ヘミシンクとか占星術とかその周辺の、スピリチュアル的な思考と日常の記録的な何か

ヘミシンクやタロットパスワークの記録を載せてみようかと思い立ちましたが挫折したのでただの雑記的な何かにしました。

アリゾナno.3:バシャールのエササニ星の存在が急浮上。セドナはエササニの関係で呼ばれたのかも。

2017-05-19 23:32:35 | ガイドと質疑応答
前回の記事に書き忘れていた事。

セドナではヴァーテックスに特徴が出ると書いていましたが、ヴァーテックスは蠍座21度となります。
出生のMCが蠍座の22度ですので、セドナに行くと

Vt=MC

の合ができることになります。
これはどういうことかというと、セドナにいるときに周囲との関わりによってできる自分の在り方というものが、そのまま社会的な立場になっていくということでしょう。
つまり、ここでどういう感じになるかということを見て、今後の社会的な推移を予想できそうですね。
こういう符号がある場所はなかなかないので、探して行ってみると面白いと思います。

ところで、アリゾナに行こうかなーと思っていると、なんだか色んな符号が出て来ました。

最近フェイスブックのグループで、バシャールのエササニ星の話がちらほら出ていたのですが、それをなんとなく読んでると、

・エササニと交信するためのシンボルは黒い三角形である(縁が青く光っている)
・その三角形はエササニの宇宙船につけられている。
・エササニの母船はセドナ上空に停泊中。

そして、「エササニと交信した時、三角形のシンボルじゃなくて、真っ黒い人が出てきたよ」という話も出ていました。

それらを読んで私は、なんだ何か変な符号がたくさんあるなあ、セドナってエササニの関係で行くことになってんのかなあ? という気分になってきました。
というのも、前から不思議に思っていたのですが、私は首に綺麗に三角形を形成する黒子があるんですよ。
この黒子には比較的最近気づいたのですが、なんでこんな大人になるまでずっと気づかなかったんだろう? と考えていたら、どうも子供の頃はこんなものなかったんじゃないか、と思ってきました。
黒子ってあとからできることもあるらしいので、それ自体は別に普通のことなんですけど、結構目立つ首筋に綺麗に三角形の黒子が並んでいるんですよね。
なんか意味深じゃないですか?

そして、私がヘミシンクの「内なるガイドにつながる」をやって、一番初めに登場してきてくれたガイドが、実は身長2メートル以上ありそうな、真っ黒な人だったのです。
過去記事→茶色い石と青い水晶、黒人。(初ヘミシンク「内なるガイドにつながる」CD)
で、この時この黒い人に、三角形を形成する3本の水晶柱からなる青い石をもらっています。中心部が脈打つように濃い青紫に光っていたのです。
もらったというか、それをお腹の中に突っ込まれました。
なんか今考えるとすごくエササニっぽい。
その時は何か凄く良いものをもらい、私の中の何かの要素を発達させていくためのものじゃないかと思ったんですけど、もしかして単に通信装置を埋め込まれただけなのか?

まとめてみると、

・三角形はエササニであり、エササニと交信するとき真っ黒い人が現れることがある。
そしてエササニの母船はセドナ上空に停泊している。

・首に三角形を形成する黒子があり、始めに登場したメインガイドの1人は真っ黒い人である。
なんか知らないけどセドナに行けとガイドに言われて行くことにした。

っこういう感じの符号です。ちょっと面白いですよね。
バシャール関係の本を読んだことはないので、ぐるっとその関係のブログを読んでみたのですけど、ブログを読んで回った限りでは、私は自分がエササニ星の出身だとは思いません。
だってエササニの人たちって、私たちみたいな人間とグレイの混血だということなので、非物質的とはいえ多分基本形は人型ですよね。
私の元いた星では人型じゃなかったと思うんですよねー。
エササニよりもよっぽどのんびりおっとりした場所だったと思いますし、人間とかグレイみたいな好戦的で攻撃的、残虐、計算高いみたいな特性は全くありませんでした。
人間はそれだけのものとは絶対に違いますが、好戦的であるとか残虐であるとかは、大きな特徴の一つではあるんです。

まあ、なので、エササニ出身とかではないと思います。
じゃあ何なのか、というと、エササニからちょっと呼び出しくらってるみたいな感じなんじゃないでしょうかね…。
セドナ行って母船乗れたりしたら面白いですよね。そしたら体験記書いて本にしますので買ってください。
黒子つけて呼び出しするって、なんかやりたい放題というか上から目線というか、人間とグレイの混血っぽいね(笑)という感じがします。

で、そんなこんなしてたら友人から連絡がありまして…。
最近とあるセミナーを受けたという話でした。
その結果衝撃的な変容を遂げたという報告を聞いて、私もそのセミナーに興味が湧き、HPを見てみました。
すると、世界中で定期的に開催されているそのセミナーの開催地の一つに、アリゾナ州フェニックスがありました。

…おお…なんかここでも繋がってきたけど…。え、フェニックスでこのセミナー受けろとかそういうこと?(笑)

と思い、友人に最近の一連のセドナ関連の符号の話をして、
「そういうわけだからセドナに行こうと思ってるし、ちょうどいいからフェニックスでこのセミナーを受けるとかもありなんでは…」
と言うと、友人は
「え、セドナ!」
と何かびっくりしています。

友人の周囲の人たちが去年大勢でセドナへ行ったらしく、なんか会う人会う人に「セドナいいよ」と言われているのだとか。
お母さんもセドナへ行ったらしく、

「お母さんからも「セドナに行った方がいいよ」と言われていたけど、またここで出てきたから、一緒に行きます」

という展開になりました。
おおなんという流れ。私はまさに、その友人2人と一緒に3人でセドナに行きたいけどどうやって説得したら良いか? と考えていたところだったのです(笑)

友人にはまだエササニの話はしていないのですが、さてどうなるでしょうね?
本格滞在は来年6月だとして、その前に一度様子見に短期旅行で行ってみたいと思っていますので、予定を立てねばなりません。
その友人とは来年初頭にハワイにも行くつもりなので、そうなると、割と短期間の間に3回くらいアメリカに行くことになります(笑)
もう5月も半ばですし、ボーっとしていたらすぐに来年になってしまいそうですよね。
できたら今年のうちにセドナに様子見に行きたいのです。


という感じで、セドナに行くことにしました。
今回は、
「セドナに行こうとしたら何故かまたドイツになった」
みたいなことにはならないと思います。
何が起こるかとても楽しみです。


またバラ園に行きましたので無意味に写真を貼っておきます。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリゾナへ行けno.2:アリゾ... | トップ | 6月中に起こる動きに関する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL