逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

歴史を忘れた民族に未来はない

2013年07月30日 | スポーツ・文化

『FIFA規定違反の赤っ恥応援合戦』

ソウルで28日行われたサッカー東アジア・カップ男子日韓戦で、韓国の応援団が日本の応援席に向け「歴史を忘却した民族に未来はない」との巨大な横断幕を掲げた。応援時の政治的な主張を禁じた国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反する疑いがある。
横断幕は横幅30~40メートル、縦数メートルで、黒字のハングルで書かれ、試合開始と同時に、韓国応援団が集まったスタンドの2階からつるされた。2013/07/28 【ソウル共同】

『旧日本軍の旭日旗vsテロリスト安重根の「日韓」泥仕合』

『歴史を忘れた』の巨大横断幕は試合開始からハーフタイムまで掲げられていたので大会主催者も掲載を承知していたと思われる。これ以外にも韓国側応援席には伊藤博文暗殺犯の安 重根の巨大な肖像画が掲げられていた。
対して日本側応援席では旧日本軍の軍旗である旭日旗が掲げられ、係員に制止される騒ぎが以前から続出していた。
旭日旗応援について、日本が第二次大戦で使った戦争犯罪の旗であり、前々から韓国では怒りの声が上がっている歴史的経緯がある。
また旭日旗の応援は以前から『応援での政治的主張』を禁じた国際サッカー連盟(FIFA)の規定違反に当たる可能性があるとして、FIFAから事前に旭日旗を『応援席に出させない方がいい』と日本サッカー協会に連絡があり、協会では、旗を見かけたらサポーターにしまうよう声をかけることを警備員に指示していたが、今回も旭日旗の応援が懲りずに繰り返されている。

『韓国人の大いなる勘違い』

プロイセンの鉄血宰相ビスマルクの言葉として有名な、『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』であるが、実はビスマルクが賢者の条件とした『歴史に学べ』はもっと奥が深く意味が広い。
賢者の『歴史に学ぶ』とは、(自分自身を含む世界中の)『他者の失敗経験』から学ぶことであった。
対して愚者の『経験に学ぶ』とは、『自分たちの失敗の歴史の積み重ね』(経験)から学ぶことである。
ビスマルクの言わんとした意味は、『自分(ドイツ)の手痛い失敗だけではなくて、他人(世界)の失敗にも学べ』だったのである。
しかるに我が日本では、直近の自分自身の失敗体験さえも、『自虐史観である』と否定して済ましている。
『学ぶ』どころか、その存在自体さえ頭から否定するという凄まじさ。
日本の場合には『愚者』のレベルにも達していない幼児が、何かの間違いで政治を語っている。幼稚で恐ろしい勘違いである。
今回の韓国サポーターが掲げた巨大な横断幕は根本的な勘違いであり、正しくは『自分の経験さえ忘れた民族に未来がない』である。
このバカモンが。日本人をなめるな。
日本は根本となる次元自体が別で、そもそも常識的な世界基準とは出発点が違っているのである。
『歴史』を忘れるどころか、320万人の日本人の尊い命で購った『経験』さえ終われば即座に水に流して忘れるのである。
終わった過去(経験)どころか、2年半前に発生し現在も進行中の福島第一原発事故さえ大多数は忘れている。世界屈指の地震列島に54基もの原発をばら撒いた無責任極まる自民党が大勝利しているのが日本なのですよ。
如何だ。!参ったか。
日本人の大部分は、自分にとって都合の悪いことは『現在』さえ完全否定するのである。
ましてや68年も前の敗戦や100年も前の植民地支配など過去の手痛い失敗(経験)など夢のまた夢。
『歴史』も『経験』もひっくるめ、『終わった事』がまったく頭の中に無いのは当然過ぎる話である。

『歴史も経験も無視、何と現状も無視して』

マレーシアで行われたTPP交渉会初参加の日本政府のレセプションで『土産』として各国の参加者に鶴岡公二首席交渉官の発案で東日本大震災で被害を受けた岩手県や福島県の日本酒が配られ『概ね好評で、ほとんどの方に持ち帰ってもらった』と胸を張る。
日本人が米国人からマグナム拳銃を贈られたようなもので、議長国マレーシアなどのイスラム教徒の出席者は酒は持ち帰れない。ありがた迷惑以上の不見識の極みである。
この日本国の大恥の不祥事を悪びれることなく説明している日本人外交官のスーツの襟には安倍晋三とか野田佳彦などの『救う会』の青バッジとセットになっている、五輪東京招致のバッジが付けられていた。
外交どころではなく、もう無茶苦茶。恥じも外聞も何も無い唯我独尊状態である。
ほんの少しでも2020年に東京でオリンピックが行われる可能性があると信じているのだろうか。
福島第一原発事故から9年目の2020年の、恐ろしい意味を日本人なら誰一人も知らない筈が無いのである。

『1964年の東京オリンピック開催の意味』

東京オリンピックの開催日ですが、国鉄時代の1964年(昭和39年)10月1日に東京と神戸間に初めての新幹線が開通した9日後の10月10日のことであった。(オリンピックの10月開催は珍しい)
世界に先駆けた高速鉄道(新幹線)に比べたら日本の自動車業界は大きく遅れていて、日本初の高速道路である名神高速道路が部分開通したのが1963年。東名と接続して東海道が全線開通したのは東京オリンピック開催から5年後の1969年だった。
自由貿易を標榜するGATT(関税及び貿易に関する一般協定)では、12条で経済力の弱い国の自由貿易の制限を認めている。(1955年GATT加盟時の日本は12条適用)
五輪開催の前年の1963年に日本は11条(自由貿易)国へ移行、開催半年前の1964年4月にはIMF(国際通貨基金)8条国に移行している。
国際的な貿易ルールの基本であるGATT11条とIMF8条に日本が復帰したことと、1994年10月の東京オリンピック開催は完全に連動していたのである。

『2020年、恐怖の未来』

無知蒙昧の猪瀬直樹都知事は2020年オリンピック招致で『イスラム諸国で・・・互いにけんかばかりしている』と誹謗したことをマスコミに報じられ世界的な顰蹙をかっている。
それは公人が口に出しては駄目な世界衆知のタブーであるばかりか、IOCの行動規範第14条に抵触するので絶対に駄目。
しかも、最初は口から出まかせの三百代言橋下徹を真似て、御丁寧にも『マスコミの誤報である』と言い張った。
ニューヨークタイムズから『証拠のテープ』の存在を突きつけられ、やっと自分の発言を全面的に認めて謝罪するという『恥じ上塗り』。
謝るなら最初から素直に謝れ。
この嘘つきの幼児以下の大馬鹿者が。
招致を目指す2020年とは、原発事故から9年目であり放射能被害のピークが予想される恐るべき年なのですよ。
今後の放射能汚染の成り行きしだいでは日本国の首都が京都市などへ、150年ぶりに今の東京以外に遷都している可能性さえ十分にある。
2020年オリンピックの東京開催など狂気の沙汰である。愚かどころか頭が完全に狂っているとしか思えない。

『上村春樹会長ら責任者が責任をとらない全日本柔道連盟』

自分の勝ちに拘った勝負師(相撲界唯一のアスリート)の朝青龍を『品格が無い』と追放した談合社会の大相撲は、以後人気が低迷し危機的状況なのです。
よくも抜けぬけと自分たちのことを棚にあげ、朝青龍の『品格』云々が恥ずかしげも無く口で出来たのものだ。
『お前が言うな!』
日本の国技と言えばリンチ殺人と八百長相撲と薬物汚染で有名な大相撲であるが、お家芸といえば日本が発祥の地である柔道であろう。
今『柔道』が連続する不祥事で大揺れである。
何と毎日新聞は7月29日、『これは最後通告だ。』との剣呑な言葉で始まる『全日本柔道連盟 最後通告と受け止めよ』との社説を書いている。
記事がスポーツ欄なら分からないでも無いが、新聞社の顔でもある一番大事な意味を持つ『社説』なのですよ。
全日本柔道連盟に対し、内閣府の委員会は8月末の期限付で、組織の解体的出直しを求める勧告を行って、公益財団法人の認定取り消し処置まで示唆している。
女子代表選手への暴力やパワハラやセクハラ問題、強化助成金の私的流用(公金横領)が認定され絶体絶命に追い込まれた。
上村春樹会長らは助成金約6000万円の返還と全柔連会長職辞任すると決めるが、辞任時期は最後通牒の期限である8月末まで最大限引き伸ばす。
しかも柔道の家元的組織であり公益財団法人でもある講道館トップの講道館館長には留まり続けると明言している。
轟々たる非難をさらりと受け流すしぶとさ、恥知らずな鉄面皮ぶりには呆れ返る。
政府やマスコミが最大限の非難をしているのですよ。普通なら、これだけ強力な圧力には誰一人も耐えられないでしょう。
上村会長の、誰にも真似が出来ない二枚腰のしぶとさは流石に世界に名だたる柔道家だけはあると感心する。

『無差別殺人よりも危険な日本の柔道』

しかし日本の柔道で問題なのは政府やマスコミが大きく取り上げる暴力でもセクハラでも公金横領でも無い。
当事者にとっては大問題だが、それらは何れも些細な如何でもよい事柄である。
子供達の『命』が危ない。
去年4月から学校教育の体育での『武術必修化』が現場の声を無視して強行され、うち学校現場の8割では『柔道』が採用されているのですよ。
英仏米など外国での『ジュウドウ』は死亡例がゼロだが、対照的に我が日本国の柔道では29年間で学校だけで百十八人の中高生が死亡して、他のスポーツのクラブ活動を遥かに凌駕している。
毎年毎年途切れることなく、大事な子供達が年間4人も死んでいるのですよ。
しかも全柔連など関係者は長年何の対策もとらず傍観しているのですから、これではスポーツ事故ではなく『殺された』と見ても、それ程間違っていないだろう。
この間に2001年に起きた附属池田小事件のように外部の不審者による死亡事件は3分の1以下の三十数人にとどまってる。
子供達にとって一番の危険は、外から入ってくる部外者ではなく身内である。
最も危険で最悪なのは学校内部の『柔道』の顧問やコーチであったのである。
外部の犯罪を未然に防ぐのは至難の業であるが、それでも部外者に対しては学校側の対策は色々と考えられているのですが、身内の犯罪である柔道の場合は何の対策も取られていないのが現状である。
柔道指導中の事故死ですが、今までは事故を起こした個々の学校関係者だけの問題とされ、全国的に対策が取られてこなかったことが大きく影響している。
上村春樹会長らの全日本柔道連盟や、全柔連を含めた柔道の家元的組織である講道館の責任は到底免れないでしょう。
破壊的カルト宗教であるオウム真理教の何倍もの被害者が出ているのですよ。首謀者の上村らには子供達の死に対して辞任する程度では済まない重い責任がある。



関連記事
ブラッシングボールと武道、必修化の危険性
2012年02月19日 | スポーツ・文化
原発事故から9年後の日本、2020年の真実
2013年07月07日 | 政治
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二千人に一人が小児甲状腺癌を発... | トップ | ちょび髭のヒトラーそっくりのち... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
愚か度極まる日出ずる処の国 (海坊主)
2013-07-29 23:16:50
美しき愚か者の国、日本ですね。その愚か度といったら近隣諸国はおろか宗主国もビックリでしょう。鶴岡主席交渉官のお土産は被爆地産の日本酒というのですから、配慮が足らないどころか正常な感覚ではないと言わざるを得ません。

今、日本国民はマトリックスに絶賛アクセス中なのでしょう。もはや夢幻の中に逃避するしか残されている道はありません。「現在」を否定してしまった国家にその先の「未来」などある訳が有りませんから。

さらなる愚者 (農婦)
2013-07-30 09:46:45
昨日所用で南三陸町に行ったら安倍晋三が今視察にくるという。すでに宮城の海は放射能汚染の被害で苦しんでいるはず。港町南三陸町もご多分にもれず困っているはずなのに,大歓迎の様子。私の隣に住んでいる元薬剤師でさえ,握手した事を自慢げに喜んで私に報告。私の車には「原発反対 !」のマグネットが四方に貼られているのですから私が反自民党である事ぐらい解りそうなのに、田舎では知識のある人たちでさえ自民党万歳なのです。小野寺五典の選挙演説でヤジを飛ばしたら、わが町のバカ達は私を突き飛ばす有様。町長は、昨日のfbで安倍晋三に感謝感謝とにこやか。女川原発から20キロ圏内の漁港なのに情けない。南三陸町で栽培されている椎茸は出荷停止、金華山沖のタラは出荷停止。かまぼこ屋さん困ってるのに。原発推進の安倍晋三が歓迎されるとは。
かんながらのみち (宗純)
2013-07-30 15:31:27
海坊主さん、コメント有難う御座います。

「日本文化における時間と空間」加藤周一
2013年06月23日 | 文化・歴史
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/28d14142157fc73bec08215e377cee06
の記事で、
時間が過去から現在、現在から未来に一直線に流れる単純構造の世界基準ではなくて、
日本は、過去も未来も、すべてが今現在の時間軸『いま』の延長線上にある。
過去も未来も『現在』から独立していなくて、すべてが『いま』の概念の中に収斂する。
『いま』を優先して、過去は水に流し、将来は風まかせ
だと書いたのですが、
今までの日本人には、これはぴったりと当て嵌まるのですが、現状はもっと深刻です。
日本人にとって過去も未来も大事でなく無視して済ましても何ら問題は起き無いのですが、過去や未来と共に現在(いま)も無視する凄まじさ。
これはもう駄目ですね。
日本独特の『かんながらのみち』とは、
すべての物事を『ありのままに、そのまま受け入れる』なのですよ。
今の政府とかマスコミとかの態度ですが、日本の伝統である『かんながらのみち』の正反対の、
一切の不都合な現実に目を瞑ると言う、見ざる言わざる聞かざるの、三ザル主義である。映画マトリックス風の脳内妄想の世界ですね。
通りがけ氏へ (宗純)
2013-07-30 15:38:58
此処はブログのコメント欄であり、何でも書いてよい伝言板では有りません。
記事と無関係な書き込みは御遠慮下さい。
また、当ブログには良好なブログ環境の維持とコメント管理の必要性から、名前やタイトルの無いコメントは不掲載とするローカルルールがあり、通りすがりとか日本人の一人のような個人を特定していないHNは、無記名と看做して掲載しません。
本当に通りすがりなら立ち止まらず、速やかに通り過ぎてください。
歴史を忘れるどころか (宗純)
2013-07-30 16:44:35
農婦さん、コメント有難う御座います。

今回のサッカー東アジア・カップ男子日韓戦での韓国人サポーターですが、『歴史を忘却した民族に未来はない』など日本人を知らなさ過ぎる。
そもそも日本人は過去などに拘る民族ではない。。
『過去は水に流し、将来は風まかせ』で最初から考えない。
日本独自の『いま・ここ』主義なのですよ。
ところが、日本独自の『いま・ここ』主義が観念的な国粋主義と合体した結果、もっとグロテスクな、過去も未来も無視し、
現状(いま)さえも無視するのですから、言葉を失う。
この人たちは何を考えているのでしょか。
『いま』を正しく認識し様とする姿勢が完璧に消失しているさまは、悲劇を通り越して究極の喜劇ですね。
過去を忘れるどころか、
現在を忘れた民族には、未来などあるはずも無く、夢物語である。
国学の本居宣長の見つけた『かんながらのみち』ではなくて、仏教的無常観の、
『いまという  いまなる時はなかりけり  「ま」の時来れば  「い」の時は去る』
なのでしょうか、
それにしても愚かであり辻褄が合いません。
Unknown (こだま)
2013-08-21 09:21:03
何だかんだヘリクツつけて日本を叩きたいだけでしょ
だからネトウヨと呼ばれる (和泉)
2013-08-21 10:28:11
原発メルトダウン、消費税などのデタラメ税制、
棚上げや小渕書簡無視の尖閣での政府擁護
の一体どこがヘリクツなのやら。

まさに過去から学べない格好のサンプルですね。
お花畑の住民たち (宗純)
2013-08-21 17:07:07
日本ですが、余りに長く平和が続きすぎて戦争の恐ろしさも、飢餓の苦しさも何も知らない平和なお花畑の能天気な人ばかりなのです。
ネットウョですが、何でこんなに暢気なのでしょうか。日本が破滅の瀬戸際にいるとの危機感がゼロ。
命あってのものだねで、名誉もクソもない。『渇しても盗泉の水を飲まず』といえるのは余裕があるからで命が危ないなら泥水どころか小便でも贅沢を言わずありがたく飲むべきなのです。
今の日本ですが、最後の最後瀬戸際まで追い詰められているが、多くの人がその事実に気が付かない。目の前の破滅が目にはいらないのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
異常気象の世界 (Dendrodium)
今日は朝から雨。 気温も一転して低くなり、肌寒いくらい。 真夏にこんな涼しい日があると、ちょっと一息入れられる感じで有り難い。 しかし昨今日本でも、異常な豪雨の被害が続いている。 昨日は山口県...
ベクレ海水浴 (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
マングローブにおおわれた海岸の村の子供たちが砂浜の海岸にやって来ると、ざぶざぶ海に駆けこむもの、ざくざく砂を掘り始めるもの、まるでツーリストのようなはしゃぎぶり^^ 100平方キロしかない小さな島でも、場所によって地形や地質がかなり違うので、できる作物や...