扉への道

泉明 香鈴(せんめい かりん)申します。
香り善き、鈴音(りんね)を拠り所に、「今」を明め「ここ」に在る

スペースを空けよう。

2013年10月28日 18時20分48秒 | 気づき
私のブログにコメントいただき、ありがとうございます。
どんな出来事でもHappyなことなのですから、Happyってこと。
それを勝手に違うと解釈してしまうのでhappyでは無い状態にと思ってしまうのですね。
また、よろしければコメントお願いします。

+++++++++++++++++++++++++++++++

「はじめ・・・」にを読んでもらえる とうれしいです。

そして、深く「気づき」を体験したもの合わせて読んでもらえるとうれしいです。 「人生のシステム」

+++++++++++++++++++++++++++++++

この世は全てが決まっていることと、私たちの観念が集まって出来ているだけです。
ですから、その観念が変われば世界も変わってしまうわけで、絶対同じはありえないのです。

全てが変化を繰り返しているその原因は私たちの思考・観念から出来ているのです。


では、その思考や観念はどこから来ているのか?

私が考えたと思っているが、それは大きな間違いで、それしか浮かばなかっただけなのです、そしてその浮かんだことに「あれや、これや」余計な感情や環境を引っ付けて出来事を大きくするのです。


勝手に浮かぶだけ、浮かばないものは決して浮かばない。
驚くことに、その浮かぶ事は、私たち全員に送られて「浮かばない=受信していない」と。
受け取るには、手放すことが大切で、浮かんだものに引っ付けるものを手放すことにより、スペースが出来、より受け取ることが出来るのです。しかも、今度は、受け取ることを選ぶことができるようになるのです。

ここが、「世界は決まっていて決まった通りにしか起きない」と「この世は自由である」と言う見た目矛盾しているところで、実際は矛盾していないところでもあるのです。

余計なものを付けず、浮かんだことをありのまま体験し、全てが愛であることを知ることです。


皆様が、常に「今」に在りますように。





いつも、読んでいただき感謝します

スピリチュアル ブログランキングへ

しかも、ポチっとしてもらえるなんて♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相手は私

2013年10月19日 14時19分08秒 | 気づき
「はじめ・・・」にを読んでもらえる とうれしいです。

そして、深く「気づき」を体験したもの合わせて読んでもらえるとうれしいです。 「人生のシステム」
+++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは、ひとり一人がひとつの別れた者だと認識して、相手とは違うと思っている。

しかも、決めつけそう思い続けている。そして、相手を見て「あの人がどうだの、この人がどうだの」と話の中心を相手に合わせて、「だから私は!!」といかぶる。

それに加えて、「私はここまでしているやっている、あの人はやっていない」と自分を正当化する。私たちは個性が違うだけで、ひとつのモノから派生しているだけで、根元は同じものなのです。

そう理解すれば、相手のことを自分の事と認識することも容易なのです。
人のこと先に考える前に自分のことを先に考えることができ、「あの人が~」ではなく、「自分は~」と考え方を変えることができるのです。

自分を正当化すればするほど、観念を抱けば抱くほど、自分を苦しめ身動きが取れなくなってしまいます。

自分を正当化するのではなく、真実に沿って考え、行動すれば自分がとても楽でシンプルな状態になれるのです。

そして、「大いなる存在」に、お任せるのです。




皆様が、常に「今」に在りますように。





いつも、読んでいただき感謝します

スピリチュアル ブログランキングへ

しかも、ポチっとしてもらえるなんて♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加