逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

情報決壊 太陽光発電で鬼怒川氾濫

2015年09月15日 | 社会
『何時ものマスコミの災害報道とは違っていた』

9月10日茨城県常総市の鬼怒川堤防決壊で、死者3人行方不明者15人の大被害を出したが、世論形成に一番影響力が有る映像メディア(テレビ)ではニュースや有識者の解説で『記録的な大豪雨によって起きた、堤防の越水による侵食での決壊』だと繰り返し繰り返し放送していた。
ところが、今回鬼怒川が氾濫した場所である若宮戸(わかみやど)地区にはもともと堤防設備がなく自然丘陵(通称十一面山)が堤防役を果たしていた個所だった。
客観的な科学事実の報道では無くて、『先ず結論ありき』(何かの宣伝、広報。情報操作による世論誘導)なのである。
今回の決壊場所ですが、太陽光発電所の建設の際に、堤防の役割を果たしていた丘が削り取られていて、危険性を指摘する住民側の抗議で応急的に大きな土嚢を置いて塞いでいた危険極まる場所だったことが判明している。
去年5月の時点で、常総市の都市建設部長が、鬼怒川左岸の若宮戸地区は約1キロメートルにわたり堤防が築かれていない無堤部であり、しかも、ソーラーパネル設置で大手のメガソーラーの数社が掘削している事実を市議会で公式に認めていた。
ところが、この事実を報じたマスコミが無い。

『今回の鬼怒川の氾濫報道』

当初から、鬼怒川の氾濫ではマスコミと気象庁が結託したのか、あまりにも感情的な『かつて経験したことのない』という表現の自然災害説を繰り返し繰り返し強調していた。
今回、マスコミと気象庁の発表が、余りにも不自然さを感じさせる代物だったのです。
小泉郵政選挙で刺客として名前を売った自民党の片山さつき議員(元大蔵省キャリア官僚)は自分の選挙区とは無関係だが、茨城県の鬼怒川氾濫の直後に、『ソーラーパネル設置と今回の決壊は無関係』との、意味不明のやぶ蛇ツイッターをしている。
1年前の2014年(平成26年)広島市で起きた『記録的な』集中豪雨被害では、正確な降水量の数値が詳しく出されている。
ところが、今回はマスコミや識者が『記録的な大豪雨』だと強調するだけで、正しい降雨量の提示と平均降水値との比較(記録)が何故か省略されている。
今回、大雨だっと事は事実である。
しかし、どれだけ通常の数値(記録)との差があったのかの具体的な説明が何処にも無い。非科学的で不親切極まりない代物である。
数字が出され『証明されている』1年前の広島市は本物の記録的大豪雨だった。
ところが、マスコミが『記録的な大豪雨』と口で言うだけで数字を出さない常総市の鬼怒川氾濫は『擬装』である可能性が高い。

『4年半前のフクシマと、余りにもデジャブ(既視感)な同一の手品のネタ』

今回の鬼怒川の氾濫(堤防決壊報道)と、4年半前の3・11東日本大震災でのフクシマ核事故での『津波被害報道』とがそっくり同じ。
使われている手品のネタが、余りにもデジャブ(既視感)なので笑ってしまうほど。あまりにも酷すぎる水準で、責任放棄というか不真面目の極みである。
組織的な偽装工作は明らかである。
気象庁ですが、3・11から4年経った現在でも福島県内だけは未だに津波高の発表を行っていない。
岩手県宮城県の津波高の発表はあるが、福島県内では津波高1・5mのいわき市以外の発表が一切無い。
いわき市の小名浜港の浸水高(遡上高)が4.2mと発表しているが地形に大きく影響される浸水高は、通常沿岸到達時の高さである『津波高』の数倍以上の大きな数値となる。
1993年(平成5年)の北海道南西沖地震では奥尻島で31.7mを記録したが地形に影響される遡上高(浸水高)であり、気象庁の発表する『津波高』とは別種類である。
東京電力は福島第一原発の津波高を、震源地に一番近い東北電力の女川原子力発電所と同じだと発表しているが、フクシマの津波高がリアス式海岸の牡鹿半島(女川原発)の3分の1しか無い事実を挙国一致で隠しているのである。




『太陽光発電所建設で川岸を掘削 鬼怒川氾濫で近隣市長が問題視』

『坂東市長 「この災害は人災」 越水 開発で堤防面低下指摘』

常総市若宮戸の鬼怒川越水地点に関して、坂東市の吉原英一市長は11日、政府調査団として県庁を訪れた赤沢亮正内閣府副大臣に対し、岸辺に太陽光発電パネルが設置された際に土地が削られたことの影響を指摘、「この災害は人災だと考えている」と語った。
吉原市長は橋本昌知事らとともに赤沢副大臣と面会し、越水現場を1年前に撮影した写真と、10日午後の被害状況を上空から捉えた写真を提示。
開発によって越水被害が広がる可能性を指摘してきたと述べ、「大きな事業をやるときには自治体の意見を聞いてからにしてほしい」と要望した。
赤沢副大臣は「詳細な分析を持っていないのでコメントできないが、同じことを繰り返さないためにどういった注意が必要か調べたい」と答えた。
副大臣との面会後、吉原市長は「民地が削られ、堤防面が低くなった。越水の原因の一つになった思っている」と述べた。
国土交通省下館河川事務所によると、鬼怒川が越水した常総市若宮戸付近には民有地の自然堤防を掘削する形で、民間業者が太陽光発電パネルを設置した。
同事務所は応急対策として大型土のうを積み上げ、それまでの高さは維持していたと説明、「削る前の状態でも水は越えていた」とした。
2015年9月12日(土)茨城新聞

『動かぬ証拠の1年前の常総市議会5月定例会の議事録』

公開されている『都市計画税/鬼怒川沿いの太陽光発電所』によると、
此処は自然堤防を『民有地であったため、民間事業者の太陽光発電事業により丘陵部が延長約150メートル、高さ2メートル程度掘削されたもの』
『今年度の出水対策といたしまして、下館河川事務所で検討をしていただいた結果、太陽光発電事業者の土地を借りて丘陵が崩された付近に掘削前と同程度の高さまで大型土のうを設置することとし、現在常総市とともに交渉を進めている状況であります。
また、今後は下館河川事務所において築堤の事業化に向けて検討していると聞いております。』
危険性は関係する全員が知っていたし、本格的な堤防も計画していたが台風18号による9月10日の集中豪雨には間に合わなかった。
事情をよく知る近隣住民は去年の時点で早くも大災害が起きることを心配していたのですから、これは自然災害と言うよりも、完全な人災である。

『原発再稼動の担当大臣の「今日は幸運な日だった」との仰天感想』

川の勾配がゆるいタイの洪水被害では浸水が何ヶ月も続いて日本企業が操業停止に追い込まれ大被害が出たが、川の勾配が大きい日本の河川の場合には集中豪雨で大被害が起きても翌日には水が引く。
SMパブに政治資金をつぎ込む宮沢経産相ですが、甲府市内で開かれた経済団体の交流会で、今回の茨城などの大雨にふれ、
『ありがたいことに産業の方がそれほど痛んでおらず』『(緊急閣僚会議に)出席しなくてよかった。
今日は幸運な日だったと感謝している。』と述べたが、発想がもう無茶苦茶。
大企業の損得勘定はするが、一般の市民の命の心配は少しも無い。
経済産業大臣の宮沢 洋一は、鹿児島県の川内原発再稼動の直接の担当大臣でもあるのですが、これは駄目ですね。
(地元紙の9月11日付け山梨日日新聞だけが正しく報じるが、安倍晋三が怖い全国紙やテレビは横並びで全部が暴言に沈黙する)
普通の市民の命や財産について何の関心も持っていない安倍内閣の正体が明らか。(今まで4年以上休止していた原発の再稼動では、世界中の原発14基全てでトラブルが発生しているのですから恐ろしい)

『行政効率優先の平成の大合併の弊害』

政府が強引に押し進めた平成の大合併で日本の自治体の数がほぼ半減した。今回の大水害の現場である常総市は、茨城県南西部にある総人口62,770人の市で、2006年1月に水海道市が石下町を編入合併して改称したもの。
今回の越水が原因での堤防決壊(鬼怒川氾濫)ですが、町村合併の弊害で基礎的な防災組織などが弱体化してるのです。
千人以下の小さな自治体なら村長自らが率先して災害現場で活動するが、大きくなるほど上から目線で現場への関心が薄れる。
そもそも小さな自治体だったなら、今回の様な堤防を掘削する太陽光発電など住民の命を危険に晒す大型開発は、最初から認められていない。
大きな被害が出た5年前の紀伊半島の集中豪雨被害でも町村合併で、被害が拡大した側面がある。
今回の洪水被害ですが田舎町の小さな自治体だったなら、超ローテクで首長を先頭に地元住民で結成されている消防団が総出で堤防に早期に土嚢を積むだけで防げていた可能性が高いのです。
阿蘇山が噴火したが世界有数の火山列島で地震多発地帯で、台風の通り道で集中豪雨が頻発する日本の様な災害大国では、もちろん大きな枠組みの防災対策も大事だが、住民による自主避難と自主防衛などのきめ細かい『小さな対応』がより大切なのです。
ところが、『大きいことは良いことだ』的発想の平成の大合併とか、『寄らば大樹の陰』で全ての判断を世界一の軍事大国で唯一の超大国(覇権国家)アメリカに丸投げする安倍『平和法案』ではまったく省みられない。
今までの自民党政府の『大』を優先して『小』を軽視する危険性は、今回の鬼怒川決壊での大被害でも明らかであり、より大きな災難を自ら招き寄せているのである。

『福島の汚染土壌コンテナ、川に浸かる』

福島第一原発事故処理の過程で収集された廃棄物を含むコンテナのうち、少なくとも240が、ここ数日日本の中央部に降った集中豪雨の結果、河川に浸かった。共同通信が報じた。
福島県飯舘村の新田川(にいだがわ)流域での事故。環境省によると、一部のコンテナは破損しており、内容物が水に溶け出した。
破損したコンテナの正確な数は不明。
現時点では113個しか回収できていないという。コンテナには主に汚染された土と草が収納されていた。
日本の中央部・北東部における洪水は、台風と、それに続く長時間の豪雨によって引き起こされた。
2015年09月14日Sputnik 日本
環境省は11日、流出したのは約1立方メートルの「フレコンバッグ」などと呼ばれる袋。重さは1袋約200~300キロ。仮置き場に運ぶ前、一時的に 新田川 や比曽川の近くの水田に置いていたという。
飯舘村ではこのほか仮置き場2カ所で冠水し、1カ所で土砂崩れにより周囲のフェンスが破損した。隣接する川俣町の仮置き場2カ所でも汚染土などが入った袋が冠水、川内村の仮置き場ではのり面が崩れ、楢葉町の仮置き場でも雨水が流入した。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏の怪談パート3 海側遮水壁... | トップ | 異能の漫画家蛭子能収が考えた東... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鬼怒川堤防決壊の責任を神に… (天野)
2015-09-14 19:29:31
まさしくデジャブのような今回の水害映像。

多くの人に、まるで3・11の映像を思い出させるもの。
河口の堤防際にある車が流される、二階建の家屋が流される、孤立した人を空やボートで濁流水が残る陸から救助する姿。
おそらく日常の景色は、一面に拡がる田畑や住宅地、幹線道の大型店舗、鉄道が、日々活動や変化するといった安穏な日常生活。のどかな風景に思えます。
ところが一変、壊滅的な被害の情景。その被害範囲の規模は限定的なものだとしても、その破壊力は3・11の映像と区別出来ないほどの恐ろしさを感じました。
しかし被災した住民の方々の様子を見ると、取材に答えるその内容には『今回の被害は大変だったけど、家も車も家財道具もメチャクチャだけど、何処から手を着けりゃ…』といった辛さの中、何処か楽観的に前向きに捉えているとも思えるコメントには救われる思いもあります。
『あぁ…一文無しか。でも生きてりゃ何とか…』
と。
勿論この事は死者不明者がない物的損害だけの人や家族の話し。身内や親しい人々は全員無事の家族に限っての事。
不幸にも家族や親族の犠牲、それは3・11も今回の水害も遺族の辛さに違いはないはず、慰めの言葉もありません。

3・11と今回の水害で決定的に違う事。
広域な原発事故被害地域や放射能による未知の、特に子供に対する不安。原発修理(又は廃炉)して放射能取っ払えても(ほぼ不可能)元通りにならない。ここ住み続ける限り、全く先の見えない放射能の不安が常に付きまとうでしょう。いつになったら安心出来るのか?と。
一方で水害の場合。堤防を直して水が引けば後は家と家財と車など、おおよその時間が計算でき将来の予測も立つ。粗っぽく言えばですが。
デジャブに見える事象も原発事故放射能が絡むと、事の重大さは指数関数的に被害が大きく感じます。

救助活動には、警察、海保、消防、自治体の緊急時体制、そして何よりも何処よりも頼もしい自衛隊(警察海保消防も頼もしさに遜色はないでしょうが、その能力は総合的に判断して自衛隊を超えるものとは思えない)。

災害をインチキ法案成立に利用する自民党。
ヒゲマサ(佐藤 正久)が早速今回の災害を国会の質疑で利用してましたね。
ヒゲマサ「今回のような素早い災害の救助も普段からあらゆる災害救助訓練を経験している日本が誇る自衛隊員だからこそ。平和法案必要です!」
市民の声「自衛隊の救助活動は優秀とか迅速とか自分で自慢するなよ。普通にこなせる仕事だろ?訓練してんだし。それに安保法案と全然関係ないだろ?救助なら、海保や消防だって凄いぞ!」

自治体、県、国が其々に責任を押し付け合い、其々が責任を逃れ合う戦い(逃れ合う戦い、とは変ですが)が始まりますね。
結局、最終的結論。
「甚大な想定外の災害でした。自然界の力は恐ろしいものです。自然、これこそ人知の及ばない神の力でもあります。責任場合神様にあります」
個人的には太陽電池パネルの設置に関わった者(役所も)の中の何人かは、今頃びくびくしている…のかな?と。
※ヒゲマサの件については、中継を全て見たわけではありません。発言など想像です。
※警察官の集団強姦や強盗殺人といった問題が隠れてしまってるようですが、これは徹底的に追及して貰いたいもの。災害騒動の後、何処かがやるでしょうが。
自衛隊を基地の外に出してはいけない (宗純)
2015-09-15 16:37:42
天野さん、コメント有難うございます。

自衛隊の幹部養成学校である防衛大学校での任官拒否が、2011年の東日本大震災での自衛隊の大活躍をマスコミが大宣伝した為に、大きく下がっていたが、少しづつ上昇して、今では元の木阿弥、もしも安倍『なんちゃって平和法案』が強行採決されれば劇的に増えるでしょう。
今でも自衛隊員が集まらない。特に酷いのが下級兵士で充足率は7割ですよ。
1万人ほどが定員不足なのですが、そもそも日本では自衛隊の認知度は世界一低い。
他所の国ならゼネラル(将軍)は大学教授なんかより遥かに社会的地位も高いし権威もあるが、日本はタモ神のように侮辱の対象。
そもそものレベルが違うのが原因なのですが、日本で本当に優秀な人材は軍隊には決して行かない。
中国には昔から『良い鉄は釘にならない。良い人間は兵隊にはならない』との格言があるが、この言葉を一番浸透しているのが日本の市民層。

それにしても今回もマスコミ報道が愚劣である。
基本的に自衛隊が基地の外に出ることの危険性が分かっていないのですよ。
本物の戦争や軍隊の怖さを知っている後藤田正晴の様な知恵者が一人もいなくなったのです。
自衛隊が日々何をしているのか知らないのでしょうか。
彼等は毎日毎日大量破壊兵器での大量殺人を訓練しているのですよ。
もしも暴走したら誰にも止められないのですから、厳重に管理する必要がある。
フクシマのように、ウラン燃料も原子炉の中にある間なら人類でも管理できるが、一度メルトダウンして原子炉圧力容器から外へ出てしまってら、制御不能。今の人類の技術水準では対処の方法が無い。
同じことが軍隊にも言えるのです。核燃料と同じで、軍の持っている破壊のエネルギー量が他と比べられないほど大きいのですから恐ろしい。
基地内で厳重に管理している状態なら比較的安全だが、(制御が難しいので)基地から出しては駄目なのです。今のヒゲの隊長の妄動ですが平和ボケの極み。自分が恐ろしいことをしているとの自覚が無いのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
雨後のタケノコ...イチぬけた! (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
またブログの更新にずいぶんと間があいてしまいました。 大雨や、洪水、地震に噴火と、日本ではますます天変地異が激しくなっているようですが、ヤップ島でも今年は雨の多い8月9月になっています。 そんな雨に誘われたかのように... 雨後のタケノコ。ただしヤップ...