庄司卓完全攻略ブログ 梅雨の季節

作家庄司卓のブログです。
スケジュールは毎月一日に掲載。アクセスカウンターは2010年1月1日より集計。

『仮面ライダーエグゼイド』第30話

2017年05月11日 23時09分49秒 | Anime・特撮
毎回毎回クライマックス&カオティックなこの作品。
今回もエグゼイドとパラドレベル99の最終決戦かと見まごうほどの戦いの後、黎斗前社長が全部持っていってくれました(^^;。
つまりあれか。バグスターウィルスに感染して消滅した人間は、バグスターと入れ替わってゲーム空間に雑魚バグスターとして閉じこめられるという事なのか? それが何らかの理由で黎斗だけに発現したのか。それとも誰でもそうなるのか。もしも誰でもというのなら、貴利矢先生や飛彩先生の恋人も復活できる可能性があるのか?

それにしても女性ライダーのダブル変身はなにげに史上初? いやまぁニコちゃんのライドプレイヤーは厳密に言うとライダーではないのでしょうが。味方になった女性怪人とライダーの変身はあったような気がしますが、なかなか貴重なショットでした。仮面ライダーポッピーは味方になるとカラーリングが変わるかと思っていたのですが、パーツ追加に留まったようです。それに目敏く気づくニコちゃんですが、ひょっとしてそれを言わせるためにダブル変身させたかな。
またこの時、ポッピーが「良性バグスターになったから」となにげに意味ありげな事を言ってますな。良性バグスターは人間に危害を加えず共存できるという事なのか。もっともそのポッピーも恐らく感染した黎斗の母と入れ替わった存在ですからねえ。
自分に出来ることをと言う飛彩先生に大我先生。その中で「自分はバグスターだから」と六個目のゲーマドライバーとプロトタイプマイティアクションガシャットを手にするポッピー。なかなか悲壮な覚悟で、これもラストへ向けての布石なのかも知れません(;´Д`)。

ゲーマーエムが最強だったのは、パラドの力があっての事。それが分離してしまった今の永夢ではパラドには勝てない。そこに現れるゲンムレベル0。変身していたのはサルベージされた黎斗前社長!
わざわざガシャットをゲーマドライバーを隠していたという事は、こうなる事をある程度、予見しており、いざという場合に備えておいたのでしょうか。こうなると黎斗前社長の最終目的は、人間もバグスターも超越した存在になる事ですかね。そうして現実世界でもゲームマスターになろうとしてるのか。
もっともバグスターになったということは、その欠点も引き継いでしまったわけで、バグバイザーにあっさり吸収されてしまう事に。カプセル怪獣ならぬ、カプセル前社長か(^^;。

さて予告編ではドクターライダーズから総スカンを食らう前社長。しかしこのままではパラドは倒せないわけで、さてどうなりますかね。クライマックス&カオティックなこの作品だけに、またまた思いも寄らぬ展開になるのか。

しかし今回、エグゼイドとパラドの対決を見守ってるマキシマムゲーマーのアーマーがなにげに可愛かったです(^^;。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カクヨム連載『我が偽りの名... | トップ | 5月11日(木)のつぶやき »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。