ヘミシンクとか占星術とかその周辺の、スピリチュアル的な思考と日常の記録的な何か

ヘミシンクやタロットパスワークの記録を載せてみようかと思い立ちましたが挫折したのでただの雑記的な何かにしました。

ヴェガ2017年8月10日2回目 白いどろりとした筆をもらう。

2017-08-10 23:21:09 | 恒星探索記事
アンタレスから飛ぼうとしたがクリックアウト(多分眠かった)。
ので、いさぎよく寝ることにして、夢でヴェガに行くと意図する。

私は学生の身分からいきなり内閣の重要な地位に抜擢された女性大臣だった。
抜擢したのは「内大臣」で、内閣で最も偉い人。

何かの会議に出て、重要な人の座る位置のソファ(多分右大臣とか左大臣とかそういう)に座るよう指示されて座る。
ソファはオレンジ色の革張りで豪華なもの。
会議に出席した古参のおっさん大臣が私がそこに座っているのを見てワナワナし、
「若い女性の分散で自分を差し置いてそんなところに座って、腰を低くして席を変わりますと言えないのか」
みたいなことを言い出し、場を進めていた司会者みたいな人も慌ててわたしにそれを促すが、私はガンとして
「そうして礼を尽くしたいのは山々だが、これは内大臣から承った席なので私が勝手に返上するわけにいかない」
と言う。

わたしにはお付きの人が2人いていずれも若い女性、1人はとくに若い。

テーブルには何故か大きな白い筆。
それも内大臣にもらったということになっている。
その筆には白いどろりとしたものが含ませてある。
私はそれを食べている。

会議が終わり、わたしはお腹が空いたと言う。
控え室に戻ったらちゃんと食べてもいいよね、と。
まだどろりとしたものが筆に残っているがどうしていいかわからない。
側近は「ここに置いていってもいいのでは?」と言う。
私は「内大臣にもらったものなのにいいのかな」と言う。
テーブルに戻そうとすると、もうなくなったと思っていたどろりとしたものがまだ含まれていて、結構大量にドロっと出てきた。
慌てて何とかそれをティッシュで受ける。
それを見ていた若い男の子が凄く気持ち悪そうにする。

---------------------

変性意識に慣れてくると、寝る前に「どこどこへ行く」と意図すると夢でそこへ飛べます。
バイノーラルビートを聴きながら寝ると成功率は高まりますが、慣れてくると聞かずに寝ても飛べます。

ヴェガは北極星ですので、
・中心になる人物

・その周りを囲む人物
がいる、というのはヴェガっぽいです。

つまり、
・中心になる人物=内大臣
・その周りを囲む人物=その他の大臣
ですね。

さらに北極星というのは中心なので、内閣というイメージは符号していますね。

ヴェガは琴座のα星ですが、肉眼で見ると2つの星を従えているように見えます。
お付の若い女性二人はこの2つの星のことだと思われます。
ヴェガは女性的なエネルギーとして捉えられているようです。

内大臣とは地球の軸のことでしょうか。
ヴェガだと思われる私をいじめているおっさんは一体何のことなのでしょうか?
オレンジ色のソファ、白い筆など、キーワードがたくさんある夢です。
色はキーワードになります。どういう意味かはまだわかりませんが(笑)

ところで、前回のヴェガ探索の時に、箱に入った何かをもらっていましたが、今回は筆をもらっていますね。
内大臣(=地軸?)からもらったということになっていますが、ヴェガ探索の夢なのですからヴェガでもらったとしていいでしょう。

これは一体何でしょうか?
筆ってなんとなく、歳差を表す何かのように思えます。
そこに含ませてある白いどろりとしたものを私は食べています。

白いどろりとしたものが一体何かはわかりませんが(美味しくはなかった)、似たようなものを、タロットパスワークの女教皇のワークの時に見ています。
多分ケテルと思われる垂直の穴から多分ティファレトと思われる蓮の花型のところへ落っこちた時、そこに白いどろりとしたものがあったのです。
その時それは私の腰の辺りに集まってスカートになりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴェガ2017年8月9日 ... | トップ | アンタレス2017年8月1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

恒星探索記事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL