ヘミシンクとか占星術とかその周辺の、スピリチュアル的な思考と日常の記録的な何か

ヘミシンクやタロットパスワークの記録を載せてみようかと思い立ちましたが挫折したのでただの雑記的な何かにしました。

高次瞑想の効果なのか、感謝ワークの効果なのか、両方による効果なのか? 喧嘩別れした親友サイドからの動きが起こる。

2017-04-29 23:01:28 | ワークショップ記録など 記事

この記事の最後で書いてた、まるの日圭さんの「人間関係を改善する高次瞑想」、一回ふわっとやったっきりなんですが、芋づる式に効果が出てるのじゃないか? という出来事がありました。
あるいは、カテゴリ「猛烈な見境ない感謝」に載せている、パム・グラウトの『「感謝」で思考は現実化する』の感謝ワークのせいでしょうか…。
しかし私はこれは強く意図していたわけではなかった、緩やかな願望はあったものの。

何が起こったかと言いますと、2013年にこじれて喧嘩別れしたままになっていた、ドイツの親友のお母さんからフェイスブックにメッセージが届きました。
私は2012年にこのお母さんのおうちに2か月ほど滞在させてもらっていまして、親友と過ごす時間よりもお母さんと過ごす時間の方が圧倒的に多かったです(毎日一緒なわけですから)。
しかしどれ程親しくなったとしても、やはり親友のお母さんであるため、親友と喧嘩後は疎遠になっていました。
だってお母さんというのは何が起こっても娘の味方ですから、多分。

こういう経緯があったのですが、私には怒りとかわだかまりとかがそれ程なくて、「まあそういう流れだったんだねえー」くらいな感じで、高次瞑想の時も一切思い浮かばなかったのです。
「私と私に関わる全ての存在が最も良い方向に向かいますように」と祈る時、そして「自分の周りの人間関係が良くなっていきますように」と祈る時、元彼のこと思い浮かべますか?
どれほどこじれて別れてたとしても、完全に過去の存在なら思い浮かべませんよねえ。
そんな感じです。
でも確かに、親友との関係もこじれたままになっている「改善して本来の流れに戻るべき人間関係」と指摘されれば、そうかもしれないです。盲点だった!

とはいえ、ここのところ、1週間くらい前からずっと、なんだか親友がやたら存在をアピールしてくるなあと思っていました。
もちろん非物質的なコンタクト方法で、ですが。
ですので、なんらかのアプローチが近いうちにあるのかもしれない、とは思っていました。
元より2013年のトラブルから1年くらいしてからは、彼女は夢にはよく出てきていました。
大体は「仲直りしたい、ごめんなさい」という内容で、最近は夢の中ではすっかり仲直りして一緒に旅行したりしています。
ですので、物質世界ではともかく、非物質世界では既にもう仲直りは完了してるんですねえ。

だからといって必ずしも物質世界に反映されるとは限らないと思うのですが(必然性という問題で)、今回はどうやらしてきましたね、すごい。
そして現実になってきて初めて気づいたのですが、私はそれを望んでいたようです。

というわけで、高次瞑想で本当に人間関係は改善していくようです。自分の意図していなかった、意識の表面に上がってきていなかった関係まで!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛烈な見境ない感謝:2017.4.... | トップ | フォーカス15:未来透視能... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワークショップ記録など 記事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL