扉への道

泉明 香鈴(せんめい かりん)申します。
香り善き、鈴音(りんね)を拠り所に、「今」を明め「ここ」に在る

寝ること。

2010年03月25日 00時00分57秒 | 気づき
このblogを読んでいただく事に当たり

「はじめ・・・」にを読んでもらえるとうれしいです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

少し、考えてみた。

私たちは、必ず寝る。
寝ない人はいないと思う。仮眠も大まかなカテゴリーでは「寝る」こと。

自分が、寝てるとき意識は、どこに行ってしまうのか?

夢とは何か?

もしかしたら、生きながらにして死ぬことの一つが、この世界では「寝る事」では無いのか。


確かに、脈・呼吸で「死んでる」「死んでいない」と判断できるが、自分は「死んでいるのか」「死んでいない」を、どのようにして分かるのか?


起きたときに清々しさや気持ちよさは「寝ること」によって起きていて「大いなる存在」と繋がりエネルギー補給をしていると考えられている。

本当に、「死」を迎えてときと「寝ること」は類似している気がする。

両方とも、自分のアイデンティティを一つも持っていくことが出来ない。



-------------ただ--------------



万が一、何かのキッカケで持っていくから、夢を見ることになると思う。



「何かのキッカケ」とは?


今、考えうることは「強いアイデンティティ」ではないでしょうか。

皆様に、常に「今いる」ことを……
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんなことでも・・・・・・・

2010年03月20日 10時12分15秒 | 気づき
このblogを読んでいただく事に当たり

「はじめ・・・」にを読んでもらえるとうれしいです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

どんなことでも、「本当の自分」に繋がる道はある。

それは、仕事中でも・・・・・・

私は、仕事柄お湯を沸かすことが1日に数え切れないほどある。

少し忙しき時に、お湯が沸いているのを見た。

普通は、何も感じることなく沸いている鍋で食材を茹でるが、この時は、お湯が沸いているのを見て感動していました。

「どうして?」と思う人がいると思いますが、私はその時とても平安を気持ちに包まれていました。

この出来事(お湯が沸く)は、今ここで、当たり前に起こっていること。

それを、素直に感じていました。

ほんの一瞬でしたが、今でもこの気持ちは忘れることが出来ません。
今でも、とても心地よい感覚があります。

この世で、起こる出来事をリラックスして感じれば、どこからでも「本当の自分」に繋がることが出来ると思います。

皆様に、常に「今いる」ことを……

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あきらめないこと

2010年03月16日 10時31分20秒 | 気づき

このblogを読んでいただく事に当たり

「はじめ・・・」にを読んでもらえるとうれしいです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
何もかも、あきらめないこと。

どのようなことでも自分が、諦めてしまうとそこで、何もかもが終わってしまう。

最初の「ひらめき」から来る行動をそのまま信じて行動をし続ける。

その中で、「思考」が偽りの自分を作り出し、せっかくの純粋な行動に余計な色を付けてしまい、道を外れてしまう、その中でも「思考」を受け入れ「ありのまま」を感じれば、純粋さは失われず、莫大なエネルギーとなり、行動が魂の経験となる。

この世で、起こることは当たり前に起こる。

「思考」を素敵な道具にするのは自分次第・・・・

諦めた人と諦めていない人では、顔つきも違ってくる。もちろん普通に生活している人でも。
しかも、「思考」に飲まれている人がほとんどで私もその一人に過ぎない。

どんな些細なことでも諦めず、行動しつつけることで道は、創られると私は信じています。

皆様に、常に「今いる」ことを……

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経験する楽しみ

2010年03月10日 10時02分55秒 | 気づき
このblogを読んでいただく事に当たり

「はじめ・・・」にを読んでもらえるとうれしいです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この世界で起きている出来事すべてが、経験を通して「本当の自分とは?」を気付かせていることである。

良いことでも、悪いことでも、すべてが自分にとって良いことであり愛が込められている。

その出来事に抵抗している(思考と同一化している自分)から、悪いことと思いその出来事から逃げてしまう。

だか、「本当の自分」にとって、必要な経験なので、また同じ出来事にめぐり合ってしまう。

ここで「いまに在る」ことが出来ているなら、同じ反応しずに、その出来事の内面(愛)を感じ、経験することが出来る。

そうすると途轍もない愛に包まれて、幸福が訪れる。

悪いことと思っていたことが、悪いことでは無くなり、良いこと・悪いことと決め付けていたことが、すべて無くなり、


「ありがとう」


という感謝の気持ちが溢れ出てくる。


すべての出来事は、気付きのために起きている事でそれを経験することにより、「本当の自分」を創造できるのだと私は思います。

皆様に、常に「今いる」ことを……

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行くところは・・・・・・・・

2010年03月05日 09時50分58秒 | 気づき
このblogを読んでいただく事に当たり

「はじめ・・・」にを読んでもらえるとうれしいです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

仕事のことや恋愛はたまた人間関係のことで悩み・苦しみを感じながら日々生活をしているこの世界。

私も、その一人。

でも、

よく感じで見ると、出来事に反応しているだけで、自分の内側では何も起きていない事に気付くわけです。

この世界では、生まれて、そして、死んで行く。

例えば、人生が川の流れと思ってみて。

上流(生)から下流(死)に流れる中で、流れに抵抗すれば苦しくなるでしょ。

船に乗っているのに「泳ぎたい」と出来ないことを言っても苦しくなるでしょ。

流れに、身を任させて見て。

そして、いま流れている状態を感じ経験すること。

乗っている物にケチを付けるのではなく、受け入れることで、す~っと楽になるから。


皆様に、常に「今いる」ことを……

コメント
この記事をはてなブックマークに追加