逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

殺害期限をカウントダウンして茶化すフジ産経グループ

2015年01月24日 | 社会

『腐敗堕落の極み』もう日本は終わっている

殺害期限”をカウント? フジ「めざましテレビ」に非難の声

21日朝のフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」には目を疑った。番組が始まってすぐ、画面の左上にテロップで「対策室設置から約14時間30分」と表示されていたのだ。2時間35分の番組の間、イスラム国関連のニュースを報じるタイミングで、30分、1時間刻みに経過時間をずっと表示していた。

「イスラム国」のビデオ声明を受けて20日午後3時、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室が設置された。イスラム国が「72時間以内」の身代金支払いを要求しているため、起点を“勝手に”対策室設置時刻に置いて経過時間をカウントしているのだ。米大ヒットドラマの「24」じゃあるまいし、悪ふざけが過ぎやしないか。

「人の命が“見える”ような報じ方です。お祭り騒ぎしていると受け取れます。後藤さん、湯川さんの親族や知人が見たらどう感じるか配慮に欠けていますね。02年9月の日朝首脳会談に関する報道を思い出します。拉致被害者リストの顔写真や氏名の横に『生存』『死亡』『不明』などと色を変えて表記したり、生存者に『赤丸』を張り付けて選挙番組のようでした。当時も酷い報道だと感じましたが、今回のフジの“ノリ”も同じ。人命がかかっているということを理解しているのでしょうか」(立大教授・服部孝章氏=メディア論)
時間表示についてフジテレビは「カウントダウンというような意図はなく、参考情報として、放送時点での、政府対策室設置からの経過時間を表示したものです」(広報部)とコメントしたが、「いったい何の参考だ」とツッコみたくなる。
ちなみに22日朝の番組では経過時間のテロップ表示はやめていた。“参考情報”はどうしたんだ――。
「めざましテレビ」については、フランスの風刺画新聞社の襲撃事件の報道で、番組スタッフが偶像崇拝がタブーの在日イスラム教徒に「ムハンマドの戯画」を見せて感想を聞き、ネット上で批判されてもいる。
テロップも戯画もバラエティー感覚の“演出”なのだろうが、ヒドすぎる。
日刊ゲンダイ 1月22日(木)15時21分配信

『殺害日程を勝手に決定していた日本政府の愚劣』

ISIS(イスラム国)ビデオには確かに『72時間』の言葉が有るが、基点もなければ終点も無い曖昧模糊とした代物であり、日本人的な24時間×3倍の意味ではない。(72時間のリミットとは、遭難とか事故時の救助に関する時間として知られており、それ以後には大きく救命率が落ちるとされている)
時間に対する感覚が緩やかな中東アラブ地域では『72時間のリミット』の意味とは『出来る限り速く』程度の意味であると思われる。
ところが、日本政府(外務省)は自分で期限は『23日午後2時50分』と決めていた。
天木直人元レバノン大使は、『今回の人質事件ではっきりしたのは、安倍政権の外交センスと交渉能力のなさです。
交渉中なのに、菅官房長官が<期限は23日午後2時50分>という認識を示したことには、驚きました。<結論が出るまでが期限だ>ぐらいの毅然とした態度を取るならまだしも、人質を取られている側が自ら期限を切るなんて、前代未聞でしょう。なぜ手の内をさらすような真似をするのか。お話にならないですよ』と厳しく日本政府の対応を批判する。

『1月17日の阪神・淡路大震災の20周年記念式典をすっぽかす安倍晋三首相』

ISIS(イスラム国)の脅迫ビデオの根拠となったらしいエジプトのカイロでの安倍晋三首相の『反イスラム国での2億ドルの財政援助』の演説の日付は1月17日であり、日本国にとって歴史的に大事な阪神淡路大震災の20周年の記念すべき式典と同じ日である。
東日本大震災によるフクシマの放射能汚染など日本国の未曾有の危機の出発点となる大事な1月17日の式典をすっぽかして税金をばら撒く外遊した挙句、テロ事件を誘発する迂闊な発言を行った安倍晋三の責任は大きい。

『カイロでの安倍首相発言を「アメリカ向け」に翻訳していた日本の外務省の愚劣』

今回発生したISIS(イスラム国)による日本人人質殺害予告(身代金)ビデオであるが欧米のマスメディアの論調は『当然予想されていた事柄が起きた』と、いたって冷静に反応している。
欧米NATO諸国の市民では今回と同じ人質とか身代金を要求する類似事件は少しも珍しくないのである。
安倍晋三の積極平和主義なるものですが、分かり易く解説すれば『日本国もNATOの一員となってアメリカを十字軍戦士として戦いたい』である。それなら当然の結果として一般の日本人も今までの様な例外扱いは許されない。
 イスラム教の予言者ムハンマドを正面から笑い飛ばした不愉快なシャルリ・エブド社の風刺画を原因としたテロと、空前の規模の対テロのイスラム抗議デモの大騒ぎの後で、中東を訪問した最初の先進国首脳は日本国の安倍晋三首相だった。
当然、初めての日本国の安倍晋三首相が『何を言うかのか』と、現地イスラム世界のマスコミが注目する。
そもそも、今回のISIS(イスラム国)が身代金要求の脅迫ビデオでは、『日本人の殺害は安倍首相がエジプトのカイロで行った2億ドル支援演説だ』と主張しているのですよ。
カイロ声明は17日。
ISIS(イスラム国)の脅迫ビデオは20日。
何と、カイロ声明の日本の外務省の公式英訳が完全に『アメリカ向け』だったのである。肝心の日本国民の利益(安全)だけでは無くて、中東のイスラム教徒も日本の外務省の視界にまったく入っていない。
安倍晋三首相の日本語のスピーチとは大きく違っていて、『完全に資金の面でアメリカの戦争(十字軍)に加担する』と読める内容になっていた。
日本外務省の英文を直訳すると、『これからトルコとレバノンの支援を行う。ISIL(イスラム国)と戦う国々に、人的能力・インフラ支援のために2億ドルを供与する』と、よりISIS(イスラム国)を挑発する表現に書き換えられていた。
日本の外務省ですが、アメリカ国務省日本支部東京出張所程度の存在なのです。

『アルジャジーラが、日本のTwitterで起きている「」を報じる』

中東の主要メディアで世界的な影響力がある衛星テレビ『アルジャジーラ』が21日、ISIS(イスラム国)が、湯川遥菜氏と後藤健二氏の日本人2名を人質にとって200億円以上の身代金を要求している事件に便乗して日本のTwitterで起きている『#ISISクソコラグランプリ』を報じている。
日本人2名の生命の危機(殺害予告)に対し、ISIS(イスラム国)の画像を面白おかしく加工してツイッターで発表すると言う、不謹慎極まるものだが、 処刑の時間をカウントダウンしたマスコミ(産経新聞の系列のフジテレビ)よりも2万倍は健全に見える。
ISIS(イスラム国)の日本人人質動画を嘲笑している日本の『#ISISクソコラグランプリ』ですが、少なくともイスラム教の予言者ムハンマドを正面から笑い飛ばして『風刺画だ』『表現の自由が有る』と開き直ったフランスの不愉快なシャルリ・エブド社の主張よりもはるかに健全である。
21日のアルジャジーラはTwitterから不快であり、人質の生命に対して脅威を及ぼしている』とともに、『テロにユーモアで対向することはできる』という賛否双方の意見を紹介している。


ひざまずく号泣兵庫県議と和製ベートーベンの河内の守、、無邪気に危険物を振り回すSTAPのあどけない小保方晴子博士の日本の三馬鹿珍風景(日本国の低級なマスコミが作り上げた赤っ恥ニセモノトリオ)

 ISIS(イスラム国)が作成した余りに露骨な編集作業の人質インチキ映像に爆笑する北朝鮮トップの金正恩と取り巻きの軍人グループ

トルコ風の焼き肉料理ドネルケバブの店員をしているISIS(イスラム国)テロリストの不真面目な創作(ニセモノ)画像だが、本物の日本人脅迫人質ビデオ映像よりも余程違和感が無く、『自然』に見れるから不思議である。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛んで火にいる冬の安倍 (嵌め... | トップ | 下品で無分別で人種差別的だった... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
3.11の後 (ポポポポーンキッキ)
2015-01-24 01:27:14
CMが「魔法の言葉」と「こだまでしょうか」ばっかりだった頃か、そうでもなくなった頃だったか、「めざまし」の女性アナが、「ではこの場合、どうしたら被ばく線量を抑えられるでしょうか?正解はCMの後!」みたいなこと言ってCMに入ってしまい、引っ繰り返るほど驚いた記憶が有ります。
風俗? (ましま)
2015-01-24 11:21:01
ひどいものですねえ。

参考にして記事を書かせていただきました。
『腐敗堕落の極み』 (あたし新聞)
2015-01-24 18:41:16
>もう日本は終わっている

確かに、大阪市の子供が7割を食べ残す「冷たい給食」の件の事などを見ると呆れ果てますね。
子供に冷たいマズぃ物を食べさせるとか?ドコの非文明国・貧民国ですか?
見ていて哀しくなりましたよ。
それに、輪を掛けて「貧民思想」を全開にして「食べられるだけ幸せ」とか?「贅沢は敵だ」とか?
情けない。
コレでイイ、コレで我慢しろっ!昔はこうだったっ!では、
何の「工夫」も「進化」も「進歩」も無くて「頭を使う要素」が、まるで無い(笑)
正に「愚民思想」ですよっ!
「貧民思想」・「愚民思想」は未文明国・貧乏国に特有な考え方なのですが、
いつから、日本はそんな未文明国に堕落したんですかね?美味しい料理を食べる事こそ文明国の特権です。

ちょっと前までは「技術立国日本」とか?言ってませんでしたか?コレから貧民に成るんで、その為の練習ですか?

『腐敗堕落の極み』は日本だけでは無くて、フランスも

冗談や風刺は「文化」なのですが、今のフランスには「知性」が感じられません。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1825874.html

エジプトの政争で殺されたムスリムを「コーランは糞 銃弾から守れない」と嘲ったシャルリエブドの風刺画 
に対して、テロリストに殺されたシャルリエブド編集局を嘲った風刺画をSNSで公開した作者16歳を

テロ扇動罪で仏政府は拘留ですヨ?
今のフランス政府が「言論の自由」とか?ソレこそギャグが効いていて大笑いですな(笑)
風刺としても16歳の作者の方が「格段」に良いです。

掛け金1日10万円の誘拐保険 (宗純)
2015-01-25 16:53:22
みなさん、コメント有難う御座います。

今回のフランスの『表現の自由』なるものですが、基本的にインチキで、ユダヤを批判する自由は最初から存在していない。
フランスでは小数派一神教のユダヤはタブー中のタブーとして厳重に守られているのです。
ところが、同じ少数派一神教のイスラムに対してはやり放題。
しかも、イスラム側の風刺は『テロを助長する』として厳重に禁止しているのです。
『美しい虚像と醜い実像 「真実」を報道しないマスコミ』
2015年01月20日 | 政治http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/fbc2323975ae8a41c59a176e9941013b
にも書いたが、新しく別記事にしました。
基本にダブルスタンダードが酷すぎる。
何ともインチキ臭い代物です。
今回のフジ産経グループの不真面目さは目に余るが、逆にネットでの一般市民の「#ISISクソコラグランプリ」の方は、不謹慎では有るが、まだしもユーモアが感じられるだけ多少救いが有る。
両方ともにいえることですが、1億平和ボケのきわみです。欧米や中東世界では驚きの目で見られているようですよ。


それにしても今回の日本人人質事件ですが、実に不愉快な展開になっています。
後からISIS(イスラム国)に捕まったジャーナリストですが、友人にはイスラム国に湯川氏を救出に行くと言っていたというが基本的に無茶。
これは、本来、有り得ない話ですよ。
後藤氏の日程ですがシリア内は、たったの4日なのですから、
もしも本気だとしたら事前に先方(拘束しているISIS側)と綿密に解放までの手はずを打ち合わせている筈なのです。
現地ガイドの駄目だの忠告を無視している点からも、自分では何らかの成算があったと想像できるのですよ。
それで無ければ突っ込まない。
最後のビデオでは何回も。
『自分の意思で』、あり失敗しても『自己責任だ』と繰り返していたが、胡散臭い。
話は逆で、
岩下俊二のブログの記事にもあるように、軍事オタクのスポンサー筋の政府自民党とかタモ神などの次世代の党などの日本の腐敗した右翼勢力の依頼によるシリア入りだったことがうかがわれます。
以前の2003年のイラクでの日本人ボランティア3人が捕まった人質事件とは大違いで、政府は言うに及ばず産経新聞や読売新聞では自己責任論が一切出ていないのです。
ところが、
自動小銃を振り回していた軍事オタクとか、一人で救出に向かった和製ランボーのフリージャーナリストととか、今回こそ、自己責任の極みの様な話なのです。

フリージャーナリストとは言うが、報道機関などのスポンサーからの仕事の依頼がなければ、単なる失業者ですよ。
子供も生まれたので、危ないことは判っていても、背に腹は替えられない。
危険は百も承知で、一か八かで命がけで危ない仕事を引き受けたのでしょう。
日本国内では無いが外国では、上限補償額 $50,000,000 (50ミリオン)USドルまで1日10万円の誘拐保険をかけていたとのマスコミ情報も有ります。
人道援助は? (どろろ)
2015-02-01 21:07:53
『これからトルコとレバノンの支援を行う。ISIL(イスラム国)と戦う国々に、人的能力・インフラ支援のために2億ドルを供与する』
これが公式のカイロ声明の表現だとすれば、政府の言う人道支援とは違ってますよね。英訳には人道援助の表現はなかったのでしょうか。
英訳(外務省)の方が過激だった (宗純)
2015-02-02 15:07:32
どろろさん、コメント有難う御座います。

1月17日の阪神淡路大震災の20周年の記念式典をすっぽかして外遊して、エジプトで安倍晋三が語った言葉ですが、日本語でも人道支援では無くて、対イスラム国への支援であつことを強調していたのですが、これの外務省の英語訳はもっと過激に翻訳していたらしいのですよ。丸っきり挑発行為なんですが、悪事の主役は安倍では無くて日本国の外務省なのです。
飛んで火にいる冬の安倍 (嵌められた日本)
2015年01月22日 | 政治
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/b4b7413017790d9cc63926fe5805ca40
1月20日のイスラエルのネタニエフとの会談の後の、エルサレムの会談が最悪。
まさに、飛んで火にいる冬の安倍 で、完璧に日本が嵌められているのですよ。
そもそも安倍晋三の立っている演壇には左右後方に日の丸とイスラエル国旗が飾られているのですが、
フランスが世界に配信したAFP通信の記事には、安倍の後ろは巨大なイスラエル国旗しか映っていない。
イスラエルをバックにして日本の安倍総理が喋っている風に描いて世界中に配信しているのです。

写すアングルが違うと、まったく別の景色が見えてくるのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イスラム国&『風俗』 (反戦塾)
 この題をとりあげたのは、ブログ「悲しき世の面影」の最新記事を見たからである。  それによると、フジテレビ系のニュースワイドショー「めざましテレビ」の画面に、イ
「日本人人質事件」、、、どうも奥歯にモノが挟まった (岩下俊三のブログ)
ネット上では様々な流言蜚語が飛び交っており中にはアラビア語に翻訳されたり、イスラム国関係者とみられるSNSに対して位置情報で特定されることにも配慮せず挑戦的な折り返しの書 ...