福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌

家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。

高断熱住宅の価格と費用対効果…東京都内~羽田空港~函館空港~函館市内~北斗市

2017-06-22 16:15:52 | Weblog

従来は、省エネや温暖化防止を目的に高気密・高断熱と称する住宅を推奨してきました。
昭和55年に省エネ基準が制定されましたが、ほとんど目安的な断熱基準です。
氷点下が続く北海道は、断熱材を入れなければ寒くて暖房費用が嵩むため必然でした。

最近は高齢化が進み高齢者の疾患率が著しく増加しており、医療費負担に膨大な血税を使用されるに至っております。
特に断熱意識の低い本州の疾患率が高く、脳梗塞などで寝たきり高齢者が増えています。

学識経験者の研究では断熱性能の高い家に住む高齢者は疾患率が一気に低くなります。
むしろ省エネでの費用削減より医療費削減の効能が大きい事が解っています。
この行政指導は、オーバースペックを懸念したのか、地域ごとに区分けをしてあります。

私達のファース・グループは、地域を区切らず北海道なみの断熱スペックの家づくりを温暖地でも行っています。
何もしない家よりも断熱施工、断熱サッシとガラスなどに2・3百万円の費用が伴います。
それは光熱費と医療費削減で10年未満に確実に相殺されます。

何よりも一時的な建築費用よりは、常に温かで涼しく、家族が仲良く、健康で暮らせることを値段は付けられないと思います。それにはしっかりと信頼できる業者と施工法で家づくりを実践することが何よりも大切な事です。

今回は、高知出張から東京都内で仕事を行い、昼の飛行機で函館市内に戻り、市内ホテルで開催したFAS検査員更新講習会で講義を行います。(写真)
住む人を幸せにするための技術情報講習会です。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 快適な冷房空間とは…高知市内... | トップ | エネルギー事情と家の断熱性... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL