逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

護憲派でも陥る恐ろしい『陰謀論叩き』の罠

2011年03月08日 | 9・11事件と情報操作
第二次世界大戦後の政治経済文化全般を語る上で、終わらない筈の永久戦争だった米ソ冷戦を抜きにしては無理であるように、21世紀の政治経済文化を語る上で、9・11事件を抜きにしては何一つ不可能であろう。
ところが良く出来た構造だった冷戦とは大違いで最大の問題とは実は、『9・11事件とは何か』が、困ったことに誰にも判らない。
だから今起きているポスト冷戦である、終わらない永久戦争である対テロ戦争の意味が良くわからない。
この混乱の最大原因は、事件を安易にアルカイダに結びつけた対テロ戦争の宣伝広告文章程度の、9・11事件アメリカ政府公式報告書のお粗末な出来上がりに尽きるでしょう。

『イラク戦争と9・11が無関係と言い切る不見識』

9・11事件と対テロ戦争の意味が理解できず、アメリカのイラク戦争を即座に支持した小泉純一郎だけではなくて、日本では護憲派までが大混乱に陥っている。
その代表例がお馬鹿なネットウ右翼にまで寛容だった『お玉おばさんでもわかる 政治のお話』の管理人であろう。
政治の仕組みがよく判らずに、『政府は悪いことをする筈が無い』との庶民的な素朴な善意からの『思い込み』からたまたま陰謀論退治に加担して仕舞い、あれほど賑わっていたのに今ではブログは実質閉鎖状態で、たまに訪れるのは札付きのネットウヨ程度の有様になっているのですから、これでは新自由主義の消費不況の直撃を受けた駅前のシャッター街の様な寂れようです。

『以前の間違いを修正出来ない不幸』

お粗末な陰謀論退治の大阪大学物理学教授菊池誠等が必死で否定しているが、『イラクのフセイン政権はアルカイダを支援している』、とブッシュ政権が大宣伝して、アメリカ市民を騙してイラク戦争は始めたのですから9・11とイラク戦争開戦とは密接に結びついています。
ブッシュ政権の、9・11はアルカイダが犯人だ→アルカイダをフセインが支援している→フセインは大量破壊兵器を所有している→だからアルカイダに大量破壊兵器が渡るのを阻止する必要がある、との虚構からイラク戦争は始まった。
この現実離れしたお粗末過ぎる戦争プロパガンダは不思議にも大成功する。
この犯罪的なプロパガンダに
影響されてフセインとアルカイダに関係があると未だにアメリカ市民は半分の人たちが信じているのです。
多くの人は一度信じた事柄は、言いだしっぺのブッシュ大統領自身が間違いを認めているにもかかわらず、修正が出来ないのです。
教祖の菊池氏とは実際にコメントのやり取りをしたのですが、多くのみなさんはニセ科学批判の菊池氏をかいかぶりしすぎていますよ。
菊池氏等は子供でも判る程度の超簡単な構造のニセ科学しか非難しないくせに突然君子豹変、複雑を極め簡単には白黒が付けにくい社会問題や政治問題である9・11事件を疑う人々を一纏めにして陰謀論と口汚く非難していた。
菊池氏は、今では依然とは大違いで、彼もアメリカ政府の公式発表に大きな穴があることは十分に理解しているらしいのですが、それでも今までの自分のお粗末過ぎる間違った態度を、面子が潰れるので『間違いである』とは認めたくない。
『保留にします』と言うのですが、何度聞いても自分が保留している中身の『内容』を絶対に言わない。

『無知無責任無反省の三無主義』

菊池誠一派は何も知らない何の責任も無い一般人ではなくて、今でも少しも間違いを認めず反省せず少しも懲りずに陰謀論叩きで狂奔している連中なのですよ。
信じられないほどの無責任過ぎる悲惨な態度である。
9・11から10年が経ち、今では誰でもアメリカ政府が意識的に事件の捜査をサボっているらしいことには薄々気が付いているのですが、其れを絶対に認めたくない。
自分が『アメリカともあろうものが嘘を言うはずが無い』とのアメリカ命の対米従属の政治バイアスが骨の髄まで染み付いていることを認めたくないのでしょう。
自分自身の抱える内部矛盾が許せないという実に奇怪極まる心理状態である。だから9・11自作自演説の過激派陰謀論が『どうしても許せない』のです。
実に不思議な心象風景ですね。
ところが、『政府報告書は100%で真実全部である』と主張しないと、其れは何らかの(消極的な)陰謀論に加担することになるのですよ。
そして今の世界で9・11が100%アメリカ政府報告書が正しいなどと思っている純真でお人好しな人は『誰もいない』のです。
陰謀論にも穏健派から過激派まで色々あり強さの順番に並べると、
①アメリカがアルカイダを甘く見すぎて大失敗した。(政府の失敗隠蔽説)
②アルカイダのテロが起きることを知っていたが放置した。(故意の見逃し説)
③一部機関がアルカイダのテロを成功する様に援助。(テロ支援説)
④アルカイダとはアメリカ情報機関の作戦名。(政府の自作自演説)
最低でもこの10年間、政府公式報告書以外にはアルカイダ情報が何一つ具体的に出てこないのですから、アメリカ政府による故意の隠蔽工作は、今になっては誰であれ否定できない。
ですから積極的な陰謀論であるか、消極的かの量的な違いが存在しているだけで、今では『みんな仲良く陰謀論者』なのです。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正体不明の怪人奥菜秀次kikul... | トップ | 『陰謀論叩き』が誰も答えら... »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-03-08 10:38:34
実名で自分の意見をいわないと、ただのオッサンの戯言だよ
大槻教授のブログを見習って下さい


菊池誠やその信者たちのお粗末で卑劣な手口 (宗純)
2011-03-08 16:47:02
陰謀論叩きのニセ科学批判教の菊池誠の信者の一人なのでしょうか。
実名でブログを運営して、ニセ科学やオカルトなど幅広く間違いを指摘している大槻義彦名誉教授が、菊池誠本人やその非科学的で低級な取り巻き連中に、どれ程理不尽に口汚く罵られている腹立たしい客観的事実を全く知らないのでしょうか。?
何とも面白すぎるコメントです。
不思議な新興カルト宗教としての菊池らニセ科学退治教の主張は本当に幼稚で非科学的であるだけではなくのですよ。
無知で恥知らずであるだけでなく、卑劣て汚らしいのですよ。
『実名で自分の意見をいわないと』と、自分ではタイトルも無いしHNさえも明らかにしない人物が主張するとはトホホの極み。
余りにもダブルスタンダードで滑稽でコメント自体は、本来は塵とするべき無内容ですが、あまりに愉快でブラックユーモア?があるので勿体無い。
これは『お宝』として大事に残すことにしましょう。
それにしても記事に対して、これ程早く反応があるとは、何とも嬉しい話ですね。余程、彼等の痛いところを突いたようです。
タイトルに異議あり(笑) (愚樵)
2011-03-08 17:44:53
記事の内容には大いに賛同ですが、記事のタイトルに少し違和感を憶えます。

“護憲派でも陥る”ではなく“護憲派だから陥る”が的を射ているのではないかと。

左翼護憲派は「科学教」との親和性は高い。双方とも追い求めているのは「普遍」ですから。しかも厄介なことに、これらの「普遍」は適応範囲が相当広い。ゆえに大和魂といったような適応範囲の狭い観念を支柱にする右よりも始末におえないところがあります。

「普遍」はあくまで追い求めるものであって、それが確固として存在していると認識した途端に「普遍」ではなくなります。それは宗教でも科学でも同じで、「普遍」を求め続ける者は敬虔な信者となりますが、「普遍」を自己実現の裏付けとしてしまうと傲慢な征服者に陥ってしまう。「普遍」を騙って異説を認める柔軟性を失ってしまうのですね。

世の中には様々な陰謀論が存在しますが、そのすべてが質の悪いものとは限りません。なかには立証が不可能なだけで、仮説として十分に通用するものもある。「陰謀論」というレッテルに惑わされないだけの柔軟性を持ちたいものです。
普遍など、そんな高尚な話ではなく (宗純)
2011-03-09 09:31:38
愚樵さん、コメント有難う御座います。

gooブログのバージョンが3月から変更になり動きが重過ぎて以前のような長い記事は無理になり、結果短い記事を毎日更新する結果になりました。
>『左翼護憲派は「科学教」との親和性は高い。双方とも追い求めているのは「普遍」ですから』
には全く同意見であり、左翼護憲派に紛れ込んでいる、これ等の破壊的カルト信者達によって護憲勢力自体が、保守などからはカルト視される原因を作っていると考えています。
本当に困ったことです。
この科学教信者達ですが、この人たちは科学的思考の対極にある人々で、本来ならオウムであるとか統一協会、創価学会に入る筈だったのですが幸運にも周りに影響されて護憲左派になっているだけであるのです。
ただ、今回ですが少し違うのではないでしょうか。?
あの人たちは、何かを考えた(信じた)から陰謀論退治を行っているのではなくて、
その逆で、何か(陰謀論?)を考えたくないから→陰謀論叩き行っているのです。
教祖の菊池誠御大からして、9・11アメリカ政府公式報告書に致命的な欠陥があることは薄々気が付いている。
勿論お玉さんも気が付いているのですよ。
ところが自分でその事実は公式には認める訳には絶対にいかないのですよ。
何故ならそれでは自分自身が、恐ろしいことに誰かから陰謀論者と呼ばれて叩かれる危険性が生まれてしまうのですね。
あの人たちはこれが死ぬほど恐ろしいのです。
記事にも書いたが、今では困ったことに『みんな仲良く陰謀論者』なのです。
この事実を絶対に認めたくないのです。
70年前の日米開戦時の日本国内の雰囲気とそっくりですよ。
6日放送のNHK特集を御覧になられたでしょうか。
何と証言者全員が戦争は駄目だ勝てないと思っていたらしいのですよ。
ところが自分が本当の意見を言い出すと叩かれることを良く知っていたので、心ならずも正反対の意見をいい、しかも戦争反対のまともな正しい意見を積極的に叩いていたのです。
彼等の証言の信憑性ですが、間違いなく正しい。
ただ確固とした信念としてではなくて、共産党員のようなそれほどの確信ではなくて薄々真実を判っていた程度の曖昧なのですよ。
ところが、時間が経ったので(後知恵で)自分に都合の良いように記憶を一部修正しいているのです。
今の菊池誠の不思議な陰謀論たたきの心理状態とそっくりだと思いませんか。

2年ほど前に陰謀論の関連記事を連載して、これ等のインチキ臭さ阿呆臭さを暴いたので未だに陰謀論叩きを行っている人がいる方が不思議。
今更書く必要も無いと思っていたのですがどうも現実はそうではないようです。
余り気が進まないが、もう一度怪しげた『陰謀論叩き』を論じる必要があるようなのですよ。
トラバありがとうございます (JUNSKY)
2011-03-09 12:10:33
>以前のような長い記事は無理になり

短い記事おおいに結構!
実は、これまでの長い記事は最後まで読めていなかったのです(トホホッ!)。

というか、長い文章をみると「とっつきにくい」訳でして・・・
どうもすいません!

で、当方も【gooブログ】ですが、Versionが変わったことは知りませんでした。
当方は結構画像を載せていますが、重たくなった感じはありませんが・・・
アドレスが長くて汚いのには辟易していますがね・・・
【gooメール】の方は、去年の“Version Up”で怖ろしく使い勝手が改悪されたので、現在『開店休業中』です・・・
愚樵さんの意見に賛成です(笑) (もえおじ)
2011-03-09 14:58:46
9.11陰謀論の①~③までは十分に有り得るでしょうが、さすがに④(政府の自作自演説)は自分には信じられませんね。

それにしても、70年前の日米開戦時、全員が戦争は駄目だ勝てないと思っていたらしい…は驚きました。 そうだとすると、日本が負ける戦争を始めた原因は「集団心理の欠陥」だったということになります。(この事例は貴重な教訓なので、今後使わせて頂きます。)

ところで、もうひとつの陰謀論(日本のバブル経済~バブル崩壊、デフレ不況の要因は米国の政策にある)はどうなんでしょうか? こちらの方が、日本にとって切実な問題ではあります。
書きたいことが多すぎて困る (宗純)
2011-03-09 15:57:44
JUNSKYさん、コメント有難う御座います。

ブログですが3年ぐらい続けると書くことが尽きるとの話も一部にあるのですが、追求したい主題が減るどころか増える一方で時間がまったく足りません。
一つの主題には、必ずもっと深く書く必要性とか、派生した話題とかが色々生まれるのですね。
まるでこれでは危険な高速増殖炉のもんじゅのような状態なのです。
goo新バージョンですが画像には対応していて使い勝手が良くなっているらしいのですよ。
ところが当方は文字ばかりですが、この文字変換が遅すぎるので困っているのです。
当方の記事の文字数ですが、これはわざと携帯では読めないようにハードルを上げて読者を選別しているのです。
以前にNHKの科学番組を標榜する番組での低級な納豆ダイエット程度のムペンバ効果を批判して、2ちゃねんねるから携帯中毒のお馬鹿な若者が大勢押しかけてきて連日gooブログトップに近い位置をキープしたのですが、あんなことはもうこりごりなのですね。
NHKに何の疑問を感じない程度の数千人の読者よりもJUNSKYさんの様な一人の心ある(メディアに対して疑問を感じる)読者を大事にする姿勢なのですが、ある種の小さな嫌がらせですかね~え。
ところが、これらの賢い人は日本中でも案外少ないのですよ。
ご同輩(陰謀論者)ですね(笑) (宗純)
2011-03-09 17:04:35
もえおじさん、コメント有難う御座います。

『9.11陰謀論の①~③までは十分に有り得る』なら、もえおじさんも間違いなく立派な陰謀論者ですよ。
い~や~あ。お仲間お仲間。
仲良くやりましょう。私を含めて多分みなさんも同じ思いですよ。
ところが自分が①~③の陰謀論者であることが世間のみんなに知られることを死ぬほど恐れている人々が世の中では可也大勢、困ったことに一定数いるのですよ。
何と世間一般の水準からみれば明らかに知性も教養も経験も抜きん出ている反戦塾のましまさんまでが、記事で『情報操作の陰湿さ』を書くに当たり、
>『塾頭は、世に云う「陰謀論」には組しない。しかし』
と言わずもがなの但し書きを書き込む異常さは矢張り見逃しには出来ない。
今の21世紀の世界の政治外交軍事や経済情勢を語る上で9・11事件の顛末は抜けないのだが、ところが誰もこの9・11については触れたくない。
何故なら、何かの拍子に陰謀論叩きの対象になる可能性があるからですね。
だから普通なら不必要な、『陰謀論には組しない』などの無意味な『但し書き』が、わざわざ必要なのでは無いでしょうか。
これは、70年前に酷似した嘆かわしい世相ですよ。
当時も今と深刻さのレベルは大きく違うが、実はみんな海軍も陸軍も政府関係者も勿論マスコミの全員が今の日本の動きが間違っているとは良く知っていたのですよ。
ただ周りから陰謀論者(反戦主義者)と見られることを死ぬほど恐れていたのですから、何をかいわんや。
当時みんなが、ほんの少し勇気を出して自分の心の中の本心を語る勇気さえあれば、あの悲惨な戦争は防げたのかもしれないのです。
ところが事実は、自分の内なる不安や疑問を封印して、お馬鹿で空虚なスローガンを叫んでいた。
これ等の日本の人々が全員で、例外の共産主義者など本心を言って仕舞った人を摘発していたのですから救われない話ですね。

私が提唱している『冷戦崩壊後のアメリカの仮想敵国は日本』であるとの経済問題での、もう一つのほうの陰謀論ですが余り反響はありませんね。
今のところは、具体的な賛成者はゼロですよ。
しかしこの仮説なら、色々な今までの日本国の20年間もの不思議の数々の殆どにオールマイティに正しい結論が出せてしまうのですよ。
そこが駄目な(みんなが認めたくない)理由なのでしょうか。?
9・11事件ですが10年が経過して今では政府の意識的な犯罪的サボタージュは明らかで、それなら誰もが①~④までの内の何れかの陰謀論である事実は隠しようが無いのです。
ところが自分の正しい意見表明は9・11事件では70年前と同じでタブーなのですよ。
そういえば、みなさんが絶対に認めたくない最過激派の4番の陰謀論では9・11事件における数々の不思議なアメリカ政府の行動に対して、1~3番版以上にすんなりと全ての謎の答えが出てしまうのですよ。
なんとも困ったことだが、だから9・11の話はタブーなのですね。
以前のような長い記事大好き (現田石)
2011-03-09 21:55:46
こんにちは、以前のような長い記事の方が大好きな現田石です。
goo新バージョンが画像には対応していて使い勝手が良くなっているそうですが、いかなるバージョンアップにおいても文字処理速度が遅くなるようなシステムを開発するようなエンジニアは、技術者としては失格、無能、仮すです。
というふうにののしってみましたが、実はgooブログの方針で、印象工作が容易な画像投稿の方を勧進しているんじゃないでしょうか。
ともあれ、一日2回ぐらいは過去の自分の発言を反省している小心者の感想です。
10日経ち、大分改良されたようです (宗純)
2011-03-10 15:46:37
現田石さん、コメント有難う御座います。

goo新バージョンが、あまりに使い勝手が悪く重いので俊寛僧都ではないが、『もとに戻せ~え。かえせ~え』とgooにコメントしたのが効いたのでしょうか。
私以外にも大勢が不便していたようで不満コメントが沢山届いたのでしょう。
今は大分改善されて以前とさほど違わない水準まで改善してほっとしています。
>『ともあれ、一日2回ぐらいは過去の自分の発言を反省している』
これは立派ですね。
誰にでも出来る業ではなくて、普通はなかなか出来ませんよ。
多くの人はこの逆で、自分にとって都合の悪い事実はドンドン忘れていく。それとも都合の良い事実に書き換えていくのです。
過去の歴史を、自分に都合良く改竄するのは何もお馬鹿な『新しい歴史教科書を作る会』だけの専売特許ではないのですね。
大概の人は自己防衛(精神衛生上)で無意識に行っているのです。
長年生きていると良い事だけではなくて、思い出したくも無い失敗も多くなる。
全部正確に覚えていると辛くて到底耐えられない。堪らないのです。
ですから多くのみなさんは悪い思いでも忘れてしまい、その穴を適当に美しい思い出に置き換える作業をしているのです。
だから戦争などの悲劇が何時までも無くならないのです。
危機管理の鉄則は極簡単で、過去の悪い出来事をどれ程些細なことでも忘れずに記憶して分析する努力を不断に行う事が一番大事。
みなさんが全員が現田石さんのような姿勢なら世界から戦争が簡単になくなるのですが、困ったことに数年前の自分自身の発言を完璧に忘れている『反省を知らない』菊池誠やお玉おばさんのような人も大勢いる。
少しは過去の自分を思い出して欲しいが、覚えていて欲しい人は忘れて、その必要が無い人が覚えているのですから残念なことです。
自分のばら撒いた嘘にだまされる。 (カーク)
2011-03-10 21:08:17
私も観ました。これ→「 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 第4回 開戦・リーダーたちの迷走」
日本帝国陸海軍はもちろん、当時の政府首脳はすべてアメリカに勝てるとは思っていなかった。勝てるとは思っていたのはそう思わされていた日本帝国国民だけだったようだ。私はあきれて果ててしまいました。まあ、それで思い出したのが、高校の古文の授業での教材の物語、ある男が、池にお宝が眠っているとデマを流す、それが回りまわって自分の所に戻ってきて、デマを流した本人がそれを信じて、池でお宝探しをすると言う話、これを思い出しました。なんか、どこか似てる気がしてしようがないのです。
田中 宇的発想なら (宗純)
2011-03-11 10:29:56
カークさん、コメント有難う御座います。そう。誰一人もいなかったのです。

『勝てるとは思っていたのはそう思わされていた日本帝国国民だけだったようだ』の方も疑わしくて、薄々は一般市民層も知っていたのです。
(はっきりとは誰も自覚しているものは居なかったのは事実だが)
特に海軍では日米両国の彼我の力量差を誰よりも良く知っていて山本五十六などはソ連に侵攻したドイツ軍が負けるとも正確に予想していたのですから、それなら勿論対米戦争の結末も正確に予想していたはずです、
ところが、それでも真珠湾を攻撃して仕舞ったのですから、
それなら、イラク戦争が失敗することを良く知っていたネオコンがアメリカを積極的に捏造した証拠で強引に開戦に誘導したのですから
この事実から推測できることは、意識的にアメリカの覇権を弱体化させ世界を多極化させる為だったとの説も理論的には成り立つ。
ところがこの、(ネオコンは隠れ多極主義者)との説の(国際ニュース解説)田中 宇的発想を当てはめると、
海軍は意識的に勝てない戦争に日本帝国を誘導して、破壊して民主的な日本国を造ろうとした『隠れ民主主義者』何ていうような、何ともお馬鹿なあほらしい話も出来そうなのですね。
本当は多分、当時のリーダーの全員が『理性』では対米戦の結末を正確に予想していたが、『感情』ではその正反対の予想をしていたのですよ。
だから、あの自滅的な馬鹿馬鹿しすぎる(失敗の結論が判りきっている)悲惨な戦争に突入していったのです。
これは規模は比較にならないが、今の日本の護憲派のお馬鹿極まる悲惨で自滅的な『陰謀叩き』の精神構造とそっくりですよ。
菊池誠にしてもお玉さんにしても『理性』では正確に事の顛末を理解しているのです。
ところが連中の『感情』では正反対なのですね。
そして連中は『理性』よりも『感情』が優先してしまったのです。
だからあの誰が見ても胡散臭いペテン師にしか見えない正体不明の奥菜秀次の陰謀論の罠に騙されるのですよ。
この『奥菜秀次』が今でも実在していて、其のうちには現世に降臨して、迷える自分達のために正確にアメリカ政府公式報告書の穴を埋めてくれる(救ってくれる)と願っているのですよ。
丸っきり『神風が吹いて勝利する』と同じ心象風景ですね。
そんなことは金輪際、決しておきません。
9・11に詳しい『奥菜秀次』などは彼ら陰謀論退治連中の妄想の産物以外の何ものでもありません。
kikulogなど仮想空間(それも信者の)にだけは現れるが、現世に降臨する事は天地が引っくり返っても起きることはありません。
ヨハネ黙示録では人類の滅亡時にイエスが再降臨するとされているので、類似の滅亡状態寸前になれば陰謀論たたきの神である奥菜秀次も降臨してくれるかも知れない。
しかし、普通はそんなに便利良くアクション映画風に危機一髪で助かることはなくて、事実は間一髪間に合わないで本人は助からないのですよ。

この自分の掘った落とし穴に自分が落ちる話は、案外多いようですよ。
国際社会でクラスター爆弾が比較的早く禁止された理由とは、正にこれです。
自分がばら撒いた爆弾で自分が被害を受ける確率が一番高い兵器がクラスター爆弾であるのです。
クラスター爆弾は攻撃にも使えるが、基本的には守勢の時の負け戦で自軍が撤退時に敵軍の追撃速度を鈍らせる事が出来るのでこの目的で使われる。
最大の使用例は最近であり、レバノンに侵攻したイスラエル軍が撤退寸前にヒズボラの攻撃を防ぐ目的で大量使用しているが、レバノン進撃の攻勢時には使わなかった。
『嘘』であれ『爆弾』であれ持ち主の手から離れた瞬間から、誰彼なく無差別に傷つけるのです。
これは奥菜秀次の陰謀論の罠でも同じで、出版した瞬間から誰彼の区別なく傷つけるのですね。
だから奥菜秀次が世間様の前には出てくることが出来ない。
奥菜秀次は公開の場所で誰かに、アメリカ政府報告書について質問されたら、答えることが無理なのですね。
陰謀+論=陰謀でない? (透明)
2011-03-20 16:11:38
NHKというのはとても良い番組がある一方で最悪の報道があります。
まあこの点は民放もあまり変わりませんが。
911が最悪の報道でした。事件の真相もわからない時点から同時多発テロであるとして報道してしまいました。
この悪い影響は今でも出ています。メディアが垂れ流す情報に何の疑問も持たない人々は犯人はアルカイダであると今でも思い込み何の修正もきかない。
陰謀論という言葉も不思議な言葉です。
陰謀に論と一文字付け加えただけで陰謀ではないような印象を人々に与える。
菊池誠一派のやっている事も単なる印象操作に過ぎない。
911においてのアメリカ政府報告書のイカサマは本来中学生の理科の知識程度でも十分見抜けるとおもいます。
無知の皆さん、丸暗記ではだめだ疑問を持て。
世界で一番高い日本のメディアの信用度 (宗純)
2011-03-21 14:19:22
透明さん、コメント有難う御座います。

お隣の韓国では三大新聞は全てが旧軍事政権の後継政党である現与党のハンナラ党支持の論調の記事を書いているが、映像メディアやハンギョレ新聞では別の立場からのニュースを流している。
ですから色々な違った種類のニュースが同時に見れて、その中から市民の価値観で選別できるのです。
日本以外では概ねこの傾向があるのですね。
ところが、
日本のようにクロスオーナシップの禁止制度があるにもかかわらず完全無視して新聞ラジオレレビが同一の会社で、しかも会社が違って入れも流す内容は世界的にも珍しい記者クラブ制度があり同一の内容を報道する。
そして日本では市民層の新聞やテレビの報道に対する信用度は他国と比べて、格段に高いのですよ。
そもそも陰謀論とは日本でも少し前までは『ユダヤ陰謀論』のことを粗指していて、それ以外に拡大解釈されたのは、大むかしからの話ではなくて、2001年の9・11事件以後に初めて起きた椿事ですね。
国家間の政治や外交で隠された『謀』(はかりごと)が無い方が良いが、それは理想であり現実の政治とは関係はない。
ですから政治ブログで自分が『陰謀論は嫌いです』などといった瞬間に、大人として政治や外交などを論じる資格が無いと告白したのと同じで有るのです。
世界でも珍しい陰謀論叩きの馬鹿すぎる常識外れの原因ですが、実は困ったことに、
日本の護憲左翼勢力の中で最大の勢力である共産党の機関紙赤旗の責任が大きいでしょう。
情け無いことに日本では肝心の赤旗までが横並びの金太郎飴状態であり、商業紙と別の報道が無いのですね。
本当に腹がたつし、情けない。
今では赤旗が商業紙と同じ報道しかしないので、最盛期の半分ぐらいに購読数は減ってしまった。
当たり前です。
商業紙に書いていない種類のニュースを報道するから政党機関紙でも赤旗が世界的にも珍しい巨大な部数を誇っていたのです。
ところが20年ほど前の昭和天皇下血騒動で大敗北して以来怖気づいたのか商業紙と同じ報道しかしなくなったのです。
9・11でもこの態度は同じで、民間商業紙が決して報道しないWTC7の崩壊など数々の9・11疑惑は矢張り報道しない。
そしてもっと困ったことには共産党員の一部には共産主義を科学としてではなくて宗教として信じている連中が沢山いる。
この連中は創価学会の信者が聖教新聞に書いていないことは事実ではないと信じているのと同じで、赤旗に書いていないことは嘘であると信じている。
丸っきりのカルト宗教の信者と同じ水準なのです。
ですから、日本では色々な悪い条件が重なりあって現在の菊池誠など偽科学批判教信者による、不思議な陰謀論叩きが生まれたのですね。

連中は常識ある大人とはいえず、新聞や権威ある人がウソをつくはずが無いと信じている穢れを知らないお子様なのです。
その意味で。今回の原発事故は日本独特の陰謀論たたきの救い難い馬鹿らしさに対する、非情に大きな教訓となるでしょう。
責任ある立場の人こそ『ウソをつく必要』が生まれるのですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
前原外相辞任 自民「四月解散」も照準 (ひげログ人)
「前原外相を外国人献金問題で辞任させた自民党は、今国会の会期末までに菅政権を解散
チベット亡命政府が「闇資金」を中国政府から受け取ったとしてインド警察はガサ入れされた。 (日本社会主義皇民共和国・亡命政府 (*^ω^*) )
参照記事:護憲派でも陥る恐ろしい『陰謀論叩き』の罠 チベット亡命政府に何故か、中国経由の裏金が流れていた。 生き仏を自称する幹部のカルマパの自宅にまでインド警察は強制捜査を行った。 インド警察は、チベット亡命政府の幹部逹に対して中国のスパイだという嫌疑...