逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

トイレの無いマンションはゴミ屋敷だった

2011年03月23日 | 放射能と情報操作

『恐ろしすぎるゴミ屋敷』

今までは反原発の学者や市民団体は『原発』は完成された技術でな無くて『トイレの無いマンションである』と主張していたのですが、そんな生易しいものではない。
原発とは危険物で満杯のゴミ屋敷で、一度火がついたら誰も消せないトンデモナイ代物であったのです。
日本独自の特徴として、一箇所の接近した場所に沢山の原発を林立させる。
しかも、本来なら安全な場所で厳重に冷却しながら長期間管理するべき使用済み核燃料棒が無造作に原発の格納容器の直ぐそばの(冷却水喪失事故を考えていない)仮設の簡易プールに6基とも満杯状態で安易に溜め込んでいた。
何かもう。溜め息しか出てきませんが、何故これほどまでの恐ろしいことを平気で出来たのか。
不思議な気もしますが全ては『安全神話』に踊らされていたのです。嘘をついた本人自身が、自分のついた『原発は絶対に安心』の嘘に騙されたのでしょうか。

『放射能の何が一番恐ろしいのか』

23日、東日本大震災の被害でデータが集計されていない宮城、福島をのぞく各都道府県で22日に水道蛇口から採取した水道水の放射性物質(放射能)水準の集計結果で前日より4県多い12都県で放射能が検出された。
それにしても、わざわざ1日遅れで発表するとは。何故情報を即座に出さないのか。
これでは知らせたくない悪い情報を出し惜しみしていると悪意に勘繰られても仕方が無いでしょう。
3月11日から毎日少しずつ悪くなってる現状では即座の情報提供以外は、何かの情報操作の疑いがある。
東京都(新宿)の水道蛇口では水1キロ当たり放射性ヨウ素19ベクレル、放射性セシウム0・31ベクレルが検出された。
東京では、乳児の基準を超える210ベクレルのヨウ素が検出されている。
福島第一原発から200キロ以上離れた東京都の水道水でも安全基準値を超える数値が検出されたようで、乳児への飲料は不可と成りました。早急な妊婦や子供の疎開が必要なのかも知れません。
自然界のヨウ素は貴重な栄養として体内に取り込まれ蓄積される。
(アメリカ国務省は青森県から愛知県までの18の都県に住むアメリカ政府の職員と軍人とその家族に放射線の体内吸収を抑える安定ヨウ素剤を配布することを既に決定)
ヨウ素131は半減期が8日ですがセシウム137は30年です。
8週間たてばヨウ素131の放射能は128分の1になる。
ところが一番怖い怖い毒性が飛びぬけて強いプルトニウムの半減期は8.08×107 年で半永久的であるのですね。
だから政府や東電や消防や自衛隊は必死になってプルトニウムの混合燃料を使っている福島第一原発3号機を冷却している。
ところが何と、3月23日東電の深夜会見での話ですが、今までプルトニウムの計測をしてなかった。
『プルトニウム検出されてないから安心』というのは大間違いらしいのですよ。
ただこれは事実の確認が取れません。事実でない事を祈るばかりです。

『放射線は怖くない』

放射能の危険性ですが、これはマスコミで発表されているような平常値の何百倍などの放射線の瞬間値ではない。
どれ程高くても瞬間であれば、ほとんど(直ぐには)健康には問題は無いでしょう。
(東海村臨界事故では巨大な放射線量を一人2分の短時間作業で被曝量を減らした)
怖いのは短時間の瞬間値の高さではなくて、その人が一生涯に受ける放射線被曝の『総量』である積算値が大問題であるのです。
放射線量を一回限りのレントゲンなどと比較して論じる、今のマスコミ報道などは不真面目な態度で非科学的である。
毎時1マイクロシーベルトの極微量な数値でも年間での積算値では8760倍となり、通り過ぎる自衛隊員とは違い汚染地域に住んでいる一般住民にとっては、実は8760マイクロシーベルトの大きな被曝数値のことなのです。
自衛隊員ではなくて一番危険に曝されているのは市民です。
このように放射線量の過多は大問題ではあるが、実はこの数字も放射性物質に比べれば、それ程恐ろしくない。

『特に重大な難問題とは』

本当に恐ろしいのは放射線自体ではなくて(放射線を出す)放射性物質による体内被曝であるのですね。
体内に止まる限りは被曝し続けるので、これが一番恐ろしい。
放射線の性質上、この体内被曝では距離の2倍に反比例して強まるのです。(距離が半分なら4倍)
これが実は放射能の恐ろしいところです。
CTスキャンなどの放射線は、体内を瞬間的に通り過ぎるので少しも恐ろしくない。
今大騒ぎしているほうれん草など食物からなら、消化管からは吸収される量は少なく多くは排泄されるので、実はそれ程恐ろしく無い。(ただしヨウ素は体内に蓄積される)
ところがいくら値が小さくても放射性物質の微粒子なら大違いである。
微粒子を肺に吸い込むと体内に止まり、しかも距離の2倍に反比例するので1メートルの距離に比較すれば0・1ミリでは1万×1万で1億倍になる。
1ミクロンでは1兆倍もの強度になるので、とんでもなく恐ろしい。
放射性物質の体内被曝に比べればの話ですが、一回限りの放射線量はそれほど怖くない。
ところが、全面核戦争も想定して日頃から訓練していて、この浮遊放射性物質の驚異的な怖さを誰よりも良く知っているアメリカ海軍の原子力空母は恥じも外聞も憚らず、事故現場の福島第一原発から250キロ以上離れている横須賀基地から大慌てて逃げ出したのです。
『もしもの時』に何の役にも立たない米軍に、『もしもの時には助けてくれる』はずだと毎年毎年莫大な思いやり予算を払い続けている日本の考えは大間違いで、完璧な無駄遣いの見本だった。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体を張って頑張る消防、火事... | トップ | 福島原発放射性物質、試算で... »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『放射線は怖くない』 (はて)
2011-03-23 19:06:29
放射線を出す物質が放射性物質。
放射線は怖くない?
では何が恐いの(笑)
やはり福島でプルサーマルやMOXは禁句? (現田石)
2011-03-24 00:13:51
福島第1原発に関する新聞報道に興味があり、うちで購読している毎日新聞ここ10日ほどの分をさっきざっと見返して確認してみましたが、少なくとも見やすいところには、プルサーマルとかMOXというコトバは出ていないです。やはりなにか闇がありそうです。
それと、今回の記事中の「福島第一原発一号機」は「三号機」、「(放射線は)距離の2倍に反比例する」は「距離の自乗」と思われます。「距離の自乗に反比例」だとすると体内被曝は本当に恐ろしいですね。うまくまとまりませんが以上です。
笑い事では無いと思いますよ (宗純)
2011-03-24 09:00:34
はてさん、不謹慎ですよ。
記事を読んでからコメントは書くものであり、麻生太郎の真似をして『見出し』だけを読んで判断するなどは、脳みその程度が元首相程度であると看做される危険性がありますよ。
次回から携帯でのコメント投稿はお断りします。

何が怖いかは既に記事に書いてあるが、
放射線<放射線物質<放射線物質による体内被曝、の順番で恐ろしいと書いてあるのです。
世界最強のアメリカ軍が横須賀から大慌てで逃げ出した原因は、空気中に浮遊する放射性微粒子を肺に吸い込むことを極度に恐れたのですね。
またヨウ素131は半減期が8日ですがプルトニウムは2万4千年で危険性の持続には比較できないほどの違いがあります。
一番怖いのは、やはり3号機に使われていたMOX燃料のプルトニウムの微粒子を吸い込むことでしょうね。
何処にも無いプルトニウムのニュース (宗純)
2011-03-24 11:12:45
現田石さん、コメント有難う御座います。

大震災の発生から、丸一日間も福島第一など原発関連のニュースが報道されていない。
それと同じように、プルトニウム関連の話はマスコミでは未だに誰も行わない。
日本のマスコミではアリバイ作り的な極々少ない量で問題ともなっていない。新聞でもテレビでも粗ゼロですね。
プルサーマルとかMOXとかプルトニウム関連の話は日本のマスコミではタブーで絶対にアンタッチャブルなのです。
だから判っていても報道しないのでしょう。
冷戦崩壊以前の東欧とか旧ソ連などでは、自国のマスコミの行っている報道とは、実は政府のプロパガンダ(政治的な宣伝・広報)である事実をこれ等の市民達は全員が良く知っていたので、自国のマスコミ報道よりも、国外のBBCなど外国の報道機関のほうを信用していたのですね。
現在の日本ですが、ほとんど66年前の大本営発表に近く、原発事故が日々刻々と悪くなりつつあるにもかかわらず『安全だ』『大丈夫』を繰り返す。
嘘をつくにも休み休みにしてくれと言いたいですね。
規制値の10倍になっても100倍を超えても『直ちに健康への影響は無い』と言い張る政府は、今では信用度はゼロ。
確かに嘘はついていない。
政府の言うように(放射能被害の恐ろしいところは)『すぐには』健康に影響は無いところなのですよ。
10年ぐらい後から確実に効いてくる。
ですから嘘ではないが、『本当でもない』。これは悪質な印象操作の類です。
マスコミにプルトニウムの言葉が出ない理由は、『無いから』ではなくてその正反対である可能性が有る(高い)のです。
とうとう人一倍お人好しの政府を信頼しきっていた日本人も自国内の大事な悪い事柄は、自国内で探すのではなくて国外の報道機関を頼りにする時代に不幸にも突入したようです。
他に、もっと議論すべき問題がある (もえおじ)
2011-03-25 11:44:44
原子力発電所では、「ウラン235」という放射性物質を燃料として使用しています。 さらに、核分裂反応によって、「ヨウ素131」「セシウム137」「コバルト60」「プルトニウム239」などが生成されます。 今回の原発事故では、これらの放射性物質が飛散しているものと考えられますが、今回のような事故で本当に危険なのはウランやプルトニウムではなく、ヨウ素やセシウムの方なのです。

ヨウ素は184℃、セシウムは678℃で気体となるため、原発事故で放出されやすく、さらに、ヨウ素131は半減期が8.1日、セシウム137は30年と短い。 半減期が短かければ放射能が弱くなるのも早いですが、その分放射線量が多いということです。(ウラン235の半減期は7億年、プルトニウム239の半減期は2万4000年ですから、ヨウ素とセシウムの放射線量の方がいかに強いか解ります。) 人に影響があるのは、圧倒的にヨウ素やセシウムの方なのですから、政府がそちらの計測結果を発表するのは当たり前のことであり、プルトニウム(および、ウラン)の危険性を隠すためではないでしょう。

食料の放射能汚染については、セシウムは身体に入っても必要のない要素なのでいずれ排出されますが、ヨウ素は甲状腺ホルモンの原料となるので、甲状腺に集まってがんを引き起こす可能性があります。 ただ、日本ではヨウ素の食物摂取が多いので、発病の危険性は極めて低いと考えられます。 発病の可能性が高い乳児については、安定ヨウ素剤の予防服用で、ヨウ素131を余剰なヨウ素として排出できます。

放射能汚染濃度が低いので「安全である」と発表しているのであれば、ほうれん草などの出荷禁止は全く必要ありません。 混乱を招くだけです。 不安な消費者には、よく洗って食べるように指導すればよいことです。 行なう場合でも、乳児に対してのみ水道水や牛乳の摂取を制限すれば十分です。 ちなみに、ヨウ素は半減期が短かいので、40日間で放射能はほぼ消滅します。

今後、福島では、いずれセシウム137(および、ウラン235、プルトニウム239)などの土壌汚染が問題になります。 洗浄作業のために土壌の入れ替えが必要になるでしょう。 しかし、それよりも、誤った情報や認識が流布されて風評被害広まることはもっと厄介なことです。

かつて、チェルノブイリ原発事故の後に周りに生息しているネズミの遺伝子損傷に関して詳しい調査が行なわれたことがあります。 結果は驚くべきことに、DNA損傷はほとんど見つからなかったのです。(耐性があったのか?) また、もし微弱放射能でも健康に害があるのであれば、なぜラジウム温泉が健康によいとされているのか? おそらく、これような規制値程度(100~300ベクレル)の放射線は事実上無害だと考えられます。

自然な状態でも自然界には様々な放射線が存在し、誰でも毎日被爆して細胞が損傷しているのです。 それでも、通常はDNAの修復が行われて健康に過ごしています。 勿論、全員が絶対に健康であり続けられるかというと、そうではありませんが、これを問題視するのであれば、生活圏に存在する、カビ・細菌・ウイルス・化学物質すべてが『危険である』と宣言する必要があります(笑)。 それよりもっと重要なことを議論すべきです。


要するに、原発は国策であり、たとえ国民が安全性や経済性に不満であっても、原発廃止につながるような議論は統制管理されてきたのです。 そして、今回の事故が無事に収まれば、結局「原発の電力は必要」「今回の事故を教訓にして原発の点検・改善に励めば、将来の事故は防げる」という議論がなされる公算が高い。 そうなれば、高いツケを払ったにもかかわらず、事態は変わりません。 実際には、既に『原発は安全性の面でも経済性の面でも破綻している』という言い方が出来るはずですなのに、そのような議論はあまり聞こえてきません。

ただ万一、今回の事故の封じ込めに失敗して放射能汚染が拡大した場合には、原発は政治問題になって大幅な見直し(凍結)が行なわれる可能性はあります。(その場合には、汚染という大きな代償を払うことになる。)

原発をどうするかは科学ではなくて政治の問題です。 国民は原発是非の議論がまるでないことを気づくことで、この国の民主主義や政治がいかに未熟であり、官僚などの権力に支配されているかということを理解すべきです。
事実に基づかない、 (伯爵)
2011-03-25 12:48:56
陰謀論的な憶測は慎むべきです。(地震兵器Haarp の仕業だとか、馬鹿馬鹿しくて話になりません。)

今、一番気遣わなければいけないのは、健康が脅かされている被災者や、原発で放射線被爆の危険の中で作業している現場の方たちです。
伯爵さん、コメント有難う御座います (宗純)
2011-03-25 13:21:01
今回の投稿は何時もとは大違いで、主語や具体的な指摘が無く、何とも意味不明で、どの様にも解釈出来るあやふやっで曖昧、理解に苦しむ内容ですね。
ここに来て頂いている人で誰も、>(地震兵器Haarp の仕業だとか、馬鹿馬鹿しくて話になりません。)
的な話はしていない。
今、一番気遣わなければいけないのは何の情報も無く右往左往している圧倒的な数の多くの真面目な日本人ですよ。
もえおじさんも何度も指摘している様に、
政府や東電やマスコミが十分な量の情報を提供していないのですよ。
『被災者や、原発で放射線被爆の危険の中で作業している現場の方』は未だしも目が向けられている。
ところが普通の一般市民はほうりっ放しなのです。
特に酷いのは30キロの屋内退避の人々。この人たちは2週間も放置されたままです。
また数千万人の関東圏の住民早針危険性を何一つも聞かされること無く『安全だ』『安全だ』との念仏を聞かされ、不都合のニュースから遮断されて不安の余りパニック買いをしているのですよ。

このような意味不明の印象操作は実に不愉快です。次回も同じ水準なんら掲載しません。
もえおじさん、困りますね~え (宗純)
2011-03-25 13:29:08
もえおじさんご自身のコメントが大混乱ですよ。

沢山の危険な毒物と人類は共存して来たのです。ですから自然界にある有毒物にはある程度の対策が有るのですが未知の人類が作り出したPCBやDDTは防御対策が無いだけに恐ろしいのですね。
その意味で自然界には無いプルトニウムが恐ろしいのです。
これに対しての答えは私の返答の代わりに、もおじさんご自身の前回のコメントが適当でしょう。
ここに改めて掲載しておきます。

プルサーマルや使用済み核燃料処理の問題はパンドラの箱 (もえおじ)
2011-03-23 17:52:57
> 何かの大事な『事柄』が故意に隠蔽されている可能性が非情に高い

今回の原発事故では、(4号機の使用済み核燃料による)プルトニウム汚染の危険性について全く報道されていません。 これに言及すると、いずれプルサーマルや使用済み核燃料処理が問題になり、原子力委員会や原子力発電環境整備機構(略称:原環機構、NUMO)の存在理由が問われることになります。 現在、日本原燃が所有する核燃料の再処理工場である六ヶ所再処理工場は、1993年から2兆1,930億円(!)をかけて青森県上北郡六ヶ所村弥栄平地区に建設が進められており、試運転中です。 予定は 2010年10月竣工でしたが、2010年9月に最大で2年後まで竣工が延期されることになっています。 この再処理工場が万一事故にあえば、青森県は人が住めなくなるほど汚染される危険性があります。

原発の使用済み燃料には、プルトニウムと燃え残りのウランが含まれます。 これを再処理工場でガラス固化体にして高レベル放射性廃棄物にするのですが、放射能がきつく崩壊熱も高いので、再処理後30年から50年間一時貯蔵したのちに地層処分するとされています。 しかし、最終的な放射性廃棄物保管場に関しては地層処理場も含めて何も決っていません。(核分裂生成物の30年~50年減衰保管管理は経費がかかり、半減期の長い長寿命核種は数億年も管理できないので、高速増殖炉/加速器駆動未臨界炉で中性子を当てて核分裂させ半減期の短い物質に変えて燃やしてしまう処理方法が研究されています。) すべてが莫大な費用がかかり汚染危険もはらんでいるのですが、情報は意図的に国民に伏せられています。 つまり、官僚機構・政治家・お抱え学者・関連企業・報道機関が共同で巨大利権を守っているのでしょう。
チェルノブイリのネズミはあまりにも不真面目 (宗純)
2011-03-25 14:05:49
もえおじさん、それは何かの悪質な印象操作の類ですよ。

放射線被曝で恐れられていることは癌の発病ですが、大昔の人生50年の時代には癌などは珍しい病気だったのですよ。
当時の日本人にとっては癌などは例外的な話であり少しも恐ろしくなかったのです。
当時は死に病といえば、結核などの感染症や脚気であり、不治の病として日本人全員が恐ろしいと考えていたのです。
日本人が人生80年代になったので、それで癌が恐ろしくなった。
そして今では3人に2人が罹り、2人に1人が死ぬまでに増えている。
アスベストの危険性もこれと同じ。
むかしは石綿は絶対に安全な、一番問題の無い素晴らしいものであったのです。
船員だった義兄は81歳で中皮腫で死亡したが、船で一番恐ろしいのは実は水の上だが船上火災なのですね。
逆に海の上なので逃げる場所が無いので、それで船では一番火災を恐れる。
その為に優れた不燃材としてアスベストが大量に使用されたのですが、これが原因で義兄は死ぬことになる。
昔の人生50年時代なら有り得ない悲劇であるのです。
そして、ねずみの寿命は1年です。
これでは影響は決して出ない。
そして子供の甲状腺癌が問題となりだしたのは原発事故から5年後であったと言われています。
大人の場合では影響が出るのは何十年もたってからでしょう。
広島と長崎の原爆で二重被曝して大火傷をおいながら92歳まで生きた被爆者の話がBBCの娯楽番組で『世界一運の悪い男』として取り上げられたが、基本的に今のマスコミが強調するように『すぐには健康に影響が無い』ことが多いのです。
難しい事は解りませんが・・ (ぺい)
2011-03-26 03:12:08
このところニュースでは何処そこの野菜から規制値以上の放射能汚染が検出された、どこそこの水がどうだとか・・・。私のような頭の悪い者にはややこしい数値の話をされても何の事か理解できない。で、摂取しても人体には影響が無いとの政府の発表、これなら理解できる。
ではなぜ、人体に影響が無いのなら出荷停止にする必要が・・・?
政府は発表と行なっている事の辻褄が合っていない。頭の悪い私は混乱するばかりです。

コメントを投稿

放射能と情報操作」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

水のみ百姓が、水にビビってどうする。全部俺が飲んでやる! (岩下俊三のブログ)
ほうれん草はうまい!子供の頃から大好きだった。茹でたほうれん草に鰹節、いつも食卓にあった。ポパイは缶詰で食べていたが、日本ではお目にかからない。やっぱ、茹でて鰹節をふ ...
原発用語は原発擁護 (映画と出会う・世界が変わる)
「直ちに健康に影響はない」「数回摂取しても健康に影響はない」「大量に飲まなければ、心配する値ではない」「暫定基準値」なんというおかしな言い方か。そもそも乳児が飲むのがま...
規制値の10倍になっても100倍を超えても「直ちに健康への影響は無い」と言い張る政府の不見識 (JUNSKYblog2011)
2011年3月23日(水)  Asahi.com など各Webニュースによると、 一昨日のホウレンソウとカキナに続いて、 福島県産のホウレンソウや小松菜、キャベツ、ブロッコリーやカリフラワー、 茨城県産のパセリと原乳などから 暫定規制値を超える放射性物質が検出されたという。...
福島県産野菜から暫定基準値を超える放射性物質 (王様の耳はロバの耳)
最大164倍のセシウム検出 厚労省、福島県産野菜から(朝日新聞) - goo ニュース 今朝23日7時半前後に「おや地震かなと思う揺れを2-3度」感じました。TVを点けていましたのでその直前緊急地震速報で「福島浜通り」を震源地とする結構大きな地震(最大震度5)...
東京都の水道水からヨウ素 (王様の耳はロバの耳)
粉ミルク溶くのは控えて 妊婦は大丈夫 東京の水道水(朝日新聞) - goo ニュース 昨日23日午後東京都が金町浄水場の飲料水から「放射性ヨウ素が検出された」ので23区と多摩地区の5市を対象に「乳児に水道水を与えるのを控えるように」と呼びかけてから関係地区で乳....
必見! 大前研一氏の講演「福島原発事故の現状と今後」 (人類猫化計画)
■朝から激しい雨。 原発事故の収束の兆しは未だに見えず、計画停電の不確実さに怯える地方の町は きょうも閑散と冷え込んでいる。 ■それでも週が明けて、スーパーの棚にはお米や菓子パンが並ぶようになり...
反戦塾乗(11/3/21) (反戦塾)
非日常 大地震以来の「非日常」は依然として続いている。まず余震。このキーを叩いている瞬間にもゆれがあった。数えていないが、1日10回ではきかないだろう。震度3や
無計画放射能汚染対策。 (プールサイドの人魚姫)
 福島原発事故による影響がボディブローのようにじわじわと各地に拡散している。事故により放出された放射能推定量が国際評価尺度の大事故にあたる「レベル6」相当であることがわかり、米スリーマイル島原発事故を上回る規模になったが、事故の終息が依然不透明であり