庄司卓完全攻略ブログ 寒中見舞い

作家庄司卓のブログです。
スケジュールは毎月一日に掲載。アクセスカウンターは2010年1月1日より集計。

『BanG Dream!』第四話

2017年02月15日 22時49分23秒 | Anime・特撮
つうか、香澄ちゃん。コードも知らなかったのか(;´Д`)。

うーん、この作品。最初から「初めてのバンド活動」みたいなアプローチで良かったんじゃないかな。
香澄も最初からある程度はギターが弾ける。でもバンドをやった事がない。今までは一人で弾いてるだけだったが、高校デビューを機会にバンドをやりたいと思うようになったとか。
変に「憧れのライブハウス」や「キラキラ輝きたい」ではなく、それこそ「高校生になったんだから今までとは何か違う事がしたい」と思い始めた女の子が、身近にやはり楽器は出来るけど、バンド活動の経験がない、もしくは多少はバンド経験があるけど、今はやってない友達とバンド活動を始める。そういうのを等身大で描いた方が良かったかも知れませんね。

メンバー集めから始まり、練習場所の確保、楽器の搬送方法。映像ソフトジャケットにエフェクターらしきものがありましたが、それこそ「エフェクターってどう使うの? エコーとリバーブはどう違うの?」とか(すいません、前世紀の知識で書いてます(^^;)。
そういう「初めてのバンド活動あるある」パターンに持っていく手も有りましたねえ。まあ四話は割とそう言う方向性が出てきましたが。
まあ新メンバー候補と今までのメンバーの間で揉めるというのも割とよくあるトラブルのようですからね。
あ、ちなみに私もバンド経験はありません(^^;。

しかし元キーボード弾きとしては、ニヤニヤする有咲に思わず感情移入してしまいました(^^;。
いいよね、キーボード。スイッチやボタンが沢山あって、厨二心をそそるよね(^^;。
私の世代では、ライブの時ステージ上に要塞のようにキーボードを重ねてる坂本教授や、アナログシンセに埋め尽くされたスタジオでマッドサイエンティストのように佇むTOMITAこと故冨田勲氏に憧れたものですが(^^;。

さてさてようやくコードを理解した香澄ちゃん。有咲も機嫌を直してくれたようで文化祭へ向かって準備開始。
一緒にバンドをやって欲しいという香澄の願いを「無理」と断るおたえこと花園たえ。
うーん、これはライブハウスSPACEがたえにとって特別な場所だからなのか。だからこそそのステージに気軽に上がった香澄に釈然としないものがあるのか。あるいは音楽性や、自分と香澄たちの技量の差か。
案外、香澄が周囲を気づかう余裕がないのに気づいて、このままではバンド活動をやっても空中分解すると思ってるのかも知れません。そこで姉御肌の沙綾が参加ですかね。しかし沙綾もドラムやってる気配はないなあ。
リアルでバンド活動するとなると、一番のネックがドラムになりそうですからねえ。ましてやガールズバンドならなおさら。
まあ打ち込みでやるのが一番現実的ですが(^^;、オープニングやCMでは沙綾がドラムやってますから、加入はするんでしょうね。つかしないと困るし。

こういう作品には一人お金持ちがいると何かと便利なのですが、この作品にはいないなあと思っていたら、有咲がそのポジションなのか(;´Д`)。とはいえ、お金持ちというには、ちょっと地味ですねえ(^^;。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ハンドシェイカー』第五話 | トップ | 『仮面ライダーエグゼイド』... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nisi)
2017-02-16 08:53:18
>コードも知らなかったのか

けいおんの唯ちゃんもスタートは同じですが、
彼女はある意味天才だったので、
なんとはなしに上達していくのに、
何の疑問もかんじませんでした。

香澄は、調律、コードと一歩一歩覚えているのが、
どこまで上達できるのか見てて不安だなあ。
何クールなんだろうか。
Unknown (x)
2017-02-16 22:33:47
親が有名作曲家
兄弟姉妹がすでに業界で働いていて実績がある
家に充実した機材設備スタジオがある
音楽が原因で両親離婚、楽器をやりたいけどできない

ここらは定番よくあるネタですな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。