庄司卓完全攻略ブログ 春ですね

作家庄司卓のブログです。
スケジュールは毎月一日に掲載。アクセスカウンターは2010年1月1日より集計。

『サクラクエスト』第二話

2017年04月16日 21時56分57秒 | Anime・特撮
今回の第二話を見ていて、紳士諸氏がみんな思ったであろう事……。
「取り敢えず脱げばいいんじゃないかな」(^^;。
いやまぁ全裸とまではいかなくても水着だけでも(^^;。

さて新国王由乃に下されたミッションは、観光会長が誤発注したチュパカブラ饅頭千個を売り切ること。一話で由乃に協力してくれたのはしおりだけで、夏希さんは見てるだけ~~。一話で一人ずつくらい参加してくるのかなと思っていたのですが、二話で一期に五人揃ってしまいましたな。
しかし夏希さんも分かったようで分からないですね。夏希がログハウスの管理人(?)をしていた事を、しおりは知らなかった様子。夏希はテレビドラマ「おでん探偵」に脇役で出演していた劇団員のようですが、東京在住だった由乃はなぜかその番組を知らない。一方で間野山では「おでん探偵」は誰でも知ってる作品のようです。これは「おでん探偵」という劇中劇もこれから何か関わってきそうですねえ。夏希がログハウスにいたのもそれが関係していそうです。

結局、町の公式サイトをリファインしてチュパカブラ饅頭を売ろうと、Iターンしてきた早苗のところに頼み込む事に。早苗さん、田舎でスローライフを目指したものの、あっさりリタイア。ネット上でなんちゃって農業女子をやっていたわけですかね。
まあウェブデザイナーなら、今なら確かに東京にいる事はありませんな。
しかしウェッブデザイナーならサイトを更新してリンクを張っただけでは閲覧者は来ない。来ても実際に現場に来て何かを買って貰うには、そこまでの交通インフラを何とかしなければというのは分かりそうなものですが。
「誰に」「何を」「どう売る」のかがさっぱり決まってないのですから成功するはずも無し。この辺はおいおいマーケティング担当キャラが出てくるのか。そういうのは突っ込んではいけない世界なのか。
突っ込みついでに言うと、チュパカブラ饅頭。賞味期限の一週間以内に売り切るのが今回のミッションだったわけですが、観光地の土産物、特に火を通してある饅頭は大抵の場合、賞味期限一ヶ月以上有りますし、なければ困ると思うのですが(^^;。お土産ものの場合、その場で消費するのではなく、自宅へ戻った後、そして周囲に配る事もあるので、賞味期間一週間ではかなり厳しいですねえ。
確かに生もののおみやげ物の場合、賞味期限が短いものもあるのですが、それはよっぽどの名産品、特産品。加工食品の饅頭で一週間というのはかなり賞味期限としては短いですね。
チュパカブラ饅頭を間野山の名産品とするのなら、もっとそういうところから考え直さないといけないような気がします。
……って、こんなところ突っ込むべき作品なのかどうか(^^;。

今回はあくまで早苗さんのターンという事で、夏希、凜々子についてはこれからという事ですかね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カクヨム連載『我が偽りの名... | トップ | 4月16日(日)のつぶやき »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-04-17 00:29:36
>おでん探偵
元ネタはドラマ化もされた喰いタン?

>饅頭
ぷよまん・・・うっ。
饅頭は冷凍して保存や揚げ饅頭にしたりでなんとか消費するしかないですかね?
鉄道会社が煎餅で資金を捻出したり、こういう食品が黒字部門だったりするのが不思議。
Unknown (nisi)
2017-04-17 08:25:06
さっそく女子メンバーが集まりましたが、まだ1人を除いて町おこしのやる気が無い。

これは後半で、町の危機(となり町と合併とか)になるまで、嫌々行動していくパターンでしょうか。

今回出てきたWebデザイナーは、あくまで都会の理論で広報していたようですね。
庄司先生のいうように、皆水着になればいいのに。
それにしても美女ばかり集まったなあ。

よく考えると、主人公達が高校生より上の年齢のアニメ作品って最近では珍しいですよね。
(シロバコとかNEW GAMEとかアクティヴレイドとかメイドラゴン)

Unknown (comings)
2017-04-17 18:33:16
何も無い村だと思っていたらわりとスキルある人が集まったけどダメだったと厳しい結果に。売れ残りの饅頭どうするんでしょうなあ…

気になったのは由乃が、そこそこ東京で暮らしてたのに東京にはなんでもありますって言い切って他のメンバーがそーおー?って感じだったことですかね。

どうも由乃の色々燻っている部分が垣間見えたようで、それがこれから明らかになりそうなのが大変だなあと。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。