ヘミシンクとか占星術とかその周辺の、スピリチュアル的な思考と日常の記録的な何か

ヘミシンクやタロットパスワークの記録を載せてみようかと思い立ちましたが挫折したのでただの雑記的な何かにしました。

アンタレス2017年8月10日 キューブでできた幾何学立体の道。

2017-08-10 23:55:43 | 恒星探索:アンタレス
また分かれた道の真ん中に立っている、けど、どう見ても6本だよなあと思う。
綺麗な六角形の形に6本だから、引きで見てみたら中心から上下に出ていて合計8本だということがわかった。

これはじゃあマカバだなと思う。
一本一本はキュービックに構成されているみたいで、これが松村潔さんの言っていたキューブで構成された都市のような構造か、八街そのものがキューブだったんだ、と思う。
それぞれの辺は一定方向への動きを持っているみたい。
それに乗り込んでみる。

--------------------------

キュービックに構成されている、というのは、正六面体がいくつも集まって一本の線に見えているということです。
その線が八本集まって幾何学的な立体になっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴェガ2017年8月10日... | トップ | フォーマルハウト2017年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL