風景と植物ー団塊世代

自然は素晴らしい

玉泉院丸庭園復元状況

2014-02-27 20:31:42 | まち歩き

★玉泉院丸庭園復元状況
今日、玉泉院丸庭園の復元状況の様子を見てきました。
近日はたいして雨・雪の降る日が少ないので庭園の池は水が全然ありません。
その中で、大小の中島や出島にいくつか渡る橋が架かっている光景が見られますが、特に大きい中島から出島に架かる曲線状の木橋の上部でギボウシ(擬宝球)が設置してありました。
こうしてみるとこの橋は庭園に映えます

H26227_3 北側からの全容

H26227_8 北側から

H26227_5 正面

H26227_6 南東側から

H26227_7 南東側からの全容

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金沢城公園の橋爪門と玉泉院丸復元状況

2014-02-17 10:37:36 | まち歩き

金沢城公園の橋爪門と玉泉院丸庭園の復元状態を見学してきました。

そうすると、平成27年春の完成に向けて、順調に工事が進んでいるのではないかなという印象でした。
完成まであと一年ほどなので、待ち遠しいです。

1h26216 「橋爪門二の門」
Dsc01071「見取り図」
「橋爪門二の門」の屋根の左側に、見取り図にも斜めに入っている箇所が見られる様に、斜めに入った木工事が見受けられます。
この後は、鉛瓦を設置されるのではないかなと思います。

2h26216
「枡形太鼓塀と出し」
太鼓塀の右側の屋根部分に新たに木工事が進んでいると思います。

H26216_4
「玉泉院丸庭園」の復元状況。
今の時期は雪と雨が降る日が多いので、完成されている様にも錯覚する様に、泉水の箇所に水が張っていました。
写真の上部の左側に小さく工事の囲いが見られますが、これは江戸時代のも存在していた場所に同様の唐傘を設置する様で、現在工事が行われている様です。
ちなみに、右側の囲いは現在休憩所が建築されるための工事が進行しています。資料を見ると完成すると、ここから庭園が綺麗に鑑賞できる様です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湿生園の植物とコガモ

2014-02-17 10:08:20 | まち歩き

昨日(2月16日)、金沢城公園の新丸にある湿生園を散策したら、「ハンノキ」「ネコヤナギ」と池(堀)に「コガモ」が泳いでいました。
植物と鳥。自然は良いですね。

H26216_2 「ハンノキ」
「ハンノキ」は湿生地に存在する樹木で、「オニグルミ」の花の様に雄花序がぶら下がる状態になる。

H26216 「ネコヤナギ」の花芽
今の「ネコヤナギ」は猫の尾の様にふさふさした真っ白な花芽から、やや花の状態に近くなる様に変化しています。

H26216_3 「コガモ」
「コガモ」が10羽ほど、賑やかになにか会話をしながら悠々と泳いでいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兼六園で梅の咲き始め

2014-02-13 19:33:19 | まち歩き

梅が咲き始めてきたので春到来が近いと感じますが、このままで雪が終わるとは考えられないので、梅など咲いている植物を見るとホッとします。
今日の早朝に兼六園を散策すると、梅の「ヤエカンコウ(八重寒紅)」と「トウジバイ(冬至梅)」が数輪開いているのが確認しました。
兼六園の梅林では「ヤエカンコウ(八重寒紅)」は梅の中でも一番咲き始めると思いますし、「冬至梅」も続けて咲くと思います。
私は「八重寒紅」の花の色は優しくかつ八重咲きなので梅の種類では好きな花です。
「冬至梅」の撮影は日の出前でしかもチラホラと雪が舞い落ちる時だったので薄暗く、撮影に際しフラッシュにしたので実物よりやや白くなった様です。

H26213 「八重寒紅」

H2623 「冬至梅」

地元発行の新聞紙上で尾山神社で「八重寒紅」が咲いていると記載されていたので、今日仕事帰りの午後5時20分ほどでしたか尾山神社に寄って来ました。
確かに5.6輪ほど開いていましたので早速撮影しましたが、見た目は兼六園の「八重寒紅」と同じ色の花でしたが、撮影して実際ここで見ると淡紅色でもやや色が薄いですが、時間帯と天気の状態の違いですかね。

H26213_2 尾山神社の「八重寒紅」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金沢城公園の冬景色

2014-02-08 11:36:57 | まち歩き

昨日(7日)の朝、金沢城公園を散策すると先日来からの積雪で全体が真っ白。
現在は寒いけれども、金沢城公園や隣接した兼六園は四季折々風景や豊富な植物があって素晴らしい。

1h2627_3
石川門の櫓と石垣は雪で白い。

2h2627_2
三の丸の石川門傍から撮影した左から橋爪門続櫓・五十間長屋・菱櫓。手前の芝生地は雪で真っ白。

3h2627_3
橋爪門続櫓と雪吊り。左隅は現在復元工事中の橋爪門二の門。

4h2627_2
金沢城最古の石垣で文禄期(1580年代)に普請。ここも雪が石垣全体にかかって真っ白。

5_h2627
撮影した昨日(7日)の朝は-2~3度で冷え込んだので、金沢城・兼六園管理事務所の屋根から長さ20~30cmほどの氷柱がずらり並んで下がっている。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加