逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

日本の公職選挙法は公正な選挙も政治活動も禁止?

2009年10月09日 | 政治

国民の意思を反映する選挙のために『新政権で公選法改正断行を』

『私の主張』毎日新聞2009年10月8日(抜粋)
『一票の格差』訴訟最高裁判決で、投票価値の大きな不平等を認めるとともに、『国民の意思を適正に反映する選挙制度が民主主義の基盤である』として、
選挙制度の見直しを含めた(国会に対して)早急な取り組みを求めた。

言うまでもなく、主権者の国民が選挙で正しい選択を行うためには、候補者や政党の政策、主張を十分知る事が前提となる。
ところが現行公職選挙法では『選挙運動』は告示日から投票日前日までに制限されそれ以外は刑罰の対象となる。
戸別訪問は禁止され、選挙事務所、自動車、演説会等が細かく規制されている。
文書類は特に厳しく制限され、インターネットによる選挙運動までが禁止されている。

わが国においても、かっては選挙運動は基本的に自由であった。
1925年(対象14年)の普通選挙の実現を契機に選挙運動が規制される事になり今日に至っている。
戦後、基本的人権を定めた日本国憲法が制定されたにもかかわらず、選挙運動の自由は規制され続けているのです。
憲法21条が保障する表現の自由は『民主主義国家の政治的基盤をなし、国民の基本的人権のうちでもとりわけ重要なものであり、法律によってみだりに制限する事は出来ない』(1974年大法廷判決)ものである。

わが国が1978年に批准した国際人権B規約においても、
全ての市民が不合理な制限なしに、自由に選んだ代表者を通じて政治に参与する事を保障している。
すなわち、『選挙人の意思の自由な表明を保障する』選挙で投票し、選出される権利である。
さらに、現在の選挙運動規制の問題点は、許されるものとそうでないものとの境界が不明確で、『何が適法で、何が違法なのか分からない』状態で、選挙期間中のホームページやブログの更新についても対応が分かれるなど現場で混乱が見られた。
ネットによる選挙運動については02年総務省の研究会が解禁を提言しているにもかかわらず未だに実現していない。

片木 淳(かたぎ・じゅん)1971年東京大学法学部卒、自治省(後に総務省)入省。第二次臨時行政調査会調査員、自治省選挙部長、消防庁次長 などを歴任。
現在、早稲田大学大学院公共経営研究科教授。(専門:地方自治)




主権者である国民がその代表者を選ぶ選挙は『民主主義の基礎』をなす重要なものです。
そして、選挙運動や政治活動は、政党や候補者の主張や情報に接する重要な機会を選挙民に与えるものであり、本来自由であるべきです。
ところが、現在の日本の公職選挙法は、『べからず集』と批判されているように、『原則禁止で、例外的な場合にのみ認められるもの』という基本姿勢の下に、個々の選挙運動などを厳しく取り締まっています。

たとえば、選挙運動ができる期間は公示・告示の日から投票日の前日までとされ、それ以前は『事前運動』として厳しく禁止されています。
公務員などの選挙運動は禁止されるとともに、特定の建物、場所での選挙運動も取り締まり、選挙運動の手段や方法も大幅に制限、または禁止しています。

特に、紙を使った文書類については『金のかかる選挙となる』との理由で、非常に厳しく制限されています。
選挙で頒布できるのは、一定数のはがき、ビラ(国会議員の選挙のみ)、新聞広告と選挙委員会の選挙公報だけです。
ポスターも、公営の掲示板以外には、掲示が認められていません(参議院比例区を除く)。
また、戸別訪問や第三者が主催する合同演説会への参加も禁止されています。


『「マニフェスト選挙」を実現していくためには』

『マニフェスト選挙』は、従来のような『地盤、看板、かばん』中心の選挙をやめ、政党や候補者の公約(政策)を比較して投票する政策優先型の選挙です。
このような『マニフェスト選挙』を実現していくためには、政党や候補者が理念、数値目標、財源調達方法、目標年次などを明示したマニフェストを文書などの形にして広く有権者に提供できるようにしていくことが不可欠です。

幸い、関係者の努力により、『マニフェスト選挙』といわれた2003年11月の総選挙では、直前に公職選挙法が改正され、選挙期間中にマニフェストの冊子が配布できることとなりました。
しかし、これはまだ国政選挙に限られており、知事や市町村長、地方議員の選挙では認められていません。
また、頒布できる場所も政党の本部だけであるなど、まだまだ限られた範囲にとどまっています。
ホームページでの公開、メールでの配信を可能にすることも課題です。


『抜本的な改革が求められる日本の選挙制度』

以上のように、『マニフェスト選挙』(公約、政策を争う選挙)を進めようとすればするほど、現在の選挙制度のあり方そのものが問われるようになってきました。
民主主義の先進国である欧米諸国の選挙運動は、政党や候補者が自らの政策などを選挙民に伝えるとともに、選挙民がそれらについて知る手段として一般的に広く認められ、自由に行われています。
ところが日本では、選挙運動を無制限に認めると財力や権力によって選挙がゆがめられる恐れがあるという理由で、選挙の公平、公正を期するためには選挙運動に一定のルールを設ける必要があるとされています。
このため選挙運動や政治活動を縛る厳しい法律が定められています。

しかし、現在のように選挙運動を過度に制限することは、選挙人に候補者の情報を提供するという選挙運動の重要な機能を阻害することになり、選挙運動や政治活動そのものを委縮させ、その結果、新人候補者の当選を難しくするなど、逆に日本の選挙をゆがめているのではないかとの疑問が生じています。
特に、インターネットについては、すでに、総務省の『IT時代の選挙運動に関する研究会』がこれを選挙運動手段として認めるべきであるとの結論を2002年に出しているにもかかわらず、まだ、実現していません。
これらの問題を含め、今後、わが国の選挙制度全体を抜本的に改革していくことが求められています。

選挙運動や政治活動は本来自由であるべきで、日本のように過度に制限することは、選挙制度そのものをゆがめてしまうおそれがあります。


『諸外国の選挙運動』

選挙人である国民、住民が自らの代表者を選んで、これに公の仕事を委ねる選挙は、民主主義の基礎をなすものです。
このように重要な選挙が公平、公正に行われるためには、候補者が選挙運動などを通じて自らを選挙人にアピールすることができ、それによって、われわれ選挙人が候補者の人柄、主張などを十分に知ったうえで投票できなければなりません。
そのため、選挙運動に対する規制は、できるだけ少なくし、自由に行われるようにする必要があるのです。

そのようなことから、民主主義の先進国とされる欧米諸国では、選挙資金の総量的な制限はありますが、日本のような選挙運動そのものに対する規制はほとんどありません。
選挙運動期間といった定めもないところが多く、したがって『事前運動』の禁止もありません。
民主主義において選挙が果たす役割の重要性からは当然のことですが、自由に選挙運動、政治活動が行われているのです。

『イギリス』
イギリスでは、選挙運動は戸別訪問、候補者討論会、テレビの討論番組、さらに最近ではインターネットを活用して自由に行われています。
これらの手段を通じて、マニフェストをめぐる活発な政策論争が行われているのです。
戸別訪問は、伝統的なイギリスの選挙運動です。
候補者と運動員が各家庭を訪問し、マニフェスト(チラシ)を渡して支持を訴えます。
イギリスでは、1883年の腐敗防止法により選挙費用が非常に低く抑えられているので、候補者個人は事実上、費用のかかるポスター作成やはがきの大量送付はできません。
そのため、選挙戦は戸別訪問や討論会が中心となっています。
しかし、近年はテレビの政党宣伝など、マスメディアの利用とともに、インターネットによる選挙運動が重要性を増してきています。
ウェブサイトのほか、電子メールも安価な選挙運動手段として活用されているのです。

『アメリカ』
アメリカでも、選挙運動は原則自由とされており、唯一の制約は選挙資金の総量制限によるものです。
伝統的な戸別訪問をはじめ、最近では、大統領選挙を中心にマスメディアによる候補者討論会や各党のコマーシャル、さらにはインターネットを利用した運動などが活発に行われています。
ITが飛躍的に進歩した現代こそ、逆に戸別訪問による選挙運動の重要性が見直されつつあるともいわれますが、インターネットを利用した、「ヴァーチャル戸別訪問」も盛んで、個々の住民のニーズなどに応じてカスタマイズされたメッセージを送る選挙運動が行われるようになっています。

『ドイツ』
ドイツでも、選挙運動についての規制はほとんどありません。戸別訪問も自由です。選挙が近づくと各政党は、選挙スタンドを設け、選挙前の党大会で採択した各党のマニフェスト(「選挙プログラム」)などについての説明を行うとともに、雇用・経済・財政・年金・福祉・環境といったテーマごとの各種ビラや選挙パンフレット、ワッペン、スローガンを記載したステッカーなどを配布します。

『フランス』
フランスにおいては、選挙運動目的の商業広告、投票日当日の一定の選挙運動などは禁止されていますが、それ以外は、戸別訪問、選挙集会、選挙ポスターの掲示、選挙公約を書いたビラの配布など、大半の選挙運動が自由とされています。

これらの民主主義の先進国に比べ、わが国の公職選挙法は、事実上、選挙運動を『原則禁止で、例外的な場合にのみ認められるもの』とし、個々の選挙運動手段について厳しく規制する、極めて特異なものとなっています。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉田茂の再軍備問題顧問とC... | トップ | オバマ大統領のノーベル平和... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
某英国連邦での経験 (kaetzchen)
2009-10-09 18:53:42
戸籍がある国は日本くらいのもので,公民権があれば選挙に加わることができます.

私が若い頃に留学した某国では,空港で滞在する警察署で住民票を作れと言われました.すると住基カードのようなものをくれました.これが実は住民票だったのです.公民権をもらえるためには幾つかハードルはあったのですけど,国政でなくて地方自治体ならもらえてしまった(笑)

要するに,労働者が常に流動している国々では,公民権も国籍も住民票も常に警察署が把握していて,それで防犯も徴税も一貫して管理がされているという便利な仕組みになってます.

それを考えると,日本というのは……,市役所へ行ったり,県庁へ行ったり,警察署へ行ったり,県警本部へ行ったり,税務署へ行ったり,……あちこちたらい回しされて交通費ばかりがかかってしまいます.郵政民営化っていうのは,タクシー代使って遠くの銀行へ行けってことかと,イヤミを言いたくなったりします.
公選法 (ましま)
2009-10-10 09:21:59
ある任意団体の幹事をやっていて、議員からの寄付をどう扱うか、公選法を調べたことがあります。

かつて、法務関係の仕事にたずさわったこともあり、すぐわかると思ったがどっこい、ついに音をあげました。

より法にくわしい友人に聞いたら、「具体事例をあげて選管に紹介したら」と言われました。

 与党は、内閣法制局も国会答弁に立たせないといってますが、法解釈にカーテンをかけるようで、これもどうかと思います。
kaetzchenさん、コメント有難うございます (逝きし世の面影)
2009-10-10 09:24:16
相変わらず書いてある記事の趣旨とは関係薄い内容で『果たして、みなさんは読んで日本の選挙制度の問題点を把握しているのだろうか?』『みんなには関係(関心度)が薄い内容なのだろうか。?』と自問自答しているのですが、今回の毎日新聞の記事は画期的。
商業マスコミでは今までに全く無かったし、政治ブログの記事でも探したが見つからない。
日本の公職選挙法大昔から先進国レベルには無い超後進国だったが、今では軍事独裁国家でも例が無いほどがんじがらめに禁止され、現在の公職選挙法の実態は『公職選挙禁止法』あるいは『政治活動禁止法』になっているのです。
ところが肝心の一般市民はその事実が全く知らされていなくて『日本は自由の国だ』と何とも暢気に考えている。
選挙や政治活動とは一部の特定の政治家が、選挙活動中に行うものだと思っている日本人は多いが、政治とは本来一般市民が行うもので、政治家とは担がれる神輿にすぎません。
担ぐ氏子(一般市民の支持者)がいるから『祭り』(選挙)が成り立つのであり、政治家(神輿)が勝手に一般市民をおいてけぼりで自分勝手に『お祭り』(選挙)を行っているのが日本です。
総選挙とは外国では一般市民の可也の部分が自ら参加する、お国を挙げての(勝ち負けを争う)祭りなのです。
ですから自分の担いでいた神輿(政党とか政治家)が大勝利したら街中を走る車は一斉にクラクションを鳴らしたり花火をあげたり噴水に飛び込んだり酔っ払って一晩中大騒ぎしたるする。
イラクやパキスタンなど中東では市民がみんな空に向かって祝砲(実弾)をぶっ放すので死人や怪我人が大勢出るそうですが、日本では街中で喜ぶ人は一人もいない。
欧米のテレビ局のカメラマンが戦後初めての政権交代を喜ぶ日本の市民を映して来いとの上司の命令で街に出たがそんな光景は何処を探しても日本にはない。
『祭り』(欧米など世界基準の選挙)ではないので一般市民だけではなく政治家も事情は同じ。
日本の総選挙後の鳩山代表の記者会見を見た外国の視聴者は『負けた側の会見』に見えるそうです。
不思議な選挙と不思議な公職選挙法 (逝きし世の面影)
2009-10-10 10:22:32
ましまさん、コメント有難うございます 。

多分今の政治家の皆さんでも公職選挙法を完全に把握している人はごく少数ではないかと思いますよ。
専門家でも理解する事は不可能でしょう。
何故ならしょっちゅう改正されて、改正される度に禁止項目が増えていくので、なんとも複雑怪奇で結果的に誰も理解しているものはいない。
例えるなら、あれもこれもと業界や関係者や役所やらが自分の都合に合わせて要求して増え続けた今の日本の無駄な公共事業の法律版です。
今日本中のダムの総点検で50いくつかの工事を差し止めて無駄の総点検をするらしいが、よくもこれだけ、よってたかって無茶苦茶をしても日本国が今まで崩壊せずちゃんと機能していたかと思うと別の意味で『日本はすばらしい』と感心させられます。
公職選挙法ですが、基本的に選挙の自由を保障したものではなく、立法の趣旨が正反対。
いかにして選挙の自由を無くすかに主眼があるのではないかと思える世界的に例が無い不思議な法律です。
出来る限り一般市民を『選挙』などという危険なものから遠ざけるかに目的がある法律なので『何が禁止されているか』も曖昧なのです。
法律を曖昧にしておけば、取り締まる側は恣意的に『好ましくない候補』を取り締まる自由(裁量権)が幾らでも生まれるのです。
権力のあるなしにかかわらず誰でも自分は縛られたくない。
特に『権力』は縛られたくないが、絶大な力がある権力を縛るのが法律のはずでが『公職選挙法』の趣旨は一般市民の政治活動を縛るのが目的です。
内閣法制局答弁の話ですが、本来法律とは誰かが自分勝手に解釈出来ないように完璧である事が求められます。
公職選挙法のように、法の執行側が法律を解釈できる法律は、欠陥法ですね。
ところが政府など執行側は出来る限り自分の自由裁量権を確保したいのは人情ですが、これでは法事国家とは言えません。
いつも誤解を与えてすみませんねぇ (kaetzchen)
2009-10-10 21:10:33
 ブログ主さん,いつもすみませんねぇ.

| 相変わらず書いてある記事の趣旨とは関係薄い内容で『果たして、みなさんは読んで日本の選挙制度の問題点を把握しているのだろうか?』『みんなには関係(関心度)が薄い内容なのだろうか。?』と自問自答しているのですが、

 私は基本的に「へそ曲がり」なので,わざと異なる視点から見るくせがついているんです.

 逆に言うと,あの書き込みから,「実態は『公職選挙禁止法』あるいは『政治活動禁止法』」だという所まで想像力が行かなければ,だめだってことです.

 ブログ主さんの意図は恐らく,ストレートに「反論としてこういう事例があるから,日本の公職選挙法はけしからん」と書いて欲しかったんでしょうけど,それは最初から分かっていて,ああいうひねくれた書き方になりました.その辺は謝るしかないです.


| 日本の総選挙後の鳩山代表の記者会見を見た外国の視聴者は『負けた側の会見』に見えるそうです。

 そりゃそうでしょ.これまでの自民党や公明党が作ってきた「負債」を全部民主党連合が背負わされる訳ですから.公明党なんか卑怯なもので,自画自賛で自らは絶対的に正しいと,まるで赤旗や労働新聞の紙面のようなことばかり書いてますね(笑) 本当の敵は創価学会にあり,なのかも知れませんよ.特に関西の場合は.

# 気にくわなければ,いつもの通りに削除されて構いませんから.
kaetzchenさん、誤解ですよ (逝きし世の面影)
2009-10-11 14:55:44
『いつもの通りに削除されて』なんて何時も削除しているかの様な表現は困りますね。
基本的に記事に関係しているものは賛成反対にかかわらず全部掲載しています。
削除しているのはタイトルも名前も無い意味不明のものや、ブログの品位を汚す恐れのある過激表現、あるいは同一の内容を繰り返し送ってくるものなどで基本はゴミ掃除、落書き消しと同じ基準です。
『わざと異なる視点』は大事ですが、記事と関係ない事柄に異なる視点のコメントでは『削除』するのも致し方ない。
今回でも、『日本で選挙の自由は制限した事で良い事もある』的なコメントなら大歓迎です。
昔は選挙期間中にはビラが何枚も配られたり選挙ポスターの以来など色々な理由での選挙活動、政治活動が行われていたので煩わしかったが、今では全てが禁止され一般支持者が出来る政治活動は何も無いので随分選挙が静かになった。ついでに今でも行われている宣伝カーでの連呼などは単に喧しいだけなので禁止するべきとか。選挙公報以外の宣伝は全て禁止とか。
そうなれば選挙期間であると一般市民が気が付かない位に静かになります。

基本的にこの公職選挙法とは『対共産党対策法』としての性格がある。
日本が世界的に見て異常な文書類を厳しく取り締まっているのは、昔の40年前の蜷川京都府知事を支持する共産党対策だったのです。
社共枢軸の革新自治体の選挙の特徴は今で言うところのマニフェスト(公約)選挙で、このためには大量の政策ビラの配布は表裏一体の関係なのです。
自民党の地縁血縁の縁故による選挙運動や利益誘導による投票行動には政策を争う選挙活動は邪魔以外の何者でもない。
ですから日本で雁字搦めの政治活動や選挙活動禁止法案が出来上がったのでしょう。
もう直ぐ最高裁判決が出る、マンションでのビラの投函で逮捕された住居不法侵入罪違反とか国家公務員法違反とか、全く同じ理由からの出来事ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
塩森恵子 『純情娘 ガテン系』 (集英社・「you」 連載中) その4 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 気管支炎のため,しばらくブログをお休みしてました.ということで,塩森恵子さんの「純情娘ガテン系」の続きです.(^_^;)  一級建築士になりたての 藤家佑馬 は,往年の少女マンガ家・武田道子 (ペンネーム:白鳥姫子) の老後を過ごすための鉄筋5階建てマンション...
NO.1400 志位さんに大拍手!「時代は大きく変わった」?ものですね。 (大脇道場)
 ちょっとうれしいですね。いや、かなり。心の中で、「よっしゃ!」 「時代は大きく変わった」ですか、変えなきゃね。         ...
高橋由佳利 「Sweet Memories」 (「you」20号「鍼灸師・渦森診子のカルテ 4」) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 恐らく,次回の12月15日発売の2010年1号で5回完結,単行本化となると思うんだけど,この 「鍼灸師・渦森診子のカルテ」 は今回で4回目になります.以前のお話を読まれたい方は,第1回「愛は陽炎のように ~鍼灸師・渦森診子のカルテ 1~」,第2回「感謝知らずの...
カラタチのとげとアオガエルの生食 (とむ丸の夢)
ははははは、と家人と大笑い……お口汚し、うん? お耳汚し、お目汚し……なんといえばいいのか、まあ、どちらにしても大した...
日本共産党国会議員団総会での志位委員長のあいさつ-名実ともに国民主権の日本へー (未来を信じ、未来に生きる。)
新しい歴史の始まり 知恵と力つくし大奮闘を 国会議員団総会 志位委員長があいさつ --------------------------------------------------------------------------------  新政権が発足した16日、日本共産党は国会議員団総会を開催。志位和夫委員長があいさつし、新...
【報道】最高裁の裏金、メデイアの後追い取材を期待する (散策)
昨日、アンネさんというかたからコメントをいただき、最高裁の裏金について週刊プレイボーイに記事があるとのことでした。本屋に立ち寄ると返品前の在庫がありました。【日本の司法をダメにする「最高裁事務総局」の正体】という題で短期集中シリーズで10月12日号は第一回...
鳩山新政権 と 日々雑感 (わんばらんす)
急いては事をし損ずる! 一部のテレビ新聞に惑わされて・・ 急ぎ過ぎると、自民党が有利になり、 また、すべてひっくり返されて・・ 天下...