逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

陰謀論が嫌いな人の心理

2008年11月10日 | 9・11事件と情報操作

良識派ブログDendrodiumの11月2日(陰謀論が嫌いな人の心理)と11月4日(「陰謀論と断ずる事が如何して言論封殺になるのか」との抗議を受けて)の連載記事が面白い。
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-508.html
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-509.html

(概要抜粋)
先日来又しても、お玉さんのブログで、論争をやってしまいました。
私が引っかかったキーワードは「陰謀論は嫌いです」と言う言葉でした。

全く私利私欲の無い、国のため国民の為だけで政治をしている政治家であったとしても、まだ現れていない事態を想定して、手当てする事を要求されるのですから、
政治と言う仕事には、はかりごとはつきものであると思います。

そのはかりごとが、名目どおりに国民生活の充実の為とかスムーズな運営の為とかである場合は、何の問題も無いだけでなく、それは政治家のせねばならない重要な仕事の一つなのです。

政治の世界には陰謀はつき物です。

・・・単純に金銭的な私利私欲を満たしたり、
自分の政権を少しでも長く維持したかったり、長期政権を目指している政治家は、
そのための謀を凝らし、その謀についての本当の目的は国民に隠して、
国民の耳に心地よい事だけを言って騙したりして、・・・・

庶民が自分の国のこと、同胞の事を思って政治的な意見を出す以上は、
政治家に裏の意図(陰謀)が無いかどうかを考えると言う事は、とても重要な事だと私は思うのです。

当然せねばならない政治家の陰謀を疑う事を、陰謀論は嫌いだと決め付けると言う事は、政治家の陰謀を見抜くことを嫌うのと、同様の事ではないでしょうか?

或る人が或る政治家を疑っているのを見て、その意見の是非を問題にするのではなく、只陰謀論と決め付けて、「陰謀論は嫌いです」と言う人は、
庶民として、庶民のために政治を語っている人ではないと私には思えるのです。




『あまりに当然の指摘』

お玉さんのブログ内での読者との論争の話は面白いですね。
誰か(政治家)の企む何かの『陰謀』が嫌いなんでしょうか。? それで『陰謀論』も嫌いになったのでしょうか。?

それとも政治上の『陰謀』を誰かと議論する事が嫌いなんでしょうか。?
或いは『陰謀論』なるものを議論をする事が嫌いなんでしょうか。?

隠されたはかりごと自体が嫌いなら有る程度は理解できなくも無いが、はかりごと(陰謀)を論じる『陰謀論』が嫌いとは何たることか、理解に苦しむ。?
大小強弱取り混ぜて現実社会に無数に有る『陰謀』を議論する事が嫌いな人は、今現実に陰謀を企みつつある人たちにとっては、実に有り難い最大の援助者になるでしょうね。
それにしても陰謀が嫌いな人が何でよりによって政治ブログを書いたり、誰かと政治の話をしたり出来るのでしょうか。?
不思議中の不思議。

世界の外交とか政治とかは陰謀そのものですよ。
まったく謀(はかりごと)をしない政治家や外交官が、現実の政治や外交の世界で必ず成功すると思っているんでしょうか。?
現実世界は其の逆です。
政治家が自分の主義主張や信念を全て明らかにする社会は理想社会では有るでしょうが、しかし日本の保守政治家がみんな本当の事を言っていたら中山成彬元大臣の様にほとんどが辞職するが失職するか落選する羽目になりますね。
大人なら誰でも知っていることです。たぶん大人でなくとも、子供でも中学生以上なら誰でも知っている常識ですよ。
何故このような政治論議の中で『陰謀論は嫌いです』などの小学生程度の愚かしい話になるのでしょう。
たぶん政治や外交に嘘や隠蔽があってはいけない、全ての国家機密は主権者である国民に対して公開するべきであるとする理想論と現実の政治や外交を混同した結果、政治や外交には陰謀がないと誤解したのでしょう。



『新しく創られた言葉、陰謀論』

陰謀論という言葉は 昔はほとんど使っていなかった。
今まではユダヤ陰謀論なんていう風に、極々限定的に笑い話や居酒屋談義で使われるぐらいで政治論議で『陰謀論』なんてあやしげた言葉は普通のマトモな大人は使いません。
今のように頻繁に使われだしたのはごく最近の風潮です。しかもネット空間だけの現象でしょう。
今でも対面した討論なら『懐疑論』なら使えるが『陰謀論』なんて言葉は恥ずかしくて使えません。


10年ほど昔なら『政治謀略』とか『外交の隠蔽』とか謀略や隠蔽、違法行為なんかの言葉が使われていた。
ただこれ等の言葉は「何を」「誰が」「どの様に」行ったかを具体的に言わないと話にもなりませんが近頃ネット空間で大流行りの『陰謀論』ば何にも無しで使われている。




『論戦に負けた時の罵倒語』

『陰謀論』とは、論戦に負けたときに、或いは議論したくない時に相手を誹謗中傷する事だけが目的の口汚い、新しい『罵倒語』のたぐいでしょうね。

この言葉が頻繁に使われだしたのが21世紀に入ってからで多分2001年に起こった9・11事件と関連が有りそうです。
程度の差こそあれ、今では世界中の人達がブッシュ政権の公式発表を信じずに疑っている。
一番穏健な懐疑論の人は『アルカイダを甘く見すぎてテロが大成功。慌てたブッシュ政権が責任逃れの為の隠蔽工作をした』と思っている。
最過激派の意見は対テロ戦争(世界最終戦争)を引き起こす為の『ブッシュ政権の自作自演の空爆テロ』でしょう。




『穏健派懐疑論VS過激派懐疑論』

いまや世界中の人達がブッシュ政権による何らかの違法な隠蔽工作(陰謀)が有った事を知っている。
ところが穏健派懐疑論者の人たちは何故か最過激派の懐疑論者の主張する『ブッシュ政権の自作自演説』が気に障って仕方が無い。
たぶん自分自身(穏健派)の中に相手(過激派)が二重写しで見えるのでしょう。
自分が過激派懐疑論者と同じ様にブッシュ政権を密かに疑っている事を人々に知られたくないし、自分の考えを懐疑論とは思いたくない。
だからなんとも居心地が悪い。
そこで論争相手の過激派の主張を『陰謀論』と呼んで自分との違いを何としても強調したくなる。
馬鹿馬鹿しい話です。
どっちもどっち五十歩百歩。穏健か過激かは程度に差が有るだけで過激派懐疑論が『陰謀論』なら理論的には穏健派懐疑論も『陰謀論』になってしまう。
論争相手を安易に陰謀論と名指しする昨今のネット社会の風潮が正しいなら、程度の差は些細な違いにすぎず政府公式報告書をホンの少しでも疑った段階でみんな仲良く『陰謀論者』ですね。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中山成彬症候群の橋下徹大阪府知事 | トップ |  続、陰謀論の嫌いな人の心理 »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それこそが狙いかも (愚樵)
2008-11-10 19:27:02
わこさんのところの陰謀論談義、面白ですね。見逃してしまって、もったいないことをした。私も乱入したかった(笑)。

見逃したのは、私も実は「陰謀論」という言葉が出るだけで胡散臭く感じて、拒否感を抱いてしまうからですが...、わこさんはそこのところをズバリと突いています。

ところで。

>どっちもどっち五十歩百歩、穏健派も過激派もみんな仲良く『陰謀論者』ですよ。

これも陰謀論の類ですが、それこそが陰謀を企てる人の狙いなのかもしれません。すなわち、過激な陰謀論を流布して、また、同時に「陰謀論」という言葉を言論封殺語にして、穏健派懐疑論を封殺しようとする意図。味噌も糞も一緒くた作戦ですね。

考えすぎ?
陰謀論談義より個別問題 (散策)
2008-11-11 00:15:15
逝きし世の面影様
こんにちは。わこ様のところにもコメントさせていただいたのですが、陰謀論談義は、生産性が無く、個別問題に目を向けたい趣旨のコメントです。
ご存知のように私は、陰謀論と仮説の境界は主観だと思っています。いくらなんでも、それは無いだろうと思ったときに、「陰謀論」と言いたくなってしまうということです。ですが、陰謀論批判批判もまた論者を傷つけ、議論が続いた場合、生産性が無く、時間ばかりさくことになりかねません。単発の感想は、もちろん良いと思いますが、議論して拘泥していく実益は無いと思います。
さて、私の今関心のある個別案件は、「コーデックス」です。2008年10月15日、今年の年次改革要望書が発表されました。11月7日にアメリカ大使館ホームページに日本語訳がでました。私のブログに「超適当翻訳」というハンドルネームのかたがコメントをされ、今年の年次改革要望書は、コーデックス委員会について書かれているのが目新しいと書かれました。参照として「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」を貼ります。コメント欄も参照ください。
http://amesei.exblog.jp/8829454/
ビタミン剤やハーブの規制に関することのようなのですが、私も良くわかっていません。11月1日の日経新聞に「厚労省、健康食品に認証制度 第三者機関設置へ」という記事があり、これがその延長線にあるように感じたのですが、ブログで全然話題にならないので、わかりません。
また別件ですが、汚染米がらみで、麻生さんが、地方農政局廃止検討との報道がありました。No政などと言われますが、農水官僚を敵視することには、疑問を感じます。
以上、最近、私の関心ある個別案件でした。
Unknown (わこ)
2008-11-11 07:38:23
良識派ブログというお言葉と共に、私のブログの記事をご紹介頂き、身に余る光栄に存じます。
有難うございます。

さて、こんな事を書いて失礼千万なのですが、ちょっとだけ気になった所を、補足させていただきたいと思います。(逝きし世の面影さんが、誤解して書かれたのではないのは、分かっているのですが)
お玉さんのブログで、議論した相手は、お玉さんではなくて、其処にコメントをしていた人とでしたので、ご存じない方が思い違いなさったら、お玉さんに失礼になるかもしれないと気になりました。

失礼の段お許し下さい。
愚樵さん。コメント有難う御座います (ブログ主)
2008-11-11 13:53:20
若者では『陰謀論』が援助交際なんかと同じような極最近に作られた新造の流行語だと知らない人は多いみたいですよ。
困ったことです。
最初「援助交際」の言葉を「足長おじさん」の話かと思っていなんですが単なる少女売春じゃあないですか。
しかし言葉として昔の少女売春の方が援助交際なんかより実体を正確に表しているという意味で何倍も優れている。
言葉の劣化現象ですね。
その意味でも最近の『陰謀』は援助交際と同じ間違いを犯している。
巷で使われている「陰謀」と言う言葉も、つい最近までは「謀略」だった。
色々有るはかりごと(謀)の中でも、陰に隠れてみんなが知らないものを『陰謀』と呼んでいたんですよ。
ユダヤの話は陰謀で、張作霖爆殺のようにみんなが知っている事件事故は謀略と呼んで区別していた。
歴史書やマスコミに絶対に書かれる事がないユダヤの世界制服計画だのフリーメイスンだのテンプル騎士団だのみんなが知らないから陰謀なんですよ。

今のように9・11事件の様にみんなが知っている事件事故を陰謀と呼んだ段階で、其れこそインボウですよ。

『陰謀論』と言う言葉でブッシュ政権による空爆テロという過激な懐疑派を封殺するだけでなく、同時に「陰謀論」という言葉を言論封殺語にして、穏健派懐疑論を封殺しようとする意図は、十分に考えられます。

味噌も糞も一緒くたにした全ての非難的な言動を一掃する一石二鳥の作戦でしょうね。

陰謀論に限らず論戦とは、何かの共通点がなければ建設的にはならず低級な足の引っ張り合いとか言葉の揚げ足取り程度に終始します。
それで『陰謀論』を口にする相手に、9・11政府公式報告書は完全なものと考えているのか、それとも不完全なモノと考えているのか政府報告書には空白部分はないのかと何度も質問したんですね。
政府報告書を完全無欠なものと考えているなら、この人物はアメリカ教の信者で有り、其のような宗教信者との教義論争では何処まで行っても神学論争しか出来ないので論争自体が無意味です。
不完全と考えているなら、お互いの間には共通の土俵が有り実りある真面目な討論が戦える。
そう考えて何度も質問したが、この人たちは絶対に答えませんね。
自分が密かにアメリカ政府公式報告書を疑っている事を誰にも知られたくないんですよ。
自分が穏健派の懐疑論者であるという事実を死んでも認めたくないんですよ。
実に面白い現象です。
散策さん。コメント有難う御座います (ブログ主)
2008-11-11 14:33:45
『陰謀論』こそが陰謀の臭いがプンプンですよ。
陰謀論を9・11に限定するから判らなくなってくる。
もっと大きく全体像を考えるべきでしょ。
普通どんな謀略事件でも永田メールのような目くらましのニセ情報がばら撒かれるものです。
半世紀前に起こった日本の3大謀略事件三鷹松川下山事件でも有るはずの無いニセ証拠やニセ証言ニセ証人が山のように警察(アメリカ軍特務機関?)によって造られています。
一市民がこれ等の謀略を完全に解明出来るとするのは危険ですね。
そういう意味では>議論が続いた場合、生産性が無く、時間ばかりさくことになりかねません。<には有る程度は賛成です。
しかし『個別問題に目を向ける』事も大事ですが其の前に全体像の把握もそれ以上に大事ですね。

また仮説が誰かの主観で『陰謀論』になるとの説には賛成できません。
有り得ない仮説は、何処まで行っても単に間違った仮説(有り得ない仮説)にすぎず、突然陰謀論に変化(進化)する理論的な整合性が理解不能です。
間違った仮説が、有る日誰かの主観で陰謀論になるなら其れこそ誰かの陰謀ですよ。
仮説は主観とは全く関係なく、客観的事実によって定説なり原理、法則に昇格する事は有るでしょうが陰謀論には絶対になりません。

陰謀論論議を語りたくないとの、お考えのようですが、
『陰謀論』という言葉は、自衛隊のイラク派兵に関連して唐突に日本国内で語られだした『自己責任』と同じ種類の言葉ですよ。
あの時アメリカ軍のファルージャ掃討戦に運悪く巻き込まれた日本人ボランティア3人に対して、本来株取引等の投資家に用いられていた『自己責任』を罵倒語として産経や読売、政府関係者から『自作自演説』とセットで突然に使用されだした。
正に陰謀ですね。
この悪しき使用例は、大阪の橋下徹知事閣下によって私学補助削減を訴えた生活苦を訴えた高校生に『自己責任』と突っぱねるなどにエスカレートしていくわけです。
『陰謀論』という罵倒語は言論封殺の道具として政治的な思惑で『自己責任』と全く同じように其れこそ陰謀として造られた言葉ですよ。
この一連の言葉達を新造した犯人?とか動機とか経緯とか影響とかを考えることは十分に建設的で有るばかりでなく現代の日本を取り巻く世界を理解するうえで大きな手助けになる可能性が有ります。



近頃頻発する食品の農薬汚染の報道とアメリカの年次改革要望書との関連を示唆した時代のウェブログ「フカヨミ?」http://uesama.antena.ne.jp/archives/article/49279.html
が実に興味深い指摘で、以前に私も記事にし様と色々調べたんですが無理でした。
残念ながらコメントするだけの事実の確証がなかなか得られませんでした。
この「フカヨミ?」の記事は大事に保存しておいて事実を収集して何年後かに記事にしたいと思っています。
これについてはDendrodiumさんでも10月28日
「最大農薬基準値の改訂を迫られている日本」http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-504.html
が有り実に考えさせられる記事です
わこさん。コメント有難う御座います (ブログ主)
2008-11-11 15:38:34
確かにあの書き方では論争した相手がお玉さんとも解釈できます。
誤解のないように「ブログ内での読者との」を文章に付け加えておきました。
お玉さんのブログではネットウヨや水騒動を仕掛けた解同や其の他トンデモ連中悪党連中にも広く門戸を開けている。
ネット空間は不思議な世界で、普通は有り得ない人物達が平気で議論に割り込んでくる。
私もどんな不思議な理論の持ち主でも、議論したい人には門戸を開いている心算なんですが、議論したいのではなく他人の話を妨害するだけが目的の人物も大勢います。

何の論拠も示さず『陰謀論』なんて言いだす連中は基本的に議論自体が嫌いな思考停止状態の人ですね。
わこさん。
余り右翼ブログに記事をTBしないほうが良いと思います。理論的な話がしたい人物は始めから右翼なんてやっていませんよ。
左翼は理論、右翼は情念。もともと理論ではなく理念や感情情熱だけで判断しているから右翼ををやって居られる。
正しい理論が通じるなら右翼ではなく最初から左翼になっています。
三輪耀山氏のような札付きの御馬鹿な子供は相手にすべきでは有りません。
何かの真実を知りたいとか議論が好きなのではなく他人の発言を妨害したいだけの人物です。
オバマ政権の影響で日本の小沢政権が成立し日米安保解消から米軍の駐留の撤退になるとのアホ記事を書いていますよ。
小沢一郎を知らないのでしょう。愚樵空論に居ついたわくわく君と同じで、現実から遊離した脳内妄想世界の住人ですね。
わくわく君、株取引などの投資に課税するのは2重課税で違法との珍論を展開しています。
確かに一番最初の株式に投資されたカネは工場や機械設備に投資される実体経済になりますがそれ以後の株取引のカネは実体経済ではなく架空資本の利子生み資本への投機にしかなりません。
この人たちの理論は全てこの調子で、田母神のように極一部の特殊例を全てに適応して理論を組み立てるので全てが間違ってくる。
しかも信念の人なので他人の言い分は聞く耳を持ちません。
民主主義とは基本的に相容れない嘘つきの悪人で、悪党からなるべく距離を置く事を薦めます。
ブログを教えていただきありがとうございます (散策)
2008-11-12 00:41:37
逝きし世の面影様
「コーデックス」を取り上げているブログを教えていただきありがとうございました。わこ様も、書かれていたのですね。気がつきませんでした。先ほど地方農政局の廃止方針について、反対コメントを書いてきました。よくわかっていないのですが。
http://news.goo.ne.jp/hatake/20081111/kiji2641.html?type=all&sort=desc
Unknown (わこ)
2008-11-12 11:37:57
早速対応して下さり、有難うございました。
其れから、色々なご忠告を有難うございます。
それはきっと長年に亘る、政治とのかかわり(経験)からのお考えであろうと存じます。
私などは、本当に何も知らずに、年ばかり重ねてきていますので、きっと幼児を見られるような、危うさを感じて下さっているのだろうと拝察しています。

しかし年を重ねた幼児のような初心な気持ちと言うのも、使いようが有るのではないかと、自分自身では思っているのです。

ですから、同じ日本人である限り(戦争屋のエージェントは別として)、分かり合えるのではないかという立場で、今は反対の主張をしている人とも、ご縁が有れば出来るだけ、かかわっていきたいと思っているのです。

老練な軍産複合体のエージェントに騙されているだけの、純粋な若者も、大勢あると思うのです。
そういう純粋な若者を、みんな反対陣営に追いやってしまうとしたら、その若者にとっても、日本人みんなにとっても、残念な事ですので。

済みません、又逆らってしまいました。
でも逝きし世の面影さんのことは、大変頼りになる先輩だと思っていますので、嫌われたいからこんな事を言っているのではないことだけは、お分かりいただきたいと思っています。
子供を甘やかすと (ブログ主)
2008-11-12 14:06:20
ろくなことは有りません。
確かに、わこさんの様に子供の論理しかない相手であったとしても愛情を持って接することは大事な事で有るとは思っています。
ただ子供を甘やかすのは賛成できません。
矢張り我々大人が良いことと悪いことの違いを教えないで、誰が教えるんですか。
あれでは彼等の為に成りません。残念なことに善悪の区別が付いていないんですよ。

個人の責任において、言論の自由は保証されるべきですが、匿名のネット空間では何でも許されるではネット自体にも良く有りません。ニットの自殺行為ですよ。
矢張り自由の為には自ずと節度が必要に成って来る。
どのような発言であれ、現実に相手と向き合って顔を見ながらでも同じ事が発言できるのか。?
親子兄弟や親戚、あるいは友人達、近所の住人など自分を良く知っている人物の前でも同じ発言を貫けるのか。?
実名を明らかにしても同じ主張を貫けるのか。?駅頭に立って同じ主張が出来るのか。?
殺せ殺せと叫ぶ恥ずかしいネットウヨ達に一人でもそんな人物がいるでしょうか。たぶん殆んどのネットウヨたちは一般社会では礼儀正しい子供達で匿名社会だから無作法を働く。
私は日本の若者達の右傾化をそれ程心配していません。
アメリカの右傾化の原因がインチキ臭い9・11が原因で有る様に、日本の右傾化の原因はインチキ臭い北朝鮮問題報道が原因です。
9・11のインチキが半分程度明らかになった段階でチェンジが合言葉のオバマが大統領になったように、日本でも米朝合意から国交回復に進めば日本の政局も劇的に変化する筈です。
国会での参考人招致で田母神は胸に救う会の青バッチを着けて同じ救う会の青バッチをつけている麻生太郎と同じで有る事を印象付けし様としていた。
もうそろそろ救う会の実体が明らかになるでしょう。北朝鮮問題が解決すれば振り子の原理が働き右傾化した分、日本社会は反動で左に振れる筈です。

コメントを投稿

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
NO.693 所得の再分配機能と消費税・・・消費税は所得を「逆配分」する・・・税をどこからとるか? (大脇道場)
 昨日のエントリーで、ちょっと一般的には正しいが、よく考えると「消費税率引き上げは所得再分配機能を停止」なんてトンデモネーことを書...
虚業の後始末・・『緊急保証制度』 (関係性)
 9月の決算を終えて、経費や在庫の現状把握を基に次の素材仕入れの方向性を見ている中で、税理士との会議や銀行との打ち合わせが多くなっている。  税理士:社長、どう!  社長:ひどいね。本来ならというか今まで業界内での競争と異業種への進出で大きくし維持してき...
いったい医療はどうなっているのか。 (とむ丸の夢)
医療崩壊が叫ばれて久しい。  私の記憶では、たしか30年以上も前にも問題になりました。  でも、今の医療崩壊と呼ばれる状況は、当時のも...
いったい医療はどうなっているのか。 (とむ丸の夢)
医療崩壊が叫ばれて久しい。  私の記憶では、たしか30年以上も前にも問題になりました。  でも、今の医療崩壊と呼ばれる状況は、当時のも...
日本は何を選択するのか?・・考えない国民には変革は訪れない! (わんばらんす)
アメリカは・・・ 変革を選んだ。 それは・・・ 考え始めたから 出来たこと・・・ なのよね!?     いつも、ご訪問&応援をあり...
反戦・護憲論の行く手7 (反戦塾)
自衛隊員が元気になる専守防衛(その1) 「日本の国は良い国だった、と言ったら解任されてびっくりした」、その通りです田母神さん。ただ、「日本は滅亡寸前の国になるよ
田母神前空幕長問題ー背景・土壌には自民党改憲勢力/日本会議/歴史教科書/自衛隊内部の教育内容などー (未来を信じ、未来に生きる。)
政治の責任 極めて重大 田母神論文問題 市田書記局長が指摘 --------------------------------------------------------------------------------  日本共産党の市田忠義書記局長は十日、国会内で記者会見し、“日本は侵略国家ではなかった”とする「論文」を書いた自...
田母神前空幕長問題−志位委員長が会見/歴代政府の任命責任解明を/“言論のクーデター” 根本に何が− (未来を信じ、未来に生きる。)
歴代政府の任命責任解明を 前空幕長問題 志位委員長が会見 --------------------------------------------------------------------------------  日本共産党の志位和夫委員長は六日、「我が国が侵略国家だったというのは正に濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)」と主張する「論文」...