風景と植物ー団塊世代

自然は素晴らしい

金沢城公園から眺める日の出、梅の「ヤエカンコウ」など

2017-01-29 20:59:36 | 写真
昨日に続いて今日の午前までは素晴らしい青空・・・。午後になってからだんだん雲がでてきて夕方から雨模様になってきました。
それにしても、こういう青空がでて素晴らしい天気は冬の金沢としては珍しく有り難い日でした。

早朝金沢城公園を一眼レフを片手に散策しましたら、三の丸の内堀沿いを歩くと東の空から素晴らしい濃い青空のなかを眩しい程の日の出が上がってきました。
加えて、三の丸の松の木の雪吊りと石川門櫓が影絵の様に映し出されて幻想的な感覚になりました。
又、玉泉院丸庭園では、梅の「ヤエカンコウ」が結構花が咲いてきました。まだ樹高2m弱のまだ若い木なので、これから年々経過することに見事になりうると推察して楽しみにしています。
一方、新丸の湿生園では「ネコヤナギ」の花はまだ完全に色づかないものの一本の木に蕾・花序多々見られます。



「日の出前の朝焼け」三の丸から


「日の出」三の丸から


「ヤエカンコウ」玉泉院丸


「ネコヤナギの蕾」新丸ー湿生園


「ネコヤナギの花序」新丸ー湿生園
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪景色‥等

2017-01-26 20:28:54 | 写真
今日も早朝と昼頃、夕方に兼六園と金沢城公園を撮影しながら散策しました。
朝から真っ青の青空と快晴だったので今日の様な日は貴重でありがたいものです。
特に、雪景色は大変青空に映えて雪が眩しいほどの真っ白な描写で綺麗でした。
兼六園の梅の「ホウシュク」は今冬になって初めての確認。
早朝は-2度ほどの冷え込んだので昨日の積雪から寒いので僅かだけ減っただけでしたし、池や堀などは全体ないし部分的に凍り付いていました。
又、雪が山一面にかかった石川県と富山県の県境にある医王山が、西日に当たって雪が引き立っていました。

★兼六園


梅の「オウシュク(鶯宿)」梅林
優しい淡桃色


梅の「ヤエカンコウ「八重寒紅」」梅林


「梅のアオジク「青軸」」


「翠滝周囲の雪景色」
翠滝周囲の雪景色は美しい。
翠滝がある瓢池の水面の三分の二は凍っていますが、滝の水が落ちる箇所のみは解けています。

★金沢城公園


「玉泉院丸庭園」


「玉泉院丸庭園」


「玉泉院丸庭園」


「黒門辺りから見るの医王山」


「二の丸から見る医王山」
(手前は五十間長屋)


「三の丸から見る医王山」
手前は石川門櫓


「内堀沿いの雪」


橋爪門続櫓と夕刻


「橋爪門続櫓と夕刻の写真に加えて空に飛行機雲が・・・」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水墨画の様な兼六園と金沢城内玉泉院丸庭園の雪景色

2017-01-25 19:59:32 | 写真
今日の金沢市は今冬最高の15cmの積雪でした。
兼六園を回っているときは水気の多い細かい雪が降り続けていて薄暗く感じました。
それでも、庭園そのものは四季折々美しいですが、今日の早朝に兼六園や金沢城公園の玉泉院丸庭園を風景写真の撮影目的で行ってきましたら、まるで水墨画を鑑賞する様な印象を与える程綺麗でした。
最初の二枚で点が多くみられるのは、ストロボをたいたら雪粒が映し出されているものです。













★金沢城公園ー玉泉院丸庭園












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石垣の雪模様と、雪の中の照明の明かり。

2017-01-23 20:11:43 | 写真
今日の早朝、金沢城公園の三の丸辺りゆっくりとで時間を費やしました。僅か1・2cmほどの僅かな積雪でしたが周囲全体が真っ白の状態。

石川門から三の丸に入って丑寅櫓台北側石垣の方へ向かっていくと、丑寅櫓台北側石垣全体が強い北風がまともに石垣にあたったのか白く石垣模様がはっきりと見えます。
さらに、撮影した場所の足元で通路・芝生・建造物が雪で全体が真っ白の中で、通路沿いの照明があかるく照らし出されていました。
これはちょっと面白い構図かな???







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「シナマンサク」などの花と、霞が池の光景

2017-01-19 19:38:18 | 写真
今日は金沢市中心部で「全国城跡など石垣整備調査研究会についての基調講演」という講演会があったので聴講してきました。
内容は二人の文化財に関する学者(先生)による講演があり、内容が濃くじっくりと聴講させていただき有意義のある一日でした。

講演会まで時間的に余裕がありましたので兼六園へ回ってきました。
そうすると先日まで蕾だった「シナマンサク」と「ユキバタツバキ」が咲き始めてきました。
又、霞が池の水面はまだ半分はかり凍り付いていましたが、凍っていない箇所は雪吊りなどが鏡の様に美しく描写されていました。



「シナマンサク」梅林


「ユキバタツバキ」桂坂トイレそば


「コトジツバキ」

下記写真は霞が池の周囲を角度を変えて撮影しました。
気温が低いこともあって水面の半分ほどは前日に続いて凍り付いていましたが、凍っていない水面を含めての光景はまるで水墨画の様にも感じます。














鯉の遊泳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加