扉への道

泉明 香鈴(せんめい かりん)申します。
香り善き、鈴音(りんね)を拠り所に、「今」を明め「ここ」に在る

フフフ(笑)

2016年11月26日 11時33分07秒 | 気づき
「はじめ・・・」にを読んでもらえる とうれしいです。

そして、深く「気づき」を体験したもの合わせて読んでもらえるとうれしいです。 「人生のシステム」
+++++++++++++++++++++++++++++++


【お知らせ】
明日、11月27日8時40分頃に生放送で行いますので、聴いてください。トビラヂ
テーマ、質問を募集しています。

昨日、とあるお話会に参加してきました。
先日のblogにも書いた「い・け・ず~」が行けることになりまして夜に名古屋に向かい会場に。

話とは東洋哲学の「老子道徳経」を分かりやすく解説してもらいました。

言っていることは私のblogと同じことをアプローチの仕方と言葉を変えて分かりやすく、そもそも、問題としていることは柵であり解釈であるからその答はすら無いと言うことで私も話を聞いて「ですよね~」と。

2、3人の方が質問していましたが、答えは無いんだよな~と・・・・・

それでも、あえて私も質問してみましたがやっぱり愚問―――――そりゃそうでしょうね(笑)問題がない訳だから答もない

解釈の問題であり、良かった、悪かったでもないので、初めてこのような会に参加させてもらった経験は役に立ちそうです。


そこで、強引に私なりの解釈の上で答を出してみた。


この世で生きている限り「本当の自分」に気づくことしか出来ず、それ以上はいけない――――――行きたいなら、寝るか死ぬかしかなく、そうすると、自覚が無いので気づくことも出来ない―――――あら、困った・・・どうしたらよいのでしょう(笑)

死ぬは嫌ですし、自分の役には立たないのでしませんが、寝ることならいくらでも出来るのでそちらで進めていけば――――でも・・・やっぱり認識することは出来ないですね(笑)

でも・・・元気にはなりますね・・・・言葉は色々ありますが、あえて「混沌」―――に繋がることは出来ます。

そこが何かは、この世を100%楽しんで、還元して安堵してフフフと笑って見に行きましょ。



また、参加したいと思います。




皆様が、常に「いま」に在りますように




【インフォメーション】


連絡サイト
座談会に興味のある方はご連絡お待ちしています


『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 余談 | トップ | 扉のラヂオ(外世と内世の目的) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

気づき」カテゴリの最新記事