逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

文科省作成の1年間の積算放射線量推計

2011年04月28日 | 放射能と情報操作
『福島県内の累積放射線量』文科省が1年間分の汚染マップ作成 2011年4月27日

文部科学省は26日、福島第一原発事故から2012年3月までの1年間分の福島県内の積算線量を推定した汚染マップを公表した。
4月11日に公表後、今回は2度目だが、20キロ圏内を示したのは初めて。
文科省によると11日の公表時より、多くの地点で年間の推定値が低下したことから、20ミリシーベルトを超える範囲は少し狭まったという。
文科省は、冗談は休み休みに言って欲しい。
この汚染図は現在の汚染状況の意味ではない。
来年3月11日までの1年間の積算値ですよ。
しかし、そもそも11日時点の発表でも半減期の関係で測定値が段々弱くなるとして1年間分を推計していると発表していたのです。
ですから今回のたった半月の間に『調べたら下がっていた』との推定値の低下の理由が何ともこじ付けで無理がある。
この文科省が自称する『精細な汚染マップ』ですが、原子力安全委員会の分布図を改竄して作った当ブログ記事『20mSv超地域の集団疎開報道で、30~50mSv図「政府発表」の怪』2011年04月25日(放射能と情報操作)で紹介した怪しい『政府発表』といわれている姑息な印象操作目的の分布図とそっくり。
日本国内で、汚染分布図ような専門的な文章や図では(外国政府以外では)日本国の『政府発表』と報道した例は皆無。(多分ゼロっでしょう)
それなら、あの不思議な『政府発表』の意味(悪質な印象操作の犯人)とは、日本の『文科省』発表だったことになる。
日本の文科省には、今までに数々の不思議な行動が見られる。
そもそもIAEAなどが退避勧告しているにも係わらず、半径30キロ圏外の放射能の高濃度汚染地域ホットポイントの飯舘村の学童の退避を指示しなかった。
実際に学童の避難を行ったのは村の自主避難ですよ。
細胞分裂の速度が早い成長期の子供は、大人とは比較できないほど放射線の影響を受けるとされている。
原子力安全委員会の『子供は大人の最高限度の半分の10ミリシーベルトに』との勧告を無視して原発作業員の大人と同じ20ミリシーベルトの基準値(正確には5年間で総量が100ミリ)としたのは日本の文部省である。
しかもこの基準値ですが、実は妊娠する可能性がある女性には原発作業員でも四分の一の5ミリシーベルトと決められているのです。
そして学童の半分は、当たり前ですが将来妊娠する可能性が有る女性なのです。
今の文科省の基準値とは何重にも問題がありすぎる。
原発産業に甘く子供達の命と健康に厳しい今の態度を改めない限り、日本の文科省は存在意義が無い(有るより無い方が良い)とまで言い切っても間違いではないだろう。




『政治』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産経、東京電力と東芝(原発... | トップ | バーナンキFRB議長の玉音... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私は塵の拡大写真が見たい (現田石)
2011-04-29 09:50:22
放射線は目にみえない事は事実ですが、原子力発電所から放出された放射性物質の塵は、採取して拡大写真をとれば、見える。その福島塵の拡大写真を日本の新聞社が撮影発表してくれることを妄想しています。
暗闇で美しく光るラジウム (宗純)
2011-04-29 14:51:31
現田石さん、コメント有難う御座います。

100年前にマリー・キュリーがラジウムを発見するのですが当時は彼女でも、まったく放射能の意味自体が良くわからない。
普通に観察した範囲では放射性物質のラジウムも、他の普通の物質とそれほど違わないのです。ありふれた存在にしか感じられない。
ところがラジウム発見から何年もしてからやっと、照明の消えた研究室の暗闇で、怪しく美しく光を放つラジウムを目撃するのですね。感動の余り手にとって眺めたとのことですが、勿論間違いなく素手ですよ。
しかし、矢張りこの時点では放射線の意味も恐ろしさも分からなかった。
ラジウムの結晶でも、普通の状態では肉眼では正体が判らないくらいですから、放射性汚染物質の埃程度では、普通の埃にしか見えないでしょう。
放射能ですが、判っている人には分かるし(特殊な計器を使えば)十分見ることも可能なのです。
ところが普通の人間の感応方法では全く感知されないので(知っている人が知らさないと)通常誰にも分からないのですね。
情報が極端に偏っていて、困ったことに『放射能』では万人に平等では無いのです。
ごく一部の特定の人だけが一方的に全部の情報を握っている。
今度チェルノブイリと福島第一が同等のレベル7になったので、改めてチェルノブイリの被害の程度を調べたのですが、公式には被害者は急性被害で30人程度で慢性被害では5年以上経過してから子供の甲状腺癌での15人だけの極少数。
他の公害被害に比べれば問題ともされない程度の軽微な損害でしかない。
ところが正反対に、ヘリで原発冷却に鉛を投下した乗員300人が全員助からなかったとの報道もあり、地上の消火活動や浄化作業で莫大な犠牲者が出ている可能性も有る。
ところが、この人数が如何しても確認できない。
不思議過ぎるのですよ。
普通どのようなことでも測定には誤差があり、ある程度は上下が有るものですが、放射能の被害では通常考えれれるデーターの上下の範囲を遥かに超えたべらぼうなトンデモナイ数字なのです。
何故こんな不思議なことに放射能被害はなるのか。
その理由は極簡単で、放射能は誰にも分からないのです。(ごく一部の専門家や関係者を除けば)
そして原発事故など全ての放射能の被害は天災ではない。
明白な人災で、それも想定外どころか予定どうりの範囲の怠慢と責任逃れと恥知らずな未必の故意であり、事前に認識されていた『悪意ある過失』です。
そうです。
悪意ある加害者がいて、そして大勢の情報から取り残された善良な被害者が出たのです。
ここで一番の問題点は、その加害者側が『放射能』では全ての情報を一方的に握っているのですよ。
これで放射能の正しい報道が行われる方が余程可笑しいです。
必ず、間違いなく被害が最小限に隠蔽される誘惑に駆られるでしょう。
ですから今の日本で流されている何処を切っても同じ金太郎飴にそっくりな『大本営発表』がおこなわれる。
今報道で流されている『放射能は安全です』とか『ただちに影響は出ない』とは、66年前の『カミカゼ特攻』や『バンザイ突撃』と同じ種類の言葉として歴史に記録される可能性が濃厚であるのです。
放射能は安全だ (Ladybird)
2011-04-30 07:11:18
 「原発は安全だ」とはウソだったのがバレてしまったので,こんどは「放射能は安全だ」と言っています.そういう大マスコミも,つい最近まではチェルノブイリの被害の深刻さを描いた,良い番組を作っていたようですね.

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=PHeq8TfSRBM#at=23
以前のNHKが放送していたチェルノブイリ (宗純)
2011-04-30 10:14:19
Ladybirdさん、コメント有難う御座います。

昨日大震災の特番放送を行っていたのですが、マスコミ自身が、市民がマスコミの意識的な情報隠しで不信感が募っている事実を告白しているのですね。
国外脱出する外国人の姿を『不安を煽る』として決して放送しなかった事実を報道しているが、それ以外でも沢山のことを『不安を煽る』として放送していない。都合の良いニュースしか流さない様に自主規制(報道管制)していたのです。
ところがこれが余計に一般市民の不安を煽ってしまったのですね。

『放射能は安全だ』や『今すぐには影響しません』ですが、これが正しいかあるいは間違っているかの以前に、こんな話は3・11以前で日本国内では誰一人主張する人はいなかったのですよ。
あるいは、いたがマスコミは一回も報道しなかったのです。
もしもですよ。
例えば今年の2月の時点で、『原発は安全だ』の代わりに『放射能は安全だ』と原発関連の電力会社とか東芝など原発メーカー、あるいは原子力学者の誰かが、言ったと想像してください。
よってたかって『この馬鹿者が』とマスコミから袋叩きにあうか、その逆にブラックジョークとして大笑いされるかの何れかですよ。
誰が、そんな話をすると思いますか。
誰もいません。いるはずが無いのです。
ところが、今では笑えない冗談を政府マスコミ学者が政府までが大真面目で金太郎飴のように同じ言葉を語っているのですよ。

25年前のチェルノブイリと今回の福島ですが不吉なことに奇妙な一致点が幾つもあるのですね。
先ず3・11直前と同じで当時のソ連でも『原発安全神話』が極限まで膨らんでいて原発従事者までが信じていたらしいのですよ。
ソ連型社会主義経済の矛盾は矢張り極限まで来ていた。今度もQR2は6月で打ち切りが決まりアメリカ国債の崩壊は避けれません。
10年間続いていたアフガン戦争が矢張り限界に来ていて完全にいき詰まり遠征軍の撤兵が今年の7月から始まります。今の福島とチェルノブイリは余りにも色々なことが似すぎているのです。
特に似ているのは今のマスコミの大本営発表ではないでしょうか。
チェルノブイリは、過小評価されてきました。 (黒マグロ)
2011-05-01 00:04:02
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)による「チェルノブイリ」新報告というレポートがあります。それによると、死者数は98万人になるとのことです。ピース・フィロソフィー・センターのサイトに日本語版があります。ノーベル平和賞受賞をしている医師会議が、信用できる現地の医師の研究論文を集約したものです。ウクライナ、ベラルーシ、ロシア、他広範囲にわたり、ソ連崩壊のため被害の実態がつかみにくかったチェルノブイリの実態がまとまったものです。IAEAは4000人として、WHOは9000人とした評価を 覆すものになっています。
核戦争も想定して準備している米軍 (宗純)
2011-05-01 11:48:41
黒マグロさん、コメント有難う御座います。

政府や日本のマスコミの『放射能は安全』とか『直ぐには影響は無い』ですが、この前者はインチキ臭いが後者は間違いなく本当ですよ。
放射能ですが、バケツで臨界を起こして仕舞った東海村臨界事故でも、即死した人は誰一人もいないのですよ。
臨界事故でトンデモナイ量の放射線の直撃を受けて死んだ2人は何週間も経ってから死んだのです。
ビキニ水爆でも船に雪のように大量の放射性汚染物質の死の灰が降り積もっても誰も死ぬものはなくて無事帰国して半年後に1名が死んでいる。
ですから『ただちに』影響は無い、は間違いない。
チェルノブイリでも消火と冷却の為に鉛を投下したヘリの乗員は大量の被曝量だったが全員が元気だったのです。症状が出だすのは数週間後で全員が死亡したらしい。(ところがこの事実は公式の報告書には何処にも出てこない)
あの自衛隊のセミのショん便ですが、間違いなくチェルノブイリ原発事故でのヘリでの消火活動が参考になっている筈なのですよ。
当時の報道では自衛隊ヘリは100メートルからの放水を行ったとされていますが、格納容器ビルの高さは55メートル以上あるのです。
そばに立つ鉄塔はそれなら120メートル程度で、ヘリは鉄塔の2倍以上を飛んでいたのですから100mの自衛隊の発表はありえない数字ですね。
自衛隊は公式には認められていないヘリの乗員が全員死亡したとの情報の方を信用しているのですよ。
政府ですが、『安全である』とするなら農産物の出荷停止は根本的な間違いでしょう。
これは深海魚の為に水銀やPCBの濃度が高いキンメダイや食物連鎖の頂点にいるマグロの妊婦の摂取制限のように、『1年間ではこの程度の量にしてください』で十分ですよ。
また、退避勧告も間違いであり、『放射能は安全』なら退避する必要性がそもそも無いのです。
ですから政府や自衛隊ですがチェルノブイリの政府発表が故意に小さく歪曲されていると思っているのですね。それで無いと政府の言動の辻褄が合わないのです。
ロシアやウクライナ、ベラルーシでは大幅に国民の平均寿命が短くなったのですが、体制が変わった為に飲酒での早死にであるとされていますが、同じような状態の東ヨーロッパではユーゴスラビアを除けばこんなことは起きていない。
むろん、政府も (黒マグロ)
2011-05-03 10:33:17
そうですね。自衛隊も、政府も知っているはずです。直ちに影響はない、そう言わないと、自衛隊や消防庁、警察に派遣命令を出せなかったでしょう。しかし、チェルノブイリ事故当時、作業に当たったリクビダートル、(掃除人)と謂われる人々がどうなっているか、揉み消した側が、知らないはずありません。
いま、福島県放射線健康管理アドバイザーになっている、長崎大学大学院 山下俊一、高村昇、らが展開する理論をもとに、管理基準は変えられ、作業員250ミリシーベルト、妊婦、子供を含め年20ミリシーベルトとされています。山下俊一は、100ミリシーベルトまでは影響がない、と言い切り、マスク不要、砂埃の中で遊ばせても平気 と、講演して回っています。
原子力業界は国民を生贄にして延命を謀っているのです。
ロシアの平均寿命の統計 (宗純)
2011-05-03 15:47:01
黒マグロさん、コメント有難う御座います。

フランスの人口人類学者であるエマニュエル・トッドは,乳幼児の死亡率の高さからソビエト連邦の崩壊を予言したのですが、ソ連は1970年までは順調に平均寿命が延びていたが70年以降は横ばい状態になってしまっていたのです。
ソ連型経済の根幹部分が根本的に崩壊状態だったのですね。
チェルノブイリ事故のあった1986年に平均寿命はピークになり、それ以降は劇的に5歳も大幅に低下するのです。
普通この平均寿命と国民の平均所得には相関性があり、現在のロシアは所得から予測される平均寿命から大幅に低いのですよ。
予想値からの低下の原因ですが、国家体制の崩壊による混乱で低下したとされているが、国家が崩壊して血で血を洗う悲惨極まる内戦に陥ったユーゴスラビアでさえこれ程の劇的な低下はしていないのですから、それなら平均寿命の低下はチェルノブイリだとの結論になるが、それを認めると膨大な額の賠償責任が生まれるのですね。
人口放射能の被害は天災ではなくて、紛れも無い人災であり、それなら被害の弁償も免れないのです。
ソ連ですが日本と同じで原子力発電は国策だったのですから人災と言うよりも国家の引き起こした国家ぐるみの災難(国災?)なのです。
国家の怠慢による災難であり犯罪的な人災で、膨大な額の賠償を行う必要がある行為だから完全に隠蔽されたのでしょう。
この旧ソ連の恐るべき事実や条件は、いまの日本にもぴったり当てはまります。
今までの文部科学省の間違いのおさらい (現田石)
2011-05-30 23:23:59
現田石です。文部科学省は、月2回の約束どおり5月12日にも1年間の積算放射線量推計マップ(5月11日までの実測値を使用)を発表しました。
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305520.htm

地図は前回4月22日発表のものとほとんど変わらないものですが、問題点もすっかりそのまま残っているようです。
たとえば、「測定点」として生活道路など舗装してある「舗装面」が選ばれている疑いがきわめて高い。これは根本的な問題です。この場合、人が生活している農地や庭で浴びる線量より非常に低く記録されているでしょう。
また文部科学省の計算法は、注※1、※4によると「16時間木造家屋屋内に滞在すれば低減効果が『1年間』継続するからすべて0.6を掛けて計算する」と称しています。この計算はまったくの間違いでしょう。
日本国の文部科学省は宗教的神託を下す機関なのでしょうか。
子供の命よりも、君が代が大事 (宗純)
2011-05-31 17:26:14
現田石さん、コメント有難う御座います。

この文部科学省の積算放射線量推計マップの図でも明らかですが、20キロ圏の半分は飯舘村など北西部の地域よりも汚染度は低いのですね。
逆の言い方をすれば、
全住民を強制退避させた、現在は防護服で厳重に放射性物質の付着を防いでも短時間しか入れない危険地帯以上の放射線数値が高い場所に多くに日本人が2ヵ月半も政府が発表する『放射能は安全です』なる念仏を信じて居住していたのです。
恐ろしすぎる話ですね。
今皆さんが政府やマスコミの発表が信じられない一番の原因とは、この20キロ圏の内(放射能は危険)と外(放射能は安全)で、正反対に違いすぎるダブルスタンダードではないでしょうか。
一方が正しければ間違いなくもう一方は駄目なのです。
屋内退避が数日間で何の効果も無いのは調べるまでも無いほど明らかですよ。
文科省とか政府官房の数々の不思議な言動とは、何とかして放射線の数値を低くしたいとの願望程度であり、それ以外の意味は何も無いでしょう。
あるいは現実が悲惨すぎるので、自分の脳内の妄想に逃げ込んで精神的な安定を得ているのかもしれませんが、それならネットウョさんと同じで精神状態ですね。
これについては西尾幹二が『脱原発こそ国家永続の道』で今まで自分も入っていた『原発推進派』が目の前の現実の危機を直視できずに観念論の妄想に嵌っている現在の態度を批判しているのですが、これが実に面白い。
国土や国民を守るとの保守の態度(建前)は、今目の前に有る福島第一原発事故の現実の前には嘘八百、正反対であったことが明らかになったのです。
粒径2ミクロン前後の球形粒子の画像のプレゼント (現田石)
2014-09-05 00:45:37
現在も日本各地の大気中に放射性塵が飛び回っていると信じている現田石です。
理化学研究所(RIKEN)に属する施設が、2014年8月にプレスリリースを出しましたが、それに付けられている粒径2ミクロン前後の球形粒子の参考図を掲載した日本国内の新聞、雑誌等の大衆媒体はないようですので、ここに紹介します。
http://www.spring8.or.jp/ja/news_publications/press_release/2014/140808_3/

ここで分析された放射性大気粉塵が放出された代表的または標準的な塵ではないかもしれませんが、事故直後につくば市の気象研究所で採取された塵からだけでも、いろいろなことが分かったようです。
図1の右下が、該当のセシウムボールの電子顕微鏡写真です。ただの白い光の球ですが。
事故当時の炉内状況を化学的に裏付けているらしいです。

最後に日本のマスコミの扱いについてです。これは超有名な理研の施設のニュースのはずなのですが、こういう話題が画像つきで日本のマスコミには載るには、ウランの半減期を待たなければならないのでしょうか。
フクシマから170キロも離れた場所まで (宗純)
2014-09-05 15:53:04
現田石さん、コメント有難う御座います。

フクシマから170キロも離れた場所まで原子炉内にあった核燃料のウランとか、圧力容器の鋼鉄の粒子が飛んできているのですが、
『事故直後につくば市の気象研究所で採取された塵』のニュースを読んでから、記事に書こうと続報を期待しているのですが、残念ながらまったくありません。
『理化学研究所(RIKEN)に属する施設が、2014年8月にプレスリリースを出した』事実こそ、
これが、矢張り最大の謎ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
菅内閣打倒アピール (岩下俊三のブログ)
菅 直人は総理を辞めろ!!*これは、沖縄反戦デーにちなんで、ブロガー同士の連帯した共同声明であります。広く賛同を求めます。
「脱・原子力ニッポン!」を(5) (反戦塾)
 原発割安神話はくずれた  いま稼働中の原発を全部ストップする、それで安全になるかといえばそうはいきません。福島原発も地震発生と同時に核分裂反応は自動停止したの
アメリカ合州国は、なぜ教育制度を破壊しているのか (マスコミに載らない海外記事)
Chris Hedges' Columns 2011年4月10日 Lin Pernille の写真画像を基にした、PZSによる写真イラスト Chris Hedges 自国の教育制度を破壊し、公共情報の質を低下させ、公共図書館を破壊し、放送波を安手で、低俗な娯楽の為の媒体に変える国は、耳が聞こえなくなり、口がきけ...
”ふくいち”の「水葬」はかなりマズイらしい (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
きのう東大の小佐古敏荘教授が内閣官房参与の辞意を表明した。 この方は原爆被爆者訴訟で政府側に有利な証言をしたりしたため、政府側の人=御用学者と思われていたのだけど、ついにそんな人からも私のヒューマニズムからしても受け入れがたいと言われてしまう...アメ...