福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌

家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。

家づくり契約するまでの営業費…東京都内~羽田空港~函館空港~北斗市

2017-05-18 18:03:18 | Weblog

工務店やハウスメーカーの営業費用とは、受注契約するまでにかかる費用の事です。
この営業段階での経費は、建築する家に反映はありません。
ユーザーによっての営業費は、限りなくゼロに近い方が良いわけです。

しかし実際には誰が営業活動しなければ家づくりに達する事もありません。
そのためには膨大な費用が掛かります。
大量に家を売ると、住んでいる施主からその快適性を評価され、新しい施主を紹介される事は極めて難しいのです。

言葉では幾らでも云えるのですが、「快適性」とは住んでからでなければ分かりません。
外観が美しく快適そうに観える家でも、断熱性能等がなければ、お施主からの口コミ紹介は難しく、キャッチコピーの限りを尽くし、次の受注営業に邁進しなければなりません。

私達地域工務店でも契約金額の平均5%近くの営業費がかかっています。
地域工務店でも2,000万円の契約を行なうまでに100万円もの費用が掛かっています。
見学会のチラシや打ち合わせに通う交通費、人件費がその営業費となります。

ハウスメーカーの住宅営業では、住宅展示場、テレビCM、新聞広告、チラシなど、いずれを取っても高額で、契約金額の30%以上にも及ぶのです。
公表される住宅会社の商圏で建てられる家の数と、広告宣伝の手法、住宅展示場、営業マンの人数などで試算しますと、その営業費がおよそ計算できます。

2,000万円の契約では、その時点で既に600万円ものお金を費やしている事になります。
家を建てると施主様が工務店の営業マンになってくれるような工務店経営を行うべきです。
良い家づくりとは、快適性能が担保され、メンテナンスフォローで成立します。

さて、私は晴れ男、今朝は快晴の東京でした。
私が東京を後にした午後には雨となったようで、写真は北斗市本社屋で快晴です。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファース・メーカー協力会(F... | トップ | 幸せになるための家づくりを…... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL