好奇心全開!!林住期を遊ぶ

 林住期も下り坂に突入して、やっと命の不思議に目覚めたようね感じです。
 玄牝の門を敲きます。

『 とはいえど今一度の秋に夢 』青のくさみ「森女」遊泳0808wq2301「0692」

2014-06-11 16:11:44 | 一休さんを遊ぶ


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青のくさみ「森女」遊泳 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★












ランキングにご協力くださいね。

おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






★ 青のくさみ「森女」遊泳0808wq2301「0692」

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

とはいえど今一度の秋に夢

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 燃え出る色に染まらば染まれ



 現実のまんまだったら、遊びは何にもはじまりません。現実の中に現実にはあり得ない物も持ち込んでこその遊びです。言葉の上の観自在です。



★★★ 青のくさみ「森女」遊泳0210『 どの花もわれ恋せやも秋の蝶 』w12q090909 へどうぞ!!! ★★★




 還るときお伴と遊べ赤とんぼ   仁


 よくも生きたり極楽とんぼ



 古来ひとつぶの露にも宇宙を観照してきました。夏草に兵どもが夢のあとを遊泳することもできます。凡愚老仁風の光さんを遊ぶこともできます。
 一休さんは森女さんに弥勒菩薩の到来を幻視しました。



 体験と知識を持ったまま子ども時代へ幼時帰りしたら、その少年はどんな夢を見て生きるのでしょうね・・・
 死に向き合うことは生まれる前の自分自身に会いに行くことかもしれません。
 あの野垂れ死に志向少年が、まさか古稀まで生きているとは、想定外の現実ですから、失われた時に戻って、思う存分少年時を再生するのも、存命の残された喜びになるのでしょうね・・・



 秋しぐれ未生の前の吾遊ぶ   仁


 花と星とのまぐわうゆらぎ





★★★ 青のくさみ「森女」遊泳0801『 幾たびも初心に還れ帰り花 』w12q0916「0692」 への交心です。 ★★★
 





★ 青のくさみ「森女」遊泳0701wq18

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

枯木なる吾に肥沃は毒ならめ

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――



.


 雲人さん、交心ありがとうございます。
 事実を知ること、真実を知ることは大切なことですから、たくさんの学者さんや研究者の方に明らかにしてほしいですね。とても難しいことでしょうけれど・・・
 邪馬台国論争は今以て何一つ証明されていませんし、藤原鎌足さんが何者なのか、聖武天皇が誰の子どもであるのかも不確かなままですね。政府は岩国に原爆貯蔵庫はないというし、30年後に原発ゼロを宣言しながら稼働を承認し、新しい設置まで考えるんです。公開される文書と内実は裏腹のものが多いのでしょう。
 世間虚仮。何事も鵜呑みにしないことが肝要なことだと心得ていこうと思います。
 自分自身のことさえ正確に表現できる人はおそらくほとんどいないのではないでしょうか・・・
 先日『怒れる十二人の男たち』を見ましたけれど、普通の人の記憶や判断がいかに曖昧なものであるかが明らかにされていきました。個人の正義の判断がいかに予断と偏見に満ちており、私情に振り回されているかも晒されていきました。
 信じるということは、善悪是非を超えて、存在の全体を受容することだろうと凡愚老仁は思います。受容なしに真実に近づくことはできないでしょう。
 人間関係もまず受容があり、根源的な命の共有があってはじめて、対話も成り立ち、相互理解が成就し、相違も矛楯も抱え込んだままに、真実の傍で生きていくことができるようになるのでしょう。
 痩せたソクラテスでいたいものだと念じています。



 枯木なる吾に肥沃は毒ならめ   仁


 少しの水と光と風を



 森女さんのことは一休さんの正統な崇拝者たちには無視されてきたようです。聖人君子に相応しくないのでしょうね・・・多くの人は一休さんの芸術的な作品としての昇華だと理解しているようです。お釈迦さんもイエスさんも聖化されて、人間じゃなくなってしまいます。イエスさんは処女懐胎だし、お釈迦さんは脇腹から生まれたといいます。そして性は差別され、女性は往生できないとされてきました。


 > 女をば法の御蔵と言うぞ実に釈迦も達磨もひょいひょいと生む   一休


 一休さんはこの因習と権力支配のシステムに挑戦したのでした。
 命の受容が根源的な方便です。
 命の受容が愛でしょう。
 逆行は権力体制に対峙する根源的なスタンスです。頓知は命を賭した人間革命のスタンスから生まれる知恵のスキルでした。一休さんの半生は人間革命の菩薩行でした。

 そして応仁の乱の最中に、運命的な森女さんに巡り会ったのでした。
 人間革命にもさよならする地平に到達できるようになるのです。森女さんの実存を知り、実存の交わりを深める中で、ただの人間に回帰していったのです。
 ほんとうに全受容の愛を実存しはじめたのでした。

 一休さんをただの人間に翻身させた森女さんはどんな生き方をしてきたのでしょう。
 凡愚老仁の空想のはじまりです。
 ここにミラクルな一休さんと森女さんの究極の愛が創出されていくのです。



 気がつけば足許に愛草の露   仁


 いのちの限り今ここ燃やす



 凡愚老仁の言葉遊びでどこまで森女さんと遊べるのかもよ~らなものですけれど、もうこの迷宮にはまり込んで1年も過ぎたのでしょうか・・・
 ゆるゆるのんびり、やっと入り口に入れるような気がして、わくわくしています。


 笑い飛ばしてくださいね。













★ 青のくさみ「森女」遊泳0804wq1701「0692」

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

気がつけば足許に愛草の露

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村

★ ありがとうございます。









★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ つけ句あそび交心w12q092001『 虫しぐれ一夜のゆえに恋まさる 』 へどうぞ!!! ★★★

 

★★★ 青のくさみ「森女」遊泳0706『 身一つも命の宝庫草の花 』w12q0917 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心173-03『 ここであえれば楽天楽土 命寛ぐ恋弥勒 』tx1103 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『 気がつけば足許に愛草の... | トップ | 『 酔芙蓉面目坊に恋狂い ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。