逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

東京オリンピック今からでも返上すべき!8割

2017年08月06日 | スポーツ・文化
後に「何も考えない人たち」と呼ばれことになる、国辱的で浅ましいお馬鹿写真がこれ。
(安倍晋三の嘘ばかりが目立つが、3・11で猛烈な放射能が飯館村などを襲っていたことを隠蔽して大勢の一般市民を無意味に被曝された挙句、何カ月も経ってから、やっと福島第一原発がメルトダウンしていてレベル7の核事故だと民主党政権が認めた直後に東京オリンピック誘致を決めている)

日本の無責任体質を象徴する真っ赤な嘘
『フクシマは「アンダーコントロール」で、7月末から8月初めの日本は天気が安定し「スポーツに最適」とIOCを騙し2020年のオリンピック開催権を無理やり手にした国辱的な国家ぐるみの特種詐欺』

アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたIOC総会で、2020年東京オリンピック(開会式7月24日、閉会式は8月9日)が決まっているが、半世紀以上前の1964年の東京とは大違いで、いまや都市の過密化によるヒートアイランド現象は極限まで達していて、もしも猛暑の中で強行開催すれば フクシマの放射能汚染とは無関係に世界中から集まったアスリートや観客が熱中症でバタバタ倒れて大勢が死ぬことになるでしょう。まさに、狂気の沙汰でだる。
半世紀前の日本国ですが空調設備があるのは東京都でも高級百貨店程度の話であり、普通の職場とか家庭などの建物や電車とか自動車など交通機関では扇風機で夏の暑さをしのいでいた。(義務教育の当時の小中学校では扇風機すらなかった)現在クーラー無しの車や電車、職場や家庭など存在しない。(扇風機程度では酷暑による熱中症で命の危険性があるのである。空調設備が無い屋外のスポーツ大会ですが、まさに命がけのサバイバルゲームになるでしょう)



『本音が(無意識に)思わず出てしまった滝川クリステルの大失敗(合掌)』

150年前の欧米の新聞雑誌などの挿絵に登場するお辞儀する日本人は、頭を下げた時に手をだらりとぶら下げて描かれたという。
当時の知識人が間違った原因は、日本人が腰を曲げてお辞儀する風習を『事実』(経験)としては知らなかった。彼等は日本的挨拶のお辞儀を『情報』(知識)として良く知っていた(と思い込んだ)のです。
日本人が腰を曲げた時に手をぴったりと体に添えるとまでは知らないので、お辞儀の時にはラジオ体操のように肩から垂直に腕を垂らしていると勘違いしたのですね。
ハワイやニューヨーク、ロンドンなど日本人観光客が多い場所では少ないが、実は今でも世界では仏教徒は挨拶で合掌すると信じているので、イギリスなど欧州諸国でも相手が日本人だと分かると、礼儀正しく親切の心算で両手を合わして合掌してみせる例が良くある。
日本人は死人に対しては手を合わせるが、生きている人間に向かっては決して合掌しない。
相手の英国人は礼儀正しい心算なのですが、日本人にとっては逆に実に失礼なのです。
人間相手にも合掌するヒンズー教のインドとか上座部仏教の東南アジアなどと、神仏以外には合掌しない日本や中国の大乗仏教を混同しているのです。
ところが我々日本人でも偶には人に手を合わせる場合がある。命乞いとか、究極の謝罪として土下座と共に行われるのです。
これがオリンピック最終プレゼンで滝川クリステルが思わずやった『合掌』の正体であった。

『へらへら笑いながら手を合わせるな。このバカ者が』

日本人なら滝川クリステルの『お・も・て・な・し』のあとの合掌には違和感を持って当然でネット上では、『だから、合掌なんかしねえんだよ』『見てるこっちが恥ずかしくなるよな』『あの合掌は誰も止めなかったのかな』『あれが日本式かと勘違いされるよな』『おもてなしで合掌するとかやめろボケ』『どちらかというとお辞儀だよね 合掌して挨拶や御礼はしない』『外人的には合掌挨拶が日本人が公式に認める挨拶ってことになっちゃったんだな』『おもてなし 合掌ってなんか違う おもてなし お辞儀の方が日本らしい』との声が噴出。
滝川クリステルもネイティブな日本人以上に自分の大失敗は熟知しているのでマスコミで『お・も・て・な・し』の動作の再現を求められても、最後の合掌部分は絶対に人前では行わない。
失敗しないように何遍も何遍も事前に練習したのだろうが、本番では極度の緊張状態で思わず隠していた本心(羞恥心やら謝罪やら罪悪感やら)が無意識に動作に表れて、滝川クリステルは『お・も・て・な・し』の最後に合掌して仕舞ったのである。
オリンピック最終選考会での滝川クリステルの『合掌』の意味とは、フロイト心理学の無意識が動作に表れた大失敗でないとしたら、日本の田舎の選挙戦の最終盤では良くある一票欲しさに恥も外聞もかなぐり捨てて行う保守系候補の土下座の浅ましいパフォーマンスである。
何れであるかは不明だが、恥ずかしい事実に変わりはない。



2013年10月15日『山本太郎ひとり孤塁を守る』

山宣の愛称で親しまれた山本宣治は1929年3月5日、治安維持法改悪の緊急勅令に全国会議員中で山本宣治一人が反対するが、東京神田の宿舎に戻ったところを刺殺される。39歳の若さだった。
墓碑銘は大山郁夫が揮毫した『山宣ひとり孤塁を守る だが私は淋(さび)しくない 背後には大衆が支持してゐるから』。
山宣なきあと、浜口首相襲撃事件、血盟団事件、5.15事件など首相や蔵相、財界人が襲撃されるテロルの嵐が吹き荒れ、日本は満州事変から日中全面戦争、第二次世界大戦に突入して1945年に無条件降伏して滅亡する。
1929年の『山宣ひとり孤塁を守る』から1945年の8月15日の『玉音放送』まで日本はほぼ一直線。破滅の道を挙国一致、全員でまっしぐらに突き進んだ。

山宣のように全国会議員中で『山本太郎ひとりが反対』

2013年10月15日、衆参両院は2020年東京五輪成功決議に、722人の全国会議員中ただ1人、山本太郎参議院議員(当時38歳)だけが反対した。(衆議院は満場一致の賛成)
『元気な日本へ変革する大きなチャンスとして国民に夢と希望を与える』と、目の前の福島第一原発の惨状を完璧に無視する。
原発事故から9年後、小児甲状腺がん発症がピークになる2020年のオリンピック開催など悪い冗談である。『放射能でお・も・て・な・し』など、ブラックジョークにしても不真面目すぎて到底笑えない。
一字違いで大違い。『おもてなし』ではなくて、『ひとでなし』である。
原発に反対、オリンピックも誘致には反対しながら、IOC総会でのオリンピック招致成功後に賛成に転じた共産党社民党などが考えているらしい、『日本政府は五輪成功の為に福島原発を真面目に頑張るだろう』は机上の空論で、現実には成り立たない夢物語である。
日本にとっては原発とオリンピックは、一方が良いなら他方が悪くなるトレードオフの対立関係にあるのは誰の眼にも明らかな事実である。フクシマか、オリンピックか。どちらか一方の成功が、必ずもう一方の足を引っ張る。
オリンピックで全世界から大勢のアスリートや観光客を呼ぶ予定なら、フクシマの放射能汚染の情報隠蔽(大本営発表)は良くなる事はなく、今よりももっと悪化する。
(時系列的に見れば、オリンピック誘致は民主党政権がレベル7の核事故だと認めた直後であり、そもそも目的がスポーツとは無関係で未曾有のフクシマの核事故の隠蔽工作である可能性が一番高い)

『東京オリンピックでリスナー国民投票 8割のリスナーが「返上」を支持!』2017.6.17 土曜日 久米宏 ラジオなんですけど



TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。
スペシャルウィークの2017年6月17日(土)は「リスナー国民投票 東京オリンピック・パラリンピック、今からでも返上するべき?」というテーマでお送りしました。

2度目となる「リスナー国民投票」。今回は2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」をめぐり、「今からでも返上すべき」と考えるのか、それとも「このまま開催すべき」と考えるのか、リスナーのみなさんに投票で意思表明していただきました。

またTBSラジオでお馴染みのパーソナリティの方々にも、それぞれ「東京オリンピック」についてどのように考えているのか、伺いました。
お話を伺ったのは北村まあささん、荻上チキさん、有馬隼人さん、ジェーン・スーさん、玉袋筋太郎さん。それぞれのお考え、ぜひ、タイムフリーでお聴きください

常々「東京オリンピック」には反対を表明しているパーソナリティの番組…とはいえ、最終的に2000票を超える投票が集まる中、実に8割を超えるリスナーが「返上」への支持を表明するという結果となりました。また、年代が高くなるほど「返上」の割合が高まっていくという傾向も見えました。ご投票いただいたみなさん、ありがとうございます



東京オリンピック・パラリンピック、今からでも返上するべき?

《全体》
投票総数:2193票

返上すべき:83%

開催すべき:17%


77年前の1940年開催予定の東京オリンピックは自主的に開催権を返上している

『久米宏氏 日本人は“1億総オリンピック病”に蝕まれている』2017年7月31日 日刊ゲンダイ

メディアは24日に開幕まで3年を切ったと大ハシャギ。9条改憲も共謀罪も築地市場移転も東京五輪にかこつけ、押し通す。「そこのけそこのけオリンピックが通る」の狂騒劇に招致段階から反対し続けているのが、日本の放送史にその名を刻む元ニュースキャスターでフリーアナウンサーの久米宏氏。歯に衣着せぬ舌鋒の鋭さは健在だ。

  ――先月放送の「久米宏 ラジオなんですけど」(TBSラジオ)のリスナー国民投票には驚きました。2000票超のうち「今からでも東京オリンピック・パラリンピックは返上すべき」が83%に達しました。→https://www.tbsradio.jp/157179

 石原慎太郎さんが東京でやるって言った時から、僕は反対しているんで。リスナーの方々も僕に「忖度」して反対が多くなるとは思っていましたけど。予想以上でしたねえ。

  ――前回の東京五輪を経験した年齢層ほど「返上」の割合が多い。

 64年大会には意義があったと感じているのでしょう。開会式前夜はどしゃ降りで「明日はとんでもないことになるぞ」と思ったら、朝起きると、雲ひとつない快晴でね。この光景が非常に示唆に富んでいて。戦後20年足らずでオリンピックをやるなんて奇跡です。当時は日本人が自信を持ち、世界に復興をアピールできたけど、今回は何の意義があるのかと疑問に思っているのでしょう。

  ――都心では「レガシー」とか言って再開発がドンドン進んでいます。

 僕がオリンピックに反対する大きな理由は、これ以上、東京の一極集中は避けるべきと考えるからです。既にヒト、カネ、コンピューターが集まり過ぎ。オリンピックは日本中の財や富をさらに東京に集中させます。首都直下型地震が起きたら、日本の受けるダメージが甚大になる。

 ――直下型地震はいつ起きても不思議はない、と危ぶまれています。

 日本で開催するにしても東京だけは避けるべきなのに、ホント理解できません。

■酷暑の開催は非常識の極み

  ――この季節、東京はうだるような暑さが続いています。

 競技を行うには暑すぎます。台風も来るし。日本にとって最悪の季節に開催するのは、アメリカ3大ネットワークのごり押しをIOCが聞き入れているだけ。今からでもIOCに10月に変えてと懇願すべきです。

  ――アスリートファーストをうたいながら、選手には過酷な環境です。

 ウソばかりつきやがってって感じですよね。なぜ真夏開催でOKなのか。本当に聞きたいんです、組織委の森喜朗会長に。アンタは走らないからいいんだろ、バカなんじゃないのって。この季節の開催は非常識の極み。開催期間の前倒しは難しいけれど、3カ月ほどの後ろ倒しは、それほど無理な注文じゃないと思う。工事のスケジュールも楽になる。絶対に開会式は前回と同じ10月10日にすべき。それこそレガシーですよね。

――こうした不都合な真実を報じるメディアも少ない。朝日、読売、毎日、日経が東京五輪の公式スポンサー。いわば五輪応援団です。誘致の際の裏金疑惑などを追及できるのか疑問です。

 国際陸連の前会長の息子が、黒いカネを派手に使ったって、みんな気付いているんですけど。なんで追及しないのかねえ、あんな酷いスキャンダルを。

国家挙げてのメダル争いのバカさ加減

  ――幼少期からオリンピック嫌いだったそうですね。その理由もメダルのことばかり騒いでいるのが疑問だったとか。

(おもむろに分厚い資料を出し)間違ったことを言っちゃいけないと思ってオリンピック憲章をプリントアウトしました。第1章6項1に〈選手間の競争であり、国家間の競争ではない〉、第5章57項には〈IOCとOCOG(オリンピック組織委員会)は国ごとの世界ランキングを作成してはならない〉とある。

  ――どの国が何個メダルを取ったかの競争を禁じるようにしっかり明文化しているのですね。

 ところが、日本政府はもう東京五輪の目標メダル数を発表しているんです。(別の資料を取り出し)JOCの発表は「金メダル数世界3位以内」。選手強化本部長は「東京五輪を大成功に導く義務があり、それにはメダルの数が必要」と言っていますが、ハッキリ言ってオリンピック憲章違反。国がメダルの数を競っちゃいけないのに、3年も前からJOCがメダルの数を言い出す。こういうバカさ加減が、子供の頃から変だと思ったんでしょう。

 ――お子さんの頃から鋭かったんですね。

 しかも、メダルの色や数で競技団体が受け取る助成金まで上下する。差別ですよ、完全に。

■「今さら」ムードが国や組織を誤らせる

  ――普段から憲法を無視し、そのうえオリンピック憲章違反とはルール無用の政権ですが、丸川珠代五輪相も昨年ラジオのゲスト出演をドタキャンしましたね。

 出演交渉したら「喜んで行く」と言ったんですよ。久々に会うから楽しみに待っていたのに、政務がどうとか言ってね、1週間前にキャンセル。理解に苦しみます。

  ――反対の意見は聞きたくないという今の政権の姿を象徴しています。

 自分たちに非があるって分かっているんじゃないですか。プロセスがちっとも民主的じゃないですから。五輪開催について都民の声を一切聞かない。巨額の税金を使うのに、都民に意見を聞かずに開催していいのか。非常に疑問です。今からでも賛否を問う住民投票を行う価値はあります。

――多くの人々は「ここまで来たら」というムードです。

 それと「今さら反対してもしようがない」ね。その世論が先の大戦を引き起こしたことを皆、忘れているんですよ。「もう反対するには遅すぎる」という考え方は非常に危険です。日本人のその発想が、どれだけ道を誤らせてきたか。シャープや東芝も「今さら反対しても」のムードが社内に蔓延していたからだと思う。

  ――都民の声を聞くのはムダではない、と。

 90%が反対だったら、小池都知事も「やめた」って言いやすいでしょう。彼女はあまり五輪に賛成ではないとお見受けします。石原さんが決めたことだしね。五輪を返上すると、違約金が1000億円くらいかかるらしいけど、僕は安いと思う。それで許してくれるのなら、非常に有効なお金の使い道です。


  ――24年夏季五輪招致に乗り出した都市も住民の反対で次々断念し、残るはパリとロサンゼルスのみ。IOCも28年大会に手を挙げる都市が現れる保証はない、と2大会をパリとロスに振り分ける苦肉の策です。

世界は気付いたんですよ、五輪開催の無意味さを。ソウル大会以降、開催国の経済は皆、五輪後に大きく落ち込みました。リオも今酷い状況らしい。しょせん、オリンピックはゼネコンのお祭りですから。つまり利権の巣窟。一番危惧するのは、五輪後のことを真剣に考えている人が見当たらないこと。それこそ「オリオリ詐欺」で閉会式までのことしか誰も考えていない。国民が青ざめるのは祭りの後。いいんじゃないですか、詐欺に遭っている間は夢を見られますから。今は豊田商事の証券を持っている状況です。

  ――また古いですね。

 結局、日本人はスポーツが好きなワケじゃない。オリンピックが好きなだけなんですよ。ノーベル賞も同じ。科学とか文学とか平和が好きなんじゃない。あくまでノーベル賞が好きなんです。

  ――確かにオリンピックの時しか注目されない競技があります。

フェンシングとかね。カヌーもリオで日本人が初の銅メダルを獲得した途端に大騒ぎ。異常ですよ。日本人はカヌーが好きなんじゃない。オリンピックが好き。メダルが好きというビョーキです。

■最後まで反対だけどいついつ粛清されても……

  ――世間はオリンピックのことなら何でも許される雰囲気です。

 ラジオで「オリンピック病」の話をしたら、モンドセレクションも加えてくれって電話が来ました。いっそ立候補する都市がもう出ないなら、IOCもずっと東京に開催をお願いすればいい。一億総オリンピック病なら安心でしょう。IOC本部もアテネの銅像も全部、東京に移しちゃって。

  ――五輪反対を公言する数少ないメディア人として、向こう3年、反対を言い続けますか。


 何で誰も反対と言わないのか不思議なんですよ。そんなに皆、賛成なのかと。僕は開会式が終わっても反対と言うつもりですから。今からでも遅くないって。最後の1人になっても反対します。でもね、大新聞もオリンピックの味方、大広告代理店もあちら側、僕はいつ粛清されても不思議ではありません。

(聞き手=本紙・今泉恵孝)

▽くめ・ひろし 1944年、埼玉県生まれ。67年、早大政経学部卒業と同時にTBSに入社。79年に退社してフリーに。現在は、TBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」にレギュラー出演中。



(おまけ)

『五輪に冷めた韓国世論 慰安婦問題への関心は増大中』
2017年08月06日スプートニク日本

2018年平昌冬季五輪への韓国国内の関心が低い。一方、慰安婦問題への関心は高まっていると産経新聞が伝えた。
韓国メディアによると、文化体育観光省が7月末に発表した世論調査では、平昌五輪に関心があると答えた人は35.1%で、5月の前回調査から5.2ポイント減った。
さらに朝鮮日報の報道によると、五輪チケットの販売量が、今年2~6月の第1時販売期間で22万9000枚で、総販売目標量107万の21%に終わった。そのうえ、韓国国内販売分は5万2000枚と低い。
さらに、平昌冬季五輪組織委員会が集めるスポンサー・寄付後援金は、目標金額940億円に対して50億円足りていない。

産経新聞によると、一方で韓国の政治的関心は高まっており、朴槿恵前大統領大統領に対するデモ、それと連動して広まった日韓合意や慰安婦問題への不満がうかがえる。
釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像撤去に向けた行政側には世論の強い反発が起きた。さらに6月には、米ジョージア州ブルックヘブンで、米国では2例目となる慰安婦像が設置された。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「なぜ『優秀』な人が集まっ... | トップ | オスプレイ落ちて天下の秋を知る »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
滝川クリステル『ご愁傷様』 (ローレライ)
2017-08-06 16:02:45
滝川クリステル『ご愁傷様』な本音が出ちゃった。
久米宏 (私は黙らない)
2017-08-08 05:21:46
報ステに戻ってきて。

コメントを投稿

スポーツ・文化」カテゴリの最新記事