扉への道

泉明 香鈴(せんめい かりん)申します。
香り善き、鈴音(りんね)を拠り所に、「今」を明め「ここ」に在る

あなたの世界【最終回】

2016年08月20日 13時14分46秒 | あなたの世界 編
あなたの世界【伍】⏩


全部別に考えていたけど、同じじゃん!!



自分を好きになるってことは相手を好きになるってことか?



だったら、あの苦手な人でも好きになれるのか?――――――よくよく考えれば、俺もあんな感じな所あるし、自分にはイラつかないのに別になるとイラつくって自分勝手なことだし、実際問題―――――あの人も俺だし....



あぁ~なんだか解っちゃうと、人との付き合いがシンプルになるな。


だって、全てが俺なんだぜ!分かりやすすぎでしょ。




「アキラーー」

       

         「アキラーーー」



「そんなに大きな声を出さなくても聞こえてるよ、どうしたんだい?」



「この世界、あなたの世界だっけ?延長出来ないかな?この世界でいいよ。全てが自分って解るととても楽だし、相手が解る。最高な世界だよ!」



「やっと、解ってくれたかい。でも延長は出来ないんだよ。」



「もとの世界に戻りたくないなぁ~」



「もとに世界?君は何か勘違いをしているね。」



「勘違い??この世界は”あなたの世界”じゃないの?」


「そうだよ!”あなたの世界”だよ」


「だから、もとの世界に戻るんでしょ?扉を通って・・・・」



「戻らないよ。元々ここは”あなたの世界”だから」


??意味が分からない





「あの水は一時的に詰りを取ったに過ぎないだけだよ🎶そして、詰まりが取れるとこの世界が別の世界のように見えてしまう。面白いよね🎶」









――――――そう言うことか―――――








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの世界【伍】

2016年08月19日 15時02分25秒 | あなたの世界 編
あなたの世界【肆】⏩


うぅ・・・・朝か・・・・・憂鬱だ・・・・


まーとりあえず、仕事



おはようございます・・・・・・




おはよう。



おはよう。



んーーーーやっぱり、自分がいる感じがする。


とてつもない違和感・・・・・・ただ・・・・・昨日よりは気にならなくなった。

ちょっと、落ち着いたからか?


とりあえず、他人だけど、自分って訳だし理解しがたいけど、あと2日ぐらいでもとに戻るからとりあえず、仕事、仕事。



んーーーー、他人と関わっているはずなのに自分と向きあう感じがリアルに起こっている・・・・



―――――――その夜――――――――アキラが部屋にいた



「どうだったかい?楽しかった?」


疲れたよ。

どうしても、慣れないけど、何となく分かってきた。


全てが自分と感じれる世界ってこと?


「そうだよ🎵だから、楽しんで見てよ全てが自分、あなたの世界だからね」


どう?楽しめばいいの?



「そうだね🎵コツとしては・・・・・周り全てが自分だから自分を好きになればいいよ👌」



んーーー


こんな、取り柄もなくつまらない人間をどう好きになれと?



「今はどこにいるのだい?」



全てが自分である"あなたの世界"



「そうそう!そうなんだよ。だから、わかるでしょ。」




……….自分を好きになる..........




あと、1日で元に戻るなら、とりあえず........




そして、翌日ーーーーーーーーーーーーーーーー仕事場にて




わーーやっぱり慣れね~


俺だよ・・・・全員・・・・・




アキラは自分を好きになればって言ったけど、どうやって好きになるんだよ。



確かに自分の事を嫌いじゃないけど嫌なところが多すぎるからなぁー



あーーそうそう!まさにあいつのあんなとこや、こいつのこんなとこ。



あれ?



今までの世界と同じ。ただ全てが自分と認識できる。


相手の嫌なところが自分に持っていたってことか?逆に考えれば、あいつのこと羨ましいと思ってた部分は本当は俺にもあるってことか?!

そーか!!


分かる!


        判る!


                 解る!



気付かなかっただけなのか!!



続く・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの世界【肆】

2016年08月17日 12時20分05秒 | あなたの世界 編
あなたの世界【参】⏩


んっ?・・・・・・もう、夜じゃねーか??どうなってんだ??




あいつもアキラも何処行った??


周りを見渡しても、何も変わった様子もないし・・・・??


探しては見たが誰もおらず、よくわからないまま帰ることに。



―――――――朝―――――――
ふぁ~~



昨日のは何だったんだろう??何も変わってない??



なにが、あなたの世界だよ。



・・・・くだらない・・・・



会社でも行くか・・・



―――――――――――――――――



?!




???



ちょっとまて、何かが違うぞ???



いやいやいや・・・・・社内全員自分じゃねーか??



んーーーあれ佐藤。こっちは鈴木・・・・・・



なんだ??この感覚??




よー佐藤、おはよう!!



おはよ~~~




変わってないな・・・・・見た目も対応も??




でも??何だ??




直観なのか?あいつはまさしく自分だ!!




いやあり得ないぞ!!じゃ~自分は何だ??



全てが違うのに、自分と感じてしまう。






「おはようございます。」

わっ!!!
この人苦手だわ・・・・


??


なんだ?このモヤモヤする感じ?


この人のこと苦手と思えば思うほど、モヤモヤする。




・・・・・・・重い・・・・・



なんだ?スゲー嫌気分になる........自分が思われている感がダイレクトに伝わってくる。


あの人も.........俺のこと苦手...........だったのか?


ちょっと、違うな―――――相手は何も言っていない――――――ただ――――――心の中で自分に対して言ってる感じで、モヤる・・・・




何だ、全ては別なのに全て同じ感じ......


よく、分からない・・・・・・なんだか嫌だ.......


もう、限界だ!




今日は早退しよう・・・・・・・



部屋に帰るとそこにはアキラがたっていた。





「どうだったかい?」



「アキラ!!どこ行ってたんだよ!」


「何を、そんなに怒ってるだい?僕には分からないよ。」

「分からない?そんなわけ無いだろ!なんだよコレは!あの水か?あの水が全部悪いのか?」


「そうだよ🎵でも、良いか悪いかは僕が決めることじゃないよ。別に飲まなくても良かったんだから。」

「でも、心配いらないよ。あれはお試し用だから後、2、3日で強制的に世界から出されるから」



「この全てが自分って感じとても嫌だ!」



「そんなこと無いと思うけどなぁ~楽しくなるはず、だって・・・・・」


続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの世界【参】

2016年08月16日 11時28分19秒 | あなたの世界 編
あなたの世界【弐】⏩



「ねぇ?この世っていやなことばかりあると想ってる?」


「いやなことから抜け出したい?」



「もっと楽にいきたい?」



「幸せになりたい?」



「なら、君の手元に『水』を置いておくので飲んでみるといいよ」





ーーーーーーーーー翌日ーーーーーーーーー





よっ 昨日はありがとな



昨日、酔ってて良く分からないけど、子供のこえで「いや事が・・」「幸せになりたいか?」とか替えが聞こえてきて気づいたらがペットボトルに入った水が置いてあったけど・・・



え?お前ももらった





で、コレどうする?





ちょーーーー怪しいけど飲んでみようぜ


もってるだろ??





いいか?

せーの






ーーーーーーーうぁぁぁlっぁぁllーーーーーーー気づいたら、とある部屋に俺らはいて、そこに背丈ほどの扉と少年が立っていた。





「よーこそ、あなたの世界へ」


「ボクは、案内役のアキラ、よろしくねっ!」




「今回はひろしさんときみだねーーーーーーよかったぁ~飲んでくれたんだね。君たちは幸運だよ。」




な・なんだよこれは!!



「説明すると、あの水はあなたの世界を体験できるちょっとした水なんだ🎵」


「言葉で説明しても分からないからとりあえず進めちゃおうか🎵」


「さて、この扉を開けるとあなたの世界にいけるわけだけど、準備はいいかい?」



ちょっとまって!!

あなたの世界って??


「言葉通りだよ♪あなたの世界、とりあえず、行ってみれば分かるよ♪」





「さぁ!扉を開けて」





ひろしと君は、訳もわからず納得の行かないまま・・・・・ぎぃぃぃぃぃぃぃぃl――――――重々しい音がするなと思いつつ、扉を開ける。




続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの世界【弐】

2016年08月15日 11時29分32秒 | あなたの世界 編

あなたの世界【壱】⏩


そうー嫌そうな顔するなよ。話聞いてくれよ。



で・どこ行く?

イカネーとかい言うなよ。。


____居酒屋____


よし!飲もうぜ!


かんぱーーい


昼も聞いてくれたからまたかもと想うけど、マジコレ聞いてくれよ


まじでいやだよなー会社・人間関係・恋愛とかとかとか・・・・・・・人生最悪なんだよ


何なんだよ!!




そう怒るなって言ったって・・・・・・・・・・・・・・・・・すまん・・・・・いきなり叫んでまわりに迷惑だったな・・・・・





まーでもさぁ~

お前も分かるだろ?この気持ち


あ゛ぁぁ~イライラする!!






――――俺たちは、ひとしきり、飲んでいい時間になったので帰ることにした。―――――



今日はありがとうな、愚痴聞いてもらって・・・気晴らしになったよ



じゃーな





あーー頭イテーー


飲みすぎたー


部屋に帰って早く寝よぉ~




そして、俺は部屋に帰り、寝ることに・・・・寝てるか、寝てないか微妙な状態に部屋全体に声が聞こえた。


続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加