子無零 すこぴおのタイトル(必須)

説明(必須)って言われても…「子無零 すこぴおのBLOGです」
で良いやん…、なに書くかわからんし。

ツイッター

チャンプカーを生で観戦しよう!!

2005年07月29日 22時15分40秒 | カーレース


 今週末はCHAMP CAR WORLD SERIESの第8戦が
カリフォルニア州サンノゼ市街地で初開催します。

そのレースをなんとタダで生中継を見ることが出来ます。
 チャンプカーに配信システムを提供しているインテルが
地元サンノゼでのレースの模様を無償で提供します。
 このRACE DIRECTORと言う配信システムは映像やレースデータだけでなく
全ドライバーの無線も聴く事ができ、過去のレース映像も見ることが出来ます。

 CART時代には興味があっても見れなくなった人、
ジャスティン・ウィルソンやクリスチアーノ・ダ・マッタの
優勝レースが観たくてしょうがなかったF1でファンになった人、
クレジットカードが無くて諦めていた人にはたまらないでしょう。

試聴の仕方はこちら
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャスティン・ウィルソン優勝!

2005年07月13日 01時28分00秒 | カーレース

 7月10日に行われたチャンプカーワールドシリーズ第6戦トロントで
3番手スタートのジャスティン・ウィルソンが優勝しました。
 今回はセバスチャン・ボウデイとポール・トレーシーの
二人だけの戦いになるのかなと思っていました。
実際レース開始から3分の1まではそうでしたが、
流れが変わってしまいました。
 ピットからピットレーンに出るときに二人が接触、
ボウデイはタイヤをパンクさせてしまい優勝争いから脱落。
 一方のトレーシーはフロントウィングの右半分を失いながらも
大きくタイムを落とすことなくコントロールしトップを守りますが、
2回目の給油を行いたい周にフルコースコーションが出てピットクローズ、
ホームストレートで止まってしまいます。

 その後も色々ありましたがウィルソンの前にはセルビアだけ、
セルビアの初優勝も期待していましたがコース上で見事に抜いて、
最後はアルメンディンガーとレンジャーが起こした連続コーションで
そのままチェッカーフラッグを受けました。

 ウィルソンはF1に参戦したときから、
192cmの背の高さと自身を株の対象にして参戦資金を集めるなど、
印象が強くずっと注目していました。

今度の週末は初開催のカナダ・エドモントン空港。
どういうレースになるのか、
今度は誰が優勝するのかとても楽しみです。

最後に表彰「台」が無いのにてっぺんにいるウィルソンの画像。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加