庄司卓完全攻略ブログ 師走

作家庄司卓のブログです。
スケジュールは毎月一日に掲載。アクセスカウンターは2010年1月1日より集計。

『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章』第四話

2017年11月02日 23時58分59秒 | Anime・特撮
銀ちゃん・゚・(ノД`)・゚・。
バーテックス三体に一人立ち向かい、ついには仁王立ちのまま息絶えるとは(;´Д`)。
まあ私の年代としては『侍ジャイアンツ』原作版の番場蛮の最期を思い出してしまいましたが(;´Д`)。
それにしても女子小学生にここまでの重責を担わせるとは。確かにここで破れれば人類滅亡。バーテックスに立ち向かえるのは、お役目に選ばれた少女だけとなれば、どうにもなりませんが、それと分かっていてもどうにか出来なかったものかとは思いますねえ。
前期、東郷さんと名乗っていたわっしーではありませんが、こんなやり方しか残されていないのならば、こんな世界滅びてしまえともなるのも分かります。

しかしこうなると神樹さまが如何なる存在なのか気になりますな。神樹さまは人間を守ってくれているのではなく、ただ自分自身がバーテックスから逃れたいだけなのかも知れません。神樹さまが力を維持するには信仰する人間が必要。だから結果的に人間を守っている。良く言えば運命共同体、悪く言えば家畜あるいはせいぜい番犬(;´Д`)。
如何に四国だけとはいえ、300年の間。これといって技術的進歩が見当たらないのも気になるのですよね。神樹さまは人間が歯向かわないよう、技術の進歩は抑えつつ、ただバーテックスを倒す勇者システムのみ改良を許していたのかも知れません。

それはさておき、ゲームアプリ「花結の章」をやっていると、なまじ前作後の世界へ召喚されてしまったから、銀ちゃんは死を覚悟してしまったのかも知れないとも思えてしまいます。
中学生になったわっしー=東郷さんにそのっちは居ても自分はいない。出世して大赦本部付きになったかとおどけてみても、本心では「あれ、ひょっとして……。私、死ぬのか?」と気付いてしまったかも知れません。銀ちゃんはあれでいて非常に勘のいい子みたいですからねえ。
そこで「どうせ死ぬなら、立派にお役目を果たして死のう」なんて密かに思い詰めてしまったかも知れませんねえ。
まあわっしーやそのっちの反応を見ると、召喚された時の記憶は、帰還する時に消されているようですが、無意識のうちに行動に反映されていたのかも知れません(;´Д`)。

生き延びた、生き延びてしまったわっしーと園子。勇者システムには前作の胆だった「満開」が装備されるようで、これはこれで死ぬよりも辛い結果に為るかも知れません(;´Д`)。
前作では満開を繰り返して「半分神様のような存在」になっていた園子ですが、どうやらその視点で語られてるアバンの回想では「近くに銀を感じる」と言ってるのも気になりますねえ。勇者として戦い死んだ少女は、みな魂は神樹さまと一体化してるのかも知れませんな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年11月現在の状況 | トップ | 11月2日(木)のつぶやき »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆゆゆい (Sila)
2017-11-03 01:52:36
死ぬと解ってても、心動かされるものがある回でしたね。
うん、やっぱり死ぬキャラは嫌な奴の方がいいね。ホウメイさんの言うとおりだ。

神樹様とバーテックスについては、ゆゆゆいで確信に触れる情報が断片的にかなり出てますね。
それをふまえてというか、ゆゆゆいやって気付いたのが、無垢な少女を選んでるんじゃなくて、心に問題を抱えてる少女を選んでる気がしました。
高嶋友奈も結城友奈も三ノ輪銀も表面的には凄く良い子ですが、よくよく考えると突出して壊れてるんですよね。自己犠牲どころか、自己に対する執着が一切無い、自分を犠牲にしてる自覚が無い気がします。
他の子も家庭の問題(千影、夏凛)とか、性格の問題(若葉)とか、共依存(タマ&杏、風&樹)とか、社会的立場とか(須美、園子)、小中学生ではキツイレベルの問題だらけで、それが一か所に集まってるとか、ちょっと怖いです。
心に問題があると操りやすいらしいですし、その辺が理由で選ばれているのかもしれません。
Unknown (Unknown)
2017-11-05 11:53:41
300年の間、勇者システムがそんなに進化してなかったのは、初代勇者(乃木若葉の章)の最後の戦いの後、巫女が天の神と会話をし、「勇者システムを放棄する代わりに、人類を見逃してほしい」と言い出し、天の神にそれを受け入れられたからです。その後天の神を欺き、人類は勇者システムの強化を図っていましたが。
大赦に秘密体質が強いのはこのせいです。
天の神に悟られないようにする必要がありましたので。

もしそれがなければ、鷲尾須美編の勇者はもっと弱かったでしょう。

天の神からしたら、人類(勇者)が神の力で戦っていたのも気に入らなかったようです。

わすゆ編で、銀の死亡後、および結城友奈編までの間に勇者システムが大幅強化できたのは、すでに隠れて取り組む必要がなくなったからです。

初代勇者の、郡千景が好きなゲームも、300年経ってもそんなに進化してませんでしたが、それは、人類が日本の四国地方しか残ってないからかもしれません。

人類の文明や技術は、全世界との競合があったから進化できたはずですので。

結城友奈たちの先代勇者である乃木園子が勇者の章で参戦するらしいので、それが非常に楽しみです。

コメントを投稿

Anime・特撮」カテゴリの最新記事