ヘミシンクとか占星術とかその周辺の、スピリチュアル的な思考と日常の記録的な何か

ヘミシンクやタロットパスワークの記録を載せてみようかと思い立ちましたが挫折したのでただの雑記的な何かにしました。

まるの日圭ワークショップ記録no.2:汁粉を食道に流し込まれる。

2017-04-20 23:06:57 | ワークショップ記録など
前回の記事から1週間くらいブログを放置していました。

今別方面でちょっと進行中のことがありまして、そっちを思い切り頑張って他を思い切り放置していました。
そちらも書く感じのことなので、ブログは書いてないけど文章は書きまくっていた。

このブログは結構ゆるゆるでやっているので、書いてもそんなに頭は疲れないんですけど、この1週間そちらで書きまくっていたら、もうそれだけで頭の栄養使い切ってしまって後は寝ていました。
そんな中でも作曲はやっていた、えらい!(←最近再び流行りの自己肯定)
しかしそれ以外は寝っぱなしです。本当に、延々と寝る。
ヘミシンクや作曲のことって、それを文章に書き起こすだけで頭の栄養どれほどに使うねんっていう感じですね、本当に。

で、活動時間が制限されまくって埒が明かないので、まるの日さんお勧めの、ブドウ糖粉末を買って試してみました。


ブドウトウ

これは蜂蜜の瓶に入ってるんですが、怪しい白い粉ですね(笑)
水に溶いて飲んでみました。

…そしたら活動できるようになったんですけど…。
え、本当なのかな、これ?
偶然私の体調が回復したのと重なったとかじゃなくて? 
本当にブドウ糖の力ならマジで凄いですね。
必需品ですね、これは。

前回の記事に書いていた、「是が非でも何か動かなもう死ぬ。みたいな心の焦りがなくなってきました。」ということなのですが、ブログを書かないでいたこの1週間の間にこれがどんどん進んできまして、今緩すぎることになってきています。
「お金があれば、別にいいんじゃない?」
みたいな感じになってきております(笑)

お金があっても作曲はやめないと思いますが…。
私は最近何かに気づいてきてしまったのです。それは、「成功したい!」という欲望はコンプレックスの裏返しだったんじゃないか、ということ。
そのコンプレックスとは、「自分でお金を稼ぐ能力が無い」ということ。
社会に適応できなければ稼げませんから、普通は。

しかし最近成金ごっこをして心身深くから成金になりきってみたのですが、そうすると、
「お金があればいいじゃん」
という気持ちになってきて、「認められたい!」「世に出たい!」というのがどんどん薄れてきています。

ということはですね、「成功したい」というのは、「世に認められてれば、お金を稼ぐ能力がなくたっていいじゃん」という主張か何かだったのではないかと。
世に認められたらお金は稼げるんですから矛盾していますが。

でもお金があるなら、こういうコンプレックスはなくなるわけです。
だって、お金持ちのマダムって自分で稼いでないんですけど、堂々と
「主人が稼いできますのよ」
っていうイメージですよね? むしろ自分で稼ぐ人を憐れむくらいの勢いですよね。稼がないワタクシえらい、みたいな感じ。
自分で稼いでなくてもお金が沢山ある人は、自分に稼ぐ能力が無い事をコンプレックスに思わない。

成功したい! って欲が薄れてきたら、かえって作曲がどんどん楽しくなってきて、録音の日程も決めようっと♪みたいな感じになってきて、
発表する事にも全く気合がなくなってきて、
「とりあえず未完成で出そうっと♪」
とか、
「お遊びのファイルで大したことねえやつって思われるかもしれないけど、面白くなるかもしれないから出してみようっと♪」
みたいに何の気なしにできるようになってきて、うーん、これが、手放すということの意味だったのかな…なんて思ってきました。
だって何の気なしに量産し発表する人ほど、結果的には成功していきますよねえ。
ブログもそういうところがあると聞きます。
確かに毎日更新し続ける方が、そして1日に何個も記事を書く方が、アクセスは圧倒的に多いです。


で、ワークショップの続きです。


勝手に流れ込んできた感情的体験は、私のトラウマ的体験でした。
そりゃ大きいはずですよ。
というか、それを予想してたから意図しなかったんですけど、まあこれもやっぱり予想通りというか私はかなり敏感なので、勝手に流れ込んできました。

動揺したのですが、ここは私が自分を褒めてあげたいところで、この10年でこんなに成長したのだなあ…というところです。
前ならそのままパニック発作になったりしてたのですが、普通に身体のほうから動揺を抑え込むことができました。
これはスピリチュアルなテクニックというわけではなく、行動療法なんかの手法を使っています。セラピストから学んでいたものです。
スピリチュアルテクニックも使いました。アファメーションですね。
「私はこのことに影響を受けない。これは私を通過していく」
「私はこのワークショップの間ずっと落ち着いて過ごす、動揺は今すぐ収まる」
とか、こういうことをアファメーションしました。
「今すぐ」
とかいう時間指定キーワードを入れると、本当に瞬間的に収まりますので、効果的です。


次に、人との関係の中でため込まれたエネルギーに接続し、それを活用できるように自分に流してみようということになりました。

まるの日さんの誘導で、先程よりも高次の領域に入ります。
どの辺りにため込まれたエネルギーがあるのかを感じ取ります。

人との関係の中でためこまれたエネルギーには、自分の人間関係からのものと、先祖がためてきたものと二種類あり、どちらも使えるとのことです。
じっと感じ取ってみたところ、自分の人間関係からのものも、先祖がためてきたものも両方あるようでした。
よりはっきり感じ取れたのは自分の人間関係からのものでしたので、そちらに先に接続してみることにします。

最初に感じたのは、何かモワモワしたものが、横に広がっている、という感じでした。
接続し、自分に流れてくると意図してみます。
すると、流れ込むには流れ込んできたのですが…。

エネルギーが流れ込んでくると同時に、オエッという気色悪い感覚がありました。
なんか…お汁粉的なドロリとした質感の液体的なものの中に、お餅的な、どろっとした塊が何個もある。

それを、上を向かされ、口をこじ開けられ、
「噛むな、飲め!」
という感じでそのまま食道に流し込まれる…

みたいな気持ち悪さです(涙)。

そういう感覚が、ハートに流れ込んできます。
びっくりして、相当嫌悪感を露わにしながらガイドに聞いてみました(ガイドは傍らにいました)。

「これ、大分気持ち悪くて相当嫌いなんだけど、何?」

するとイメージが流れ込んできました。
私が一時期引きこもりになって(って今もですけど)、ネットばっかりやってた時の(って今もですけど)映像です。

その時私はネットで結構広い人間関係を作っていたのですが、その時に溜まったものだ、ということのようです。

確かにその時は、私は非常に精神的なコンディションが悪かった。ので、そもそも私の発していたエネルギー自体が大分気持ち悪いものだったでしょう。
ネットで知り合った人たちはとても良くしてくれましたし、フレンドリーでした。引きこもりだった私に、他人とコミュニケーションができるという自信を与えてくれました。
が、段々とコミュニティが形成されていくにつれ、その中で恋愛絡みのごたごたなども起こってくるようになりました。

そういうものが溜まっていたらしい。
それを知って私は

「………」

となりました。
…人間関係って…大事に作らなきゃいけないんだなあ…。
自分のコンディションが悪くて、それを誰かに埋めてもらおうとして、つまりなんか邪念があって作ると、こういうエネルギーをため込んでしまう。

しょんぼりして、ガイドに

「ああいうことはもうやらないね。もうやめるね」

と言いました。
うーん、しかし、では欲望を一身に集めている歌手なんかは、こういうエネルギーを巨大にため込んでいるということなのでしょうか。
そりゃ成功もするでしょうが…。…やだなあ。
だってずっとお汁粉を食道に流し込まれてるんでしょ? やだなあ、それは。

そういう成功の仕方は私はいらなーい、と決めました。

面白いことに、この人間関係でたまったエネルギーの体験を皆さんでシェアすると、
「おもち」
「あめふらし」
など、私の感じたものに共通するようなキーワードを仰った方がいらっしゃいました。

おおー同じ領域で同じ種類のものを感じている! という感動と、
あ、やっぱり人間関係でたまったある種のエネルギーって、そういう質感なのね、という納得がありました。

次に先祖がためたエネルギーに意識を向けてみました。
次の記事へ続きます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まるの日圭ワークショップ記... | トップ | まるの日圭ワークショップ記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL