福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌

家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。

苦境を超えた向こうには必ず光明が…北斗市

2017-03-21 17:20:36 | Weblog

すべてにバイオリズムがあり、スランプは必ず訪れるものなのでしょう。
自分の仕事や体調が思うようにならない時は誰にもあるのです。
一流のスポーツ選手も体調管理やメンタル面などでスランプには怠るものです。

若い人の恋愛感情も相思相愛の時期がいつまでも保持する保障はありません。
どちらかが、何らかの事情でやむなく別々になる事も少なくないのです。
若い時は末長い将来があり、失恋するたびに生き抜くメンタル面が鍛えられるとも云います。

私達、工務店経営者にも調子の良い期間がいつまでも続く事などは在り得ません。
地域工務店経営は、経営者の体調やメンタル面が大きく関わっていそうです。
客観的な目線で世間の常識と自分の持つ情報、技術を照らし合わす事が必要です。
家族やスタッフはもとより、お施主さま、協力業者さまとの人間関係などは人任せになっていないかどうか。

地域工務店経営は、まさに経営者のパーソナリティーが決め手となるようです。
人間的な不信感は、技術不足の情報よりもっと速いスピードで伝播するものです。
スランプを脱するには、自分を支えてくれる人との人間関係が良薬になるとも云います。

今、存在する工務店経営者は、過去に様々な苦難、喜び、悲哀も経験して来た事でしょう。
現在があるのは、そのような多くの葛藤を乗り越えてきたのです。
しかし、どんなに努力して築き上げてもスランプは、またもや襲い掛かって来るものです。

どんな場合にも苦境を超えればその向こうには、必ず光明が見えてくるものです。
写真は昨日の移動で機内から撮った日本アルプスです。
東からは日本アルプスの向こうに雪国があり、西からは大都会があります。
いずれも山の向こうに光明がありと、ポジティブ思考をすることに…

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸福度合を思考してみると…小... | トップ | 実績1棟から今や年間1万棟…函... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL