庄司卓完全攻略ブログ 寒中見舞い

作家庄司卓のブログです。
スケジュールは毎月一日に掲載。アクセスカウンターは2010年1月1日より集計。

『BanG Dream!』第五話

2017年02月22日 00時07分49秒 | Anime・特撮
おたえはあれか。この手の「女の子+音楽」アニメに欠かせない一見クールビューティーしかししてその実体は「黒髪ロングボンクラ」枠(^^;だったか。まあ黒と言ってもアニメ的演出で濃い青や紫のパターンも含めると一気に増えますな。
この法則に気づいたのは執筆後だったので拙著『ルミナス☆アイドル』(HJ文庫刊)に、このようなキャラクターを入れられなかったのは残念ですねえ。まぁ続編が書けるなら是非出したいのですが(ダイレクトマーケティング(^^;)。

そんなわけでおたえもぼんくら枠で、今のところメンバーは、ボケ、ボケ、大ボケ(^^;状態です。常識人かと思われたりみも、あんな歌詞をかいてくるとはなかなかのボケ力です(^^;。
有咲一人だけは突っ込み力不足ですなあ。沙綾が入ってくると突っ込みが二人になりますが、バンドの構成としては後ろで楽器の前から動けないキーボードとドラム。MCで香澄が何かやらかして、おたえとりみりんが華麗にスルー。後ろで有咲と沙綾が青くなるなんて光景がいまから目に浮かぶようです(^^;。

ライブハウス「SPACE」はガールズバンドの聖地だったのね。こういう設定は最序盤から出しておいても良かったと思います。
そのステージに立っちゃった香澄は、野球に例えるなら、予定していた人が来られなくなり、キャッチボールもしたことがない少年が甲子園のマウンドで始球式をやっちゃったようなものか。
しかしこれで「始球式がどういうものか知らない少年が本気で投げ」「リアルで言うと大谷や山田みたいな一流選手が反射的に本気でバットを出したものの空振りしちゃった」みたいな展開だと、そのまま野球マンガの第一話になりそうですな。てか、探せばありそうですな。こんな野球マンガ。
「ガールズバンドを、SPACEをなめるな!」という展開なのですが、いかんせんおたえがボンクラ枠なので、それほど盛り上がりませんでしたねえ(;´Д`)。まぁこの辺はゆるゆるな演出方針なのでしょう。
しかしガールズバンドの聖地であるライブハウスの名前が「SPACE」というのはどうにかなりませんでしたかねえ。ストーリー的に何か意味があるのかも知れませんが、流して聞いてると一般名詞としての「空間」を表す「スペース」と混同してしまいます(;´Д`)。

さっそく演奏する曲で頭を悩ませる香澄。普通、バンドをやる時は、憧れのバンドというものがあって、まずはそのコピーから入るのが一般的かと思うのですが、香澄の場合、バンドをやることそのものが目的ですからねえ。いきなり、牛込姉妹作詞作曲編曲のオリジナルナンバー。取り敢えず無難にビートルズ辺りから入るという発想がないのは、まぁ大人の事情でしょうか(^^;。既存のそれも有名な曲なら、初心者向けにアレンジしたバンドスコアも簡単に入手できますからね。

コードを知らなかった香澄にタブ譜を見せても分からんだろうとか思っていたのですが、それ以上にある重大な事実に気づいた。
香澄ちゃんは一応ギターの練習はしていたけど、歌の練習は全然してないじゃん(;´Д`)。
『けいおん!』ですら(^^;、演奏しながら歌うのは難しいという台詞があったのに、いきなり合せちゃいましたね(^^;。
前回書いたように私はバンドをやった経験はないのですが、数回程度ですが他の人と演奏した事はあります。初めて演奏を合わせる緊張感はよく出ていたと思います。

さておたえはこのまま加入かな。校庭で香澄たちがキャッキャウフフしていた時、校舎から見ていた女の子が気になりますねえ。
次回はドラムの沙綾加入回のようですが、どうやら過去に何かあった様子。校舎から見ていた女の子と一緒にバンドをやっていて、うまくいかず止めちゃったとかですかねえ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

『ハンドシェイカー』第六話

2017年02月21日 00時01分28秒 | Anime・特撮
「プレシャスメモリー」すげええΣ( ̄□ ̄;;;)!!
もう「プレシャスメモリー」のアニメで良かったんじゃないか(^^;。

今回はまるまる一話つかって、カード組のリリ会長と弟マサルとの戦い。うーん、スタッフ的には中盤の山という意味合いだったのかも知れませんが、今ひとつ盛り上がりませんでしたねえ(;´Д`)。

リリ会長の家族は仕事人間の父に、ノイローゼ気味の母。そしてマサルくんは反抗期というところですか。その中でリリだけが家族をつなぎ止めようと優等生を演じていたわけですかね。そのリリが唯一、自分をさらけ出す事が出来たのが弟のマサルの前でだけ。マサルもそんな姉が唯一の繋がり。
リリ会長はタヅナの前でマサルが好きだと告白しますが、ぶっちゃけタヅナくん「うわぁ……(;´Д`)」と若干引き気味でしたねえ(^^;。まあ故人とはいえ、いまだに妹のムスブを引きずっており、そのイメージをコヨリに重ねてるところがあるタヅナくんもタヅナくんですが(^^;。そうえいば円盤CMのMC、そのムスブちゃんバージョンがありますね。一体あれはどういう意図なのでしょうか。やはり妹ちゃんは生きていて、最終盤で登場するのか。

また回想シーンでマサルくんをかばったリリが腹をぶち抜かれて出血しますが、あの程度の怪我でもジグラートから出れば治るんですかね。それともジグラートの中にいるのは、実体のある肉体などでもなく、精神のイメージみたいなものなのでしょうか。

結局、敗退したリリ、マサル姉弟。家に帰ると珍しく両親が揃っており……。ということでテーブルに置いてあったのは離婚届? 幸か不幸かこういうものには縁がないので検索してみたのですが、ちょっと違うようですねえ。両親が離婚、リリとマサルはどちらにも着いていかず、二人だけで生活していくのかもと思ったのですが。

さて次回、どうやら息抜きのギャグ回? チェーン組も再登場するようです。
こういう中盤のギャグ回で重要な謎が明らかになるのもよくあるパターンですが、やはりそうなるようですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニュートンプレス民事再生手続き開始(;´Д`)

2017年02月20日 22時53分34秒 | Weblog
ありゃま(;´Д`)
雑誌「ニュートン」ですが、昔は毎号買っていたのですが、最近は気になる特集の号しか買っていません(;´Д`)。最近だと2017年2月号「光の量子論」ですね。
まあオールカラーという事もあって、毎号大体1200円とちょっとお高めですからねえ。
総合科学雑誌は他にも「日経サイエンス」や「ナショナルジオグラフィック日本版」などがありますが、書店で手に取りやすいとなればやはり「ニュートン」ですね。
今ではちょっと信じられないのですが、1980年代には科学雑誌ブームがありまして、他にも「UTAN」や「OMNI」などが発売されておりました。
別冊ニュートンもネタ探しや資料としてなかなか重宝してるので、刊行ペースを落してでもなんとか続けて欲しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週のまぁいろいろ

2017年02月19日 23時53分15秒 | Weblog
まだ寒い日もありますが、徐々に日も長くなり春めいてきましたね( =゚ω゚)ノ。しかしそうなると厄介なあの季節が……。
どうにも最近、外出すると鼻がむずむずすると思っていたら、都内にはもう花粉が飛散しはじめてるとか(;´Д`)。


RVさん、コメントありがとうございます。
『艦これ』。イベントの方はなかなか要領が飲み込めずに先へ進めません(;´Д`)。燃料も慢性的に不足気味ですねえ。
まぁ気長に進めます( =゚ω゚)ノ。イベントは今月一杯までなのかな。

nisiさん、コメントありがとうございます。
弟にぞっこんなのは姉の方だけなのか。それとも弟もまんざらじゃないんですかね。
しかしバトロワものとは思えないのんびりした展開ですねえ。ここは『龍騎』の浅倉や、『WIXXOS』のあきらっきーみたいなキャラを出してかき回して欲しいものですが。
手を繋がないと能力発動が出来ないという設定があるのですから、ここは「ジグラート内で手を離すと敗退」みたいな分かり易いルールでも良かったですね。

xさん、コメントありがとうございます。
『龍騎』や『舞-HiME』でも似たような台詞がありましたな。両作品とも主人公はバトロワを止めさせようとしてるわけですが、『ハンドシェイカー』の主人公はいまだに戸惑ってる状態ですねえ。
>名前とコードネームがWIXOSSの重要キャラだったり
>妙なところでシンクロしてますな
言われてみればその通りですね。多少は意識してるのでしょうか。

nisiさん、コメントありがとうございます。
唯というか『けいおん!』の場合、目的が「軽音部にいる」ことそのものだったので、極端な話、楽器が出来なくても話は成り立つのですよね。でも『BanG Dream!』の場合、バンドを組んで演奏するのが目的ですからねえ。
野球に例えるなら、キャッチボールもろくにした事がないのに、野球部を作ろうという感じですね。。部員集めに奔走する余り、練習もルールの勉強もしていない。スコアブックどころか「ホームランって何点?」状態ですからね(^^;。

xさん、コメントありがとうございます。
バンドものに限らず、アイドルもの、音楽もの全般の定番ネタですね。
しかし『けいおん!』のムギちゃん、『ラブライブ!』の真姫ちゃん、『ラブライブ! サンシャイン!』の梨子ちゃんといい、皆さんクラシック出身なのに、よくもまぁいきなりポップスの作曲、編曲が出来ますね(^^;。
まあその辺の突っ込みもあるあるネタですが。
『BanG Dream!』はりみとお姉さんが作曲、編曲担当なのかな。

nisiさん、コメントありがとうございます。
>仮面の男の正体がガエリオだったとは。
いやぁビックリでしたね(棒)。
この作品、ちょっと敵の描写が弱いですねえ。多分、敵にも理があるというのを強調したかったのだと思いますが、終盤になっても甘さや脆さのほうが目に着きます。
「とにかく全部殺す」マシンのハシュマルくんを除けば、一番厄介な敵って実はイオクさまなんじゃあないかという状態ですからね(;´Д`)。
ガエリオの新ガンダム、最新話で登場しましたね。しかしあのような登場なら、戦闘中にアーマーパージしてくれた方が盛り上がったんじゃあないかと(;´Д`)。

xさん、コメントありがとうございます。
最新話によると、やはりガンダムバエルはギャラルホルンにとっての三種の神器や伝国璽のようなもののようですね。
アグニカの魂云々については、まだよく分かりませんが、まだ何か有りそうですな。

碧流さん、コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰しておりました。またよろしくお願いいたします。
ヴィダール、延々引っ張ってきてようやく活躍でしたねえ。しかし最新話で改装という事で勿体ない(;´Д`)。やっぱりヴィダール状態の方が格好良かったような……。まあ動いてみないと分かりませんが。
バルバドスも以前から自分の意思があるような描写が見受けられましたし、実はアグニカの意思が封じられてるのはバルバドスで、バエルは空っぽなんて事もありそうですねえ。
>あの男、心底悪い笑顔をたまに浮かべますよね。
そうなんですよねえ。マクギリスやガエリオの考えは大体分かってきた中で、この人だけがまだ腹が読めません。ラスボスというよりは、黒幕フラグを立ててるような気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特撮新番組『宇宙戦隊キュウレンジャー』

2017年02月18日 23時57分18秒 | Anime・特撮
例によって銀座の某社勤務の友人との会話
友人「そんなわけで九人で『キュウレンジャー』です。五人揃ってゴレンジャーだから九人ならキュウレンジャー」
私「じゃあ『ジュウレンジャー』は!?」
友人「まぁ『それはそれ、これはこれ』という事で」
だそうです(^^;。
もっとも考えてみれば前作は『ジュウオウジャー』。そして今回が「キュウ」。すると来年は「ハチ○○ジャー」? いやその前に『トッキュウジャー』もあったし(^^;。

意外にも今まで「宇宙戦隊」はなかったんですな。宇宙からの敵というのは、他のシリーズでもちらほらありましたが、本格的なのは『ゴーカイジャー』以来か。しかも今回、舞台は地球とは限らず宇宙の色んなところを回っていくようです。まぁ地球の由来の88星座が、他の星系でもそのまま通じるのはご愛敬ということですか(^^;。

平成仮面ライダーでも、何度か星座モチーフというのは候補に挙がったものの、『グランセイザー』や同じ東映制作のアニメ『聖闘士星矢』を連想してしまうので、いつも見送りになってしまったというのは、冒頭の銀座某社勤務の友人筋から情報。
それがようやく「スーパー戦隊」で日の目を見たわけですな。

一話はいつも力が入ってますが、それに増しても今回は例年以上にド派手でめまぐるしい展開。九人のメンバーは宇宙人あり、ロボット有りの混成メンバー。宇宙が主な舞台と言い、これはかなり海外市場を狙っていますかね。
それにしてもオリオン号のデザインがぶっ飛んでますなあ。『マップス』のリプミラ号を思い出しますが、モチーフは船首像ですかね。

侵略者に立ち向かう為、宇宙の各所から勇者が集まる。その手には光る丸っこいものが……。という展開で、東映制作だと、私の世代ではどうしても『宇宙からのメッセージ』を思い出してしまいます(^^;。実は同じ世界とか。まぁ『宇宙からのメッセージ』は権利関係でややこしくなってそうなので、直接繋げるのは難しそうですが、にやりと出来る描写は期待したいですね。

期待ついでに言わせて貰えれば、昨今、どのメディアも宇宙物は苦戦しているので、この作品にも頑張って欲しいですね。私のファミ通文庫の新作も宇宙物ですので(^^;。

それはさておきオオカミブルーことガルの鼻が、変身後には引っ込んでる(?)のは、『デカレンジャー』のデカマスターことドギー・クルーガーと同じ理屈という事でよろしいですかね。いやまあどういう理屈なのかは分かりませんが(^^;。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加