福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌

家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。

百社百様の地域工務店経営がある…鹿角市~新青森駅~新函館北斗駅~北斗市

2017-06-16 18:08:14 | Weblog

地域ごとに気候や習慣、風習が違います。
工務店ごとに歴史が違い、家族やスタッフなどの構成が違います。
また工務店経営者ごとに信念や願望も異なるのでしょう。

今回の秋田県訪問は、田沢湖町で建材業を兼業する寺澤工務店さん、角館町で奥さんと二人だけ切り盛りする草彅建築さん、横手市で奥さんと二人の娘さんで設計施工を行う土井建築設計さん、土崎町で先代から引き継いだ老舗建設会社の丸甚建設さん、秋田市内で四月に代表取締役社長に就任した河辺組さん、秋田市で昨年加盟したホワイトボックスさんを訪問しました。経営者ならではの様々な課題と一緒に希望やビジョンも異なります。

そして写真は、今日訪問した、鹿角市で先代から引き継いで心機一転、ファースの家モデルハウスを建築して次世代型地域工務店経営を実践しようとしている長老森施工さんです。
左から社長の服部巧さん、会長の服部誠一さん、右端がファース本部次長の柳田貴志です。

株式会社 長老森施工の服部会長は62歳でご子息の巧さんに社長職を任せました。
社長時代は寝ないで働いた服部会長ですが、息子に任せた以上は、口出し無用と日々を、地域貢献活動を行いながらゴルフ、蕎麦打ちなどと趣味の時間を楽しんでおりました。

私達ファース本部は、温熱性能に関するハード的な研究開発を行い、その工法をマニュアル化してFAS加盟工務店さんに伝授しております。
マニュアル通りに施工し、指導要綱に沿ったファースの家に温熱性能の苦情はありません。
寒い、暑い、光熱費が高い等の苦情は、その殆どがマニュアルに沿っていない施工状態です。

今回は秋田ファース会のメンバーの方々を訪問しましたが、20年前のファースの家も快適さを保っております。ファース本部のマニュアルを忠実に具現化している証のようです。
長老森施工の服部会長は、18年前に建築したファースの家で健康に過ごしておりました。 

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本州オール電化住宅の先駆者... | トップ | 自分の泣き所をしっかりと主... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL