軟弱者 自給自足に挑む!

「学びは暮らしから」をモットーに!
娘とかーちゃんの田舎暮らし。

>『ぬ~べ~』原作者、ドラマ脚色に理解求める「大目に見て」

2014-10-26 06:16:51 | Weblog
>『ぬ~べ~』原作者、ドラマ脚色に理解求める「大目に見て」『ぬ~べ~』原作者、ドラマ脚色に理解求める「大目に見て」1264 2014年10月25日 21:12 ORICON STYLE 713つぶやき 67日記 484限定公開 チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアするtwitterでツイートするORICON STYLE  日本テレビ系で放送中のドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(毎週土曜 後9:00)の原作者(作画担当)・岡野剛氏が25日、自身のツイッターで、ドラマにおける設定変更に対する原作ファンの批判に対し「どうか大目に見ていただけないでしょうか。」と理解を求めた。  同作は90年代に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された人気漫画『地獄先生ぬ~べ~』(原作・真倉翔/作画・岡野剛)を、関ジャニ∞の丸山隆平主演で初めて実写ドラマ化。霊能力教師・ぬ~べ~が、左手に宿った鬼の力、霊能力を駆使して、妖怪や悪霊に憑りつかれた教え子を命懸けで守る姿を描く。  原作の舞台は小学校だが、ドラマ版では高校になっているなどの設定変更がなされており、岡野氏は「設定変更に対して原作のファンが憤りを感じられる気持ちは分かります。申し訳ないとも思います。」と理解を示した上で、「20年も前の作品を現代に甦らせるために必要な『翻訳』なんだと考えて、どうか大目に見ていただけないでしょうか。」とツイート。  このツイート対しても賛否両論あり、岡野氏は続けて「原作もアニメも見た事の無い子供たちが『ぬ~べ~、ぬ~べ~』って言っているんですよ。この今の状況を、私も真倉先生(原作・真倉翔氏)も喜んでいるのです」とドラマ化を擁護するコメントを投稿した。  さらに「原作とアニメと、それからドラマ。みんなちがって みんないい。そんなふうに思ってもらえたら最高に幸せです。」と、理解を求めている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体感? | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL