逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

体罰とイジメとシゴキ、体育会と戸塚ヨットスクールと相撲部屋

2013年01月24日 | スポーツ・文化

『体罰とスポーツと、人が死ぬ理由』

大阪市立桜宮高校バスケット部の主将がクラブ顧問から体罰をうけた直後に自殺する事件が発生。体育科の入試中止問題にまで発展している。
今回少しは反省している風を装う体罰肯定派の橋下徹やヤンキー先生義家弘介などは何故か全員が右翼的言動を行うし、戸塚ヨットスクールの体罰を天まで持ち上げるのは欧米主要紙にまで右翼のゴロツキと名指しされる石原慎太郎である。
体罰と右翼には明確な関連性があるようですが、ただ今回の高校生の自殺とは無関係ではないが直接の関連性は薄いでしょう。
肉体的苦痛ぐらいで本物のアスリートは自殺などはしない。
そもそも『スポーツ』とは肉体的苦痛を必ず伴う行為ですよ。
苦痛が少しも無いスポーツなど有りません。らくで楽しいだけなら、それはレクリエーション程度でありスポーツ競技では無いのです。
通常なら耐えられない肉体的苦痛をあえて耐えることでランナーズハイのような、痛みと共に一種の快感が生まれる。
そもそも近代スポーツの起源は18世紀産業革命期の英国での、賭博や暴力と紙一重の流血を伴う危険で苦しいブラッディスポーツなのです。
内包する野蛮な暴力性をルールで緩和(抑制)することで、今のような健全なスポーツが成立したが日本では今だに近代以前の悪しきDNA(暴力)を理性で押さえることが出来ないでいるのでしょうか。

『肉体的苦痛ぐらいで自殺などはしない』

この明確な事実を、今回の事件で体罰賛成派も反対派も完璧に失念しています。
自殺したバスケット部主将ですが、発奮を期待してかも知れないが顧問から体罰を受ける度に主将を辞めるように言われていたらしい。
本人も主将を辞めるかどうか迷って顧問に相談したが、『主将をやめるなら二軍行き』との二者択一を迫られる。
これはもう無茶苦茶。
これでは到底耐えられない。
高校は地元でも有名な進学校なのですが、インターハイ出場チームの主将なら確実に有名私立大に推薦入学が望めるが、二軍選手では絶対に無理です。
肉体的苦痛ぐらいで自殺しないが、人としての尊厳を奪われ人格を無視されては多感な思春期の青少年では耐えられなかったのでしょう。
なんとも腹立たしい悲惨な話である。
特に部のトップである主将としては、他の部員全員の前で叩かれるのは男のプライドが一番傷つく。
『面子が潰れる』『顔が立たない』などの言葉があるように人の顔は自尊心などの象徴的な意味がある。
大事な顔面を無防備に晒させておいて、平手で張るというのは、相手に屈辱と無力感を与えることを最大の目的としている精神的な虐待行為である。

『勝利至上主義と成果主義』

体罰を避けようとに顔をかばう人としての自然な回避行為は絶対に許されないのです。
日頃の苦しい鍛錬で肉体は鍛えられる。
しかし、逆に心は精神的虐待に対しては弱く無力である。徐々に少しずつ壊れていって最後に決定的な破局を迎える。
野蛮で無意味な体罰の横行ですが、スポーツ界全般に蔓延る目先の1勝に極端にこだわる悪しき勝利至上主義がよんだ、当然の結果でしょう。
特に高校スポーツはトーナメント(勝ち抜き)方式が多い分、余計に『1敗も許されない』との完璧主義、勝利至上主義が生まれる下地がある。
人間としての個々の選手の成長過程は長い時間的スパンでないと分からないが、スポーツの勝敗の結果は誰にでもすぐに分かる。
ところが今回の桜宮高校のような有名スポーツ強豪校では監督コーチなど指導者側には『結果を出す』成果主義が、当然のように求められるのです。
長い目で選手の成長を促すのではなくて、手っ取り早く成果を出そうと焦れば当然体罰が横行することになる。
結果をよく考えもせず未熟な『高校生の競技』を安易に全国放送している現状は危険である。ましてや高校野球などによく見かけられる、解説者などが未完成の選手を天まで持ち上げるマスコミの行為は悪質である。
TVなど映像メディアは、発展途上段階の高校生に今回の自殺のような過剰なストレスを与える危険性を正しく認識しているとは到底思えない。

『旧日本軍の悪しき伝統』

目先の勝利に拘る悪しき勝利至上主義と言えば、旧日本軍などの軍隊に勝るものはない。
上官や古参兵による新兵に対するリンチ紛いの体罰(私的制裁)は旧日本軍の伝統的な訓練方法だったのですから、徴兵された兵士はたまったものではない。
訓練に関する体罰もあったが、体罰で最も激しく恐ろしかったのは旧軍特有の『員数合わせ』だった。
軍隊とは自己完結型の組織で、頭のてっぺんから爪先まで全てが官給品で、武器や軍装だけではなく靴下から何から全てを用意してくれるのですが、旧日本軍では『消耗する』ことを計算に入れていなかったようです。
結果的に員数が合わなくなるが、其れが軍隊としての日本軍は絶対に許されない『重大な悪事』とみなしていた。
其の結果が凄まじい体罰(リンチ)となるので、『紛失』の恐ろしさを知っている兵士達は仕方なく同僚の日本兵から盗むが、盗まれた兵士は次の兵士から盗む。
一度盗みが始まると誰かが死ぬほど体罰を受けるまで果てしなくこの恐怖の椅子とりゲームは続く訳です。
当時の日本軍の全ての兵士は、この『不幸の手紙』か『ババ抜き』のような愚かな実りない行為(永久運動)に全神経を傾けていたのですが、はたから見れば実に馬鹿馬鹿しい。
装備が消耗するのは当たり前で、兵士を厳しく罰すれば無くなる種類のものではない。
考えてみれば不思議な話です。
この原因の一つが日本軍が『軍隊と言う名前の官僚組織』であったためではないでしょうか。?

『員数と要領』

硬直した官僚組織では『形式』(前例)と『員数あわせ』は何ものにも勝る最大の価値感になる。
そして旧日本軍とはまさに究極の官僚組織であったのでしょう。
日本軍のこの不思議な悪弊『員数あわせの泥棒ごっこ』の事実は兵士でなくとも少し前なら有る程度年齢が上の世代では誰でも知っていた。
それにしても不思議ですね。
昔の戦争映画なら必ず描かれる兵士の有り触れた日常風景なのですが、今の戦艦大和などでは描かれていなかったしアメリカ映画のイーストウッド監督の硫黄島でも描かれたいなかったのです。
あまり名誉な歴史ではないので戦争責任などと一緒に『無かったこと』にされているのでしょうか。
健忘症か歴史修正主義であり、困ったことです。
旧日本軍では、軍隊内で結果的に泥棒が推奨されていた。
服装、装備など官給品の管理は厳格で紛失は厳しく追及される。
盗まれたことは理由にならず、『おそれおおくも天皇陛下からご下賜いただいた○○の数が足りないとはなにごとだ』と徹底的に体罰を受けるので紛失を知ったらすぐ同僚のものを盗んで『員数』を合わせるが、これを『要領』と呼ぶ。
体罰逃れの『員数』合わせの『要領』(泥棒)は日本軍の常識だったのです。

『人格を破壊する体罰と、憲法9条の精神』

日露戦争時の与謝野晶子の『 君死にたまふことなかれ』ではないが、子供に対してどこの親も『人を殺せ』とは絶対に教えない。
例外なく『人を傷つけるな』(殺すな)と教えるのです。
殺人は人類にとっての最大のタブーであり、『徴兵されたから』『戦争だから』と、いくら理由付けしても普通の『人』は『人殺し』が出来ない。
戦場で敵兵に向かっ銃を発砲できる人は10人中1〜2人程度の少なさで、それ以外の普通の常識や理性を持っている一般市民の兵士では戦場でもわざと銃口を空に向けたり逸らして『殺さない』ように発砲しているのですが、これに気が付いたアメリカの軍人がいた。
この発砲率を改善すれば同じ兵力で10倍近い戦力になる。
アメリカ軍は日常的に殺人訓練(洗脳)することで、『人を殺すな』との人類最大のタブーを克服して仕舞う。
第二次世界大戦時は他国と同じだったが朝鮮戦争当時には50%をこす高率、ベトナム戦争当時には90%を遥かに超える驚異的高率に発砲率を高めたが、何ごとも良いことだけではない。アメリカではトンデモナイ後遺症が起きてしまった。
非人道的訓練で全員が映画ランボーのような優秀すぎる兵士になった、ところが戦場からアメリカ国内に帰ってきても映画のランボーの筋書きと同じで、軍の洗脳教育が解消されず国内の治安が極度に悪化する。社会復帰が出来ないのです。
少し考えれば、これは当たり前である。
現在は一般米軍ではベトナム戦争当時のような極端な洗脳教育(マインドコントロール)は行われていませんが其れでも他国の倍の二十数%の発砲率の高さで、これが原因して国内で無差別の銃乱射事件が多発する。
銃規制に反対する全米ライフル協会(National Rifle Association)の『銃が人を殺すのではなく、人が人を殺すのだ』ですが、アメリカより銃所持率が高いカナダの例を見れば間違いではなく、NRAの言い分の方が正しい。
銃による無差別殺人の多発は銃規制の有無の問題ではない。
戦争を肯定するアメリカ人の精神が、根本的に病んでいることが大問題なのです。
旧日本軍の極端な体罰の蔓延ですが個人的でも偶発的でも無く、体罰の横行自体が組織的、意識的なものであった。
体罰は、米軍が新兵に対して行った日常的な殺人訓練(洗脳)で人類の最大のタブーを克服したことと、まったく同じ意味と効果を持っていたのです。
それなら日の丸君が代の強制や憲法9条改正、『日本軍は悪くなかった』と主張する石原慎太郎など右翼が全員例外なく体罰肯定なのは偶然の一致ではない。
憲法9条敵視と体罰の間には密接すぎる相関性があり、『体罰大好き』発言の橋下徹や義家弘介、石原慎太郎など右翼の理論的帰着である。
日本的な右翼思想と体罰の親和性は、何の不思議も無く当然だったのである。
 
『報復されないから体罰が起きる?』復讐するは我にあり

名門の大阪市立高校における体罰によるバスケット部主将の自殺問題に関して、元巨人軍投手で大阪出身の桑田真澄が、体罰は『指導者の力量不足が原因している』、『彼我の力関係が一方的である』『体罰をしても報復されないからだ』との3点を強調。
監督コーチの力量不足が体罰の原因であることは野村克也など多数の指導者も指摘しているが、桑田真澄が主張する『報復されないからだ』は誰も主張していない。
唯一桑田真澄だけですね。他と意見が違うのは。
年長の野村克也とは違い、若い桑田真澄は時間が経過していない分、自分の少年時代の体罰を正確に覚えているのですしょう。
高校1年で常勝PL学園でエースになるくらいの素晴らしい素質があった桑田選手でも、少年時代は毎日体罰を受けていたのですね。
少年たちにとって大人の監督コーチの力は絶対であり、選手には抗う力が少しも無いのですよ。
だからいくら禁止しても体罰が横行する。

『選手に体罰があり、責任が重い指導者に体罰がない』

体罰問題に対して『指導者の力不足』や『彼我の力関係が一方的である』は他と同じ一般的な考えで正しくはあるが枝葉末節、些細な話である。
間違いではないが、体罰の本質からは遠い。
勝利至上主義で、選手は些細なミスでも厳しい体罰がある。
ところが勝利至上主義の自己矛盾としてもっと問題な、重大な指導や采配でのミスでは当該責任者に対して体罰が一切無い。
体罰肯定論の石原慎太郎などがいうように体罰が本当に勝利に有効であるなら、ミスをした選手への体罰よりも、ミスをした監督コーチに対して体罰が行われて当然である。
ところが、『下』の弱い立場の者に対してだけ体罰があり、責任が重い『上』の強い者(指導者)に対しては一切体罰が行われない。
桑田真澄の他とは全く違うユニークな、『采配ミスで試合に負けても監督コーチが体罰を受ける事はない。体罰の横行は、仕返しが無いからだ』(安全だからだ)は実に的確で核心部分である。
いくら体罰をしても『相手から報復されない』。
教育現場での体罰やイジメやシゴキなど関連するだけではなく、他のすべての暴力問題での一番大事な本質を突いた素晴らしい指摘である。

『体罰肯定の橋下徹の公務員いじめの理由』

『指導力不足』や『力関係が一方的』は重要な発生要件(条件設定)であるが、これだけでは決して体罰は発生しない。絶対に起きないのですよ。
彼我の力関係が一方的で『報復されない』から、体罰を行うことが可能なのです。
この彼我の力関係の不平等とは、学校における生徒間のイジメにも共通する問題で、多数対少数の圧倒的な『力の不平等』の関係で陰湿ないじめ問題が発生している。
決して自分たちは相手から報復されない。(安全・安心)だからイジメが段々エスカレートしてしまうのです。
体罰といじめは日本の場合は同じカテゴリーの問題ですね。
教員など公務員イジメが大好きな橋下徹ですが、これも同じ理由で自分がいじめる対象から報復されないから行えるのです。
幾らいじめても公務員が少しも抵抗しないから好き放題、やり放題となるのは必然である。
日本も先進国並みの公務員のスト権など基本的権利を認めれば、この問題は簡単に解決する。

『18歳参政権で高校の体罰は劇的に少なくなる』

いじめ自殺が起きて大津市長が涙の謝罪会見を開いているが、より学校側に責任がある体罰自殺が起きた大阪市の橋下徹市長は謝るどころか、無責任にもすべての責任を教育委員会や学校に転化して、入試の中止を強制、廃部とか廃校で恫喝し一番の被害者である子供たちを罰しようとしている。
言語道断の無責任で厚かましい態度である。
学校の体罰禁止でも実は解決は簡単で、直接の当事者である子供たちに対して『基本的人権を認める』ことに尽きるでしょう。
体罰をなくす観点からも、今後は日本国も世界の常識である18歳(高校3年生)での参政権は是非とも必要である。
相手が子供(未成年)だと思うのと、参政権がある大人(成人)だと考えるかでコーチも選手も双方共に対応は違ってくる。
大人には、子供にはない権利と義務が生じるのは当然であろう。
体罰といえば悪名高い旧日本軍でも、海軍は陸軍ほどでは無かったのですが理由は『報復が怖いから』だったらしいですよ。
荒れた海で船から落ちれば到底助からないが、もともと海の男は気が荒い。一方的にやられ放題では済まさないのです。
これは外国でも同じで、陸兵の反乱の例は少ないが海軍の水兵の場合は昔から艦長など上官の扱いが悪いと反乱を起こすのです。
日露戦争直後の1905年に起きたロシア戦艦ポチョムキンの反乱や1918年のドイツキール軍港の水兵の反乱は有名。
昔からどこの軍隊も水兵の反抗には手を焼いていて、アメリカ海兵隊など陸兵を海軍軍艦に乗せるもともとの目的(海兵隊の役目)とは水兵の反乱防止や鎮圧用だったらしい。

『しごきで人が死ぬ日本の後進性』

『指導力不足』や『力関係が一方的(アンバランス)』の条件下、『報復されない』から体罰は発生する。
体罰と瓜二つで良く似たものに日本独自の教育方針である『しごき』がある。
『シゴキ』を売り物にして客を集めて何人も殺した私設少年院である戸塚ヨットスクールは論外であるが、昔昔の敗戦前は私的制裁で有名な旧日本軍のしごきの話は有名すぎるぐらい有名だった。
敗戦後の民主化で体罰やシゴキは劇的に減少したが一部には残り、何十年か昔はしごきで死んだといえば大学山岳部の話だった。(他のスポーツ部とは逆に、旧制大学山岳部ではしごきは無かった)
最近では時津風部屋リンチ殺人事件のような相撲部屋でのシゴキが問題となっている。
これらの死亡例の共通点は、
(1)死ぬのが一番弱い新人であること。
(2)組織の拘束時間が24時間であること。
(3)組織が『美しい伝統』とか『輝かしい歴史』とか、やたらと『歴史』や『伝統』を強調するところ。
などの同じような傾向があるようです。
(1)は、先輩(コーチ)の力量不足を如実に物語っている。
(2)は、やはり逃げ場が無かったことが最悪の結果を招いている。
(3)は、そもそも、その組織が主張している美しい伝統や輝かしい歴史に、根本的に問題がある可能性が在る。
絆(共同体)文化の日本社会の持つ、近代以前の後進性こそが『しごき』が未だに一部で根強く残っている原因なのでしょう。



関連記事
ブラッシングボールと武道、必修化の危険性
2012年02月19日 | スポーツ・文化
大相撲名古屋場所の廃止
2010年07月09日 | スポーツ・文化
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョセフ・ナイ教授の心配事 | トップ | 地獄の門(パンドラの箱)を開い... »

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぼくらの七日間戦争が発刊された頃と、何にも変わってない日本の教育現場 (壊れ甕)
2013-01-22 18:41:38
「酒井君、君もわかっているだろうが、うちも三年前までは、都内でも有名な非行中学だった。
校内暴力、シンナー、登校拒否、不純異性交遊……。
悪と名のつくもので、ないものはなかった」

「そのひどい学校を、曲がりなりにも都内有数の模範校にしたノウハウは何かと、よく聞かれるんだが、そういうときは、信念を持って厳しくしつけることだと言うようにしてるんだ。
そんなことは、教育者ならだれでもわかっとるが、実際にはうまくいかん。
なぜだと思うかね? 」

「みんなうまくいかんのは、子どもを人間と思っとるからだ。
奴らは動物と思えばいいんだ。
犬や馬を調教するように、鞭で仕込めば必ず上手くゆく。
これが秘伝だ。
君たちもよく頭に入れておきたまえ」

このセリフは宗田理氏のジュブナイル小説「ぼくらの七日間戦争」での悪党教師である榎本校長のセリフなのですが、今回の体罰事件のバスケット部顧問の教師も、榎本と同じことを考えていたのではないかと思います。

この「ぼくらの七日間戦争」ですが、作中で酒井敦という教師が生徒に体罰を日常的に行っていたという記述があるのですが、その体罰の内容があまりにも酷い。
口の中に汚れた雑巾を入れて噛ませたり、乳首をつねったり、柱にしがみつかせて落ちてきたらバットで殴りつけたりと、悪逆非道のオンパレード。
親達から苦情が来れば、榎本がPTA会長とグルになって、体罰の事実をもみ消す始末。
さらに榎本は、上記のようなセリフを言っておきながら、選挙の不正に参加するという有様。

それが原因で子供達は榎本や酒井をはじめとした大人達に反乱を起こすというストーリーになっているのですがこの本が発刊されたのが1985年で、この小説が世に現れてから20数年経っても、現実でこのような体罰が行われていたのかと思うと、溜息をつきたくなります。

そもそも現在は昔のような「徹底的に鍛えまくれば肉体も精神も成長する」なんていうスポ根ものみたいな根性論が通用しない時代になっているし、どのように鍛えれば良いのかが科学で証明されている時代になっているのだから、体罰やしごきなどやっても、生徒達の成長に繋がらないということを、教育関係者は知るべきだと思います。
「巨人の星」や「スクールウォーズ」、「GTO」が持て囃されていた時代とは違うんです。

「ぼくらの七日間戦争」では榎本と酒井は別の学校へ異動となるという末路を遂げましたが、今回の体罰事件の顧問の教師には、懲戒免職か解雇処分を下さないと、納得がいきません。
人は理不尽に能く耐えない (くまごろう)
2013-01-22 22:53:05
罰というものは、殆ど教育的な効果はないでしょう。
悪いことをして、それが悪かったと十分納得した上、詰まり教育がなされた後に行われるのであれば、それは周囲にも当人にも贖罪の意味になるが、それがなされなければ単に被害者の応報感情を満たす意味しかなくなる。
そういう贖罪であれば、大抵の人間は生半な苦痛ではものともしない。しかし理不尽な暴力を強いられれば、容易に自分を責め自殺にさえ至ります。

信頼関係の上の体罰なら有効という意見もありますが、信頼関係が築けていればそれこそ教育に暴力など不要な訳で、もし仮に体罰が有効であったとすれば、それは教育以前の躾けができていない段階だったというだけでしょう。現実的に中学や高校生にもなって、暴力などで躾けができるなんてことは考え難いですから、それこそ多大な能力と労力を要する教育でなければならない筈です。
夫は犬と思えばいい (宗純)
2013-01-24 14:15:15
くまごろうさん、コメント有り難う御座います。

簑島高校の尾藤公監督は、大切に育てた農作物が自分の思いどうりに育たないからと踏みつけたりする農家は一人もいないと、体罰の不当性を説明していますが至言ですね。
全くその通りです。
そもそも日本の教育は君子の学問である儒教の影響があったので体罰は無かった。
日本の教育が体罰で汚されるのは明治以降の軍国主義の影響であることは間違いないでしょう。
敗戦以後は随分と体罰は少なくなったが、今でもスポーツ界では横行しているのですが、これは安易な勝利至上主義であるとか、指導者の能力不足が大きく影響している。
大学山岳部のシゴキによる死者までが出る戦後とは違い、
アルピニズムは貴族のスポーツなので敗戦までは逆に旧制大学では他のスポーツとは違い山岳部だけは体罰が無かった。
ところが敗戦後に四年制大学に移行したら山岳部が一番体罰が問題になりだすが、これは上級生の経験不足、実力のなさを暴力で穴埋めした結果です。
圧倒的な力量差があれば、体罰などは無用であるばかりか、邪魔にしかなりません。
山で力がない新人が死ぬのは大間違いであり、かりに山岳遭難が起きても普通なら経験や力量があるリーダーがメンバーを守ろうと無理をする為に犠牲になる確率が高まる。
その意味でも力のない順番で死んだトムラウシ山の大量遭難や片山右京の従業員の死亡は、無茶苦茶なのです。
強いものだけが生き残る弱肉強食の野蛮で残酷なサバンナの掟ですね。
到底山岳遭難とは呼べないレベルで、無理を重ねた挙句の労災事故ですね。
記事にも書いたが、どうも皆さんスポーツの本来持つ危険性や恐ろしい本質を知らないで話をしていますね。
体罰程度の肉体的苦痛などは何でもない。
その程度で死ぬようなアスリートは一人もいないが、今回のバスケット部主将の自殺のように、精神的虐待には案外脆いのですよ。
高濱 正伸の『夫は犬だと思えばいい』ではないが、男はプライドで生きているのです。
今回の自殺だけではなくて、殺人事件でも金銭トラブルは案外少なく、動機の8〜9割は体面を潰されたとか面子が立たないなど『男のプライド』が関係しているのです。
教育とは本来聖職ではなくて醜業である (宗純)
2013-01-24 14:27:58
壊れ甕さん、コメント有り難う御座います。

そもそもが教育などというものは本来美しい仕事(聖職)ではなくてギリシャ神話で英雄ヘラクレスに退治される山賊のプロクルステスと同じ事をしているのですよ。
このプロクルステスは普段は宿屋を営んでおり、餌食になった哀れな旅人を自分の鉄の寝台に無理やり寝かせて、旅人の身長を寝台の長さに合わせて切り落としたり、短ければ引き伸ばしたりして『正しい規格に合うよう』にするのですが、想像するだけでもおぞましい行為です。
この無理やり色々違いがある生身の人間を、自分が理想とする『正しい規格に合うよう』修正するいう極悪なプロクルステスの寝台とは、まさに長年の自民党政府、文部科学省の教育方針ですね。
教育者は本来自分たちが人として許されない恐ろしいことをしているかも知れないのだとの、冷静な謙虚さが是非とも必要でしょう。
自分を見つめる冷静さがあれば、今回のような無用な体罰が起きる余裕は有りません。
元凶は天皇制と薩長の田舎893連中 (薩長から政治屋ゴロは出すな!!)
2013-01-24 19:30:51
はじめまして。
さて、早速ですがやはりなんといっても元凶は戦前のイカレポンチ連中(薩長のアホーども、笑)が行った天皇の名の下の大義名分で(貴様らは天皇の、盾になれ!!)という悪しき慣習からきているのでは。とくに明治に大日本武徳会という如何にもなの天皇の兵隊を養成する学校があったのもそのひとつです。だから自分は鹿児島や山口の人間に対してあまりいい印象を持ちません。もし反論するなら、自分の故郷(クニ)の先人連中が如何に天皇の大儀目分のために酷い事をやってきたかを考えるべきだ!!
明治維新ではなくて、王政復古だったスローガン (宗純)
2013-01-25 16:23:44
薩長から政治屋ゴロは出すな!!さん、はじめまして。

明治維新ですが、『明治維新』と人々に言われだしたのは、当たり前ですが政変後の、明治期の話でありこれは市民革命では無かったのですよ。
メインスローガンのそもそもが、革命の意味はなく最初から王政復古や回天だったんですよ。
明治維新と呼ぶから今の人々が日本の歴史を勘違いするのです。
王政復古であると解釈すると色々な事が分かりやすい。
そして薩摩や長州ですが男尊女卑の日本国でも一番保守的な遅れた地域だったし、その中でも王政復古の中心となった下級士族とは一番頑迷な遅れた連中だったのが日本の不幸の始まりです。
高杉晋作の組織した農民などの奇兵隊などが先進的との誤解があるが、これば反射炉などで有名な幕臣だった韮山代官の江川太郎左衛門の農兵のパクリ。勝海舟など都会人が新政府を担ったなら日本の民主主義はアメリカに敗戦後に押し付けられることなく独自に発展していた可能性が高い。
天皇制ですが大義名分として薩長が利用しただけで、天誅組の首領で明治天皇のおじに当たる中山忠光卿を暗殺したの尊王攘夷のスローガンの長州ですよ。
早すぎた悲劇、天誅組と中山忠光
2009年08月17日 | 社会・歴史
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/73111017bb79cdf271c1d5ecdf6ac2fd
アーネストサトウの日記によれば幕府と姻戚関係にある光明天皇を暗殺したのも薩長に近い岩倉具視らしい。
王政復古とは言うが、およそ尊王とは縁遠い正反対の危険な連中ですね。
お久しぶりです〜。 (平行連晶)
2013-01-27 08:46:58
>彼我の力関係が一方的で『報復されない』から、体罰を行うことが可能なのです

最近、本田靖春のルポを幾つか拾い読みする機会がありました。
その中に70年代、中東でプラント建設に携わっていた日本企業の社員についてのエピソードがありましてね。
イラン・イラクに赴任して現地人を指揮しプラントを建設する人たち。中でも現場で仕切る土木・建設の監督は、いわゆる職人、技能者です。

こういう職人・技能者たちは現地人に言葉で諄々と作業の手際を説いたり注意するより先に、まず手が飛ぶ。自身も現場でそう「躾けられて」きたのでしょう。
早い話が体罰です。日本でそうしてきたように、序列が下の作業者に体罰を用いた。

しかし、彼らはじきに体罰を止めることになる。
なぜか。

現地人たちは体罰に対して、暴力で反撃してきたからです。現場で監督役の日本人の職人にはたかれたら、高額な重機を故意に河に転落させてお陀仏にする。解雇しようとすれば集団で猛抗議する。
同じく日本人の職人に殴られたら、反撃して腕をへし折ってしまう。倍の暴力でもって返礼してくる。

日本企業は予想だにしなかった現地人作業者からの反撃に震え上がって、現場での体罰を固く禁止したそうです。

体罰が体罰として機能するのは、序列が上位者と下位者の間で共有され、特に下位者に服従の意思があるときに限られるということですね。

>教育とは本来聖職ではなくて醜業である

これは、至言ですね。
承前 (平行連晶)
2013-01-27 09:31:41
暴力で報復といっても、たとえば自殺した体育科の生徒の場合、スポーツ推薦ということで自身の在校条件と将来を共に質草として取られているわけで、暴力に訴えて逆襲するわけにもいかなかったでしょう。
高校時代体罰を忍従して卒業、更にスポーツ推薦で入学するであろう有名私大の体育会で数年間コーチと上級生からの体罰に忍従した者が、その忍従を買われて商社・証券などの企業に「兵隊」として迎え入れられる。

自殺せずにレールに乗っていたらいたで、10代のほとんどを体罰(と称する暴力)に全身浸かったまま過ごすわけです。これで正気でいろと言う方が無理ですわ。

戦後最強のステゴロと呼ばれた花形敬も、少年時代は学業優秀・スポーツ万能のいわゆる「神童」だったのが、士官学校に優先的に進学できる中学(旧制)に通うようになってから、そこが校長の思想により苛烈な軍事教練と体罰の横行する校風だったために「力がすべて」と考えるようになったようです。

しかも大戦末期の「学徒動員」により通わされた東芝工場で上長の工員たちから常習的に理不尽な体罰に曝されました(ただし、規格外の強さを誇った花形は工員たちを片端から叩きのめしていたそうですが)。

序列を背景にした体罰と称する暴力に対して、これに隷従した花形の同期生達の多くは大企業の重役・上級職に就きました。
体罰に対して力で抗した花形は、表社会の序列からこぼれてアウトローになるしかなかった。
体罰は結局のところ、彼を力を恃む者に仕上げただけだった。

これでは、教育は「力なきものは屈服せよ・征服したくば力ある者たれ」と調教する手段でしかないといわざるを得ませんね。
スポーツ推薦 (マトリックス)
2013-01-27 12:27:43
漫画『スラムダンク』でも、たしか安西先生が鬼コーチで大学の監督をしていた時に、身体の故障か回復不能のスランプで悩み抜いた学生が自殺したのをきっかけに、鋭い観察力を持って高校のバスケ部の学生に細かく的確な指導をする方針のコーチになったという設定であったのを思い出しました。

体罰が有効に作用するのは、指導者が高潔な人間で学生の立場を理解している場合で、バスケが生きがいの学生に高校3年生で二軍になれ(イコール、大学のスポーツ推薦の可能性もゼロに)というのは、最悪の事態を招く可能性があるのを体罰をしていた教師はどう思っていたのか?

スポーツ推薦という仕組みが、教育において百害あって一利なしだと思いました。
Unknown (ミンスとイグック)
2013-01-28 22:13:02
> そもそも近代スポーツの起源は18世紀産業革命期の英国での、
> 賭博や暴力と紙一重の流血を伴う危険で苦しいブラッディスポーツなのです。

こいつのソースは、松井良明の「近代スポーツの誕生」(講談社現代新書)ですか?
玉木正之あたりがとなえるアンチョコなスポーツ=エンジョイ思想を振りかざすよりは、事の本質に踏み込めそうですね。
日本体育大学卒の体罰教師 (宗純)
2013-01-29 11:12:50
マトリックスさん、コメント有り難うございます。

『采配ミスで試合に負けても監督コーチが体罰を受ける事はない。
体罰の横行は、仕返しが無いからだ』
との明言を吐いた桑田真澄は、仰られている『スポーツ推薦』の抜け道を上手く利用してドラフト破りを行って巨人入りに成功しているので、アンチ巨人(反読売)の私としては今まで評価していなかったのですが、体罰事件での『仕返しがないから』に対しては脱帽。
考え方が素晴らしすぎる。
唯一ですね。今回桑田真澄一人だけが体罰の問題点や本質を正しく把握しています。
常勝のPL学園での輝かしい実績で、東京六大学への推薦入学が決まっていたのでプロ野球では誰もドラフトで指名しなかった。
ところが巨人との裏談合で、桑田を指名。他球団をあっと言わせる。
無抽選ですんなり逸材中の逸材の桑田は巨人入りするが、後遺症として大学側は制裁として高校野球の名門PL学園の持っていた推薦枠を取り上げて仕舞うのです。
以後長らく甲子園にPL学園の名前が出なかったが、これは当然で、リトルリーグなど少年野球の中学生は大学推薦枠を持っている高校に進学するのです。
体罰禁止の通達も法律も無視して体罰は横行。
処分される教師は毎年400人前後で推移しているが所属では圧倒的に体育教師なのですよ。
そして体育教師と言えば圧倒的に日本体育大学卒なのですから、処分された教師の出身校の名前の統計がないが間違なく、圧倒的に日本体育大学卒のはずです。
ちなみに今回の桜宮高校バスケ部顧問も日本体育大学卒です。
この日体大の理事長松浪 健四郎は過去に暴力団と親密交際していた自民党国会議員。 自分自身も国会の壇上からコップの水をかける等の行為を行っている暴力男。
橋下徹は体罰事件を口実に桜ノ宮高校の今までの伝統を全否定しているのですが、本当に体罰を無くす気持ちが少しでもあるなら、今も懲りることなく体罰教師を教育現場に送り出し続けている暴力団組員や暴力団関連企業との人脈がある理事長が仕切る日本体育大学の責任追及こそが大事でしょう。
ただ、体罰が一切効果がないとの考え方は間違いですよ。
体罰は動物の調教では、上手く行えば間違いなく効果があるのですから、人間相手でも言葉がよく通じない幼児では上手く利用すれば効果がある。
スポーツでの体罰ですが、これは一流か、それとも三流以下かを簡単に見分ける目安として有効でしょう。
とうとうレギュラーになれなかった半人前の長嶋一茂は桜ノ宮高校の体罰での自殺について、
『われわれはビンタとかバットで尻を叩かれるなど、他のしごきを含めて、このレベルじゃなかったですけど、殴られながらもボクは愛情を感じていましたよ。何十発殴られても、いまだ恩師だと思っている。』と体罰肯定発言を恥ずかしげもなくテレビで語っている。
体罰が本当に有効なら、長嶋一茂のような半端物ではなくて、責任者などの方が効果があるが、桑田真澄が言うように、
『采配ミスで試合に負けても監督コーチが体罰を受ける事はない。』のですよ。
日本人だjけでも350万人が死んだ第二次世界大戦でのヒロヒトが責任を少しも取らなかった日本の悪しき伝統、『責任者に責任はない。最高責任者にはもっと責任が無い』のでしょうか。
体罰の横行は、
『仕返しが無いからだ』の一言に尽きるのです。
ミンスとイグックさん、はじめまして (宗純)
2013-01-29 15:26:08
コメント有り難う御座います。

『ブラッディスポーツ』の言葉は松井良明の著書から引用させてもらいました。
ブラッシングボールと武道、必修化の危険性
2012年02月19日 | スポーツ・文化
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/4168eb9851711846e72addbcc586658c
スポーツが歴史的に本来持っている危険性とか暴力性ですが松井良明以外の他の学識者も全員が同じように指摘しているのですが、困ったことにテレビに出てくるコメンティーターでは皆無。ほぼゼロですね。
玉木正之などはその代表格でスポーツの歴史云々を言うくせに本来の暴力や賭博と同居していた危険な歴史には触れないのです。
なんとなくこれは、『つくる会』などの、自虐史観であると悪い日本を無かったと否定する歴史修正主義に似ていますね。
玉木正之は今回の事件に関連してスポーツ強豪校で体罰が横行している事実を目撃していた事実と、それを公表してこなかった自分自身を反省する言葉をしゃべているが、橋下徹と同じでなんとなくインチキ臭い。
体罰は悪いと口では言いながら、実は内心では体罰を肯定してしてるのではないかと疑っています。
本当に暴力が悪いと思っているなら自分が目撃したらその場で止めるか、止められなかったならマスコミに公表するが、いずれも行っていない。
スポーツですが、これは極悪利権集団の原子力村と同じ仕組みで危険性を内部告発すれば京大小出裕章助教と同じように村八分のいじめに合う。
今まで玉木正之がスポーツを飯の種にしていたこと自体、利益共同体スポーツ村の村民だった証拠ですよ。
今後玉木正之が心を入れ替えて体罰を内部告発する可能性は残念ながら低いでしょう。
報復がないから (宗純)
2013-01-29 16:04:47
平行連晶さん、コメント有り難う御座います。

報復される恐れが無いから、無法な暴力がふるえるとの恐ろしい現実ですが、これは桑田真澄があらためて指摘するまでも無く、全てに当てはまる大人の常識ですよ。
ところが桑田真澄以外では誰も指摘しない。
いくつかの他の記事を読んでみたが、やはり何処にもない。
なんとも情けない話ですが、大人としても普通の常識(経験や最低限の知識)が今の日本人には根本的に欠落しているのですよ。
なにも歴史を考えなくても、今のイラクやアフガン、パレスチナ問題、イランの核問題での欧米諸国の態度を見れば、誰にでもこの『報復されないから無法な暴力がふるえる』ことは分かりそうなものだと思うのですが、自分に直接不幸が降りかからない限りは他人事なので、真実に必死で目をつぶって無視しているのです。
他人の痛みは、幾らでも辛抱出来るのです。
福島県の原発から今でも放射性物質が漏洩している段階で、福井県では原発再稼働賛成が多数派なのですよ。
賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶと言うが、実は愚者は経験しても学ばない。
多分、醜すぎる現実は耐えられないので学びたくないのですよ。大人になりたくないのです。
出来ない人に頑張ってもらうと。 (酔狂人)
2013-01-31 11:04:54
スポーツでも学問でも、本当の実力がないものをカリカリにチューニングして性能を引き出そうとして、おかしなことになっているのかも知れませんね。
要するに背伸びしまくった欲ボケ(目的指向)の結果として様々な問題が起きてきているように思います。
言うなれば精神レベルでのドーピングです。結果的に狂ったことばかりが起きてきている。

有名大学出身者が多いはずの官僚の世界でなぜああもおかしな方向性を持つのか?ナチュラル系ではなく、ドーピング系が多いから地位に固執するのですよね。

ナチュラルに頭のいい人は広い視野で問題を解決する余裕がありますが、ドーピング系は所詮ドーピング系なので、自分の地位を守ることに必死なのですよね。

出来ない人に無理に頑張ってもらうと厄介なことばかり起きるわけですが。
ドーピングよりはカンニングに近い (宗純)
2013-01-31 14:28:29
酔狂人さん、コメント有り難う御座います。

体罰によるスポーツの勝利は、『精神レベルでのドーピング』であるとの説は愉快ですね。
ドーピングはスポーツマン精神に反し選手の心身を傷つけるので厳重に禁止されているのですが、それでも違反者が続出する。
理由は簡単でドーピングで確実に筋力が向上して、勝敗や成績に直結するからですよ。
だから是非とも勝ちたい選手は誘惑に負ける。
ツールドフランス7連覇の偉業の自転車選手や、大リーグのホームラン王記録を塗り替えたハンクアーロンなどトップ中のトップがドーピングしているのです。
体罰でのインターハイ出場ですが、これは選手に実力以上の力を発揮させ様と無理やりインチキするものであるので、入試でのカンニングに近い姑息な行為であり、本当の実力アップには繋がらない。
これは一流選手だった桑田真澄が体罰の仕組みを解説しているのですが、選手は体罰を避ける目的で、失敗を極端に恐れて行動するようになるのですよ。
体罰で全国大会出場程度のところまでは無理やり行けても、これではトップには到底なれません。
今回体罰が表面化したオリンピックの女子柔道ですが、メダルが少なかったのは当然だったのです。
スポーツの体罰ですが、これはプロクルステスの鉄の寝台と同じ原理で、『正しい規格に合うよう』にする目的で無理やり引き伸ばしたりしているだけなのです。
ですからオリンピック選手のような『正しい規格に合わない』伸びすぎたものは切り落としているのですね。無茶苦茶なのです。
ご返信有難うございます。 (酔狂人)
2013-01-31 15:02:59
いっそのことドーピングオリンピックや体罰オリンピックやったほうが潔いです。
ドーピングや体罰で強化された選手同士が戦う公正な競技になります。隠れてやるから問題になるわけです。
もちろん冗談ですよ。冗談と書かないと本当にやらかす奴がいる恐ろしい世の中ですから。
ネタついでに。 (酔狂人)
2013-01-31 15:21:55
遺伝子改造オリンピックもありですね。
クマの遺伝子を組み込んだクマレスラー、バッタの遺伝子を組み込んだ仮面○イダーレスラー。
魚の遺伝子を組み込んだ半漁人スイマー。
遺伝子改造技術の未来に栄光あれ!?
アーロンでなくボンズ (くまごろう)
2013-02-01 08:16:55
タイトルままですが、ドーピングはハンクアーロンの記録を塗り替えたバリー・ボンズのミスですね。
アームストロングのドーピングは自転車連盟自らが隠蔽していたようです。見破る技術が追いついていない時期の、金になるメジャースポーツの記録は恐らく殆どが不正によるものだろうことを裏付ける大きな事実かと思います。

できる筈なのにできない(やらない)ので、つい手がでてしまうのは、単に精神力が未熟であるだけで、これを皆無にするのは感情を有する限り不可能でしょう。
結果を求めて暴力を振るうことを手段として必要とするのは、それこそ初期段階の人間でいえば3、4歳くらいまでですよ。犬や猫もその程度の知能はありますから、子供の頃に何度か痛い目にあっていれば、それ以降は殆ど声と表情だけで怒られていることがわかる。

そもそも単に結果がでないことで暴力を振るっていることが大半だろうと思います。
その選手の素質や現在の能力、素質を引き出すにはどうしたらいいか、基礎的な訓練をのぞけば、レベルが上がるほどそれらは正解がわからなくなる。選手の力を引き出そうと知恵を巡らせれば、暴力など振るう暇などない筈です。
酔狂人さん、コメント有り難う御座います (宗純)
2013-02-01 16:55:03

勝利する為にはドーピングは効果があるが、体罰は逆効果で効果は全く無いばかりか、同じ技量体力があれば、体罰なしの方が有利ですよ。
体罰の横行では、失敗を極度に恐れては、本当の実力が出ないのです。
体罰が有効なのは、スポーツの勝利ではなくて、日本が最も得意とする大量生産の工業製品の品質管理と同じ趣旨の、人間を一定の範囲の規格内にはめ込む、『プロクルステスの寝台』としてだけですね。
体罰にはそれ以上の効果はまったくありません。
対照的に、ドーピングの方は間違いなく有効です。
しかし体には悪いでしょう。
ソウルオリンピックの短距離の金メダルを総なめしたジョイナーは38歳で突然死しているのですが、彼女の記録は20年後の今でも破られていない。
10年ほど前に遺伝子組み換えにによる超人の殺人兵器を作るとの、豹の遺伝子を組み込まれた美女マックスが大活躍するテレビ映画ダークエンジェルがジェームス・キャメロン監督により製作され一時は視聴率1位を獲得するが突然視聴率低迷を理由に打ち切りになる。
理由は色々噂されているが9・11と関係しているとか、いないとか。
この美少女版のターミネーターの話には今でも熱心なファンがいてレンタルビデオ店で全作品が見れるそうです。もしもテレビで再放送が見れるなら、私ももう一度見たいものですが、なぜかテレビ局は再放送しない。
テレビ局としては何か、再放送したくない別の理由があるようなのです。
くまごろうさん、コメント有り難う御座います (宗純)
2013-02-01 17:32:03
ハンクアーロンはドーピング無しではボンズの年間70本以上のホームランは無理だと言っていますね。
ドーピング疑惑ではなくて、最初からドーピング行為は有名だったようです。
1960年代のアメリカが一番光り輝いていた時代に大活躍したハンクアーロンと、バリー・ボンズとの間には30年の時間差があるのですが、アメリカ社会が段々と病んでいった証拠ですよ。
話は逆で、社会が全般的に劣化衰退していく風潮に、スポーツ界が影響されただけでしょう。
日本のスポーツ界の嘆かわしい体罰の横行ですが、アメリカのドーピングとは意味が大きく違い、これは日本社会の小児化現象ですよ。
ドーピングは確実に成果があるが、反対に体罰は悪影響しかないのですよ。
そうです。初期段階の人間でいえば3、4歳児程度の知恵しかない連中がコーチとか監督をしているのですよ。
今度はオリンピックの金メダルを目指す、一番上のトップ選手にまで体罰が横行していた実態が明らかになる。
柔道ナショナルチームの体罰は欧米メディアでも高校バスケット部主将の自殺と関連付て『日本の特殊な後進性』と報道しているようですが、
この話は間違いなく去年から今年にかけて欧米主要紙で相次いで取り上げられた南京大虐殺否定従軍慰安婦否定など我が日本国右傾化報道と関連していますよ。
報道する側では意識していなくとも、読んだ欧米市民の側では関連付けて受け取るでしょう。
これ以上ない日本の国辱行為でありイメージダウンです。
ところが肝心の日本側のスポーツ界のトップ方では、全く責任を感じていないのか、反省しているふうがない。
本来なら日本国民に向かって土下座すべきですが、会釈程度で謝罪する雰囲気ではなく全く頭を下げていません。
全員が大人として最低限の礼儀も常識もわきまえていないのです。
この柔道ナショナルチームの体罰話ですが、なぜかマスコミ全員が体罰ではなくて『暴力』と表現されている。
これは確かに『暴力』であることは間違いではないが、体罰の言葉の方が一連の事件の流れからいえば正しいでしょう。
そもそも一人前の社会人の間の『暴力』は、効用が云々どころか問答無用で犯罪行為ですよ。
しかも張本人(柔道ナショナルチームの監督)は現職の警視庁の巡査部長ですよ。同じ犯罪でも立場により責任の重さが違うが土下座程度で許される限度を超えています。もう無茶苦茶ですね。
その生物本来の生き方に体罰は不要 (くまごろう)
2013-02-12 06:51:13
>結果を求めて暴力を振るうことを手段として必要とするのは、それこそ初期段階の人間でいえば3、4歳くらいまでですよ。犬や猫もその程度の知能はありますから、子供の頃に何度か痛い目にあっていれば、それ以降は殆ど声と表情だけで怒られていることがわかる。

自分で書いたことなのですが、書きながら少し違和感を覚えていました。その違和感ですが、初期段階とか知能が問題であるのなら、凡そ子育てをする生物には「体罰」が存在する筈です。しかし乳離れや親離れの時に威嚇するくらいで、何かを教える為に子供を痛めつけるという話を聞いたことがない。
子供は親に庇護される存在ですから、本能的に親に愛されようとします。そして愛されている実感を持てば、普通のことを普通に聞くどころか、虐待を働く親を庇いさえする。
動物相手なら、教育に体罰か有効というのは、「それは駄目」というサインの初期段階で、他のサインを学習してしまえば不要です。その理由は知能ではなく、別の生き物を人間の都合に合わせる為でしょう。
であれば、生物の本能をへし折るような軍隊という組織で体罰が横行するのは自然なことと思います。
不完全な知能を得ると、暴力が有効なのは教育ではなく屈伏という体感を軽視し、同じ結論を当たり前の認識として得るのも難しくなるようです。いや、知能でもって欺瞞を積み重ねるうち忘れてしまうらしいことは、今の日本が示しています。
恥ずかしながら・ (宗純)
2013-02-12 15:02:58
くまごろうさん、コメント有り難う御座います。

以前のコメントで止めておいた方が正しかったでしょう。それは理論が優先する左翼が陥る典型的な症例ではあるが正しくない。
現在のペットショップで生後間もない子犬を販売しているのですが、これが意味なく吠えるとか噛む問題犬を大量生産しているようなのですよ。
犬は社会性の動物であり、半年ぐらいは親兄弟と生活させるべきなのですね。
犬としての道徳とか習性を習うことなく『可愛いから』との理由で小さい子犬を売るのは間違いのもと。
犬としての社会性が全くない犬が生まれているのです。
そして人間とは最も社会性のある、社会なくして生きれない動物ですよ。
人間では社会が子供を教育するのです。
昔は隣り近所など社会が教育していたとの伝説は『3丁目の夕日』の美しい嘘ですね。
昔の親が真面目に教育していたも事実ではなくて、真っ赤な嘘。
実は昔の親よりも今の親のほうが教育熱心であることは間違いありません。
昔の親は学校任せで何もしていないのが普通だった。子供にさけるだけの時間的な余裕自体がなかったのです。ところが学校の方は1クラスが60人近くもおり忙しすぎて躾けとか社会性とか問題外。
では誰が社会教育をしていたかというと何処の家にも大勢いた兄弟姉妹の存在です。ちなみに私は10人兄弟の末っ子。
当時でも今と同じような一人っ子が、ひとつのクラスに1人程度は例外としていたのですね。
別に『あいつは一人っ子だ』と言わなくとも服装から他と違う。態度がもっと違う。信じられないくらいにわがままで相手の心が分からない。自分の言い分が通らないと不満で、自分が大将だと勘違いしているのですよ。
一人っ子というのは、家の中で周りは大人で子供は自分だけ、特別な存在なのです。
子供としての社会性がゼロなのですよ。
一人っ子というのはペットショップの子犬状態なので社会性がゼロなのです。これで騒動が起きないはずが無い。必ず大騒動になる。
大人とか親と違い、相手が『小さい子供だから』との手加減とかお目こぼしが、子供同士の兄弟姉妹間には全くないのですよ。
しかも年功序列で、ある意味では、体育会とか相撲部屋状態なのですね。
Unknown (NダDサク)
2013-02-24 22:45:18
旧日本軍の悪名高い

員数合わせ

ですが
これは故意的に行われていたのではないでしょうか?
実は全体主義国家の源流とも言われる古代スパルタでも同じような教育が施されていたそうです
目的は狡猾な兵士作りの為なんだとか
人間性そのものが崩壊させられるシステムを旧日本軍が採用していたと考えるべきなんでしょうね

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BF%E6%95%99%E8%82%B2
また、意図的に十分な食事を与えず、大人の食事や畑の作物を盗ませるようにした。これは、盗みによって兵士の能力としての大胆さや狡猾さを身に付けさせるためであったとされる。
兵は詭道なり (孫子の兵法) (宗純)
2013-02-27 14:09:30
NダDサクさん、はじめまして。コメント有り難う御座います。

ブログ記事にも詳しく説明したが、正常な道徳や人間性が邪魔をして人は人が殺せない。
アメリカ軍の行った非人道的な殺人訓練(マインドコントロール)と同じで、大量破壊とか大量殺人を目的とした軍隊が、一般市民の道徳や人間性を破壊する目的で体罰を行っていた可能性は高いでしょう。
古代スパルタですがアテネとギリシャの覇権を争ったが、最初は優勢だったが結果的には負けてしまう。
これ、第二次世界大戦の日米の関係とそっくりですよ。
この場合には徳川幕府と薩長新政府と同じで負けた側の話は記録されない。
戦争で一番最初に犠牲になるのは真実であり、大きく歪曲される危険性があるのですね。
洋の東西を問わず2000年以上前から同じで、『兵は詭道なり』なのですよ。
スパルタとしては他のポリスに対して『我々は小さな子供の時から誰にも真似が出来ない厳しい鍛錬をしているぞ!』と兵士の強さを宣伝したい。
アテネの方では敵国が『非人道的な無茶苦茶な連中だ!』とスパルタの悪を宣伝したい。
ここでは両者の思惑が完全に一致しているので、『スパルタ教育』の言葉が途絶えることなく、今の社会にまで伝わったのです。
断食で闘争心が高まるのは事実ですが、成長期の断食は心身の発達を阻害するのです。
同じ心身の能力がある者同士の間では、体罰では強くなることは決して有りません。
日常的に行えば、間違いなくスパルタ兵は弱くなりますよ。
多くの皆さんは大きく誤解しているが、体に悪いことは分かっていてもドーピングのように本当に体罰で勝てるなら(金メダルが取れるなら)
ほんの少しでも効果があるなら、いくら禁止しても世界中で体罰が横行する。
隠れて殴りまくっていますよ。
一流のアスリートなら通常では耐えられない苦痛でも我慢できるだけの凄まじい心身の能力があるのです。
勝つためには何でも行います。
ナショナルチームの選手が怒っているのは、それでは世界に『勝てないから』ですよ。
話は逆で、スパルタですが都市国家の中では一番女性の権利を認めていた民主国家だったので、市民からなる兵士の国家に対する忠誠心が高かったので、スパルタ兵が強かったのです。
敗戦前の日本では、規則としては学校でも軍隊でも体罰が絶対禁止だと書いてあるのですよ。
これを見つけたお馬鹿な研究者が『日本軍には体罰がなかった』と発表する。
典型的な歴史の改竄というか阿呆臭すぎる勘違い。
空自の制服組トップ田母神がソ連のKGBの文章の中に張作霖爆殺の記述があったので、日本の関東軍では無くソ連が行ったのだとの珍説と同じ水準です。
紙に書いてあるからといって、現実にあるとは限らない。
勝海舟が氷川清話で、たかだか20年から30年で江戸時代の真実が忘れられている、今後実際に経験している古老が死んだらどうなるのかと嘆いているのですが、危惧は現実となり半世紀後の大正時代には完璧に忘れられる。
今は戦後68年。
歴史は繰り返すで、日本軍が体罰が無かったなど,あまりのバカバカしさに口があんぐりで言葉もない。
私の父親は第一次世界大戦のロシア革命直後の対ソ干渉戦争でシベリアに出兵しているのですが、凄まじい体罰を経験している。
理屈っぽい性格なので体罰禁止の規則とか、体罰は結果的に軍を弱くすると繰り返し主張したらしい。
そのために余計に集中的な体罰を受けて『このままでは殺される』と思って本気で脱走まで考えた。
しかし当時の遠征軍の兵士を苦しめたのは死ぬほどの体罰でもシベリアの極限的な寒さでもなくて、じつは飢えだった。
軍隊では食事が終わった時が、平時の空腹時程度なのです。
兵士には米を1日5合5勺支給すると決まっていたのに半分にも満たないので全員が飢餓に苦しんでいた。
当時から日本の軍隊は腐敗していて上部が少しずつピンハネするので、最前線の兵士が飢えに苦しむことになったのです。
日本の軍隊とは、究極の官僚組織だったのです。
江戸時代は儒教が基本道徳なので教育でも武芸でも同じで、体罰は無かった。
教育で、体罰が日本で行われるのは王政復古の後の出来事です。
ですから体罰ですが敗戦以前の昔は間違いなく富国強兵(軍国主義)と関係がある。
戦後68年も経った現在の体罰の横行ですが、これは多分軍国主義よりも日本が一番得意とする品質管理を、人間にも間違って導入したからですよ。
そもそも我が日本では、出る杭を常に叩いてきた均質で横並びを尊ぶ、長い伝統や文化的な素地があったのです。
これは、ギリシャ神話のプロクルステスの寝台と同じ話でしょう。
今の日本国の体罰ですが、選手とか生徒を鉄の寝台に無理やり寝かせて身長を寝台の長さに合わせて切り落としたり、短ければ引き伸ばしたりして『正しい規格に合うよう』にしているだけなのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
橋下独壇場をどこまで許すのか (反戦塾)
 橋下大阪市長が私立桜宮高校の体罰事件に関連して市教育委員会に出席し、彼の一定限度の体罰容認論などから態度を急変させ、入試の中止や教員の総入れ替えなど、彼の言い
原発で働く人たちを守らなければ大変な事になる (Dendrodium)
東電は福島第一原発事故の収束も覚束ないままで、新たに東通原発を創る為に、東通村に寄付金を出す算段をしたりしているのに(こちら) 現在福島の事故収束の為に高レベル放射能をものともせずに、命がけで事...
大統領との会見 (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
小さな雲のかたまりがヤップ上空を通過中のため、朝から照ったり、降ったり、曇ったりというお天気の一日だった。最近、本業のほうはちーっとも忙しくなくて(苦笑)、お天気もあまり気にならないのだけれど、例の中国資本のヤップ開発計画の件で、わたし自身はけっこう忙...