が『天皇の統帥権』を理由にして政府の方針を無視して暴走を始める。
軍の行動を政府があれこれ指図するのは天皇の『統帥権の干犯』であるとの理屈による下克上が日本全般に蔓延して、最後には国家が崩壊するのである。
天皇の統帥権を錦の御旗にすることで参謀本部が『軍』を私物化し、日本軍が自分勝手に暴走したように、敗戦までの政府は天皇への上奏権を握っていたので政府(内閣)が『国家』を私物化出来たのである。
実は絶対天皇制の日本では、統帥権と上奏権の二重の私物化による暴走が起きていた。
天皇は行政府の衆知を集めて決定された事項(内閣の上奏)に対して、決してNOとは言わなかったのである。
しかし一旦下された天皇聖断は、例え後で間違いが分かっても最早如何なる修正も訂正も出来ないので、1945年8月15日の滅亡までまっしぐらに暴走して仕舞うのですから恐ろしい。

『山本太郎の直訴は、内閣の上奏権の干犯?』

下村文科相の山本太郎参議院議員に対する常軌を逸した非難ですが、どうも『上奏権?は内閣の専権事項だ』(一国会議員の越権行為だ)と怒っているらしいのです。
(田中正造は上奏権が無いのに、直訴文で勝手に天皇に上奏しようとした)
山本議員の直訴後の会見で、批判的な産経や読売など記者連中がさかんに、『参議院議員の立場で手紙を渡したのではないか』と繰り返し追求していたが、この発想(根拠)が下村文科相と同じなのです。
これに対して山本太郎は『個人の立場だった』を強調していた。
産経や読売の社説や記事などから意味を推測すると『一参議院議員には天皇に対する上奏権は無い』(一議員の癖に思い上がりだ)として、批判しているらしい。
共産党の志位委員長の『天皇は憲法上政治に関与しない』も逆方向だが、同じ意味で山本太郎の手紙が『天皇への上奏である』と言って批判している風に見える。
自民党も共産党も『参議院議員の山本太郎が勝手に天皇に上奏した』と思っているらしいのである。
もしも国会議員で無い山本太郎か、あるいは無名の一福島県民が手紙を天皇に手渡したと仮定したら、今のようなバッシングは起きていない。
自民党は内閣の上奏権の干犯だと怒っているし、逆に共産党は国権を有しない天皇への上奏を無駄だ(知らない山本太郎はアホだ)と批判している。
しかし山本太郎が『天皇は日本国の象徴である(政治とは無関係)』との今の憲法を知らないはずが無いのですよ。
1世紀前の田中正造と同じで、政府やマスコミが住民被害を無視するから、 山本太郎は仕方無しに天皇への手紙と言う形式で、世間に向かって福島の悲惨な現実を訴えているだけなのです。
最初から、目的が完全に別なのです。

『歴史に残る快挙か、意味不明の愚行か』

現在ですが、左は赤旗から右は産経まで小児甲状腺がんの爆発的発症を、挙国一致で国民から隠している。
1世紀前の足尾銅山の鉱毒被害と、政府とかマスコミの対応が丸々そっくりなのである。
メディアが報じないので近隣の被害者を除く、他の多くの一般市民は悲惨な状態を知らない。
これを打破する目的で田中正造が直訴するが、当時の明治政府は最後の江戸時代の教育を受けた世代が実権を握っていたので、今とは違い本物の政治家だった。
一応拘束するが翌朝早々に釈放して『何もなかったことにした』のです。
今では足尾銅山の鉱毒被害は誰でも知っている。
ところが明治政府が田中正造の直訴を一切騒がなかったので、当時では一応は被害隠蔽に成功した。
病的な右傾化で極限まで政治が劣化して仕舞った、今の自民党政府と大違いである。
自民党政府や産経ですが、大騒ぎしたら今までの苦心惨憺の挙国一致の情報封鎖が水の泡になるとの、当然の判断出来ない。
3手先の読みが出来ず、条件反射的な1手先の対応しかしていない。基本的に茶苦茶なのです。情けない。

『政治家のいない日本の不幸』

今の政治状況ですが山師ペテン師、破壊的カルトの狂信者や官僚モドキ、科学バカの学者モドキなど種々雑多な有象無象は色々いるのですが、ところが、困ったことに『政治家が、山本太郎ただ1人しか居ない』。
日本国の不幸は『政治家がいない』の一言に尽きるが、これでは必ず日本が滅びます。助からない。
未確認情報ですが、警察が山本太郎に対して迂闊に出歩るかないように注意したとか。
39歳の山本太郎が38歳で暗殺された山本宣冶になる危険性が日本の右傾化で生まれているのです。
殺されれば間違いなく山本太郎ノ命を祀る救国神社が建てられます。
何も起こらなくても、今後唯一の政治家として『山本太郎』の名前は半世紀後の日本国の歴史教科書に大きく取上げられています。
(まあ。運よく半世紀後に日本国がまだ残っていればの話ですが)

『左翼がいない日本の不幸』

政治家が中卒の山本太郎一人しかいない不幸以上に、日本では本物の左翼がいない。
全員が、『永久に現状そのままの状態が続くという「幻想」を持っている』
完璧に保守ですよ。
もう。情けない。
そもそも今日本が崩壊寸前なら、新しい社会を目指す左翼は狂喜乱舞して喜ぶべきなのですが、今の左翼で喜んでいるものが一人もいない不思議。
何故なのかが私には分からない。
いつも『ヒロヒトの死に様を見届けるのだ』と言っていた私の父親は随分早く死んで仕舞うが20世紀が終わるまでには必ず資本主義は終わってると信じていた。ところが今は21世紀。歴史の流れる速度が遅すぎるのである。
スタンレーキューブリックは2001年に人類が火星旅行が出来ると思っていたし手塚治のアトムの誕生日は2003年だと描かれている。
今の世の中の進歩が遅すぎるのである。こんなに速度が遅いと、これでは此方の寿命が持たない。
今、左翼が喜んでいない原因ですが、実は『全員左翼ではなくて保守だった』と言う、とんでもないオチでは、まさか無いでしょうね。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (29)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の秘密保護法、米情報機関(... | トップ | 日本国憲法16条(請願権)を知ら... »

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
IAEA査察 (天野)
2013-11-02 13:34:44
今月末迄にIAEAの査察団が福島原発の調査に入ります(1時のNHKニュースより)。

五輪でのプレゼンテーション、安倍首相のコントロールされてる発言の嘘がばれた場合、東京五輪の返上まであり得る事態に発展するかと。

そして万が一、日本がオリンピック開催を2度も返上すると為れば、この美しい国日本は、世界的に例の無い歴史的な恥を晒すことになりかねません。


※しかし、安倍晋三の功績とその名は歴史に残りますから本人は本望でしょう。
しかも、下痢と腹痛の見苦しい言い訳よりは、辞任の言い訳としてこちらの方が格好良いし、まともかと。

※は皮肉です。いうまでもありませんが、念のため。
天皇は限りなく政治的存在 (カーク)
2013-11-02 18:24:12
ツイッターに私はこうつぶやきました。→ <天皇に頼らなければならなかった山本太郎さんの切羽詰まった想いを共有したい。政府も議会もマスコミも動かないのだもの。その間に子供たちは深く傷ついている、こうしている間にも。> それにしても、憲法で日本国民統合の象徴と書いてあるくらい天皇は政治的存在ですよね。
共産党はまた負けたいのか? (十澄)
2013-11-02 19:08:30
地元福島選出の議員なら演出的にも最高だったのですが、揃いも揃って自民議員だから無理でしたね(笑)。
福島人の一人として山本議員に感謝します。
福島人自体も現実に絶望し目を背け、「本県からドラフト何位~」とか本当に(本当に!)どうでもいいことにしか関心を持とうとしなくなっていた矢先に、再び目を醒まさせてくれたのですから。
しかし、山本議員は天皇に「政治的対応」なんて求めてないですよね?
ただその政治的威信を利用しただけで。
天皇に実権がない、今後も与えちゃいけないなんて誰でも知ってますよ。
志井氏、せめて「ノーコメント」くらいに言えなかったのですかね。
世界の原子力ムラとしてのIAEA (宗純)
2013-11-03 10:32:43
天野さん、コメント有難う御座います。

国連の下部組織としての作られているのでIAEAを公平な国際機関であると誤解している善意の人が今でも大勢いるのですが、実はIAEAの目的は原子力ムラの国際版。
原発を世界中で推進するための組織なのです。
その意味では極悪利権集団である、我が国の原子力ムラと寸分違いが無い。
違いはムラの大きさだけなのです。
世界原子力ムラが、日本原子力ムラを助けた方が利益になると思えば助けるし、逆に切り捨てた方が利益だと思えば、情け容赦ない猛烈な日本叩きが始まるでしょう。
今月末のIAEAの日本視察ですが、潮目が変わるきっかけになる可能性が高い。
もう隠しきれ無いのです。トカゲの尻尾として日本を切り捨てることで、日本を犠牲にしてトカゲ本体が生き延びる算段なのです。
 (一愚)
2013-11-03 10:43:14
陛下を認めていない方々が山本氏の行動に賛辞を送るのは何故なのでしょうか。

私ならば『意味の無い事をしなさんな、天皇なんて存在しないも同じなんだから』と思うけれど。

右も左も中も国家理想像は違えども『日本国』を想う気持ちには変わりはない、と信じているので参加させていただきました

駄文失礼しました
??? (宗純)
2013-11-03 11:58:13
一愚さん、コメントは記事を読んだ後で行って下さい。不愉快です。
すでに、
『今回の直訴では共産党の志位委員長は、『国会議員が、憲法上の存在である天皇に対して、政治的対応を求める行動をとるというのは、「天皇は、国政に関する権能を有しない」としている憲法を知らない者の行動だと思います』と言う。この大馬鹿者が。
政治家の発言であるとは到底思えない。
志位委員長は自分の演説や共産党の長々として宣言文よりも、天皇の口から漏れた何気ない『一言』の方が何万倍も政治的な影響力が大きいことを知らないだろうか。
情けないが、政治の現実を知らない愚か者の発言である。
政治のイロハを知らない一憲法学者の発言なら納得するが、『政治家』それも共産党のトップの発言であると思うと、あまりの無知(政治オンチ)には戦慄さえ覚える。』
客観的な事実は、政治信条や道徳、宗教、イデオロギーとは無関係なのです。
科学的な事実は、幾ら不都合でも悲惨でも認める以外の道は無いのですよ。
危機管理で一番大事なのは自分にとって不利な情報であり、逆の有利な方は優先順位は低い。
今回のような記事を読まない横着なコメント投稿は、他の真面目な読者の迷惑になり迷惑です。
今後は同水準のコメントは御遠慮下さい。
Unknown (一遇)
2013-11-03 13:03:12
御気を悪くさせたのならば謝ります 申し訳ありませんでした。

決して軽い気持ちでコメントをした訳ではありませんのでご理解ください
話が逆さまなのです (宗純)
2013-11-03 14:05:22
一遇さんか一愚さんかは不明だが、管理上必要でタイトルを忘れない様にして下さい。御願いします。

現在ですが、左は赤旗から右は産経まで小児甲状腺がんの爆発的発症を、挙国一致で国民から隠しているのですよ。
1世紀前の足尾銅山の鉱毒被害と、政府とかマスコミの対応がそっくりなのです。
近隣の被害者以外の、多くの国民はメディアが報じないので知らないのです。
これを打破する目的で田中正造が直訴するが、当時の明治政府は今とは違い政治家だった。
一応拘束するが翌朝早々に釈放して、何もなかったことにしたのですね。
今では誰でも知っているが(一切騒がなかったので)当時は一応は足尾銅山の被害隠蔽に成功した。
極限まで政治が劣化した、今と大違いなのです。
自民党政府や産経ですが、大騒ぎしたら今までの苦心惨憺の挙国一致の情報封鎖が水の泡なるとの当然の判断がない。
3手先の読みが出来ず、条件反射的な1手先の対応しかしていない。
基本的に茶苦茶なのです。情けないですな。

どうも、上奏権??を問題にしているらしいのですよ。
山本議員の直訴後の会見で、記者連中がさかんに、『参議院議員の立場で手紙を渡したのではないか』と追求していましたね。
これに対して山本太郎は『個人の立場だった』を強調していた。
産経や読売記事などから推測すると『一参議院議員には天皇に対する上奏権は無い』(一議員の癖に思い上がりだ)として、批判しているらしいのですよ。
共産党の志位委員長も同じで、『天皇には政治に関与していない』も山本太郎の手紙が『天皇への上奏である』と言って批判している風に見える。
山本太郎が今の憲法を知らないはずが無いのですよ。
1世紀前の田中正造と同じで、政府やマスコミが住民被害を無視するから、
仕方無しに天皇への手紙と言う形式で、世間に向かって訴えているだけなのです。
最初から、目的が完全に別なのです。


残念ながら今のHNでは掲載出来ません (宗純)
2013-11-03 14:45:52
良好なブログ環境の維持とコメント管理の必要性からタイトルや名前の無いコメントは不掲載とするローカルルールがあり、『通りがけ』のような個人を特定しているとは言い難いHKでコメントは掲載出来ないと、何度も注意しているはずです。
『通りがけ』のHNのままでは掲載出来ません。
政治ブログとして、今までこの『逝きし世の面影』は数々の擬装や悪事を暴いた関係で、多くの熱心な読者も獲得することが出来た。
ところが、逆に恨みに思ってる悪党連中もいる。仕方が無い話なのですが沢山の敵も生まれてしまったのです。
集団ストーカー紛いの悪事を働いたkojitakenなどは、今でも何とかして足を引っ張ろうと必死なのですよ。
『逝きし世の面影』は、毒にも薬にもならない無害な実名ブログとは大違いで『今までが間違っていた』(お前達は間違っている)とのオルタナティブな立場のブログなので、ローカルルールの遵守は致し方ないのです。

『直訴は当時大逆不敬罪で死刑相当の大罪だった』は間違いで、それは江戸時代の話ですよ。
まあ、江戸時代と明治時代は一繋がりなので、そのような発想が一部に有った可能性は有るにはあるが、そもそも天皇は『禁中』と呼ばれていて御真影は公開しないし実物の天皇は側近以外誰も会わないし宮中から一歩もでないので直訴に関する法整備が無いのです。直訴など最初から想定外の出来事なのです。
せめて「ノーコメント」だったら (宗純)
2013-11-03 16:57:52
カークさん、十澄さん、コメント有難う御座います。

余りの情けなさには言葉もありません。今の共産党と山本太郎では天と地、月とすっぱん以上の政治的判断優劣が違いすぎる。
志井委員長、せめて「ノーコメント」くらいに言えなかったのか。共産党を潰す心算なのでしょうか。
今の極悪自民党政府さえ除染して全員帰還させるとの従来の方針を無理だとして軌道修正を図っているが、
対照的なのは共産党で、昨日の11月2日には地元福島で『安心して住み続けられる福島』なる集会を開いている。
悪魔の飽食の人体実験か、無知の極みか何れか。
呆れ果てて、開いた口がふさがらない。
今の共産党(赤旗)ですが、たぶん。
市民に対して、『パニックを起こさない』『安心させる』目的で情報を管理しているのですよ。
『由らしむべし。知らしむべからず』に尽きるのです。
京都大学工学部原子核工学科卒の衆議院議員吉井 英勝が去年13月16日の衆議院選挙直前に引退を表明。
1942年12月19日生まれなので、選挙投票日ではぎりぎり69歳なのですが年齢制限??を理由にして引退させられたらしいのですよ。健康面では何ら問題は無いのです。
この吉井 英勝ですが何とも不思議で微妙な日付に縁があり、自民党と1議席を争う補欠選挙で国会議員に初当選した日付が25年前の1988年の2月29日。
日本の国政史上で、1日多いうるう年の2月29日当選議員は吉井英勝一人なのです。
2007年の第166回国会では、各党の全衆議院議員中で質問の文字数が25万4783文字と第1位を多さを記録している能弁家。
9年前の2004年のスマトラ沖地震による大津波発生で、インドのマドラス原子力発電所も被害を受けているのですよ。
吉井議員は2006年から2007年にかけて、丸々2011年3月11日の福島第一原発事故のメルトダウン事故と、まったく同じ『内容』を質問して、5年も前から事故発生を警告していたのですよ。
ところが何の対策もとられずに、運命の3月11日を迎えてしまうのです。
3・11以後ですが、共産党機関紙赤旗の態度が不思議すぎるのですよ、共産党の5年目の吉井議員を最大限報道したかと言うと、さにあらず。
最小限しか報道しなかったし、肝心の吉井議員本人の発言をほとんど記事にしない。
吉井英勝ですが、同じ京大工学部原子核工学科の小出裕章と同じ主張なのですよ、多分。科学的な正誤はイデオロギーとか道徳には無関係であり、正しいものは誰でも同一で変わりが無い。
科学的な客観的事実は普遍的なのです。
赤旗ですが、何故か小出裕章の主張を記事に書かないのですね。
小出助教の主張は明確で『放射能は危険であり、できる限る避けるべき』ですが、今の日本共産党は『除染して故郷に帰還する』とは真っ向から衝突するのですよ。
小出氏は除染は基本的に無理であろうと主張しています。除染しても放射能被曝は避けれないのです。
誰よりも放射能を熟知していた吉井英勝ですが、多分除染に反対した為に詰め腹を切らされたのですよ。
政府自民党は今までの方針を撤回して高濃度汚染地帯の除染を諦める決断をしたと今日の毎日新聞が大きく報道していますが、
逆に同じ日付の赤旗では『徹底した除染を』との来月2日の『安心して住み続けられる福島を!11・2ふくしま大集会』開催の呼びかける始末。
放射能汚染地帯では誰一人も安心して住み続けるなど不可能である客観的な事実を完璧に無視しているのです。
今の自民党以上に、共産党の今の中央本部が保守化しているのです。
吉井英勝ですが、国政選挙の初当選は1988年の参議院選挙の定数一の補欠選挙なので、当たり前ですが自民党や民主党を抑えてのトップ当選なのです。
ところが翌年の1989年の参議院選挙(大阪府は定数3)では、よもやの落選。
1988年12月24日 消費税の導入が決まっています。
消費税が導入された初めての国政選挙で自民党に対する怒りが巷に充満していて、消費税反対の共産党の吉井英和は1年前でもトップ当選しているのですから、もっと有利な1989年の参議院選挙は寝ていても勝てるような楽勝の選挙情勢だったのですよ。
しかも大阪では共産党の議席は、当時は『指定席』だったのですよ。
この時にトップ当選したのは社会党の谷畑孝(部落解放同盟書記長)で本体なら泡沫候補だったがマドンナ選挙の旋風で議席を獲得。谷畑は任期満了後には自民党に鞍替えするが、社会党から色々経て自民党まで行き着いた議員はいても、一足飛びに自民党入りしたのは谷畑が唯一人の例外。去年の総選挙ではまたまた維新に鞍替えしてまんまと議席を獲得。橋下の従軍慰安婦などで維新が落ち目になると自民に復帰しようと画策するが石破幹事長が『除名者がすんなり復帰した例が無い』激怒して上手くいかない。
1989年の参議院選挙で日本共産党が大敗した理由は簡単で、中国の天安門事件発生で、共産党つながりの阿呆臭い、風評被害ですね。
同じような例は1983年9月1日に起きたソ連によるサハリンでの大韓航空機撃墜事件でも風評被害で日本共産党は大敗しているのですよ。
現在ですが北朝鮮ネガティブキャンペーンが未だに続いている。これは中国の天安門事件やソ連の大韓航空機撃墜事件が10年以上続いているのと意味が同じなのです。
共産党ですが国政選挙で負けて当然だったのですよ。
吉井英勝ですが、この事実はいっぺんも公式には表明していないが、『党名を変えないと勝てない』ことを、誰よりも身にしみて知っているのですね。
最も大事な時期に、最も放射能に詳しい吉井英勝を引退させた共産党ですが、真実を知っている人物が煙たかったのでしょうね。





吉井氏引退について (こうじかび)
2013-11-03 19:02:53
10/5に京都で吉井英勝氏の講演があり、聴いて来ました。何でも前から、いつやめようか、考えており、古希にあたって議員を引退することにしたと言っていました。健康問題のためと言っていたわりには至って元気なので、何かおかしいと思いました。この人は国会議員の中では今一番、貴重な存在と思っていたので、そういう事情があったとするなら、惜しいと言うか、やり切れない気持ちですね。
政治家の居ない不幸 (ネプギアソリッド)
2013-11-03 21:42:44
今の国会には政治家が、山本太郎ただ1人しか居ないのでしょうか。
靖国を解体して、救国山本太郎ノ命を祀る神社を建てるべきです。

明治新秩序からいつになったら、うちの国は解放されるのかなあ、と感じます。
社民共産も自民党もリゾーム(地下茎)では繋がっているとは思いますが、小泉純一郎に細川元首相や社民共産が賛同するとは、、、
絆パワーが凄まじい。
動機がわからない (しろー)
2013-11-03 22:11:42
山本氏が天皇に手紙を渡したことについて・・・・
天皇みずから人間宣言している現代ですから、人が人に手紙を渡す行為を責められる理由など、まったくありません。
(田中正造氏の時代は天皇は「神様」でしたが・・・)

ただ、わからないのは・・・・・
山本太郎氏はどういう結果を求めて天皇に手紙をわたされたのでしょう? 宗純さんのおっしゃるように

>政府やマスコミが住民被害を無視するから、 山本太郎は仕方無しに天皇への手紙と言う形式で、世間に向かって福島の悲惨な現実を訴えているだけなのです。

でしょうか?

たしかに、宗純さんのおっしゃるように、天皇のなにげない一言は、「残念ながら」、大きな影響力があるでしょう。その「なにげない一言」を、山本太郎氏は求めて、今回の行動をされたのでしょうか?

小林よしのりが、山本氏の行動を讃えておりますね。右寄りの連中に混乱をもたらしていることや、天皇とのかかわり方を再認識させた事については、一種の成果かもしれませんが・・・・
でも、やっぱり違和感があります。
「日本国民にとっては、やっぱりすべて天皇なのか」という違和感です。戦争を始める時も天皇、止める時も天皇、そして、原発を止めるのも天皇?








Unknown (土瓶蒸し)
2013-11-03 22:28:53
なんだかんだ状態ですが、天皇が手紙を受け取ったんですからそれで終わりで、そのあとを問題にするのが皇室の政治的利用でしょう。
というか、とにかく、天ゃんを政治的利用するのがこの国の為政者のような気がします。
毒(天皇)を以て毒(原発推進)を制す (和泉)
2013-11-04 11:11:03
共産党の言うことはこの国が政教分離が徹底された法治国家なら正しいのですがね。

伊勢神宮の式年遷宮に首相が参列することが批判されない日本の文明度の低さが山本太郎の行動に効果があることになってしまう。NHKを始めマスコミの年がら年中天皇以下皇族のヨイショ報道の多さが日本人の天皇への求心力を高めているのは北朝鮮の金一家の報道と何ら変わり無い。天皇が日本人の尊敬すべき対象なんてのはプロパガンダでしかないのですよ。

金一家のカリスマが私たちには届かないように天皇の御稜威もまた知識教養のあるものや出自で差別されたものには通用しない。以下のブログ主のように。

http://roodevil.blog.shinobi.jp/

今回の山本太郎の件も弱者の自爆テロに過ぎず原発の多重下請けが解消されることはないでしょう。天皇は所詮弱者を食い物にするだけの存在なのですから。

2011年3月11日 (宗純)
2013-11-04 11:17:48
こうじかびさん、コメント有難う御座います。

それにしても、残念すぎる。
みすみす千歳一遇のチャンスを見逃す大失態ですよ。
去年末の衆議院選挙に吉井英勝を出さなかったのが共産党敗北の敗因です。
吉井英勝が選挙で原発問題をガンガン訴えれば、それだけで票になった。
第二次世界大戦後の日本敗戦後の初めての総選挙では、共産党はほぼ組織がゼロの状態でも35人が当選出来たのです。
今のように何十万人も党員がいる状態なら十倍以上の議席を得て政権を取ることさえ可能な圧倒的な共産党ブームが起きたのです。
このブームの原因は、共産党執行部は、『共産党が戦争に反対したからだ』といっているのですが、・・・話が微妙に違うのですよ。
政治とは、完全な結果責任の世界なんです。
勝てば官軍負ければ賊軍。
対米戦争に勝ていれば、東条英機は一大英雄であり歴史に残る大政治家なのですよ。
一般市民は『戦争に反対した』から共産党を支持したのでは無い。
そのことではなくて、
『日本の敗北』を共産党が事前に正確に予想していた事実によって、多くに人々が共産党を支持したのです。
吉井英勝ですが、3・11の5年も前から福島第一原発事故の発生を正確に予想していた。
3・11福島第一原発事故後では初めての国政選挙での、
自民党大勝(共産党敗北)の去年末の総選挙ですが、
本当なら共産党大勝利(自民や民主の崩壊)の大チャンスだったのです。
吉井英勝を一番大事な時期に引退させた政治オンチの現共産党執行部ですが、万死に値するでしょう。
政治家の居ない日本の不幸 (宗純)
2013-11-04 12:24:43
ネプギアソリッドさん、コメント有難うございます。

今の政治状況ですが山師ペテン師、破壊的カルトの信者や官僚モドキ、科学バカの学者モドキなど種々雑多な有象無象は色々いるのですが、
ところが、困ったことに『政治家が、山本太郎ただ1人しか居ない』。
この、一言に尽きるでしょう。
これでは必ず日本が滅びます。助からない。
未確認情報ですが、警察が山本太郎に対して迂闊に出歩るかないように注意したとか、
39歳の山本太郎が38歳で暗殺された山本宣冶になる危険性が日本の右傾化で生まれているのですよ。
殺されれば間違いなく山本太郎ノ命を祀る救国神社が建てられます。
何も起こらなくても、今後唯一の政治家として『山本太郎』の名前は半世紀後の日本国の歴史教科書に大きく取上げられていますよ。
(まあ。半世紀後に日本国がまだ残っていればの話ですが)

政治家の居ない不幸以上に、日本では左翼がいない。
全員が、『永久に現状そのままの状態が続くという「幻想」を持っている』
完璧に保守ですよ。
もう。情けない。
そもそも今日本が崩壊寸前なら、新しい社会を目指す左翼は狂喜乱舞して喜ぶべきなのですが、今の左翼で喜んでいるものが一人もいない不思議。
何故なのかが私には分からない。
いつも『ヒロヒトの死に様を見届けるのだ』と言っていた私の父親は随分早く死んで仕舞うが20世紀が終わるまでには必ず資本主義は終わってると信じていた。ところが今は21世紀。
スタンレーキューブリックは2001年には人類は火星旅行出来ると信じていたし手塚治のアトムの誕生日は2003年だと描かれている。
今の世の中の進歩が遅すぎるのである。こんなに速度が遅いと、これでは此方の寿命が持たない。
今、左翼が喜んでいない原因ですが、実は『全員左翼ではなくて保守だった』と言う、とんでもないオチでは無いでしょうね。
禁中への上奏 (宗純)
2013-11-04 13:09:21
しろーさん、土瓶蒸しさん、和泉さん、コメント有難う御座います。

私の書き方が悪いのでしょうか。肝心な部分で話が噛み合っているようで噛み合っていません。
そもそも我が日本国は極一部の例外を除いて天皇には権威はあるが権力がない。
今の日本国憲法と同じ象徴天皇制だったのですよ。
だからどれ程激しく権力が交代しても、(権力とは無縁だったので)天皇制は無傷で残ることが出来たのです。
天皇が現人神で唯一の主権者だった明治憲法でも、矢張りこの日本の伝統は生きており、直接天皇が政治を行うのではなくて
首相や国務大臣の輔弼、具体的には上奏する内容を承認するとの建前なのです。
ところが天皇は議論を尽くした上奏には、そもそも反対しない。
天皇は行政府の衆知を集めて決定された事項(内閣の上奏)に対して、決してNOとは言わなかったのである。
今年の4月28日の サンフランシスコ講和条約61周年の『主権回復の日』の天皇は、嫌だったが決してNOとは言わなかった。
明治憲法では東条英機以上にヒロヒトの死刑は確実なのですよ。天皇には権威があったが権力は無かったとしてとして無罪放免になっている。
絶対天皇制のヒロヒトに権力が無かったのなら、象徴天皇制の現代ならもっと権力が無いのです。
「王殺し」の恐ろしい伝統 (宗純)
2013-11-04 14:10:55
日本で最初の武士の政権だった鎌倉幕府では、源氏の家系は三代で途絶えているが、初代の頼朝公も暗殺された可能性が高いのですね。
2代目3代目が殺されたのは確実なのですが関東武士団には王殺しの伝統があったらしい。
トップの将軍は名目だけで実権は北条氏の執権が行っていたが、それも段々と名目だけになり北条宗家が実質的な権力を握る。ところが北条宗家も段々と実権を失って行き名目化されると、まるでロシアのマトルーシュカ人形のような入れ子細工のように、複雑怪奇な権力構造なのですよ。
天皇が上奏にNOといわないのは当然で、親幕府で攘夷派の孝明天皇は岩倉具視など長州派の公家に暗殺されたとアーネスト・サトウが日記に書いている。
暗殺が事実かどうかは不明だが明治時代には庶民の皆が知っていたうわさ話なのです。
まあ。王殺しは日本の上流階級の伝統だっただけではなく古今東西にも類似した例がある。
ローマ帝国末期では天命を全うした皇帝がいないしチベットのダライ・ラマも分かっているだけでも何人も25歳ころに若くして突然急死する。組織にとって不都合な王(神)は殺されるのです。
今の不思議な騒動ですが、
山本太郎の園遊会での手紙が、『天皇への上奏文だ』(一議員の分際で、勝手に天皇を操ろうとした)として自民党とか産経読売がバッシングしているのですよ。
共産党の志位委員長も逆の方向ですが、同じように『上奏文など時代錯誤である』と批判しているのです。
山本太郎、煙突男説 (宗純)
2013-11-04 15:22:45
山本太郎の園遊会での手紙ですが、自民党や産経読売が言うような『天皇への上奏文』(天皇への直訴文)でもないし、ましてや王殺しともまったく無関係。
そもそも、それらは我々庶民とは無関係な、特権的な上流階級エスタブリッシュメン限定の話ですよ。
田中正造の明治天皇への直訴文ですが、これは江戸時代のの陽明学の学者だった大阪奉行所の与力の大塩平八郎の類似事項ですね。
どちらも民衆の困窮を見るに見かねての正義の義挙なのですが、本人は庶民とは別の支配階級側の人間です。
それでは庶民の代表、山本太郎のやったことは『何』を意味するのか。
昔には、エントツ男なる何とも不思議で危険なパフォーマンスがあり、これを新聞などが取上げて毎年記事にしていた。
当時は今のような高層ビルなどが何処にもないので工場とか風呂屋のエントツが一番高く、一番目立つのです。
町で一番高い煙突のてっぺんに男がよじ登り『世界平和』などを大声で世間に向かって訴える訳ですが、
エントツ男の中には逃げた女房に『帰ってきて』叫ぶなさけない話もある。
この場合、煙突自体には少しも意味が無くて、単にその場所が町で『一番目立つ場所』だからなのです。
今回ですが、山本太郎が孫正義のようなか大金持ちならテレビの時間帯を買い切っているだろうし、共産党の委員長なら赤旗の紙面を使って福島第一原発原発の放射能被害で起きた小児甲状腺癌の惨状を訴えている。
ところが貧乏人で何の組織も持たない山本太郎としては、一番目立つ場所として、天皇主催園遊会以上の最適な場世は無い。
そしてこの山本太郎の判断は、今のところは大成功しています。
何しろ政府からマスコミから政党など全てが山本太郎のパフォーマンスを取上げているのです。
今まで完全隠蔽に成功していたが、挙国一致の大政翼賛会によるブラックボックスが破綻した意味は限りなく大きいのです。
平成のエントツ男山本太郎の功績は日本にとってはノーベル平和賞級ですね。間違いなく歴史に残ります。
周囲の反応を見ていると・・・ (ひろみ)
2013-11-05 00:55:01
今回の山本太郎氏の件、私なりに感じたことをブログに書き、facebookで話題にしたりしましたが、コメントを残した大方の人たちが、非常識、マナー違反、議員失格と、まるで、他の国会議員やマスコミのようなことを言っています。

私は日本に住んでいないので、日本で現在どのような状況なのかははっきりと把握できませんので、私の書いたことというのが、ずれている可能性はあります。
でも、なんか、みんな、福島原発事故のことをまるで人事と思って関係ないって感じなんですよね。。。
だから、そうやって、山本太郎氏のことを批判できるんじゃないか、って気がしてしまいます。

私は、最初に映像を見たとき、天皇陛下は、山本太郎氏に会って話すことを楽しみにしていたのではないか、と感じたのですが、私の感覚はおかしいのでしょうか?!

大きな悪には、何も言わずに、小さなことに目くじら立てて・・・なんて、多くの日本人は変なんだろう・・・って思ってしまいます。
海外生活が長いので、私の感覚が日本人離れしてしまっているのか・・・
でも、福島原発事故と放射能汚染のことは、生命にかかわることで、いい加減にするわけに行かないことなんですけれどね・・・。
日本だけの問題ではなく、世界規模の問題でもありますし・・・。

まぁ、これだけ、大きな話題づくりをして、山本太郎氏は、これを狙っていたのかな?!って気もします。
隠されていた問題が表に出たわけですから。。。
あまりにも静か (農婦)
2013-11-05 13:38:27
11/8日、が怖い。日本国民は、解っておるのだろうか?福島原発4号基プールの使用済み核燃料の取り出し作業が開始される事を。金持ちならもう、海外に脱出をしているはずです。爆発したら東北関東ばかりではなく日本全部だけではなく地球があぶないとさえいう方々がいますが、何も報道がない。原発問題に触れない。
韓国軍サイバー司令部や国家情報院の大統領選挙介入疑惑 (宗純)
2013-11-05 15:39:47
ひろみさん、コメント有難う御座います。

韓国では去年の大統領選挙で検察が軍サイバー司令部の大統領選挙介入疑惑を明らかにしたのに続き、
国家情報院大統領選挙介入疑惑も明らかになる。
判明しただけでも国家情報院職員が昨年の大統領選挙期間中に5万5000件余りのネット投稿文で朴槿恵(パク・クネ)当時セヌリ党候補を支援した事実が明らかに。
日本も韓国と同じことが起きていると考えるべきですよ。
本当にブログ記事を読んだとは到底思え無い、同一の、意味不明の嫌がらせコメントですが、『相手との会話を求めていない』と判断出来るものは、便所の落書きと同じで即座に削除するべきですよ。
シャッターとかガードレールの落書きと同じで、放置すると益々図に乗って増えるのです。きていただくお客さん(真面目な読者)にとっては落書きだらけの汚いコメント欄はよくありません。礼儀に反します。
これ等は漫画で歴史を知ったと勘違いして、大人とか教師とか社会に騙されていたと怒り狂っている可哀想なネットウョの子供達の可能性もあるが、
2011年3月11日の福島第一原発事故の放射能関連では、韓国の情報院のような職業的な工作員である可能性の方が高いのです。
当方のブログでは常に倍返しなので、基本的にはヘイトコメントの類は極少ないのですが、
福島県、3万8千人中で小児甲状腺癌3人発症の異常事態
2013年02月20日 | 放射能と情報操作
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/753f9a2af3c886e73508a2ff3cae53c6
甲状腺検査のトリック「日本政府の手品?」見捨てられる福島県民
2013年03月17日 | 放射能と情報操作
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/6667bdf68d61f9c57593cdc4b356942e
では明らかな東電や政府当局による情報操作が疑われるコメントが送られてくるから驚いた。
政府の手品を批判している記事に、日本政府の悪質極まる手品を送る不見識 。
「CureSearch 日本語版」を名乗るサイトが、
『米国では毎年、20歳未満の1,000~2,000人に1人の割合で甲状腺癌が発生しています』と、恥ずかしげもなく主張する。
世も末である。このサイトは明らかに日本政府や甲状腺学会など公的な組織が関与しているのです。
政府やマスコミが流言飛語を流す恐ろしさ
2013年03月21日 | 放射能と情報操作
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/43fd61235d5bb1b56a0ee6510a131cba

山本太郎ですが今回これ等の政府やマスコミの悪事を暴いたのです。それなら今のような日本中のバッシングは当然だった。
25年間穏やかに死につつあった日本 (宗純)
2013-11-05 16:27:59
もしも、ひろみさんが25年以上日本を離れているなら浦島太郎状態ですよ。
10年前でも隔世の感があります。
今の日本ですが間違いなく1945年の無条件降伏の寸前か原爆投下の寸前。
日本は負け戦が25年も続いていて極限まで社会が劣化しています。
ただ、その事実に多くに日本人が気が付かない。
理由は簡単で、変化が毎何少しずつで『大きく動かない』からなのですよ。
去年と今年を比べると悪くなっているのは、ほんの僅かの違いしかないので余程注意していないと誰にも判らない。
ところが10年前、20年前と比べると極端に悪くなっている。
社会全体が限界まで病的に右傾化していて、保守だった自民党は『ヒトラーの手口を真似る』極右政党になっている。
左翼だった共産党ですが、名前だけは昔と同じなのですが中身が違っている。
困ったことに社会の右傾化に影響されて今では穏健な保守政党程度の主張を行っているんですから、これでは他の政党は推して知るべし。
日本は極右の反動右翼ばっかりなのですよ。
オリンピックに反対していたのに『決まったから』と賛成に転じるなど左翼革新政党としては自殺行為ですよ。
志位委員長は共産党を潰す心算なのかと疑いたくなるほどの有様なのです。
決まったからと『現状』を追認するのは間違いなく保守です。
消費税に反対していたのに、今では『消費税の増税に反対』にトーンダウン。
消費税に反対している共産党の政治スローガンなら『消費税の廃止』で無いと駄目です。
ところが、『増税に反対』なら、現状の消費税には賛成なのです。
オリンピックと同じで『決まったことには反対せず賛成する』様では、左翼ではなくて保守ですよ。
なんちゃってファシズムの公務員バッシングで圧倒的支持で人気の橋下徹が大阪府知事に当選直後に行ったのが府職員の給与削減。
労働者の賃金を下げれば目先の利益にはなるがデフレを加速して経済を崩壊させると共産党は反対した。
ところが3年後には賃金削減を『決まっているから』と3年間の再延長に賛成して、満場一致で可決したらしいのですよ。
今の日本ですが、情けないが。もう終わっています。
共産党の保守化など悪夢以外の何ものでもありません。絶対におきるはずの無い、未曾有の最悪の事態に陥っているのです。

正夢となる悪夢 (くまごろう)
2013-11-09 00:55:55
平常時、「どういう社会を目指すか」という段階に於いては、始まりと終わりに善悪含む価値観があり、方法の妥当性を計るのが論理であると思います。
緊急時にはその緊急性が増す程「目ざせる幅」が狭くなり、論理がより重要になる筈です。
緊急性の最たるものを、津波に遭遇した人は経験した筈ですが、あそこまでゆけば論理も殆ど介在する余地はなくなり、弱肉強食さえ殆ど意味をなさず「運」が大半を支配していたと思います。
取り敢えずの冷却に辛うじて成功している原発問題に於いて、どうするのが良いか悪いかなど殆ど選択する余地はなく、何とか破滅を回避する為に国を挙げて取り掛かるよりない筈です。
しかし何故かこの国は「緊急事態」になる程善悪、殊更悪を叩くことに終始し、論理の存在を無視するようなことをする。
本来論理的である筈の者まで多く善悪に捕らわれるのはどうしてなのでしょう。
原発事故後、ニコニコ動画で共産党の志井、穀田、吉井の三氏が話している動画を見たのですが、その時吉井氏は「疎開、将来的な帰還の為の移染ではなく除染技術の研究」と、小出氏などと同様のことを言っていました。その吉井氏を引退させ、現在の技術では不可能な除染を主張するのは論理的はあり得ないことですが、完全に空気を読むようになってしまったようです。
日本に於は空気を読むことが正しい(大勢)であり、正誤や善悪を脇において容易に偽善、偽悪に走ることに対し、本来論理的である筈の人間は反発すると思うのですが、そういった事柄に頻繁に遭遇する為に自らも善悪に囚われてしまうのでしょうか。
左翼の政治家、或いは左翼も政治家も、この国で成長するのは確かに難しいのでしょう。
因果応報の認識範囲を広げる論理の力がこれ程弱い国が他にあるのだろうか。

共産党であれば、やはり「天皇の政治利用」ではなく「天皇制」に反対の筈です。
ソ連はグラスノスチ(情報公開)で、日本は特別秘密保護法 (情報の隠蔽) (宗純)
2013-11-09 11:04:16
くまごろうさん、コメント有難う御座います。

私の書いている記事とかコメントは8~9割は単なる客観的事実の羅列程度であり、後の1~2割程度しかない独自の意見なるものも、実は前提となる客観的な科学的事実から自動的に導かれる種類のものですから、
それなら、この『逝きし世の面影』ブログとしての、オリジナリティの類はほぼゼロ。
物事の善悪は、個人の主観とか個人の集合体の道徳とか常識、宗教やイデオロギー、哲学に由来するものなので個別的で、場所や時間、立場で色々複数存在しても仕方が無い。
ところが客観的事実とか科学的原則などの正誤は普遍的でないと駄目なのですね。
ですから、誰が書いても全部が同じに成る筈なのですが、
ところが不思議な事に、何故か同じに成らず正反対になっているのですよ。実に不思議なのです。
チェルノブイリ事故当時のソ連はペレストロイカの真っ最中だったのですが、
対照的なのが我が日本国。病的な右傾化が進んでいる真っ最中なのですよ。
放射能汚染は目に見えないし被害は確定的ではなくて、確率的にしか発生しないことを良いことに、グラスノスチ(情報公開)とは正反対にソ連政府は隠しまくったのですね。
3・11福島第一原発じこでは、日本ですが特別機密保護法が出来る以前から、自民党から共産党まで挙国一致で隠しまくっている。
もう、無茶苦茶。
余りに現実が恐ろしいので、今の日本人には正直に真実を見つめる勇気が無くなっているのです。
悪夢としての福島第一原発事故 (宗純)
2013-11-09 14:53:18
3・11福島第一原発事故から二年半以上が経過したのですが、
いまだに名称が『福島第一原発』と正式名称のままで呼ばれているのですよ。
これは通常では有り得ないのです。
なぜなら、日本語表現では沢山繰り返し使われる言葉は例外なく、必ず短縮形に変化して新しい名前が正式名称扱いになる。
挨拶の『おはよう御座います』を沢山している間に何時の間にか『おは~す』になり最後には『オッス』にまで短くなる。
木村拓哉がキムタクになり、パーソナルコンピュータ(personal computer)はパソコンになる。
ところが日本語以外ではパーソナルコンピュータ(personal computer)はPCと頭文字のアルファベットで呼ばれることはあっても、名前がパソコンのように短縮されることはなく何時まで経っても、元々のパーソナルコンピューターの名称のままなのです。
福島第一原発ですが、近頃これくらい使われた言葉も無いくらいに頻繁に使われた。
多分キムタクやパソコンの何十倍以上の使用頻度です。ところが略称も短縮形も生まれない。
ネットの一部には『福一』とか『フク一』と呼ぶ人もいるが、この人たちはユダ金(ユダヤ金融資本の略か)などの意味不明の短縮言葉を常用する極左系であり、あくまで例外的な少数派。
何故福島第一原発は、略称が生まれないのか。日本語的には可也不思議なのですが、
多分みんなにとっては悪夢だからでしょう。
現実ではなくて『悪夢』なら、どれ程恐ろしくとも、今のように全員で無視していれば何時かは全てが『なかったことにする』ことが可能なのです。
福島第一原発事故を直視したくない日本国民が支持する特定秘密保護法案 (海坊主)
2013-11-23 19:05:24
特定秘密保護法案はこのまま成立しそうですね。

宗純様が常々主張されるように、本法案が放射能汚染に関する箝口令であるとするならば、この法案の成立は、『明日も今日と同じ平穏な一日がやってくるはず』と思い込みたい日本国民の総意でもあるかも知れませんね。

日本国民は最早マトリックスの中で生きていかなくては正気を保てないようです。マトリックスの中で暮らす人々は、「遺伝子組み換え作物による生態系への影響」、「毒性の強いバリテリア・ウィルスの羅患による発病、あるいはバイオテロ・ケミカルテロによる健康被害」、「PM2.5」、「ポールシフト現象」、「なんとか彗星やなんちゃら隕石による自然環境の変動」などといった脅威によって放射性物質汚染による健康被害をすり替えられることを受容するでしょう。

安倍政権は3年も持たないと仰った宗純様ですが、日本国民の総意として放射性物質汚染を見て見ぬ振りをしてでも今まで通りに生き続けようとするのであれば、安倍政権よ続いてくれとばかりに支持しつづけるのではないでしょうか。

ただし世界が安倍を許すかどうか、だと思います。外圧のみが日本を転覆しえる勢力なのではないでしょうか。
あと、二週間弱に迫った国会閉会 (宗純)
2013-11-24 11:15:48
海坊主さん、コメント有難う御座います。

『外圧のみが日本を転覆しえる勢力なのではないでしょうか。』は明らかな間違いで、
その外圧(アメリカの要請)で特定機密保護法が国会で通すと必死なのですよ。
石破幹事長ははっきりと特定秘密保護法の成立が『時限的である』と今国会内で必ず決めるのだと言っている。国会ですが後2週間足らずで閉会する。
この法案ですが、とんでもなく『急いでいる』のです。
しかも法案の所轄官庁は外務でも防衛でもなく、何と内閣調査室(内調)です。
内調は、国内限定の諜報機関なのですが、今までは共産党など治安対策が主な任務ですよ。
しかも守る秘密とは、『内容や範囲自体が秘密』と言う凄まじい内容。
①アメリカの要請で、
②大慌てで(もう時間がない)
③外務とも防衛とも無関係で、
④日本国内限定で、
⑤秘密の範囲自体が秘密で、
⑥日本人に対しては秘密だが、アメリカには提供する。
と、これだけ条件が揃えば、
特定秘密とは、山本太郎の手紙の内容である、福島第一の放射能だろうと誰でも気が付きます。
山本太郎の手紙ですが、これを取り締まる根拠が何一つ無いのですね。
手紙の内容は公表されていないが、間違いなく汚染地帯からの大急ぎの子供達の集団疎開が書かれている筈です。
特定機密保護法ですが、この事実を日本人の目から隠したいのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
山本太郎いじめに血道を挙げる国会の「愚」 (黄泉の国から)
田中正造は清貧のままで死んだが、彼が「敢テ一身ヲ以テ利害ヲ計ラズ」といって直訴した真の政治家として姿勢は称賛に値する。そして正造がいうように文明はヒトを殺すためにある ...
天皇陛下への直訴状by山本太郎 (Dendrodium)
今日から11月。 朝10時過ぎから出かけた立木観音への道すがらの空は、往きも帰りも雲ひとつなく晴れ渡って、 日本晴れとは将にこんな空だな~と思えるような、さわやかな青空だった。 しかし、〇〇心と秋の空の俚諺の通り、 午後になったら、西から雲が広がってき...
滅茶苦茶な安倍政権 放射能除染に1兆円・秘密保護法で中国と戦争? (Dendrodium)
今朝の京都新聞には除染に国費1兆円超と言う大見出しが一面トップに出ていた。 東電は最高3兆円を出す予定とのことであったから、除染に4兆円をかけるという事のようである。 4兆円かけて迄放射能汚染された土地に国民を縛り付ける意味が何処にあると政府は思ってい...
反戦塾乗13/11/4 (反戦塾)
楽天の優勝 震災復興とリンクして大騒ぎ。それはそれでいいけど、もし巨人が勝ったらどうなるのか。まさか「東北の人をがっかりさせて怪しからん」とはいえないだろう。結