逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

イスラエル軍医療団の置き土産、被災地南三陸町に2100万円の請求書

2011年06月22日 | 軍事、外交

『イスラエル医療団使用のプレハブ賃借料計上 宮城県南三陸町』

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町が、イスラエルの医療団が診療所として使ったプレハブの賃借料約2100万円を補正予算に計上。
大部分が国庫負担となる災害救助法の適用を国に要請しているが、町側は『まさか請求があるとは思っていなかった。』と困惑している。
イスラエル側は医師や看護師ら約50人を派遣。3月29日から4月10日までプレハブ6棟を建て活動。
プレハブは現在、公立志津川病院の仮設診療所として利用している。
町によると、イスラエルと親交のある宮城県栗原市の佐藤勇市長が建設会社に発注した。
4月上旬、駐日イスラエル大使、栗原市長と南三陸町の佐藤仁町長らが会談し、プレハブはそのまま南三陸町が使用することで合意した。
しかし、医療団の撤収後、町はプレハブのリース期間が3年程度で、賃借料が約2100万円と知ったという。
イスラエル大使館は『持ち込んだ医療機器は無償で提供した。プレハブは(仲介した)栗原市側が用意することになっていたので、賃借料をめぐる経緯は把握していない』と説明。
栗原市の佐藤市長は『資材集めが困難な中、迅速に建設、役に立てた。南三陸町は災害救助法適用』(後から国が払ってくれる)。
これに対し、南三陸町の佐藤町長は、
『費用面の話は栗原市から一切説明がなかった。見積書が届き、あぜんとした。』と話している。
〔共同2011/6/21 〕

大震災で壊滅的被害を受けた南三陸町は、『医療団の撤収後、町はプレハブのリース期間が3年程度で、賃借料が約2100万円と知った』というから驚くよりも、呆れ果てる話である。
被災地である南三陸町が、将来的には金が入る見込みが有るからと言って、今請求する者がどこにいるのか。
緊急時の人道援助(全額無料で被災者には一切の負担無し)だと言っていたのに、まさか『後から請求書が来る』とは絶句するしかない。
そもそも何故イスラエルだけが軍主体の医療チームを日本に派遣出来たのか。実に不思議。
何故なら、他からの医療団の派遣は日本側が色々と難癖をつけて、結局全て断っているのですよ。
中国は医療船の派遣など大規模な医療団派遣を打診したが日本側が断っているし、大震災直後に来日した国際的に活躍しているイギリス民間緊急医療援助チームの活動さえ断り追い返している有様である。イスラエルだけが特別扱いとは解せない。
イスラエル軍医療チームですが、幾ら善意からの行動であっても、物事には順番がある。
そもそもイスラエルが満足な医療が受けられないで困っている人々を助けたいなら10000キロも遠く離れた日本に来なくとも目の前の、自分達イスラエル自身が痛めつけているパレスチナ人にこそ救いの手を出すべきであろう。


わかりやすい『本当のイスラエル問題』

ある日、見知らぬ奴が家にやってきた…

奴は言う、『今すぐ此処を出ていけ、俺の先祖は平安時代までずっと此処に住んでいた。ここは俺の土地だ』

何を言っているんだ、千年前まで住んでいたって…そんなの俺の知った事か、

続けて奴は言う、『証拠もある。俺が先祖代々拝んできた祠も此処にあるだろ』

こいつは正気じゃない。奴が拝むのは勝手だが、この祠は俺の家が先祖代々守ってきたものだ。

懐からナイフを取り出して奴は言う、『俺のバックには有名な組がついている。組長もそうだと言っている。』

俺はつぶやく、 「そんな、馬鹿な… 」


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発事故対策より総会対策を優先... | トップ | コア・コンクリート反応 »

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イスラエルには逆らえない理由が・・・ (龍)
2011-06-22 12:36:25
ネット上のあるブログによると、日本政府と東電がウランだかプルトニウムだかをイスラエルの敵であるイランに流していた事に対する報復として311の地震&津波&原発事故を起こした(テロ)という話がありました。
日本の全原発には既にイルラエルのマグナBSPのセキュリティと称して何らかの仕掛けが施されているとされ、日本政府に脅しをかけているとも・・・。
自然災害ではなく人工的な災害であれば、その実行犯が一番に現場を確認したがるのではないかと思うのは私だけでしょうか?
医療行為というのは表向きの話で、被災者の血液を採取して内部被爆の状態を調べたり、薬と称して何かヤバイものを投薬したり、疑念は絶えません。
実際の医療行為の記録は日本側に渡されているのかどうかも追跡調査が必要なのではないでしょうか?
東電の想定外は、ネットの地震兵器とコインの表と裏 (宗純)
2011-06-23 08:42:10
龍さん、はじめまして。

今までの無条件でマスコミ発表を信じていた多くの日本人も、今では誰も信じない。
メディア情報が大本営発表だと考えるようになって来ました。
3・11以前とは世界が変ってしまったのですね。
今では政府やマスコミ発表が『真実』ではなくて、嘘八百の大本営発表を行っているらしいことは、皆さんが判っている。
ところがですね。
困ったことに政府やマスコミなどの『大嘘つき』の言っていることは全部が『嘘』で、これ等のプロパガンダ機関であるマスコミなどの発表の、正反対が真実であるなんて法則は何処にもないのです。
正直者とは全部本当を言うのですが、
反対に『嘘つき』とは全部嘘を言うことではない。
全部で嘘を言う者とは、単なる捻くれ者程度で『嘘つ』きではないのです。
『嘘つき』の意味は、今の政府やマスコミのように、真実の中に巧妙に嘘を混ぜて発表して、どれが嘘か判らないようにして人々を騙すことです。

龍さん、『便利なものは不便でもある』のです。
簡単に情報が手に入る分ネットは玉石混交で、良いものも有るが正反対にまったく取り得が無いゴミも沢山あります。
御覧になった、そのブログ記事は余り参考にしないほうが賢明でしょう。
ご自分の信用を失いかねませんよ。
地震兵器などは非科学的云々以前に、あまりに不真面目で無責任です。
それはまさに東京電力が今言っている『これだけの大震災は想定外だった』とまったく同じ趣向の主張であることに気が付いて下さい。
今までに、沢山の科学的知見が現在を正確に予想していたのです。
数々の警告を無視して『安全で有る』『心配いりません』と無視した結果が現在の事態を生んでいる。
今回の大地震ですが、別にまったく新しい(不確かな)別の可能性を考えるまでも無く、今までの普通の、一般的な既存の科学の蓄積の範囲で十分に判断は可能なのです。
地震兵器などの考え方は、震災は『想定外』だったとの東電のお馬鹿なマスコミ宣伝に惑わされているのですよ。
あるいは東電の援護射撃のデマ宣伝の類か。
絶対に起きないことが起きたなら、『想定外』とか今までの科学的な実績以外の考え(地震兵器)も必要になるが、今の時点では『想定外』は大嘘であり、まったく事実をはかけ離れています。
東電の言う想定外どころか、『想定不適事象』として悪意を持って意識的に排除していただけで、実は沢山の学者が事前に正確に予想していた範囲の事柄が起きているだけです。

ただ今回の管総理の動きだけは矢張り不思議なのですね、今まででは有り得ない程の尻の軽さなのです。
ただこれも首相官邸に張り付いて指示を出しているらしいアメリカから派遣された原子力規制委員会のスタッフを権限であると考えると、今回の不思議すぎる、イスラエル軍医療団の異例中の異例の早期受け入れなども、日本の官僚組織の上に君臨するホワイトハウス直属の指令だったと解釈すれば、全ての謎は簡単に解決してすべてが辻褄が合います。
浜岡原発の停止要請も、この線から出されたと仮定すれば色々な疑問も簡単に理解できる。
日本のイスラエルとの関連性は薄いが、アメリカとイスラエルは親密すぎる関係なのですね。
ですから日本がイスラエルに頭が上がらないのではなくてイスラエルのバックにいる親分であるアメリカに対して頭が上がらないのです。
これは、尖閣での漁船拿捕事件で中国が幾ら対日政策をエスカレートさせようが『法律に則って粛々と』と微動だにしなかった日本政府がアメリカのクリントン国務長官に一言いわれて即座に超法規的に検察に政治介入して中国人船長釈放を行ったのと同じ。何の不思議も無かったのです。
イスラエルの問題ではない (herald)
2011-10-02 20:07:05
これは日本側、特に栗原町の調整の問題ではないか。 それをイスラエルの問題にするとは呆れたことですね。 それが恩義を受けた相手への姿勢ですか。 恥です、貴ブログは。 貴ブログの姿勢は最初から反イスラエルだから何をいおうがイスラエルが登場すれば何でもかんでもイスラエルが悪いということになるのでしょうが。 読んで勉強されたし。

「パレスチナ国家」がもたらす不安定と悲惨
http://conservative.jugem.jp/?eid=125

イスラエル - 洗脳されたメディア
http://conservative.jugem.jp/?eid=98

イスラエルとエジプトのガザ解放
http://conservative.jugem.jp/?eid=61
これは政治ではなくて宗教問題ですよ (宗純)
2011-10-03 09:25:34
heraldさん、はじめまして。

当ブログ記事とも現実世界とも遊離した不思議なコメントで真意をはかりかねています。何か言いたいのでしょうか。?
客観的な事実とは正反対のコメントであり意味不明です。
事実はheraldさんの脳内とは無関係ですよ。到底日本人とは思えない発想であり到底誰の理解も得られない妄想です。
仲介した栗原町町長のミスもあるでしょうが、イスラエル軍医療リーム以外の支援は、日本国は国内法を盾にして例外なく全員を追い返しているのですよ。
イギリスの医療チームなどはいち早く日本に到着していたが空港から追い払ったのです。
何故かイスラエルだけが例外だったのですが、理由は不明です。
この不思議の原因ですが、イスラエル軍医療チームが米軍のトモダチ作戦の一環だったので日本に拒否することが出来なかった可能性が高いのですよ。
それでこの記事のカテゴリーを本来なら宗教なのですが軍事外交に入れたのです。
イスラエル軍ですが、世界一の軍事大国アメリカの世界に対する軍事援助の半分以上が建国以来半世紀以上、イスラエル一国にまわされている。軍事以外の海外援助の総額でも抜きん出ている。
人口数百万人の小国に対して単なる友好国以上の一心同体的な異常な親密さなのです。
今の日本人なら一番危険な国を聞かれたら北朝鮮と答えるかもしれないが、世界でなら断トツでイスラエルなのですよ。
その世界の人々が考える一番危険なイスラエルに軍事援助しているのがアメリカで、そのためにアメリカ自身の信用も落としている。
政治的に見ればイスラエルではアメリカは得をしていないで、大きく損をしているのですね。
経済的にも莫大な援助をしていて、損をしているのですから政治経済などの理由ではなくて別の理由でアメリカがイスラエルを支援しているのですが、それは宗教以外にはないのですよ。
そしてイスラエル建国の理由も旧約聖書の記述に由来しているのですから宗教的理由であり、ユダヤ人の存在自体が宗教です。
反米親米とか右翼左翼などの視点で見ると根本を間違うでしょう。
3重苦 (herald)
2011-10-03 20:16:50
長文の回答ご苦労さまです。 しかし「世界」って誰ですか? 国連ですか? 確かに国連では制裁決議のほとんどがイスラエルに集中していますね。 だからイスラエルがもっとも危険な国なのですか? 国連の「女性の権利委員会」の議長国がイランだって知っていますか。 イランではイスラム法に違反した(という疑いだけで)女性が石投げの刑に処せられるのを知っていますか? 国連の「人権委員会」のメンバーって知っていますか? リビア(カダフィの時)、ナイジェリア、ウガンダ、中国、パキスタン、サウジ、キューバといった国々がメンバーですが、これらの国々が人権を尊重していると思いますか? もう一度聞きますが、世界って国連のことですか? 違うなら、どこですか? パレスチナですか? パレスチナは「世界」ですか? そととも、世界って、あなたの妄想の世界ですか?
 
イスラエルにはマイクロソフトやインテルといった世界的企業の工場や研究所が集中しているのは知っていますか? 世界一危険な国にリスクを嫌う企業が資本投資するのですか? イスラエルに数多くのアラブ人が市民権を持っているのを知っていますか? 「あなたはイスラエルに住みたいですか、それともエジプトやシリアやサウジに住みたいですか」と聞かれた彼らは異口同音に「イスラエルにとどまりたい」と答える事実を知っていますか? イスラエルに行ったことありますか? 見たことありますか? アラブ諸国や北朝鮮や中国には無い言論の自由がイスラエルにはあることを知っていますか?  農業大国でもあることを知っていますか? 日本の農協からも見学者が多数ですよ。 世界一危険な国に農家の方が見学しに行きますか?
 
助けてくれた人々、遠くから手を差し伸べてくれた人々に憎しみしか抱けないとは、これほどの不幸があるでしょうか。 いやあるはずは無い。 偏見、無知蒙昧、非論理性。 まさに三重苦とはあなたのことです。 心から同情します。 いつの日にか苦しみを克服されることを祈ります。

英語分かりますか? とてもためになるので見てください。 

中東問題の根本 http://www.youtube.com/watch?v=63hTOaRu7h4


イスラエルはアパルトヘイト国家か? http://www.youtube.com/watch?v=V1dvwgjDAT8
日本では実に珍しいですね (宗純)
2011-10-04 10:07:20
heraldさん、幾ら頑張っても客観的事実は変らないのですよ。
欧米でのユダヤ人口は少数ではあるが、伝統的に金融や投資部門では侮れない実力を持っています。
これは聖書の記述に金利を禁止する項目があるからで、シェイクスピアの描くように金貸しはユダヤ人の専売だったからですが、それ以外にも映画が出版を含め広告宣伝、メディアなども圧倒的な力を持っている。
ですから欧米メディアで『イスラエルが素晴らしい』と主張していたとしても、それは当然だと思いませんか。
もう少し現実世界に目を向ける必要があるでしょう。
国連決議でしばしば反対がアメリカとイスラエルの2カ国でその逆が他の国連全加盟国なんて事が起きている事実をheraldさんは知っているようですが、唯一の超大国アメリカに睨まれたくないと思っている世界各国の政府以上に一般の民衆レベルでの反イスラエル感情は強い。
少しは普通の新聞も読む習慣を身に着けて下さい。
反イスラエル感情は圧倒的であり、幾ら悲しい現実であるからと今のheraldさんのように『いや違うのだ』と否定しても、まったく無意味なのです。
客観的事実は認める以外には方法は無いのです。
それは個人の脳内の話であり、現実離れしすぎています。
>『確かに国連では制裁決議のほとんどがイスラエルに集中していますね』
それは多分国連総会での批難決議の間違いですね。
そして批難決議には制裁決議のような強制力が無いので、イスラエルは完璧に無視し続ける。
可決された制裁決議は一つもありません。
何故なら制裁決議は安保理の権限で、これは全てアメリカが拒否権を使って葬り去るから。
そして何故イスラエルに国連総会で批難決議が多数出されるかの謎ですが、全てのイスラエル批難決議とは国連決議をイスラエルが無視していると言う理由で有り、話の前後があべこべなのですよ。
『長文の回答ご苦労さまです。』とは、幾ら駄文でもおふざけが過ぎるでしょう。
heraldさんの>『イランでは・・』などは、不真面目な小中学生の言い訳の『だれだれさんもやいる。もっと悪い』と同程度で、到底大人が口に出すべき水準ではありません。
しかも長い。
>『助けてくれた人々、遠くから手を差し伸べてくれた人々』
heraldさんは英語は得意だが困ったことに日本語は読めないようですね。
コメントからすると全ての外国の医療支援を追い返した日本の事情をまったくご存じないので日本人ではなくて、善意のユダヤ人なのかも知れないが、イスラエル軍医療チームだけが例外扱いだったのですよ。
記事でもコメントでも、その不思議過ぎる事実を何回も強調しています。
普通の法令とか今までの日本国の慣例とかとは別の判断をイスラエル軍主体の医療チームにだけは、特別今回だけ働いたのですね。
なにやら発表されていない超法規的な決定が、『天の声』でなされたのでしょう。
それにしても、最後の捨て台詞はとんでもなく感情的で偏見、無知蒙昧、非論理性でまさに三重苦状態ですよ。
理性が完璧に吹っ飛んでいます。
余程私の指摘の、『これは政治ではなくて宗教問題ですよ。』
『政治的に見ればイスラエルではアメリカは得をしていないで、大きく損をしているのですね。
経済的にも莫大な援助をしていて、損をしているのですから政治経済などの理由ではなくて別の理由でアメリカがイスラエルを支援しているのですが、それは宗教以外にはないのですよ。
そしてイスラエル建国の理由も旧約聖書の記述に由来しているのですから宗教的理由であり、ユダヤ人の存在自体が宗教です。
反米親米とか右翼左翼などの視点で見ると根本を間違うでしょう。』
が、一番痛いところを突いたようですね。
そう、イスラエル問題とは基本的に宗教問題なのですよ。
そして宗教問題とは一般に日本人があまり話したがらない種類の話なのです。
イスラエルの問題ではない (herald)
2011-10-04 21:12:49
更なる長文のご回答、誠にご苦労様です。 暇人ではないので手短に返します。 イスラエル以外の医療チームを受け入れなかった事実は無い。 トルコ、ヨルダン、タイ、フィリピンは医療チームを派遣し日本は受け入れている。 オーストラリアは医療品を寄贈している。
 
外務省のウェブサイトに詳細あり:
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol73/index.html
 
イスラエルは先手を切って医療チームを派遣した。 先に申し出た国、そしてそれを得意とする国に支援活動を求めるのは当然。 イスラエルの医療は世界の先端を行く。 特にテロの犠牲者を治療する外科は進んでいる。 イスラエルはハイチの災害でも今回と同様に素早い対応をしている。
 
外務省のウェブサイトが全部うそだというのか、それとも貴ブログの記事が反ユダヤ主義と真っ赤な嘘と悪意に満ちた誹謗中傷によって書かれていることを認めるのか。
 
はっきりしてもらいましょうか。
 
PS. 非難決議。。。そうでしたね。私が間違っておりました。しかし国連の「女性の権利委員会」の議長国がイランであることにはかわりはない。まさにUnited Nothing。。。
間違っている日本語の読み方 (宗純)
2011-10-05 09:13:20
日本語が不自由なheraldさん、残念ながら支離滅裂で意味をなしていません。

多分heraldさんは日本人では無いので、日本外務省の文章の読み方が判らないのですね。
外務省などの役所の言葉は長年日本に住んでいてもなかなか中身が判らない不思議な『お役者言葉』で書かれているの判り難いので、無理も無いとは思うが、解釈が客観的事実とは正反対ですよ。
誰にでも理解出来るなら当方の様な政治ブログは、そもそも存在価値は無く、いらないのです。
日本の外務省は、
>『イスラエルは先手を切って医療チームを派遣した』<
と読者に思わせたいのでしょうが、事実はこの記事の通りで、
大震災時にはイスラエル以外は追い返した。
日本政府官庁が出す何とか白書の類ですが、『誰にでも判る間違い』は書いていないのです。
意識的に間違いに誘導するような、不正確な、(都合の悪い事実は書かない)不思議な文章なのですね。
だから当ブログのような『政治ブログ』が是非とも必要になる。
この、外務省の最後の一行を勘違いしている。
>『なお,イスラエルの医療支援チームの帰国後,ヨルダンとタイが福島県に医療支援チームを派遣しました。』
これは何を意味するか。
イスラエルが帰国したのが何時か知っていますか。
他国の医療チームが何時来たか知っていますか。
大震災発生から1ヵ月後の4月5日間では残留していたが、
怪我や火傷などの治療の必要が無くなり慢性病とか日常の健康管理など通常の医療が必要になったので(緊急医療が不必要になった)帰国したのです。
しかしこのようにイスラエル1カ国以外を追い返した事実は、これはまことに日本国として世界に知られたら恥ずかしい。
外務省としては『イスラエルだけではない』とのアリバイ作りのために日本の友好国に御願いしたのが現状です。
客観的事実に少しは注意を払って下さい。
イスラエル一国しか、緊急支援が是非とも必要な一番大事な大震災直後の被災民が困っている時期には、日本国は絶対に受け付けなかったのですよ。
>『イスラエルは先手を切って医療チームを派遣した』
など、外務省は一言もいっていない。
真っ赤な嘘もいい加減にしなさい。
最初から現実離れしていたのですが、病状は益々悪化しているようですね。
イスラム教シーア派の聖職者が政治の上部にいるイランが余程気に入らないようですが、『イランが悪い』と言えば言うほど、ユダヤ教が牛耳るイスラエルとの類似点(異常さ)が浮かび上がってくるのですよ。
深くお詫び申し上げます (herald)
2011-10-05 20:59:45
大変気分を害されたようで深くお詫び申し上げます。 ただお気づきのとおり、私は大変な無知ですので教えていただきたいのですが、イスラエルは今回の医療援助の件で何か悪いことをしたのでしょうか。 それは具体的に何なのでしょうか。 その証拠は何なのでしょうか。 仮にイスラエルの国内政策、外交政策に問題があるとして、それと今回の震災の援助は具体的にどのような関係があるのでしょうか。 馬鹿でも分かるように教えていただけますと助かります。
 
愚かな私の個人的な考えを言いますと、日本側の受入体制に問題があったとすれば、それはあくまで日本の問題である。 海外からの援助の受入だけでなく、震災の対応全体が国の体制として問題だらけであることは明らかである。 イスラエルが医療チームを派遣した。 それに対して感謝をすればよい。 他国も救援チームを派遣した。 それに対して感謝をすればよい。 どこかの国の医療チームの受入に問題があったのであれば、具体的に何が問題だったのかを明らかにし、何ができるのか提案すればよい(奇妙な陰謀説に走るのではなく)。
 
あまりにも愚かなため、このように単純な思考しか出来ずに困っております。
 

ところで、深遠なる思考力と卓抜な知識をお持ちの貴殿であればイスラエルの国会にイスラム教のアラブ系の議員がいることはご存知のことと思います。 彼らはアラブ人を迫害しているはずなのですが、どうしてなのでしょうか。 イランにもユダヤ人社会がありますが、国会にユダヤ人議員はおりますか? 同様に、馬鹿でも分かるように是非教えてください。貴重な御教示感謝しております。
「宗教」の記事を読みなさい (宗純)
2011-10-06 11:01:48
heraldさん、『イスラエル問題の根本は宗教である』と何度も何度も注意しているはずですよ。

そもそも当該記事も読まずにイチャモンと付ける態度が不真面目。
次に自分の主張が退けられたら、口汚く罵るなど礼儀知らず。
この記事に何の間違いも無いことに、やっと気がついたようですが、今度は褒め殺しですか。
日本人であれ外国人であれ救援のボランティアが被災民に高額の請求書を送るなど常識はずれにも程がある。
今回はイスラエル医療チームが、この常識はずれを行ったのです。
少しは請求書を送られ困っている被災地の当惑する心情を察してください。
非常識すぎるのですよ。
『誰の責任であったか』ですが、そもそも前例がまったく無いので、それで不手際が生まれたのですね。
当たり前なのです。
他国には日本の法令とか今までの前例を盾に頑として善意の救援をはねつけるのが、今までの日本国の態度なのです。
そして、今回も同じ態度だった。
少しも日本側は変ってはいないのです。
ところが不思議なことにイスラエル軍だけは例外扱いなのですが、これは先に指摘したように米軍によるトモダチ作戦の一環だったから、日本側に拒否する権限がそもそも無かったのですよ。
無理やりアメリカ軍やイスラエル軍に無理難題を飲まされた日本側に『感謝しろ』とは絶句。
余りに厚かましすぎる横柄な思い上がった態度だと思わないのですか。
『立つ鳥跡を濁さず』の正反対で、イスラエル軍は高額の請求書を残したのですよ。
日本人なら不愉快に思うのが当たり前です。
『何ができるのか提案』など、口に出すまでもない当然の話ですよ。余りに低レベルで不真面目。

『イスラエルの国会にイスラム教のアラブ系の議員』の存在は人口の2割もいれば当然だとは思わないのでしょうか。
アラブ系と言うが、実は本当の民族としてのユダヤ人は全員が人種的にはアラブ人のセム族なのですよ。
そしてユダヤ教もキリスト教もイスラム教も、教義が微妙に違っているが、実は同じ宗教でヤハウェイもゴットもアッラーも一神教なので名称が違っていても同一の神様なのですよ。
ユダヤ教の改革運動がキリスト教であり、その進化形がイスラム教。
例えるならはソコンのWindows95とXPとVistaの関係で、当事者にとっては真剣な問題かもしれないが、形式が違うアップルを使っている者(我々一神教とは縁遠い日本人)にとっては無関係です。
今のイスラエルの支配しているユダヤ人主流派のアシュケナジーはドイツや東欧出身の白人でユダヤ教徒ではあるが、そもそもアラブ人(ユダヤ人)ではないのですよ。
少数ですが南欧出身のアラブ系のユダヤ人もエチオピア出身の黒人のユダヤ人も存在していますが残念ながらイスラエル国内では2級市民ですね。
それにしてもイランにユダヤ人議員がいない事実が我々無関係な日本人にとって何か問題ですか。
何も遠くイランに例を求めなくても我が日本にもユダヤ人を名乗る議員は一人もいません。
主張が基本的に無茶苦茶であり病的です。無知にも程がある。
Unknown (Ishikawa)
2011-10-19 04:21:30
イスラエル医療チームには感謝の言葉もない。結果、国庫負担になったのだから非難されるものは誰もいないはず。手続き上、佐藤市長は南三陸側に請求せざるを得なかったのだし。それから己のブログへのコメントが、意見を異にする内容であっても、冷静に返信すべきではなかろうか。1対1の論争に勝ったつもりになっていても、それを見ている第三者には全く共感を呼ばないこともあろう。
1対1000の間違いです (宗純)
2011-10-20 08:48:50
Ishikawaさん、はじめまして。

何とも日本人であるとは到底思えない、とんでもなく不思議な発想ですね。
誰か無料だと思っていたボランティアが帰ってから被災民に高額の請求書が来たらと、想像して見てください。
当該のボランティアに感謝するどころか、日本人なら例外なく怒りますよ。
否、日本人以外の誰であれ例外なく不愉快に思います。
それは逆立ちした不思議な発想であり誰の支持も得られないでしょう。
また今のように何の成果も無い、つまらない勝敗などには拘らない方が良いでしょう。
それでは議論の質を落すばかりですよ。
何かに誰かが感謝するとか非難するとかは、些細な主観的な話であり、私には何の関心もありません。
それは人それぞれです。別別で違っていた当然なのですね。
主観が同じなら、それの方が可笑しいのですよ。別々で違っているから、かえって値打ちがあるのです。
当方が関心があるのは誰にでもまったく『同じ』である、普遍的な価値観である客観的な科学的な事実の有無だけなのですよ。
仰られている話はご自分の主観であり、当方の記事とは無関係ですね。
今回だけ、超法規的に誰かが許可したらしいが、そもそもイスラエル軍の医療団には日本国の法令により医療行為が許されていないのですね。
外国の医師免許があっても、日本では日本国の医師免許が無いものは誰であれ医療行為は出来ません。
だから他国の医療支援はイスラエル以外は全て追い返しています。
今のような美しい脳内の話を優先しないで、幾ら醜くとも少しは目の前の現実に目を向ける努力をして下さい。
イスラエルが中東で唯一の民主主義国家であると、アメリカやイスラエルが主張しているのですが、残念ですが肝心の中東では正反対で、単なる白人の侵略程度であると看做されているのですよ。
今では昔のナチと同じように数百万人の地元民を強制収容所にいれ1万人を刑務所に収容する。
イスラエル軍兵士1人対パレスチナ人政治囚1000人を捕虜交換に応じたが、今までに自軍の兵士一人の拘束に対して2000人のパレスチナ人を殺しています。
この非人道的な不公平が結果的に支援する米国の信用を落としてるのですからアメリカは大きく損をしているのです。
アメリカとしては政治経済では大きな損失を出して、何故か損得とか公平な社会正義とか道徳、慣例、秩序などを無視してまでイスラエルに度外れた肩入れをしているのです。
これ等の事実ですが、不思議すぎるのですよ。
これは今のように宗教を無視しては誰であれ説明が付かないのですよ。
イスラエルを語りたいなら、最低限少しは宗教の勉強を行ってください。
横着は駄目です。
2つの問題が混ぜられてる (tottokosa)
2011-12-03 07:24:58
栗原市長の調整不足の問題ですね。イスラエルの医療チームとは何の関係も無いんじゃないですか?

それとは別の問題として、なぜ「イスラエル」であったのかという謎は残りますね。

「核」との問題として見ている人も多いようですが、私は古代からの「歴史」が動き出したのではないかと見ています。

・神道とユダヤ教の類似性
・日本とユダヤの文化(習慣や言語等)の類似性
・DNAにある共通した特徴
・聖書や神示に暗示されている因縁
・皇室に残るユダヤの習慣等

オカルト的に受け止められるかもしれませんが、私は今回の件からもやはり歴史は動き始めているのだと実感します。
イスラエルと核 (宗純)
2011-12-03 15:53:58
tottokosaさん、はじめまして。

今年の国連での北朝鮮核武装の批難決意に対して、密かに核武装しているイスラエルが棄権している。
反対したのは当時者である北朝鮮一カ国だけで他の多くの国々は賛成するが、北朝鮮の後ろ盾の中国など十数カ国が棄権した。
この辺までは『なるほど』と納得するのですが、核とか軍事や外交では共同歩調を取るアメリカ(賛成票)とは対象的に、イスラエルが棄権しているのです。
小国が核武装して自分より強い相手に対向しようとする動き(北朝鮮)に、イスラエルとして反対出来ないのですね。
このイスラエルの動きですが、何とも面白い発想であると思いませんか。

梅原 猛は飛鳥時代とか聖徳太子とかにキリスト教の影響を考えているのですが、日本に仏教が伝来した当時の中国には景教(ネストリウス派)のキリスト教徒の人々がいたのです。
それなら仏教と同時に先進的な文化として日本国内にもキリスト教が伝来していたと見て少しも不思議でないので梅原 猛説には十分な根拠がある。
仰られている色々な事柄ですが、別にユダヤ人とかユダヤ教と狭く限定する必要性は無いと思いますよ。
何故ならユダヤ教もキリスト教も、ついでにイスラム教も実は同じ宗教で、日本的な解釈なら真言と浄土真宗と創価学会みたいな関係なのです。無関係なアメリカやアフリカ辺りから見たら全部同じ仏教諸派で同一宗教ですね。
ですからサミュエル・ハンチントンの『文明の衝突』など、思い上がりにも程がある間違った考えです。
この一神教ですが、ほんの少しの教義の違いが許されない悪なので、殺されたくないなら(誰でも殺されたくない)異端とされた側は仕方なく遠く中国まで逃げたのですよ。
多くの人々は、基本的にユダヤ人問題を勘違いしているのです。
ユダヤ教(ユダヤ人)が欧州で迫害されながら2000年も滅びなかった理由は極簡単でキリスト教会が保護したからなのですね。
ナチスみたいに迫害したらとっくの昔にユダヤ教は欧州では消滅しています。
ユダヤ人の存在は、実はキリスト教会として布教上の大きな利益が有ったのです。
一般大衆に、聖書の記述が単なる神話ではなくて『真実の話』である生きた証拠品としてユダヤ人の是非とも必要で、主要都市には必ずユダヤ人ゲットーが造られたのですね。
此処で大きな問題が起きる。
ユダヤ人ですが少数民族でパレスチナに近い南欧では本物のユダヤ人が用意出来たが、ドイツなど北欧では無理だったのです。
仕方無しにアラブ人でないユダヤ教の白人のアシュケナージが代用品として利用されるが、中国製のグッチのバックの様なインチキの真っ赤な偽物ですね。
このインチキのユダヤ教徒がユダヤ人を名乗って建国したのが今のイスラエルで建国自体がいかがわしい代物です。
イランのアフマデネジャド大統領がイスラエルを中東ではなく欧州に造れと主張しているのですが、これは歴史的に判断すれば当然な主張なのです。
イスラエル問題とは、基本的にキリスト教内の宗教問題なのですね。
宗教抜きにしてイスラエル問題を語っても真実とは無関係にしかなりません。
Unknown (通りすがりです)
2012-12-22 23:32:02
イスラエルの方は関係ないのでは。

少なからず、イスラエルは無償の人道的支援をしてくれたと思うし、裏で色々な画策が仮にあったとしても、現地に来て下さった医療チームの方達達は純粋な気持ちで任務に当たって下さったと思っています。
その善意は大切にして、私は感謝をしたいと思います。

問題は国内ですよね。
こう言うの政府から何とかしてもらえないもんなんですかね。
義援金も色々な用途があるでしょうけど、こう言うのにこそ使うべきなのでは。
わが町のことです (農婦)
2012-12-23 05:23:37
私は、単純にイスラエル人とわかった時、イヤーな気分になりました。パレスチナをあれ程攻撃している、お国の医師団がわが町にやってきた。私のいた避難所は、日本全国から、代わる代わるきてくださいました。ノロウイルスが蔓延し全国の皆さん、本当にお世話になりました。私が町長であったなら丁重にお断りしますがわが町の町長は……。
わが町の高校生が (農婦)
2012-12-23 05:32:16
そういえば、志津川高校生が、イスラエルに御礼に行ったとか。あー恥ずかしい。イスラエルの事をしってか知らずか。
通りすがりですさんへ、 (宗純)
2012-12-23 16:55:49
当『逝きし世の面影』では、タイトルや名前がないもの、あっても通りすがりとか日本人の一人など個人を特定していないNHでは無記名とみなして不掲載とするローカルルールを設けています。
本当に『通りすがり』なら、立ち止まらずに立ち去って下さい。
『イスラエルの方は関係ない』とか、『イスラエルは無償の人道的支援をしてくれたとのでは』などと、記事をまともに読まないようなコメントは他の真面目な読者の迷惑です。
この日本語も読めない横着な大馬鹿者が。
当該記事には『賃借料が約2100万円』とはっきり書いてある。
しかもイスラエル軍医療チーム以外の外国の支援は全て断っている事実もはっきりと書いてある。
東京まで来たイギリスチームを空港から追い返しているのですよ。
イスラエル軍医療チームですが、本当に人助けがしたいなら、自分が殺している目の前の可哀想なパレスチナ人を助けなさい。
片一方の手で人を殺しながら、もう一方の手で人助けなどイスラエル軍のインチキにも程があるでしょう。腹が立つ。
阪神大震災と山口組 (宗純)
2012-12-24 09:22:55
農婦さん、コメント有り難う御座います。

日本のキリスト教徒は1%程度なのですが不思議なことに結婚式はキリスト教であげるしクリスマスも盛大に祝う。
理解に苦しむ現象です。
日本国には隠れキリシタンが大勢いるのでしょうか。
もっと不思議なのは日本にユダヤ人が沢山住んでいるとは到底思えないのに、イスラエル擁護を目的にした悪意ある低級な書き込み。
イザヤ・ベンダサン(山本七平)のような日本人のニセユダヤ人がいるのでしょうね。
1995年の阪神大震災の時に神戸に本拠がある広域暴力団の山口組が震災の被災者に炊き出しをおこなったのですが、まともな日本人なら誰も『山口組に感謝しろ』などとは言わない。
イスラエルも同じ意味で『感謝』などは言語道断。
個々の暴力団組員は善意からかも知れないが、山口組の存在自体が社会悪なのですね。
個々のイスラエル人は善意かもしれないが、イスラエルとは欧米植民地主義の最後の残滓ですよ。
イスラエルのユダヤ人(アシュケナージ)ですが人種的なユダヤ人(アラブ人のセム族の一派)では無く、まったく無関係な欧米の白人のユダヤ教徒なのです。
ユダヤ教徒ではあるが基本的に偽物です。真っ赤な嘘なのです。
何千年も前にパレスチナに住んでいたユダヤ人がユダヤ教徒だったからといって、現在も同じであると主張するなどナンセンスの極み。
釈迦を生んだインド人が2000年前に仏教徒だったからといっても、今のインド人は仏教徒ではなくてヒンズー教徒ですよ。
インドは元々は仏教の国で、日本人は仏教徒。だからインドは日本人のものだといえば人から笑われるだけですよ。
ところがパレスチナでは笑い話の無茶苦茶が通っている。

日本人に分かりにくいパレスチナ問題ですが、一番似ているのは一時はマスコミを賑わした尼崎連続不審死事件ですよ。
25年ほど前から、角田美代子被告が他人の家に屈強な男たちを従えて、突然押しかけ被害者家族を虐待監禁など無法の限りを尽くす。
今のイスラエルと全く同じです。
突然半世紀前に欧米からパレスチナに来て住民を虐殺、家から追い出して1万人を監獄にれ数百万人を強制収容所に入れて日々虐待を繰り返しているのですから、これは丸っきり角田美恵子の国家版なのですね。
一番尼崎事件とパレスチナ問題が似ている部分は、被害者家族がいくら被害を訴えても警察(国連、アメリカ)が完全に無視していたことでしょう。
無茶苦茶なのです。
誰が考えても、同じことを他の誰か違う連中が行えば、即座に行動を起こしますよ。
ところが何をしても角田美恵子やイスラエルの場合にはダブルスタンダードで警察は見て見ぬふりをしていたのですね。これでは幾らでも野蛮な悪事がエスカレートするのは当然だったのです。
東北 (アテルイ)
2012-12-24 10:39:35
東北人は何を考えているのか解りません。多分先の通りすがりさんは、イスラエル軍医師団のお世話になった方でしょう。歴史も知らないのでしょう。もちろん私も知らずに来ましたが、色々なブログを、拝見しどうにか理解出来る様になりました。無学無知の私は、漢字さえ読めない事がありますし、横文字だって解らない。でも面倒でもPCで調べて少しでも理解をしようとしてます。まー私は暇人ですから。保守の街は100%にちかいほど同じ足並みで無いと生きていけない、自分の考えを言えないイエスマンばかりです。
悪魔の飽食、マスコミが誰も報じなかったイスラエル軍医療団 (宗純)
2012-12-25 12:38:51
アテルイさん、はじめまして。コメント有り難う御座います。

『多分先の通りすがりさんは、イスラエル軍医師団のお世話になった方でしょう』との解釈は、たぶん善意の勘違いですよ。
東北とは無関係な方でしょう。
何も知らない能天気な善意の他の地方の日本人か、それともイスラエル擁護命の狂信者。あるいはアメリカやイスラエルは必ず正しいと信じている無邪気なネットウョさん。
東北の本当の現地を知っているなら誰であれイスラエル軍医療団を褒めない。
本当に東北に住んでいる震災被災者の農婦さんと同じように『イヤーな気分になりました』との感想を持ったはずですよ。
イスラエル軍医療団ですが、受け入れから何から何まで異例ずくめ。
まったく前例が無い特例扱い。
しかも、当のイスラエル軍自体が不思議すぎる行動を取っている。
大震災は3月の11日ですよ。
ところがイスラエル軍医療団が現地入りしたのは半月以上経っている29日。
もう、緊急医療がいる段階は過ぎていた。
そのためかも知れないが軍服の上から白衣を着たイスラエル軍医療団は大震災の1っヶ月目の4月11日には早くも帰国している。
たったの実働2週間足らずの、このイスラエル軍の不思議な連中ですが、不眠不休どころか安息日だと言って電気のスイッチも入れない徹底ぶり。役たたずにも程がある穀潰しなのですよ。
ところがマスコミは誰も報じない。
普通なら自衛隊の銭湯の話のように美談仕立てで大きくマスコミが報じるはずだったのですが、完璧に無視しているのですね。
大手メディアだけではなく誰もマスコミは、週刊誌とかスポーツ紙に至るまで完全に報道しない。
自衛隊や米軍の扱いとは対極にあるのです。
イスラエル軍医療団ですが何かの恐ろしいタブーに抵触していたか、それとも当局による箝口令が敷かれていたのですよ。
そもそも軍の医療団なら、沖縄駐留の米軍こそが日本の東北に送るのが筋だと思いませんか。
医師免許が無い偽医者がポランティアとして被災地で無料で働いていたことが発覚して医師法違反で逮捕されているが、ダブルスタンダードでなく、本来なら日本の警察は、医療活動をを行ったイスラエル軍医療団全員を即刻逮捕するべきなのですよ。
外国の医師免許では、日本国内では医療活動は出来ないのです。
米軍さえ自粛している違法行為を、傍若無人にも堂々と行った、このイスラエル軍医療団の真の目的とは何か。
イメージアップなどイスラエル軍の広報活動であったとすれば、一切のマスコミ報道が無いのですから『完全な失敗だった』となるが、
イスラエル軍や米軍が最も重視していて、もっとも得意とするのが情報宣伝、広報活動なのですから、これは考えられない。
それなら、いったい何が目的だったのだろうか。
何とも不思議すぎる。
単にイスラエル軍が救い難い自己中で傲慢、しかも何も考えないアホだったからか。
これも考えられない。
唯一考えられる合理的な可能性ですが、日本軍石井部隊と同じで福島第一原発事故の人体実験のサンプルの採取だった。
まさに悪魔の飽食ですね。
ポロニウム210暗殺疑惑 アラファトの墓掘り起こす
2012年12月01日 | 政治
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/dc6c8fc178040c9393e9200b1e07f877
イギリス亡命中の元KGBのリトビネンコ中佐やノーベル平和賞受賞者でパレスチナ自治政府のアラファト議長がポロニウム210で暗殺された疑惑があるが、イスラエルが行なったとしたら素人ではなくて、イスラエル軍所属の医療団が関係している可能性が高い。
イスラエル軍医療団が診察した患者の個人ファイルは帰国時に全て廃棄処分したとされるが、それでは余計に疑惑は深まるばかりですよ。
これでは日本のマスコミが、イスラエル軍医療団を絶対報道しなかった謎も簡単に解決します。
報道したくても怖くて出来なかったのです。
すみません (農婦)
2013-06-15 19:20:13
古い記事にコメント入れてすみません。実は今日フェイスブックで南三陸町長がイスラエル軍医師団に感謝の意を表明しているのです。びっくり仰天。当時の新聞記事まで載せ、イスラエルから贈られた飾り物まであげ、やはりわが町の町長は何も解っちゃない。トホホです。
2年以上経ってから (宗純)
2013-06-16 16:39:32
農婦さん、不思議な情報を有難うございます。

『実は今日フェイスブックで南三陸町長がイスラエル軍医師団に感謝の意を表明しているのです。』とはまさに『びっくり仰天』ですね。
普通なら、感謝するのは2年以上前の話であり、二年前に行ったのなら何の不思議も無い。
ところが当時は感謝していない。
今頃行ったのは何かの別の裏事情があったと解釈するべきでしょう。
いったい南三陸町長に、何があったのでしょう。
それとも南三陸町を含む宮城県に何があったのでしょうか。
何かの条件設定とか、事情が根本的に変わったのです。
この場合、よい方に変わった可能性よりも、逆の悪い方に変わった可能性の方が高いでしょう。
関係者の憧れ、イスラエル民間防衛軍 (現田石)
2013-06-16 18:43:02
少年消防隊創設研究者?の現田石です。
たとえば2007年3月総務庁消防庁国民保護室発行の
「」という文書があります。
http://www.fdma.go.jp/html/intro/form/pdf/kokumin_070305s1.pdf#search='%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB++%E8%BB%8D+%E5%8C%BB%E7%99%82+%E6%B6%88%E9%98%B2'
関係者のあいだでは、イスラエル民間防衛軍はあこがれの的です。参考資料としてご笑納ください。
訂正 (現田石)
2013-06-16 18:58:38
現田石です。総務庁2007年3月の文書「イスラエルにおける国民保護制度及びミサイル・ロケット攻撃への対応」は、次の簡潔な次のURLで見れます。失礼しました。

http://www.fdma.go.jp/html/intro/form/pdf/kokumin_070305s1.pdf
三訂 (現田石)
2013-06-16 22:03:51
現田石です。三訂です。「総務庁」は、「総務省」が正しいです。
なぜ私が今頃この件についてコメントしたかというと、総務省がこの6年前の報告書の内容を今年に入って実現化するために動き出したのだろうと見ているからです。よくまとまりませんがすみません。
現田石さんコメント有難う御座います (宗純)
2013-06-17 14:09:44
消防庁に国民保護局があるのも初耳なら、そこがイスラエル軍のミサイル防衛網を調べていたなど、まったく知りませんでした。
如何考えても所轄がちがう。
防衛省の縄張り荒らしですね。
そもそもアメリカ製のミサイル防衛網ですが、まったくのインチキだとの説が有力です。
漫画シティーハンターでは飛んでくる弾丸をピストルの弾丸で打ち落とすのですが、現実世界では基本的に打ち落とせないのです。
ハイチ地震では (たまWEB)
2014-04-15 15:44:03
ハイチ地震では、悲しいことに、イスラエル医師団は、臓器狩りに関与との話があります、

http://blog.goo.ne.jp/yoriissouno/e/c1062876969a6cfb7115a05da1a51577

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ソフト・エネルギー・パス(3) (反戦塾)
事故原因と危険について30年前に予告  これからやっと本文に入ることになりますが、すでにシリーズの(1)で、大来佐武郎氏による本書の主張の要約を紹介したので、重
原子力安全保安院を経産省から分離・独立させるな (アマがえる GOO)
産経新聞によると、東日本大震災による福島第1原子力発電所の事故を受け、原子力の安全に関する国際原子力機関(IAEA)閣僚級会合が20日、開幕した。 5日間にわたり福島の事故評価や緊急時の対応などを協議する。 専門家による定期的な原発の安全性評価や....
あなたも南三陸町に納税できます (あなたも南三陸町に納税できます)
ふるさと納税制度は、「生まれ育ったふるさとに貢献したい」という思いや「あの町を応援したい」という気持ちを、寄附金という形で実現することができる制度です。 出身地や応援したい地方公共団体(いわゆる「ふるさと」)へ5千円を超える寄附を行った場合に、一定額を...